上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
Asunción is the capital of Paraguay and it is about 6 hours from Foz do Iguaçu in Brazil by bus.
I caught an overnight bus just after midnight from the international bus-terminal in Foz do Iguaçu. The bus-company was called NSA, probably the best-comfort seat I ever had on this RTW trip so far and the fare was BRL51.10 (about USD33.00).
The bus was double-decker and quite a few passengers were on the bus, but it wasn't full. Amongst these passengers were two Germans (Sebastian and Michael from Cologne), one French girl (Delfine from Normandy) and me, and we might have been the only foreigners while the others all looked Latin Americans to me.
All of us took seats on the upper-deck and it was scheduled to arrive in Asunción around 6am this morning.

***** JPN *****
パラグアイの首都 アスンシオン まではブラジル側の Foz do Iguaçu からバスで 約6時間。
深夜12時 僕は Foz do Iguaçu にある長距離バスターミナルから出発する夜行バスに乗った。 今回は NSA というバス会社。 チケットは 51.10レアール (約 33米ドル) で今までのバスの旅では一番快適な座席だったと思う。 更にバスは二階建。 満席ではなかったが、結構 人は乗っていた。 乗客の中で僕が知りうる限り ドイツ人 2人 (ケルン出身の Sebastian と Michael) と フランス人 1人 (ノルマンディー出身の Delfine という女の子) と僕以外は全てブラジルかパラグアイ出身の人たちに見えた。
乗客全員、二階の座席に座っていた。 バスは今朝の 6時頃 にアスンシオンに到着する予定。


20101218_Foz_du_Iguacu_To_Asuncion_01.jpg


***** ENG *****
Soon after our departure, the bus stopped at the Brazilian-side border. We all got off the bus, walked into the immigration office, had a departure stamp and got back into the bus.
Only a couple of minutes later, the bus stopped at the Paraguay-side border. We got off the bus again, walked into the immigration office, had an entry stamp and got back into the bus again.
Very easy and very straightforward so far! However, I started to have a little uneasy feeling now: "This is too easy....." No sixth sense was triggered inside me, but something was telling me to be very cautious "just in case".

You know, I've had quite a few incidents when travelling by bus on this RTW trip.
It wasn't that I wanted another incident to occur to me this time (No thank you!) It was just my instinct which had become quite sensitive for the past months. Moreover, it was reasonable enough of me to be extra cautious because it was an overnight bus going through the middle of nowhere in Paraguay.

It was almost 1am. The bus kept on going.
I was really tired and relieved by the fact that the immigration process went very well. I quickly fell asleep.

Around 5am, it was still pitch-black outside.
Suddenly, a sharp bang broke through the silence inside our bus followed by somebody screaming! I got up and looked around to see where the scream was from.
It was from the front seat and I could see the window being smashed there.
A guy who was sitting on this front seat looked utterly frightened and was covered with shards of the broken window.


***** JPN *****
バスターミナルを出発してから間もなくブラジル国境線の移民局に到着。 バスを降りて、移民局の事務所まで歩いて行き、出国スタンプをパスポートに押してもらうとバスに再び乗車。
ブラジル国境線を出てから数分後、今度はパラグアイ国境線の移民局に到着。 またバスを降りて、移民局の事務所まで歩いて行き、今度は入国スタンプをパスポートに押してもらうとバスに再び乗車。
ここまで 超簡単、トラブルなど全くなし。 しかし、こんな時ほど嫌な予感みたいなものが僕の中でくすぶる ”これはちょっと簡単すぎないかー。 まだ安心するには早すぎる” っとでも言っているかのよう。
今回の世界一周旅行でのバス移動では、かなり苦い経験をしている自分。 これらの経験から、ここ最近は危険予知能力みたいなものが敏感になり嫌でも注意深くなっている自分がいる。 何もない真っ暗な パラグアイ の道を夜行バスで走り抜けるのなら尚更だ。

深夜 1時。 僕らを乗せた夜行バスは今のところ順調。
ものすごく疲れていた自分はブラジル出国とパラグアイ入国が問題なく済んだことからの安心感から寝ることにした。

早朝 5時 頃。 まだ外は真っ暗。
突然 バキッ! という鋭い音に続いて誰かの叫び声で急に目が覚めた自分。 自分の座席から首を伸ばしてあたりを見渡した。
すると自分が座っている座席の一列前の最前列の窓ガラスが割れている。 そしてこの席に座っていた男性はかなり脅えている様子で、割れた窓ガラスの破片を体中に被っていた。


