上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMGP0737.jpg


***** ENG *****
It was cloudy and drizzling in Ushuaia today. I got on board just after 16pm from the port in Ushuaia. There were a few ships anchored here and the smallest vessel "Ushuaia Antarctic Expeditions" is the one that takes me to no-man's land for the next ten days.
The number of passengers on this vessel is 84 and their nationalities are German, Dutch, Austrian, Spanish, Portuguese, Finish, Swedish, American, Australian, Kiwi, Mexican, Colombian, Argentinian, etc.
Amongst the Ushuaia's crew members, five are specifically assigned to assist and guide us every time we land by a rubber-boat called Zodiac as listed below. They will also give us some lectures about the history of Antarctica, marine life, etc during this journey.

* Monika (Germany) - Expedition Leader / Historian
* Daniel (Argentina) - Assistant Expedition Leader / Geologist
* Alli (UK) - Marine Biologist / Lecturer
* Mariano (Argentina) - Marine Biologist / Lecturer
* Leandro (Argentina) - Marine Biologist / Lecturer


***** JPN *****
16時にウシュアイア港から乗船。 今日のウシュアイアの天気はあいにく曇り時々雨。
この港には幾つか別の船も停泊中で、それらの中でも一番小さな船が "Ushuaia Antarctic Expeditions"(別名: ウシュアイア号)。 僕をこれから10日間の南極探検へと誘ってくれる。
今回ウシュアイア号に乗船した乗客数は合計 84人。 国籍は様々で ドイツ、オランダ、オーストリア、スペイン、ポルトガル、フィンランド、スウェーデン、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン などなど。
乗員体制もしっかりしていて、特に其のうちの 5名 (以下のリスト参照) は Zodiac と呼ばれるゴムボートで上陸した際の案内役や、南極に関する今までの歴史や海洋生物のレクチャーを船内で行ってくれる。

* モニカ (ドイツ) - 探検隊リーダー / 歴史家
* ダニエル (アルゼンチン) - 探検隊リーダー補佐 / 地質学者
* アリー (英国) - 海洋生物学者 / レクチャラー
* マリアーノ (アルゼンチン) - 海洋生物学者 / レクチャラー
* レアンドロ (アルゼンチン) - 海洋生物学者 / レクチャラー


IMGP0743.jpg


***** ENG *****
The above photo shows the Ushuaia's captain (centre left) and our leader Monika (centre right).

***** JPN *****
上の写真はウシュアイア号のキャプテン(中央左)と モニカ(中央右)。


IMGP0785.jpg

IMGP0786.jpg


***** ENG *****
The above photos show my room on the vessel. I'm sharing this room with Fukuda-san, a Japanese man from Fukuoka, and I've taken the upper bed.
There also happen to be three other Japanese people on board - Taka from Mie prefecture, and Arisa and Yuji from Tokyo.

***** JPN *****
上の写真はウシュアイア号での僕の寝室。 この部屋をもう 1人の日本人旅行者で福岡出身の 福田さん という方と共有する。 僕のベットは上の段。
ちなみに 僕と福田さん以外にも他に 三重出身の タカ、東京出身の夫婦 ゆーじ と ありさ も乗船していた。


IMGP0787.jpg


***** ENG *****
The above photo shows the bathroom that Fukuda-san and I will share with Arisa and Yuji whose room is right next to ours.

***** JPN *****
上の写真は福田さんと僕が使うバスルーム。 このバスルームはもう一部屋隣のゲスト ありさ と ゆーじ と共有。


IMGP0781.jpg


***** ENG *****
The photo above shows the captain's cabin. Unless our vessel is going through a big storm or in an emergency situation, everyone is allowed to come into this cabin at any time.

