上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
The bus-ride from La Paz was no problem this time. I was enjoying the scenery of Lake Titicaca as the bus was going along the vast lake and I arrived in rainy Cuzco around 20pm last night.

***** JPN *****
今回のラパス発のバスの旅は全く問題なかった。 チチカカ湖周辺をバスが走っているときの景色は非常に色鮮やかでちょっぴり優雅なバス移動となった。 そして次の目的地 ペルー の クスコには昨晩の 20時 に到着。 天気は雨。


IMGP2667.jpg

IMGP2668.jpg

IMGP2669.jpg

IMGP2670.jpg


***** ENG *****
The following are my reasons for visiting Peru:
1) To visit Machu Picchu (Who wants to miss this out!)
2) To see the lines of Nazca
3) To surf Chicama (The world's longest lefthand wave!)
4) To apply for a Brazilian visa in Lima

Additionally, there is one more thing and I MUST GET IT DONE as soon as possible. It's Kakutei Shinkoku (to file an income & tax report) for the last fiscal year because I am (or I was?) a freelancing system engineer.
It's so absurd that such a work-related thing sidetracks my travel right now, but if I don't do it, I'll have to pay more tax; a fine.... My hostel in Cuzco is called "Backpacker Bright Hostel" and I already asked my mother to send all my documents, receipts and application-forms to this hostel. All I have to do over the next few days is to calculate all my income and expenses, fill out the form with the calculated figures and send it back to my mother's place. Once my mother receives it, she, on behalf of me, has to go to a taxation office and submits it.
The application is due on the 16th of March. I'd better put my hands on my calculator RIGHT NOW!

By the way, the photo below shows a library in Cuzco where I was doing my Kakutei Shinkoku today while young Peruvian students were eagerly studying.

***** JPN *****
僕がペルーを訪問する理由には大きく分けて四つある:
1) マチュピチュを訪れること (これ抜きにペルーは語れない!)
2) ナスカの地上絵を見に行くこと
3) 世界最長のレフトの波といわれるチカマで波乗りをすること
4) リマのブラジル大使館でブラジルビザを申請すること

ここまでは良いのだが、自分には ”絶対にやらなくてはいけないこと” がもう一つある。 それは 2010年度分の確定申告!
幸か不幸か僕はフリーのシステムエンジニアなので昨年分の収入がある以上、これは義務なのだ。 この旅の途中で急に仕事関連の作業へ気持ちを切り替えろといわれてもかなり難しいのは本音。 でもこれを怠ると追加徴税が課せられてしまう。。。。 実はかなり前からこの確定申告の作業をこの時期にやらざるおえないことは想定していたので、事前にうちの母親に関連書類を全てクスコ滞在中の宿 "Backpacker Bright Hostel" に郵送してもらってはいたのだ。 なので今日から数日間はこの作業に没頭する予定(クスコまで来て確定申告する日本人は自分くらいだと思う)。 昨年度の収入と支出を算出し、申請書の関係欄を全て埋めたら郵送で母親の住所に送り返すだけ。 そして、この申請書が母親の手元に届き次第、彼女が僕の代理人として税務署まで行き提出する という運び。
2010年度の確定申告の期限は 3月16日 までですよ、みなさん。 自分は当然クスコの町中散策なんてやってる暇は無い!

ちなみに下の写真はクスコにある図書館。 ここでクスコの学生くんたちと一緒に自分は確定申告書の作成中。


IMGP2707.jpg




スポンサーサイト

***** ENG *****
Whooof, I just finished my taxation stuff today! (Refer to the previous article for details.)
I went to a post office late in the afternoon and sent all the necessary documents by EMS to my mother's place; technically speaking, it's not over yet because my mother has to take the documents to a taxation office and hand them in by the 16th of March. Anyway, my part of this annual event (hassle) is over now.

Speaking of which, despite the fact that I had lots of Japanese food while I was in La Paz, I still crave it here in Cuzco. I'm Japanese, no surprise!
Funnily enough, there is one Japanese restaurant called "Kintaro" near the Plaza de Armas in Cuzco and I already went there three times. The lunch at this restaurant is PEN15.00 (about USD 5.0) for a donburi with miso-soup on the side, and it was surprisingly good.

***** JPN *****
やーーーっと、数字との戦いだった確定申告書作成が終了! (詳細に関しては前記事を参照のこと。)
今日の夕方頃にクスコにある郵便局へ行き、EMS(ペルーもEMSに対応している!)で関係書類を母親の自宅まで発送。 厳密に言えば、僕の確定申告はまだこれで終わりではない。 うちの母親が書類を無事に受け取り次第、3月16日までに税務署へ提出しなければならない。。。。 いずれにしても自分側でやるべきことは今日で全て終えた。

話は変わるが、ラパス滞在中に これでもかっ! というくらいに日本食を堪能したにもかかわらず、まだ日本食が恋しい自分。 やはりどこまでいっても自分は日本人である。
そしてクスコの Plaza de Armas という広場のすぐ近くには ”Kintaro” という日本食レストランが一件ある。 実はこのレストランに三回も既に足を運んでいる自分。 好きだからしょうがない。
このお店のランチは 15ソル (約 5米ドル。 ちなみに ソル はペルーの通貨)で丼に小鉢のお惣菜と味噌汁が付いてくるのだが、これが結構美味い。

IMGP2681.jpg

IMGP2692.jpg


***** ENG *****
What I really like about this restaurant is not only the food, but also the interior design. All chairs and tables are made of wood, even the floor is all wooden. It actually makes me feel like I'm in an old Japanese school. Moreover, a bonsai placed at the bottom of each window as well as a flower sat on each table is rather simple, yet somehow very Japanese to me.
It's funny; here at this Japanese restaurant in Cuzco, I've found the beauty of subtleness that is often overlooked by today's Japanese people.

