上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMGP9058.jpg


***** ENG *****
I arrived in Sao Paulo this morning, the flight was about 10 hours from Lisbon by TAP Portugal. And I was charged for my surfboard case again like what happened to me with Lufthansa, but this time I was made to pay
100 Euros.... It was the most expensive fee I ever had to pay for my surfboard case!
The staff at the check-in counter initially told me that the fee was EUR75, but this was actually for a middle-range distance. The correct fee turned out to be EUR100 for a long distance flight. Real Ouch!

***** JPN *****
リスボンから TAPポルトガル航空のフライトで 10時間 かけてブラジル・サンパウロに今朝到着。 今回のフライトでは 10月のルフトハンザ航空に次いで 二回目と成る サーフボードケースの超過料金を請求された。 その額はなんと…
100ユーロ 僕の旅行史上最高額である!
空港のチェックインカウンターのおねーちゃんが 75ユーロ かかると最初に教えてくれたのだが、実際支払窓口に行ったら 75ユーロ は中距離フライトで、サンパウロは長距離に該当するらしく 100ユーロ しっかり請求されてしまった。 これは超痛い!


IMGP9070.jpg

***** ENG *****
Mind you, Japanese nationals need to apply for a visa to visit Brazil. I actually applied for it when I was in Frankfurt late September. The name of the Brazilian Consulate in Frankfurt was "Generalkonsulat von Brazilien Frankfurt" and it cost me EUR21.25 for my visa.

***** JPN *****
日本人がブラジルへ旅行に行く際には、ビザの発給が事前に必要。 僕は 9月末 にドイツのフランクフルト滞在中に申請したので心配なし。 ちなみにフランクフルトにあるブラジル領事館の名称は "Generalkonsulat von Brazilien Frankfurt"。 申請代金は 21.25ユーロ だった。


IMGP9082.jpg


***** ENG *****
There are a few things that I've wanted to do as soon as I set my feet on this continent. The below shows a list of my ToDos:

1. Make Detailed Itinerary for South America
I only made an outline of my trip for this continent, but I need to do more research and make it more detailed.

2. Take Yellow Fever Vaccination
This vaccination used to be available at the airport in Sao Paulo for free but no longer so today. I have to go to a health-care department in the city to take it now.

3. Try Brazilian Coffee
I'm not a big coffee drinker, but I'd always wanted to try real Brazilian coffee. I actually went to one of the decent-looking cafes inside the airport (not a bloody Starbucks) and ordered a cup of coffee there. It was very rich in its aroma. Yes, I'm in Brazil now!

4. Reunion with Luri
My Brazilian friend Luri lives in Sao Paulo now so I'm gonna meet her for dinner tonight. Exciting!

5. Kill My Prejudice
I'm from Aichi-ken where there is the biggest Brazilian community in Japan due mainly to the labour jobs that they are hired to do for Japanese companies such as TOYOTA and Mitsubishi. I must admit that there is some prejudice amongst us towards this Brazilian community. I believe that this is not simply because of the language barrier, but also because of the nature of Japan's mono-culture which separates the Brazilian community from us and hampers them from developing real cross-cultural exchanges with us. I came to Brazil simply because I wanted to see this country with my own eyes. Like all the other countries I've been to before, I need to open up my mind and my eyes to discover true Brazil from now on.


***** JPN *****
僕にとって未開の地 ブラジル。 ここに上陸すると同時にやらなくてはいけないことが幾つかある。 下にその 必須事項 を簡単に記してみた:

1.南米の旅程を入念に組む
まだ大体の旅程しか頭にないので、サンパウロ滞在中にいろいろと調べて、詳細な旅程を組む必要あり。

2.黄熱病の予防接種
この予防接種はちょっと前までサンパウロ国際空港で無料で受けれたらしいのだが、今はもうやっていないとのことなので市内にある関係機関へ直接足を運び受ける必要あり。

3.本場のブラジルコーヒーを試す
僕は普段はコーヒーをあまり飲まないが、本場のブラジルコーヒーをいつかは飲んでみたいと思っていた。 早速、空港内にあるカフェに足を運び、コーヒーを一杯注文(スターバックスではない)。 このコーヒーが凄く品のある香りがしてよかった。 遂にブラジルに来たぞー!