***** JPN *****
上の写真はキャプテンが常駐するキャビン。 ウシュアイア号が大荒れの海を航海中や何らかの理由で緊急事態にならないかぎり、誰でも自由にこのキャビンへの出入り可能。


IMGP0779.jpg

IMGP0740.jpg


***** ENG *****
The above photos show a common area for everyone. Tea, coffee and snack are always available for free of charge except alcohol and soft drinks. Needless to say, there is no Internet on this vessel.

***** JPN *****
上の写真は乗客専用の共有スペース。 ここにはいつもお茶、コーヒー、お菓子、果物などが置いてあり食べ放題・飲み放題 (アルコール・ジュースは有料)。 ちなみに衛星経由の電子メールは送れるらしいが、通常のネット環境は無し。


IMGP0758.jpg


***** ENG *****
I was very excited about going to Antarctica, yet a little nervous at the same time about going through an infamous channel called the Drake Passage; to reach Antarctica, this passage is unavoidable and I've only heard how bumpy the ride would be.... The Ushuaia - our tiny magnificent vessel - left the port at 18pm.

***** JPN *****
乗船してから かなり興奮気味の自分。 しかし一つだけ不安なことが。 それはあの悪名高きドレーク海峡通過が刻々と迫っていること。 ウシュアイア発南極行きの海路は必ずこの海峡を通らなくてはいけない。 この海峡に関しては悪い噂しか今まで耳にしたことがない。 僕等を乗せたウシュアイア号は18時に出航。




スポンサーサイト

***** ENG *****
The Drake Passage was Sooo BRUTAL!

It was like riding an extreme roller-coaster, but it would only last for a few minutes, right? This was lasting for more than 24 hours! Funnily enough, I became sea-sick as soon as the vessel entered the Drake Passage: I was almost brain-dead for the entire day today. Therefore, the only photo that I was able to take was the one below from the window by my bed. You can't see anything. Hahaha!


***** JPN *****
やはりドレーク海峡は容赦なかった!

子供の頃のジェットコースター初体験を少し彷彿させる。 でもジェットコースターは数分で終わるのに対して、ドレーク海峡通過中の ウシュアイア号 はほぼ丸一日揺れっぱなしっ! 不思議だったのは、自分の体調がドレーク海峡に入って数分も経たないうちにおかしくなったこと。。。。
今日一日はほぼ脳死状態だったので、唯一写真におさめることができたのは下の一枚のみ。 僕のベットの脇にある窓から撮影。 この一枚ではドレーク海峡の凄さが伝わりにくいのが残念。


IMGP0763.jpg


***** ENG *****
Despite the fact that I had taken a pill for sea-sickness shortly after dinner last night, I ended up praying right in front of the toilet by saying "Ohhh My God!"

No kidding :-(

***** JPN *****
もちろん船酔いの薬は昨晩のディナーの後にすぐに飲んだのだが、あまり効果がなかった気がする。 夜中じゅうずーっとトイレの前でピッコロ大魔王が口から卵を吐き出すポーズを繰り返していた自分。

これ 全く笑えない話。




***** ENG *****
After there was nothing more left to puke: I think I got everything out of my stomach, I slept the whole day yesterday. I really mean the WHOLE DAY. How long has it been since the last time I slept this much?! The pill that I took for sea-sickness probably made me sleep so much.
Our vessel almost made through the Drake Passage by late this afternoon and the ocean became surprisingly calm now.

***** JPN *****
これでもかと言うくらいに吐きまくり、お腹の中は空っぽになった後 昨日は丸一日 寝た。 本当に丸一日 寝た。 こんなに長いこと寝たのは中学生の夏休み以来じゃないか(?)というくらい寝た! 大人になってからこんなに長い間寝たことなんて無い。 船酔いの薬が眠気をかなり助長したのは間違いない。
ウシュアイア号は今日の夕方前にやっとドレーク海峡を通過。 あんなに荒れていた海が急に穏やかになってきた。


IMGP0778.jpg

IMGP0777.jpg


***** ENG *****
The sunset in Antarctica is very late at this time of the year. It is bright outside until 11pm or so.
Far out in the sea, a land comes in sight. It's the Antarctic Peninsula.

