上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
All participants for the tour to Uyuni gathered around in front of the travel agent at 8am this morning in San Pedro de Atacama.

***** JPN *****
朝の 8時 にツアーに参加するメンバー全員が サンペドロ・デ・アタカマ の旅行代理店前に集合した。


IMGP2169.jpg


***** ENG *****
We all rode a minibus to the Chilean immigration office where we had an exit-stamp on our passports and then headed off to the Bolivian immigration office by the same minibus.
At this Bolivian immigration we had an entry-stamp on our passports in the office and each one of us had to pay for "the park entrance fee" which was not included in our tour: I now forgot how much it was. Sorry.

***** JPN *****
ここからミニバスに乗車し国境線のチリ移民局まで移動。 まずはチリの出国スタンプを各自のパスポートに押してもらう。 それが終わるとミニバスに再乗車して今度はボリビアの移民局へと移動。
ボリビアの移民局に到着すると入国スタンプをパスポートに押してもらいつつ、移民局のスタッフから ”国立公園の入場料” とか何やらで幾らか徴収された (正確な金額は忘れた。)


IMGP2174.jpg

IMGP2177.jpg


***** ENG *****
17 of us in total on this tour, so we had to be divided into two 6-people groups and one 5-people group.
My group was 6 people: two Austrian girls, one German girl (she was a psycho), an Australian couple from Adelaide and me. Our driver was Bolivian, and his name was Leo, a little quiet but friendly enough. And the vehicle which was taking us all the way through the highlands of Bolivia for the next three days was ....

TOYOTA Land Cruiser !

This Japanese 4x4 must be the most reliable on dirt roads as well as in high-altitude places. I would probably refuse to go on this tour if our vehicle were Hyundai. Hahaha.


***** JPN *****
このツアーの参加者は全員で 17人。 ここから車三台に分乗して移動するために 6人組二つ と 5人組一つ の編成になった。
自分のグループは 6人組で オーストリア出身の女の子2人、ドイツ出身の女1人 (こいつが無茶苦茶性格悪かった)、オーストラリアのアデレード出身のカップル、そして自分。 僕等のドライバーはボリビア人の Leo。 少し物静かだが友好的で決して無愛想ではない。 そしてこれからの三日間 僕等をウユニ塩湖まで運んでくれるのは泣く子も黙る

トヨタ ・ ランドクルーザー!

道なき道を行くこのツアーに於いて日本車のランクルが出てくるのは確たる信頼性がある証! もしここで Hyundai の車でも出てきたものなら自分はこのツアーの参加を即効拒否していたかも(笑)


IMGP2173.jpg


***** ENG *****
The photo below shows our driver Leo tying up my bulky surfboard on the roof-top.

***** JPN *****
下の写真に写っているのがドライバーの レオ。 かさばる僕のサーフボードをひもで縛っているところ。


IMGP2179.jpg


***** ENG *****
At first, we made a brief stop by two beautiful lakes as pictured below.

***** JPN *****
まず最初に足を運んだのは下の写真にある二つの美しい湖。


IMGP2183.jpg

IMGP2188.jpg


***** ENG *****
One underwater-shot here as well. The water was extremely tranquil.

***** JPN *****
もう御馴染みの水中撮影もここで一枚。 この透明度は有り得ない!


IMGP2194.jpg


***** ENG *****
Another photo of the lake with a Mt.Fuji-like mountain in the background.

***** JPN *****
もう一枚 湖の写真。 富士山に少し似たような山が背後にあったのでそれと一緒に撮影。


IMGP2199.jpg


***** ENG *****
And we kept on going afterwards.
Going, going, going up ....

***** JPN *****
その後は車をしばらく走らせた。
道なき道をひたすら上がっていく。。。。


IMGP2198.jpg

IMGP2203.jpg


***** ENG *****
We made a stop in the middle of nowhere as pictured below; This place was apparently well-known for one of the surrealism-paintings by Dali.