***** JPN *****
このお店の良いところは食事だけではない。 店内のインテリアにも ”味” がある。 椅子やテーブルは全て木製。 床も全て木製なのでどことなく古きよき日本の校舎のような雰囲気を漂わせている。 一輪の花が各テーブルに、そして盆栽も各窓脇に一つずつ配置されているので、自分が今ペルーのクスコにいることを一瞬忘れてしまうくらいだ。 まさかこのクスコにある日本食レストランで日本固有の美しさを観賞することになるとは思いもしなかった。 日本本土にあるレストランやカフェがこのお店に学ぶところは大いにあると思う。

IMGP2684.jpg

IMGP2687.jpg




***** ENG *****
Two days ago I was reunited with the European Charlie's Angels - Alex, Christine and Nina in Cuzco. They stayed at the same hostel on their first night, but they didn't like their room: apparently stinky with lots of bugs around according to a picky Christine. So they moved to a better hotel the next day.
Anyway, it was great to see them again, and we decided to look for a tour to visit some Inca ruins.

***** JPN *****
ボリビアでしばらく一緒に旅をしたヨーロッパ版チャーリーズ・エンジェルこと Alex、Christine、Nina と二日前にここクスコで再会した。 自分が泊まっていた宿に彼女達も初日は泊まったのだが、部屋のバスルームが汚いだのなんだので二日目からは別のホテルに泊まっている。
クスコで再会できたことを喜びつつ、彼女達とマチュピチュ以外のインカ文明の遺跡を訪問するツアーに一緒に行くことを約束した。


IMGP2726.jpg


***** ENG *****
Alex, Christine and I went to a few travel agents yesterday and managed to make a good deal with one agent for a tour to the Sacred Valley of Inca. A funny thing then was that Nina actually dropped out after we went to the first travel agent because of Christine's very picky and sometimes aggressive negotiation skills. Hahaha. The above photo shows Christine (left) and Alex (right) inside a local travel agent.
The price of our tour turned out to be USD125.00 for five of us - Alex, Christine, Nina, Arun (a guy from San Francisco who I'm sharing a dormitory with right now) and me. We were not going by a minibus with other tourists. We hired a driver and were going on our own. Yuppie!

***** JPN *****
そして昨日の昼過ぎに Alex、Christine と僕の 3人 でクスコ市内にある幾つかの旅行代理店に足を運び、"Sacred Valley of Inca (日本名: インカの聖なる谷)" への日帰りツアーを予約した。 Nina は最初の旅行代理店までは僕らと一緒に行動していたのだが、Christine の関西系おばちゃん並みの値段交渉術に嫌気がさしたらしく失踪 (笑えるっ!)。 ちなみに上の写真は旅行代理店にてネゴ中の Christine (左) と Alex (右)。
いずれにしても、この日帰りツアーの値段は 125米ドル。 Alex、Christine、Nina、自分、そして今宿泊している宿のドミトリーを一緒に共有している サンフランシスコ 出身の Arun の 計5人。 往来のツアーの場合、ミニバスで他観光客も同乗して団体行動になるのだが、今回は僕等だけでミニバンを貸しきって専任のドライバーが案内してくれるといった内容。


IMGP2742.jpg


***** ENG *****
Our own sacred valley tour started from Cuzco at 9am this morning. The above photo shows our car for this tour - a Hyundai, not a Toyota this time. Bummer! And our driver was Marco - true Peruvian born and bred here.

The very first site that we went to visit was called Pisac.
The town of Pisac was located deep in the valley, but the ruin-site was built up on a mountain. This is where we bought our entrance tickets - PEN70.00 (about USD25.00) for the sacred valley.

***** JPN *****
今朝の 9時 に全員集合し、早速クスコを出発。 上の写真にあるとおり今回のツアーはトヨタ車ではなく、残念ながら Hyundai。 ドライバーはペルー人で地元クスコ出身の Marco。

最初に僕等が訪れた遺跡は Pisac と呼ばれるもの (ピサック と発音) 。
Pisac の町自体は深い渓谷内に存在するのだが、この遺跡は山のほぼ頂上に建てられていた。The Sacred Valley の入場料はツアー代に含まれていなかったので、ここで入場料金の 70ソル (約25米ドル) を各自支払った。


IMGP2743.jpg

IMGP2745.jpg

IMGP2754.jpg


***** ENG *****
The scenery from the ruin-site was magnificent, but a little scary for me as I'm acrophobic. I found many beautiful flowers around the trail too.