***** JPN *****
この時期の南極地域の日没時間はかなり遅い。 外は午後11時くらいまで明るい。
そして海の遥か向こうに大陸らしきものが遂に見えてきた。 南極半島だ。


IMGP0798.jpg


***** ENG *****
The photo below was taken before the sunset. It was probably raining over there with the reflection of sunlight at dawn. Quite mythical.

***** JPN *****
下の写真は日没前に撮影したもの。 自然現象は時としてどんな人工的な美をも超越してしまう。 おそらく向こう岸では雨が降っていて、日没前の太陽光が反射して見えているのだと思う。


IMGP0795.jpg


***** ENG *****
Our first landing is supposed to take place tomorrow morning. I'm so excited!

***** JPN *****
明日の朝、いよいよ最初の上陸を行う予定。 凄く楽しみで今晩は眠れそうにない!




***** ENG *****

<<< Zodiac Landing >>>
Half Moon Bay


The very first landing on this Antarctic expedition is about to take place!
I put on two jackets: a down-jacket and a GORETEX jacket over it as well as a pair of water-proof trousers. The down-jacket and the trousers were rented from a travel agent in Ushuaia.
We are not allowed to go landing with our own shoes due to a concern that anything attached to our shoe-soles could cause some damage in Antarctica's super sensitive environments. Therefore, we are only allowed to wear rubber-boots owned by the Ushuaia (our vessel) for our landing. Plus, I wear two pairs of socks to keep my feet warm underneath the boots.

***** JPN *****

<<< ゾディアック上陸 >>>
ハーフムーンベイ


今朝 遂に待ちに待ったこの南極探検で最初の上陸を行うことに!
自分は防寒対策としてジャケットを二枚 (ダウンジャケット と 日本から持ってきていた GORETEX のジャケット) と防水性の長ズボンを着用。 ちなみにこの ダウンジャケット と 防水性ズボンはウシュアイアの旅行代理店で借りたもの。
靴は ソールなどに付着しているゴミなどが南極に持ち込まれないように という環境的な配慮から自前の靴ではなく、ウシュアイア号にあるゴム製の長靴を上陸時には着用しなくてはならない。 ゴム製の長靴ではあまり暖かくないので、自分は靴下を二枚この長靴の中に履いた。


20110121_01.jpg

20110121_02a.jpg


***** ENG *****
As soon as I stepped onto Half Moon Bay, I did a test shot by placing my camera into the water and it was Frickin' Cooold!

***** JPN *****
ハーフムーンベイに上陸するやいなや、水中での一枚。 水は ちょーーー冷たい!


20110121_02b.jpg


***** ENG *****
A lot of Chinstrap Penguins greeted us first.
This wasn't actually my first ever experience to see penguins in the wild. I saw quite a few Little Penguins when I was living in Maroubra, Australia about ten years ago. They often swam close to where I sat while waiting for waves to come then.
The number of the Chinstrap Penguins at this bay was astronomical: so many of them and they were all cure, although I must say that it was quite stinky due mainly to the faeces on the ground.

***** JPN *****
たくさんの チンストラップペンギン が早速僕等をお出迎え。
実は野生のペンギンと対面するのはこれが初めてではない。 10年前に住んでいたオーストラリアのマルーブラという町で僕が波乗り中によく水面に現れては消えていく リトルペンギン を目撃していたので、今回が人生で二度目の野生ペンギンとの遭遇。
しかし、ここに生息している チンストラップペンギン の数は半端ないくらい多い。 そして糞などに寄りかなり臭い。 それでもこの ペンギン達 非常に可愛らしい。


IMGP0823.jpg

20110121_03.jpg

20110121_04.jpg

20110121_05.jpg

20110121_06.jpg


***** ENG *****
I don't know why, but one lone Macaroni Penguin was also spotted today amongst the Chinstrap Penguins (The photo was taken by Yuji).