20101218_Foz_du_Iguacu_To_Asuncion_02.jpg


***** ENG *****
The bus didn't stop then. It kept on going. A couple of minutes later, a conductor came to the upper-deck to check whether or not anybody was hurt.
The guy on the very front seat seemed Okay, but was shaking and looking frightened by this totally unexpected incident. By this time I was fully awake but sleepy and confused at the same time. I think that many of us couldn't comprehend what had really happened. Strangely enough, the bus never made a stop to check the damage. It still kept on going. And the guy on the front seat was placed to another seat in the back.
Puzzled about this sudden ordeal, but my sleepy eyes shut me down soon. I went back to sleep.

It was just after 6am when the bus arrived in Asunción.

I got off the bus, still sleepy and confused about what had happened, but picked up my luggage and looked around the bus from the outside. Then I noticed that one of the back-seat windows was completely destroyed.


***** JPN *****
それでもバスは一旦止まるような気配もなく走り続けた。 バスのコンダクターらしき人が二階席に来て最前席に座っていた男性の様子を確認。
彼は見たところ無傷のようだったが、全く予期せぬ出来事に体を震わせ脅えている。 僕はこの時点で目は覚めていたのだが、凄く突然のことだったので状況をしっかりと把握できなかった。
おかしなことは、窓ガラスがかなりのダメージを喰らったにもかかわらずバスは全く止まることなく走り続けた。 最前席に座っていた人は結局後方の席へ移り、僕はまた眠りにつくことにした。

バスが アスンシオン に到着したのは早朝 6時頃。

僕はねむい目をこすりながら 1時間 ほど前に起こった出来事があまり理解できないまま自分の荷物をかかえるとバスを降りた。 そして ぐるーっ とバスの外装を確認して気づいたのだが、バス後方の窓ガラスも 一枚 完全に壊れ落ちていた。


20101218_Foz_du_Iguacu_To_Asuncion_04.jpg


***** ENG *****
I didn't speak to the driver (because I speak very little Spanish), but I started to realize that our bus must have been attacked.
Now it makes perfect sense to me why the bus didn't stop for a single second shortly after the incident. Because if we had ever made a stop then, whoever threw objects at our bus would have broken into and robbed us with a knife or a gun....

***** JPN *****
片言のスペイン語しか喋れない自分は運転手と直接言葉を交わさなかったが、これはどう考えても単独事故ではない。 誰かが固い物を僕らのバスに向けて投げないかぎり、こんな事は起こりえない。
そして今になって何故バスの運転手があの時バスを止めなかったのかが分かったような気がする。 もしあそこでバスを止めていれば、物を投げた奴はナイフや銃を持って僕らのバスに侵入しおそらく恐喝していただろう。。。。


20101218_Foz_du_Iguacu_To_Asuncion_03.jpg


***** ENG *****
How lucky we were to be here in Asunción! And how lucky it was that nobody was hurt.
It's a bit scary to recall this whole incident after all - what if the object had smashed into the driver's seat then....?

Welcome to Paraguay, ha?!


***** JPN *****
結局、大事件には至らず全員無事に アスンシオン に到着できた事に一先ず安心。
でも万が一、あの時投げられたオブジェクトがドライバー席に直撃していたら。。。。 なんて想像するとゾッとする。

パラグアイへようこそ! てかっ?




スポンサーサイト

***** ENG *****
I'm a little sick again. This time I caught a cold: having a runny nose and a sore throat at the moment.
I must've gotten it when I visited the Argentinian-side of Iguasu. That boat-ride then was intense and I unwisely took off my shirt. It was really freezing then.
The air-conditioner on the bus from Foz do Iguasu to Asuncion was also a bit too much and only worsened my symptoms.... Bugger me!

It's my second day in Paraguay and also my second day in Asuncion. I'm kind of resting due to the cold and I explore this city only a little bit on foot and by bus today.