***** JPN *****
次に僕等のランクルが停車したのは下の写真にある場所。 シュール・リアリズム の ダリ が描いた絵で有名な場所らしい。


IMGP2204.jpg

IMGP2206.jpg

IMGP2208.jpg


***** ENG *****
We stopped at this hot spring area as pictured below for lunch, but I packed my swim-wear in my backpack which was loaded on top of our Land Cruiser. Unfortunately, I couldn't go into the hot spring then.

***** JPN *****
正午過ぎにはランチも兼ねて下の写真にある天然温泉が湧き出ている所を訪問。 自分の水着はランクルのルーフトップにしっかりと縛り付けられたバックパックに入れたままだったのでこの温泉は入れずじまい。


IMGP2210.jpg


***** ENG *****
Everything "seemed" to be going well so far. However, I started to have a little headache shortly afterwards. I didn't think at this stage that my headache would become more severe later on....

***** JPN *****
ここまでは何も問題なく全てが順調に進んでいるかのように思えた。 しかし、この温泉を訪れた直後ぐらいから急に軽い頭痛が始まった。 この時点ではまだ ”軽い高山病の症状じゃーん” と軽視していた自分。


IMGP2213.jpg


***** ENG *****
Today's accommodation was actually located at 4,300m Elevation !
By the time we arrived in our hostel around 16pm, I was almost brain dead - a severe case of the high-altitude sickness....
I chewed some Coca leaves beforehand, but they didn't help me at all. In fact, the Coca leaves gave me some numbness and I was feeling rather dizzy, and my headache became even much worse.
I only had breakfast today, and by midnight I threw it all up. So my tummy was completely empty, but I wasn't hungry at all. I just wanted to lay down in bed and tried to get as much sleep as possible even though my headache was keeping me awake. I even asked Leo to take me back down to San Pedro, but he insisted that we were all going down a bit tomorrow (down in elevation, he meant) so that I was gonna get better....
The above photo was taken by Mark, one of the Australians from Adelaide in my group. I look as if I was being possessed by a demon in this photo. I was seriously ill then.


***** JPN *****
ちなみに僕等が今晩泊まる宿があるのは 標高 4300 メートル!
その宿に 16時頃 に到着した時点で自分には典型的な高山病の症状が出始めていた。 そして酷い頭痛と嘔吐でもう気を失いそう。
高山病の典型的な対処方に コカの葉 が良く使用されるが、自分の体には全く効果が無かった。 と言うか、あのコカの葉の独特の香りと味がどうも好きになれず、逆に気分がもっと悪くなってしまった。 そして頭痛もさらに深みを増してきた。
今日 自分が口にしたのは朝食のみ。 これも今晩までに全て吐き出してしまったのでお腹の中は空っぽ状態。 でも食欲は一切無く、ただ気持ちが悪くて悪くてベッドに横になり眠りに着こうとするのだが強烈な頭痛で直ぐに目が覚めてしまうといった具合。 症状が全然回復しなかったのでドライバーのレオに自分だけサンペドロまで降ろしてくれないかと懇願したが、彼曰く「明日はここまで高くないよ。 下っていくだけだから大丈夫。」 だって(泣)。
上の写真は同じランクルに乗車したアデレード出身のオーストラリア人 Mark による撮影。 今見てみると悪魔にでも取り付かれたかのように顔に血色が全く無く目が虚ろ。 これはヤバイ!




スポンサーサイト

***** ENG *****
The Drake Passage on my Antarctica Expedition was really harsh on me, but today is even much worse than that day.
Since last night I've been vomiting numerous times and having a migraine: it's not a headache anymore because even if I slept for a while or had some medicine, it's never gone. I've even started to think that I might have a brain tumor. It's that sever! Some people on the same tour have been helping me a lot, especially Australian couple Eliane and Mark from Adelaide. They gave me all kinds of proper medicine and regularly checked if I was Okay. Thank you very very much for your great help, Eliane and Mark!