***** JPN *****
何故か チンストラップペンギン の大群の中を勇敢そうに横切る一匹の マカロニペンギン も目撃 (写真は ゆーじ による撮影)。

20110121_07.jpg

20110121_09.jpg


***** ENG *****
After visiting the penguins' colony, we walked (or stomped?) to the Argentinian base for a little break and had some needed hot coffee in there. It was so timely for me to have something warm as I was nearly freezing to death outside!

***** JPN *****
チンストラップペンギンのコロニーを後にし、数百メートル歩いたところに位置するアルゼンチンの南極基地の一つにお邪魔し、温かいコーヒーを頂いた。 ここまで来る時点で自分の体は凍りつきそうだったのでこれは絶好のタイミング!

20110121_10.jpg




***** ENG *****

<<< Zodiac Landing >>>
Livingston Island


After our lunch, we made another landing of the day. This time, surprisingly, there wasn't much snow or ice on Livingston Island: well, it's January and the southern hemisphere is in summer right now. No wonder Antarctica is also experiencing some summer-like weather?

***** JPN *****

<<< ゾディアック上陸 >>>
リビングストン島


昼食の後、今日二回目の上陸を開始。 驚いたことは リビングストン島 が思っていたよりも雪や氷が少なかったこと。
今は1月半ば なので南半球の大半は夏。 南極も同じように夏みたいな季節が存在するのだろうか? それとも地球温暖化の兆候。。。。?


IMGP0911.jpg


***** ENG *****
We saw quite a few Elephant Seals on this island. As the name says, these seals were enormous. And lazy.

***** JPN *****
この島ではまず 象アザラシ が僕等をお出迎えしてくれた。 お出迎えといっても、こいつら寝てばかり。 そしてデカイ。


IMGP0914.jpg

IMGP0898.jpg

IMGP0931.jpg

IMGP0919.jpg


***** ENG *****
When we reached a little hill on the island, there was a big colony of Gentoo Penguins there.
These penguins looked to me "typical" as my tendency of picturing what penguins would look like was exactly them. They are generally a little taller than the Chinstrap Penguins that I saw earlier this morning.

***** JPN *****
この島にある小さな丘まで行くと、今度は ジェンツーペンギン のコロニーに遭遇。
もしも ”ペンギンとはどんな動物?” と誰かに聞かれたら、僕は真っ先にこのペンギンの容姿が 頭に浮かんでくる。 今朝遭遇した チンストラップペンギン よりもこの ジェンツーペンギン のほうが平均的に少し背が高い。


IMGP0944.jpg

IMGP0953.jpg

IMGP0924.jpg


***** ENG *****
We also encountered one sleepy Weddell Seal lying on the sand. This particular one was as lazy as those Elephant Seals, but much more adorable than them

***** JPN *****
砂浜の上でくつろいでいる ウェッデルアザラシ にも遭遇。 こいつも象アザラシ同様に寝てばかり。 でも象アザラシより格段に愛嬌がある。


IMGP0955.jpg


***** ENG *****
A real hands-on lecture with some fossils was held by Danny regarding the geology on this island. Quite interesting

***** JPN *****
この島で発見された本物の化石を手にして地質学者のダニーによる簡単な講義も受けた。

IMGP0910.jpg


***** ENG *****
It was full-on today in a good way - my first ever landing to Antarctica :-)
As the sun was going down over the horizon, a whale came close to our vessel as if she was saying to us "Welcome to our land!"

***** JPN *****
今日 生まれて初めての南極上陸はいろいろな意味で究極だった。
太陽が地平線に沈みかけた頃、一頭の鯨がウシュアイア号の近くに現れた。 僕は彼女がまるで ”南極へようこそ!” とでも言っているかのように思えた。

IMGP0964.jpg






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。