***** JPN *****
また体調がおかしい。 今回は風邪をひいたようだ。 鼻水が止まらず、喉が痛い。
これはおそらくアルゼンチン側のイグアスの滝を訪れたときの ボートツアー が原因だと思われる。 寒かったーっ。 っていうか調子こいて上着を脱いだ自分が悪い。 更にアスンシオンへ移動したときに乗った長距離バスのエアコンもガンガンに効いていたので此れも要因の一つだと思われる。 また疾病!

今日でパラグアイ滞在二日目。 もちろん アスンシオン も二日目。
風邪のせいもあり今日は歩きながら、たまにバスにも乗りつつ町中を軽く散策することにした。


IMGP9686.jpg

***** ENG *****
Local buses in this country are so old and rusty. I rode a few of them and it felt like these buses had no suspensions at all: it was like a rodeo-ride even on a smooth road!

***** JPN *****
アスンシオンの町中を走っているバスは凄く古い。 幾つか違うバスに乗ってみたのだが、どれもサスペンションが全く効いていないかんじ。 すごく平坦な道を走っても乗り心地は非常に悪い。


IMGP9660.jpg

IMGP9662.jpg

IMGP9714.jpg

IMGP9687.jpg


***** ENG *****
Somehow, I've found many things in Paraguay similar to Sri Lanka - old buses still in service, lots of police officers and army men on streets, rubbish everywhere and no McDonald's as far as I could see. Furthermore, it's hot in Paraguay. Super hot actually!
It reached 42 Degrees Celsius this afternoon.

I didn't expect Paraguay to give me a sense of nostalgia about Sri Lanka at all. Now I started to miss curry a little bit.

***** JPN *****
何故か パラグアイ に来てから少し スリランカ のことを思い出していた。 それもこれも、ここで目にするものが スリランカ のそれに結構似ているからだ。 例えば日本で何十年も前にあったような古いバスがまだ走っていたり、至る所で警備中の軍人や警察官も見かける。 そして道端に転がる無数のゴミ。 また、僕が見たかぎりでは マクドナルド が町中に一軒も存在しない。 尚且つパラグアイは暑い! どうしようもないくらいに暑いっ!

アスンシオンの今日の最高気温は 42度 まで達した。

まさか ここパラグアイでスリランカを思い出すとは全く想像していなかった。 今になって少しスリランカのカレーが恋しい自分。




IMGP0425.jpg


***** ENG *****
I wasn't quite determined whether or not I should go to Paraguay up until I met a girl at the hostel in Floripa about a week ago.
Her name was Tamara from Australia and she had just visited in Paraguay before she came to Floripa. I asked her to give me a few tips about Paraguay: just only a few tips. And then she gave me a piece of paper with full hand-written descriptions about where to go and see in the country!

Thank you very very much, Tamara!
(Maybe, I should marry her?!)

***** JPN *****
一週間くらい前まで実はパラグアイを訪れるべきか否かブラジルにあるフロリッパで ある女の子 と出会うまでかなり迷っていた自分。
彼女の名は Tamara といってオーストラリア出身。 フロリッパに来る前まで パラグアイ に滞在していたらしい。 僕はその彼女から ”軽くパラグアイの情報を教えて欲しい” と頼んだら、なんと紙一枚にギッシリといろいろな情報を書いて渡してくれた!

どうもありがとう Tamara !
(この子と結婚しようかなっ?!)




***** ENG *****
I left Asunción for Encarnación by bus today. Another bus-ride in Paraguay, but it was no problem and no attack this time!

***** JPN *****
今日 アスンシオンを出て、南部にあるエンカナシオンという町までバスで移動。 またまた、ちょい危険なパラグアイでのバス移動。 でも今回は何事もなかった!


IMGP9757.jpg

IMGP9776.jpg

IMGP9794.jpg


***** ENG *****
The ticket cost me PYG55,000 (about USD14.00) and the bus made quite a few stops on the way. It took me more than 6 hours to Encarnación: it should have taken only 4 hours or so.

***** JPN *****
バスのチケットは 55,000グアラーニ (約 14米ドル)。 途中で何回も停車し、乗客が乗り降りしたので通常なら 4時間 くらいで着くところが 6時間 もかかってしまった。


IMGP9800.jpg


***** ENG *****
Why did I come to Encarnación?
Because it's the only decent-size town in the very south end of Paraguay and I'm going to exit Paraguay from here and enter Uruguay next. It's also because I want to visit the Jesuit Missions of La Sant sima Trinidad de Paraná (Long name!) and Jesus de Tavarangue tomorrow, both of which are located near Encarnación. Tamara - Oz girl I met in Floripa - also recommended them for me.
I'm staying in Hotel Germano today, just opposite from the bus-terminal in Encarnación. This was also recommended by Tamara. My room is private twin, but I only paid for myself - PYG40,000 (about USD10.00). Quite cheap and I don't have to share the room with anybody else. Yeahhh!