4.Luri との再会
ブラジル人の友達 Luri がサンパウロ出身なので、早速今晩会うことに。 彼女に会うのは 約2年振り なので凄く楽しみだ!

5.自分の中の偏見を一掃
僕の出身地である愛知県は日本で最も在日ブラジル人が多い県である。 もともと機械工業系の集積地である愛知県で、トヨタや三菱関連の仕事に多くの在日ブラジル人は就いている。 いつからなのか分からないが、この在日ブラジル人に対する偏見は僕等日本人の中に少なからず存在するのは事実。 この偏見の主な要因は言葉の壁だけではないと思う。 背景には古くから変わらない日本の単一文化と、これに付随する多様性をあまり受け入れない閉鎖的な民族性を潜在的に継承してきている僕等が、外の人(外国人)と本当に交流する機会を無意識に閉ざしていると僕は思う。
今回 僕がブラジルに来たのは、純粋に自分の目でこの国や、この国の人達を見てみたかったから。 今まで足を運んだ全ての国と同様に、先入観を持たずに眼で真のブラジルという国をこれから見てみたい。




スポンサーサイト

***** ENG *****
I checked in at a hostel called "Olah Hostel" near Ana Rosa Metro station in Sao Paulo.
I'm staying in a 4-bed dormitory for BRL35.00 per night with breakfast included which is equivalent to USD20.00. Not cheap, but this is one of the cheapest and nicest hostels in Sao Paulo I could ever find....

***** JPN *****
サンパウロ滞在中は Ana Rosa という地下鉄駅の近くにある "Olah Hostel" に宿泊する予定。
4人共有部屋の朝食込みで 35レアール (レアールはブラジル通貨)。 これは 約20米ドル に相当する値段。 全く安くない。 これでもサンパウロ市内ではかなり安くて快適そうなホステルの内に入る。


IMGP9087.jpg

***** ENG *****
As mentioned in the previous article, I went out for dinner with Luri tonight: she took me out for Japanese. Yeahhh!
I first met her in Nagoya about two years ago when she was on a 6-month exchange program for her university degree. And now we are here in Sao Paulo!
She now works for a giant American company and seems very busy these days, but she is still as bright as before. Great to see her again!

***** JPN *****
前の記事で少し言及したとおり、今晩は Luri と久しぶりに再会し、一緒に日本食を食べに出かけた。 和食和食!
彼女とは 約2年前 に名古屋で知り合ったのだが、この時はまだ大学生で 6ヵ月 の交換プログラムで名古屋に来ていた。 そしてここサンパウロで今日再会!
現在 彼女は某巨大アメリカ企業に勤務中で毎日かなり忙しいらしい。 それでも明るく元気な Luri は相変わらず。 再会できて良かったー!





IMGP9098.jpg

IMGP9100.jpg

***** ENG *****
Sao Paulo is HUGE!
No wonder this is the biggest city in South America and I sense that there's something in this city and in Brazil that makes me think that it has a huge potential in continuously growing even more from now on. My country Japan is not comparable in many aspects with this Samba country at all.
Oh, one more thing about Sao Paulo: it's bloody EXPENSIVE!

***** JPN *****
サンパウロという町 デカイッ!
南米最大の都市と呼ばれるだけのことはある。 そして、この町に来てから感じるのは日本とは比べ物にならないくらい多くの分野に於いてこのサンバ大国はものすごい可能性を秘めているということ。 すでにブラジル経済はかなり潤ってきているらしいが、これからもっと成長することだろう。 日本も指をくわえて観ているだけではいけない。
おっと! サンパウロという町についてもう一つ言及: 物価がむちゃくちゃ 高い!

IMGP9119.jpg

IMGP9131.jpg

IMGP9140.jpg

IMGP9141.jpg

IMGP9161.jpg




IMGP9163.jpg


***** ENG *****
I went to a place called "Instituto Pasteur" in downtown Sao Paulo today to take a vaccination for yellow fever.
I was going to take it before I left Japan, but I was so busy moving out of my apartment and preparing for this trip at that time. Thus, I had no time for it then.