This is actually my forth time to become ill on this RTW trip.... The previous three are listed below:
1. 2010 September in Frankfurt, Germany
2. 2010 November in Sao Paulo, Brazil
3. 2010 December in Montevideo, Uruguay

I must say that travelling solo is neither always easy nor always fun, especially when becoming ill. Nevertheless, wherever I go, there is always somebody who helps me out. As I've been helped a lot by some people, I've been overwhelmed by their generosity. I have to offer some help to other people in trouble from now on.

A very fortunate thing for me is that we are not going any higher than 4,300m today on Day-2. Tonight's accommodation is located around 3,700m high. We are just descending all the way, though it's still high enough. I should be able to start feeling better than last night. I now just keep my fingers crossed.

***** JPN *****
先月 南極探検中にウシュアイア号で渡ったドレーク海峡は凄まじかったが、今日という日はまた違う意味であの日の何倍も凄まじかった!
昨晩から口にしたものは全て吐いてしまい (食欲がないので水分補給だけだが)、頭痛に関してはどんな頭痛薬も効かず、しばらく寝ても全く治まらない。 これは 方頭痛 で間違いない! 方頭痛 と 吐き気 があまりに酷いので脳に腫瘍でもできたのではないかと錯覚するくらいだった。
死にそうな自分を見て同じツアーに参加していた人たちも心配そうに声を何度か掛けてくれた。 特にアデレード出身の Eliane と Mark には大変お世話になった。 Eliane が看護士だったのが幸いし、彼女が持ってきていた薬をいくつか頂いた。 Eliane と Mark に心から感謝!

恥かしながらこの旅を始めてから疾病するのはこれが四回目 (以下リストは今までの疾病体験):
1. 2010年 9月 フランクフルト、ドイツ
2. 2010年 11月 サンパウロ、ブラジル
3. 2010年 12月 モンテビデオ、ウルグアイ

一人旅は決して楽しい事ばかりではないということ。 特に疾病したときにそれを痛感する。 これほど続けて疾病するのは生まれて初めてだが、どれも幸運なことに必ず誰かが救いの手を差し伸べてくれた。 ここに来るまでにたくさんの人に助けられてきた。 彼等の寛容さに感謝の気持ちで一杯なのと同時に、自分も助けが必要な人を見かけたら救いの手を差し伸べていきたい。

僕にとって不幸中の幸いだったのが、この 標高4,300m が今回のツアーの最高点とのこと(初日でこの高さはキツイ)。 そして今晩宿泊する予定の宿は 標高3,700m 地点 (まだ充分に高いけど)。 今日はずーっと降って行くのみなので自分の高山病の症状も昨晩よりは軽減するはず? それでも 標高3,700m は富士山なみに高い。。。。


IMGP2214.jpg


***** ENG *****
Because I was so sick last night and my body was still slowly recovering as well as gradually adjusting to the high altitude, the only photo that I took today was the above one so-called " Stone Tree ".
Obviously, this photo was taken from the inside of our car. I just couldn't get out of it at all! This simply tells you how sick I was.

***** JPN *****
昨晩から患った高山病の症状があまりにも酷く食事もろくに摂れていないので今日はまだ体力が全く回復しなかった。 高所に自分の体を慣らすのにもまだしばらくの時間が必要。 なので今日唯一写真におさめることができたのは上の一枚のみ。 これ ストーン・ツリー と呼ばれる歪な岩。
見ての通り、この写真は僕が座っていたランクルの助手席から撮影。 車の外に出る気力すら無かった! 高山病を決してあまく見ないほうが良い。




***** ENG *****
Finally, I'm overcoming the Bolivian curse now. I've stopped vomiting and my excruciatingly painful migraine has turned into a little headache since last night. My appetite is also back on this morning; I only had one apple yesterday.

After seeing lots of lots of lagoons on the first and second day, we are finally reaching Uyuni where the world's largest salt-lake is located, and that is what I've wanted to visit for a long time.