***** JPN *****
なぜ エンカナシオン に足を運んだのかって?
理由は単純に エンカナシオン がパラグアイ最南部に位置する中規模の町なのでパラグアイから更に南に位置するウルグアイに向かう予定の自分にとっては都合が良いのと、Tamara お薦めのユネスコ世界遺産に登録されている イエズス会伝道所の遺跡群 "The Jesuit Missions of La Sant sima Trinidad de Paraná" と "Jesus de Tavarangue" が エンカナシオン からさほど遠くないところに位置しているため、明日それらを訪れたかったから。
今晩はこの町のバスターミナルの直ぐ側にある Hotel Germano という日系パラグアイ人女性が経営する宿に泊まることに (これも Tamara お薦めによるもの)。 部屋は非常に質素な二人部屋だったが、料金は1人分の 40,000グアラーニ (約 10米ドル)。 非常に安い。 そして久しぶりの個部屋。 かなりうれしいー!




***** ENG *****
I caught a local bus (PGY5,000 = about USD1.30) at the terminal in Encarnación and left for Trinidad at 8:45am this morning. The bus went along the Route 6 to the north.
Trinidad was about 50 minutes away from Encarnación and was where the Jesuit Missions of La Santisima Trinidad del Paraná was located (Such a long name! Can somebody please shorten it?!)

***** JPN *****
今朝 エンカナシオン のバスターミナルから 8時45分発 のバスに乗り トリニダード へと向かった。 チケットは 5,000 グアラーニ (約 1.30米ドル)。 バスは 6号線 をひたすら真っ直ぐ北上。
トリニダード は エンカナシオン からバスで50分くらいのところに位置し、イエズス会伝道所 La Santisima Trinidad del Paraná (名前が長すぎっ!) があることで知られている。


IMGP9815.jpg


***** ENG *****
I paid PGY25,000 (About USD5.50) at the entrance. The ticket included two other ruin-sites: "Jesus de Tavarangue" and "Santos Cosme y Damian". The latter is located at least an 1-hour drive from here so I had to give it a miss this time.

***** JPN *****
トリニダード到着後、入場券 25,000グアラーニ (約 5.50米ドル) を購入。 この入場券には "Jesus de Tavarangue" と "Santos Cosme y Damian" と呼ばれる他二つの遺跡入場料も込みなのだが、後者の "Santos Cosme y Damian" はここから 1時間 くらい離れたところにあるらしいので今回訪問するのを断念。


IMGP9833.jpg

IMGP9830.jpg

IMGP9818.jpg

IMGP9846.jpg

IMGP9849.jpg


***** ENG *****
A great thing about Trinidad del Paraná was that there was hardly anybody here! I only saw 5 other tourists while I was there; Paraguay itself seemed to be less touristy than other countries in South America anyway.
I love the moment when I'm the only visitor at a historical site like this and when it's completely silent and peaceful.

***** JPN *****
ここ Trinidad del Paraná の素晴らしいところは人がほとんどいないこと。 僕が訪れたときは子供連れの観光客が 5人 ほどいたのみ。(パラグアイという国自体も他の南米諸国と比べると観光客の数がかなり少ないのだが。)
静寂な雰囲気のなかで、しかも 1人っきり になれることは滅多にない。 この落ち着いたかんじが凄く良い。


IMGP9855.jpg

IMGP9852.jpg

IMGP9844.jpg

IMGP9841.jpg


***** ENG *****
My next target today was Jesus de Tavarangue, about 11km away from Santisima Trinidad del Paraná: a local bus runs to this site only once every hour. It was blazing hot today. So there was no way I would walk 11km.

***** JPN *****
今日この後に訪れるのは Jesus de Tavarangue という遺跡。 トリニダード から 約11キロ 離れており、バスは 1時間 に 1本 しか走っていない。 今日も相変わらず超蒸し暑いので、どう考えても 11キロ を徒歩で行くのは困難。






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。