***** JPN *****
今日は黄熱病の予防接種を受けに上の写真にあるサンパウロ市内の保健所 "Instituto Pasteur" に行ってきた。
もちろん本来なら日本出国前に受けるべきだったのだが、引越しやこの世界一周旅行の準備やらなにやらで忙しすぎて受けれなかった。


IMGP9164.jpg


***** ENG *****
Here in Brazil this vaccination is free of charge. It would have cost me at least JPY8,000 in Japan. So lucky me!
Sao Paulo is a very expensive city, but here is something for FREE!

***** JPN *****
幸運なことは、日本で黄熱病の予防接種を受けるとおそらく 8,000円 はかかるはずだが、ここブラジルでは タダ!
サンパウロとう町は何をするにも高いのだが、こんなところに全くお金がかからないものがあるとはっ!!


IMGP9165.jpg




***** ENG *****
I'm in a small sea-side town called Maresias now, about a 4 hour bus-ride from Sao Paulo. The bus company was called Litoranea and the fare was BRL39.15.
I came to this town because my friend Luri recommended it for me and I also wanted to do my first trial of a bus-trip in Brazil in order to see what it was really like.

***** JPN *****
サンパウロからバスで 4時間 くらい北東へ行ったところにある海沿いの町 Maresias に今来ている (バス会社の名前は Litoranea で運賃は 39.15レアール)。
この町に来た理由は Luri が波乗りするならここが良いと以前教えてくれたのと、本格的な南米旅行を開始する前にブラジル(南米)でのバスの旅がどんなものか確かめておきたかったから。


IMGP9175.jpg

IMGP9191.jpg


***** ENG *****
My bus arrived in Maresias just before 19pm and I checked in at Maresias Hostel straight away where I met Neal and Louis in the kitchen area tonight.
Neal is 25 years old from Holland, super tall and super energetic with strong Dutch accent when he speaks English. Louis is 37 years old from Sao Paulo and loves to cook. He is quite talkative.
While three of us were having dinner, Marcela, a 34 year-old Brazilian woman, self-claimed film maker and mother of two on a vacation here for four weeks by herself, joined us then. She was not a guest of the hostel, but somehow sneaked into our kitchen. Funny!

***** JPN *****
僕の乗ったバスは 19時前 に Maresias に到着。 Maresisa Hostel という宿にチェックインしてから、キッチンで料理を始めていた Neal と Louis の二人と早速知り合いになった。
Neal はオランダ出身の 25歳。 長身で若々しい。 英語を喋るときにオランダ人独特のアクセントがある。 対する Louis はサンパウロ出身の 37歳。 料理をするのが大好きで、典型的な南米男性らしく、こいつは喋りだしたら止まらない。
三人でいろいろな旅話に花を咲かせながら晩御飯を食べていると、Marcela という 34歳 のブラジル人女性が途中から僕らの会話に参加してきた。 (彼女曰く)彼女はドキュメンタリー系の映画監督らしい。 更に二人の子持ちらしいが、ここ Maresias には 1人 で休暇のために来ているとのこと。


IMGP9200.jpg


***** ENG *****
I wanted to have a quiet night tonight to get up early for a morning surf-session tomorrow, but Neal, Louis and I ended up staying at Marcela's rented villa till 1am playing pool. The above photo shows (from Left) Neal, Marcela and Louis.
When I was younger, staying up till 1am was not late at all, it was the beginning of a night-out for me and I would stay up until 6 or 7am easily at a bar or a nightclub. Now 1am is the beginning of my REM sleep. Ahh....

***** JPN *****
僕は個人的には明日の朝一に波乗りがしたかったので、早い時間におやすみモードに入りたかったのだが、気づいたら Neal と Louis と一緒に Marcela が借りていたちょっとした別荘で夜中の 1時 までビリヤードをしてしまった (上の写真 左から Neal、Marcela、Louis)。
自分ももっと若い頃は夜中の 1時 なんて夜遊び開始時間みたいなもので、平気に朝の 6時 や 7時 までバーやクラブで遊んでいたのだが。。。。 最近の自分は 夜中の 1時 になると眠くてしょうがない。






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。