***** JPN *****
ツアー 3日目 ようやくボリビアの呪いがとけてきた。 コントロールが効かなかった吐き気が急に止み、方頭痛 も昨晩からは軽い頭痛に変わってきた。 今朝になって食欲も回復 (ちなみに昨日はりんご一つ口にしたのみ。)

初日と二日目に コレデモカー! というくらいに見てきた湖。 最終日の今日はウユニの町をまず目指す。 もちろんウユニには世界最大の塩湖といわれるウユニ塩湖が存在する。 この日が来るのをどれだけ待ち侘びていたことか。


IMGP2216.jpg


***** ENG *****
The above photo shows our hostel for last night. It was raining when we set off this morning, but as we kept on going, it slowly cleared up. I think everyone on the tour was praying at this moment: "Please please do NOT rain in Uyuni today!"

***** JPN *****
ちなみに上の写真は昨晩泊まった宿。 今朝チェックアウトしたときには雨が降っていたのだが、車を走らせていくと空模様が回復してきた。 ツアーに参加していたみんなが ”どうかウユニでは雨降らないでくれー!” と神頼みしていたと思う。


IMGP2217.jpg

IMGP2218.jpg


***** ENG *****
We kept on going on a dirt gravel road. Going, going, going for a long while...

***** JPN *****
チェックアウト後、車をしばらく走らせた。 道なき道をひたすら走らせた 。。。。


IMGP2219.jpg

IMGP2223.jpg


***** ENG *****
We had to make a brief stop for the loo. And of course, our public toilet was in a lovely bush.

***** JPN *****
車をひたすら走らせながらも途中でトイレ休憩。 僕等の公衆トイレは泥道の脇にある茂み。


IMGP2489.jpg


***** ENG *****
After driving for more than three hours we almost reached the town of Uyuni. Luckily, it was sunny and a little breezy.
The photos below were taken just outside Uyuni at a famous train cemetery. Apparently, these trains were used to transport minerals a few decades ago, but now no longer in use.

***** JPN *****
結局、三時間超 車を走らせた。 そしてウユニの町近くまで来たところで車を止めた。 天気は晴れ、穏やかな風が吹いていて気持ちいい。
下の写真はバックパッカーの間ではちょい有名なウユニから少し外れたところにある 列車の墓場。 錆付いた列車は何十年も前までは炭坑用に使われていたらしいが今はただの観光名所。


IMGP2224.jpg

IMGP2225.jpg

IMGP2227.jpg

IMGP2229.jpg

IMGP2230.jpg

IMGP2232.jpg


***** ENG *****
After visiting the train cemetery, we stopped in Uyuni for lunch. Funnily enough, this was my FIRST and LAST LUNCH on this tour.
Pasta, bread and pork schnitzel were all cooked by our drivers. How good was it then after not eating anything for so long?! It was reviving me! And finally we were going to Salar de Uyuni after this lunch.

***** JPN *****
列車の墓場を訪問後、ウユニの町にてランチのための休憩。 笑えるのは、この日のランチが僕にとって最初で最後のツアーでのランチ。
ドライバーの Leo 達が料理してくれたパスタや豚肉のから揚げ (下の写真に写っている豚の肉ではありません!) などがテーブルに並ぶ。 久々の食事に有難みが増す。 このランチの後はいよいよウユニ塩湖へと向かう。


IMGP2237.jpg




20110216_00_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_03_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
I wasn't sick anymore. I was rather excited about going into Salar de Uyuni.
There was an audio player installed in our Land Cruiser and we could connect our portable music players into it. It was my Blackberry which had just coincidentally started Moby's track "Porcelain" when we stepped into the shallow water of the lake.

***** JPN *****
高山病の症状もすっかり無くなり、ウユニ塩湖突入が秒読みに入ったところで興奮はピークに。
僕等の乗ったランクルには便利なことに iPod など自分達の携帯音楽プレーヤーを接続できるオーディオがあった。 丁度タイミングを見計らったかのように自分達がウユニ塩湖の湖面へ進入したとき、僕の BlackBerry が Moby の曲 "Porcelain" を鳴らし始めた。


20110216_04_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_05_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
It was sunny with no winds and I could not believe my eyes.

"Wow!" was the only word that kept coming out of my mouth.

I took off my shoes and socks as quickly as possible and jumped out of the vehicle.


***** JPN *****
外は晴れて日差しが強いが風が無い。 そして飛び込んできた光景に我が目を疑った。

”うぉーっ!” だけしか口から出てこない。

履いていた靴と靴下を脱ぎ捨て、興奮いっぱいの状態でランクルから飛び降りた。


20110216_06_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
I started walking further and further from my tour-group, walking as far as I could and wanted to go, and then I took a deep breath as to embrace this spectacular scenery.

***** JPN *****
グループから少し離れて1人っきりになるために歩き始めた自分。 できるだけ遠くまでゆっくりと足を進ませた。 歩きながら自分の呼吸に意識を置き、目の前に広がる景色に没頭する。


20110216_10_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_11_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_12_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_13_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_14_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
Salar de Uyuni wasn't only the world's largest salt-lake, it was also the world's most magically beautiful lake.

***** JPN *****
ウユニ塩湖は世界最大の塩湖といわれているが、これは世界一魅惑的な湖でもあると思う。


20110216_15_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_16_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_17b_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_18_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_19_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_20_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_21_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_22_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_23_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
We spent about two hours in the lake, but two hours weren't enough at all. Antarctica was outstandingly beautiful, but Salar de Uyuni was another beauty in a different way.
As we were leaving, some thick clouds came out of nowhere and this enchanting lake was still showing some magic with the clouds over its face.

***** JPN *****
僕らは二時間ほどいたが、もっとここにいたいと思わせるくらい不思議な魅力を持つウユニ塩湖。 南極の美しさは例えようが無かったが、このウユニ塩湖はまた違った美しさを醸し出していた。
帰り際に、何処からともなく現れた灰色の分厚い雲。 ウユニ塩湖は次なる魔法でも始めるかのようにこの分厚い雲を湖面に魅惑的に写し出していた。

20110216_24_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_25_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
Farewell to our driver Leo when we came back to Uyuni. He did such a great job. And I tell you, he was a professional Land Cruiser driver. Thank you very much, Leo!

***** JPN*****
ウユニの町に戻ると、ここで僕等のドライバーだった Leo ともお別れ。 彼にはいろいろとお世話になった。 Leo のランクル操作はプロ並み。 ありがとう Leo!

20110216_26_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
I realized that my clothes, my camera and my watch were all covered with full of salt!

***** JPN *****
ウユニの町に戻ってから気づいたのは、服もカメラも時計も全部 泥まみれ ではなく 塩まみれ!

20110216_27_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
A lot of the people on our tour will leave Uyuni by an overnight bus tonight, but I've decided to stay in this tiny town tonight just to take it easy and I'll catch a bus tomorrow morning to go to Potosi.

!!!!! Note !!!!!
It turned out that amongst all the participants on this tour I paid the least: USD120.00 in cash which was equivalent to CHP58,000. Everyone else paid CHP65,000 or even more.
In the end I deserved the discount because I just wasted half of the first day and the whole second day due to my severe altitude sickness. Anyway, it's highly recommended for everyone to carry out altitude-acclimatization for at least a couple of days before joining this tour! San Pedro de Atacama is actually located about 2,400m above sea level. I should have stayed there for two or three days at least. But It's too late now....

***** JPN *****
今回のツアーに参加したほとんどの人がウユニには一泊もせずに夜行バスで次の目的地へ移動する予定。 自分は病み上がりだったので軽く静養も含めて今晩はこの小さな町に泊まることにした。 そして明日の朝のバスでポトシという町へ向かう予定。

!!!!! 備考 !!!!!
後から分かったことなのだが、今回のツアー参加者の中で僕が一番安い料金で参加していたみたいだ。 僕は現金で 120米ドル (58,000チリペソ に相当) を支払ったが他の参加者は最低でも 65,000チリペソ は支払っていたらしい。
過度の高山病を患い、このツアーの初日半分と二日目丸一日を完全に無駄にした自分からしてみれば最安値でツアー参加したのは当然のような話なのだが。 いずれにしても、今後このツアーに参加される方は必ず二、三日は 標高2,000 ~ 3,000m のところで体を慣らしてから参加することを絶対にお薦めします。 ちなみに出発地だった サンペドロ・デ・アタカマ は 標高2,400m に位置している。 あと二、三日くらいあそこに滞在していたら、決してこんなことには成らなかった筈。。。。




***** ENG *****
I got to know a trio on the tour from San Pedro de Atacama to Uyuni. They are two Swiss women - Christine and Nina from Burn - and one French woman - Alex from Paris - and they are travelling together in South America for a few months. They helped me a lot when I was very sick on the tour and we went out for dinner in tiny Uyuni town last night and we all had pizza then. That's how I got to know this Euro trio.
Today I left Uyuni for Potosi by bus with them as they were also heading the same direction: to the north.

***** JPN *****
サンペドロ・デ・アタカマ から ウユニ までの道のりで同じツアーに参加していた3人の女性と知り合った。 Christine と Nina はスイスの Burn 出身(スイスの首都)。 もう1人はフランス人で生粋のパリジャン Alex。 この3人も僕と同じように数ヶ月かけて南米を現在旅行中らしい。 ツアーの初日と二日目に死にそうだった自分を見て彼女達もいろいろと助けてくれた。 ツアーを終えた昨晩はこの3人とウユニの町にあるレストランでディナーを一緒に。 ディナーといってもピザを食べに行っただけだが。
彼女達も自分もこの先数週間は同じような旅程(クスコまで北上)だったので、今朝のポトシ行きのバスでも一緒になった。


IMGP2359.jpg

IMGP2360.jpg

IMGP2369.jpg


***** ENG *****
There was no toilet on the bus, so we made a brief stop for the loo at times on our way to Potosi. The photo below shows (from left) Alex, Christine and Nina.

***** JPN *****
ここはボリビア。 乗ったバスにトイレなんてものはない。 なので道中でしばしトイレ休憩のため停車。 下の写真は左から Alex、 Christine、そして Nina。

IMGP2371.jpg


***** ENG *****
The bus ride to Potosi was BOB30.00 (about JPY360) and it took 5 hours to get there. The ride was so bumpy as the dirt road was not well maintained, and it was one of the most epic bus-rides I've ever had in my life, but the scenery from the bus-window was fantastic as we saw lots of mountains, llamas, donkeys and flamingos. Bolivia is very unique.

***** JPN *****
ポトシ行きのバスは 5時間 ほどかかるにもかかわらず運賃は 30ボリビアーノ (約360円)。 このバスの旅は今までのバス移動の中でも指折りに入るくらい凄かった。 道が全く舗装されてない山沿いを走るものだから 揺れる・飛び跳ねる の繰り返し。 それでも窓から見える景色は巣晴らしかった。 たくさんの山に囲まれ、リャマ や ドンキー や フラミンゴ を至る所で目撃した。 ボリビア という国 非常にユニークだ。

IMGP2374.jpg

IMGP2381.jpg


***** ENG *****
The photo below shows a hostel called "Koala Den" in which we are staying tonight. Don't ask me why it's Koala!
We are in Bolivia. Everything is Okay in this country, neh?

***** JPN *****
下の写真はポトシで今晩僕らが泊まる宿 ”Koala Den”。 なんで名前がコアラなのかは知らない。
ボリビアだから コアラ だろうが タヌキ だろうが何でも良いのだ。 きっと。

IMGP2382.jpg






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。