***** JPN *****
遺跡から見下ろす景色は格別だったのだが、自分は高所恐怖症なので足が少しすくむ。。。。 その代わりに山の斜面に沿って生えているきれいな花を幾つか撮影。


IMGP2751.jpg

IMGP2752.jpg

IMGP2753.jpg


***** ENG *****
The second site we went to was called Ollantaytambo.
We had small lunch here and strolled around the ruin-site which was built on the slope of a mountain. Luckily enough, the sun came out when we arrived here; it quickly became warm and then a nice breeze started blowing.

***** JPN *****
次に僕等が訪れた遺跡は Ollantaytambo と呼ばれるところ (オリアンタイタンボ と発音) 。
ここで軽くランチをとり、山の斜面に沿って建てられていた遺跡を散策。 曇りがちだった空もここに来てから晴れ間も見えるようになった。 暖かくて微風が気持ちよい。


IMGP2760.jpg

IMGP2762.jpg

IMGP2765.jpg

IMGP2769.jpg

IMGP2770.jpg


***** ENG *****
The photo below shows (from right) Arun, Nina, Christine, Alex and me. We thought we could take a cover shot for our future CD album.... Funny!

***** JPN *****
直ぐ下の写真は右から Arun、Nina、Christine、Alex、自分。 何を考えたのか、CDのカバーショットを作る予定(?)でこの撮影。 でもいまいち。。。。


IMGP2764.jpg

IMG_0555.jpg


***** ENG *****
The third site was the most interesting one to me: it was called Moray.
Unlike most of the other Inca ruins which you would have to ascend to reach them as they were built along the slopes of mountains, Moray was built at the bottom of hills so that you'd descend to get there.

***** JPN *****
三番目に僕等が訪れた遺跡は Moray (モレイ と発音) と呼ばれるもの。 これが個人的には一番面白いと思った。
僕が知る限りでは、この地域のインカ文明の遺跡はどれも山の頂上や斜面に建てられているため、”上って” いかないとその全貌がはっきりしないのに対して、Moray は小高い丘のふもとに造られていたため ”下って” いく必要がある。


IMGP2783.jpg

IMGP2794.jpg


***** ENG *****
Moray was perfectly built as concentric and is believed to have been used as an agricultural laboratory.
Despite the windy and chilly weather conditions on the top of the hill, the bottom floor was totally opposite - it was warm, slightly humid and silent when I walked down there. A bit mysterious.

***** JPN *****
ガイド兼ドライバーの Marco 曰く、この遺跡は農業関連の研究のために建てられたらしい とのこと。
僕等がここに到着したときには丘の上では風が吹いていて少し肌寒かったのだが、一番下の階層まで歩いて行くと何故か暖かく、少し湿った感じもした。 そして シーン とした静寂感も。 不思議な場所だった。


IMGP2799.jpg


***** ENG *****
We safely came back to Cusco just before 17pm.
The tour was a bit of a rush-through, but definitely a nice day trip to warm up for most of us before visiting Machu Picchu the day after tomorrow. Now Machu Picchu is calling me!

***** JPN *****
結局、僕等がクスコに戻ってきたのは 17時 ちょっと前。
個人的にはもう少しゆっくりとそれぞれの遺跡を見たかったのだが、マチュピチュ訪問の前座としてはこれくらいが丁度良かったのかな と思う。 そのマチュピチュには明後日向かう予定。 マチュピチュが僕を呼んでいる!


IMGP2802.jpg




***** ENG *****
The European Charlie's Angels - Alex, Christine, Nina - were not going to Machu Picchu with me. They were doing the famous/infamous Inca Trail hiking tour from today and were supposed to reach Machu Picchu in three days.
In the meantime, Arun and I bought our train tickets two days ago at Peru Rail's office in Cuzco for Aguas Calientes. My ticket cost USD35.00 for one way. Not cheap!

We left Cuzco just after 10am this morning by colectivo (mini-bus) for Ollantaytambo where the train was leaving for Aguas Calientes: Aguas Calientes is the closest village to Machu Picchu.

Our colectivo arrived in Ollantaytambo's train station around 11:30am and I got car-sick then.

Our train was supposed to leave at 12:30pm, so we had about an hour to spend. There was actually one beautiful Argentinian woman from Buenos Aires on our colectivo. Her name was Maria working as a psychologist in Buenos Aires. Arun and Maria went for lunch while I was outside the train station, just drinking lots of water to recover from my car-sickness. Ahh....

***** JPN *****
ヨーロッパ版チャーリーズ・エンジェル Alex、Christine、Nina は マチュピチュ まで僕とは別の方法で行くことに。 彼女達は (いろいろな意味で) 有名な インカ古道 をハイキングで巡るツアーに本日から参加。 彼女等がマチュピチュに到着するのは三日後の予定。
Arun と自分は Aguas Calientes (アグアスカリエンテ と発音) まで列車で行くための片道切符をクスコにある Peru Rail の事務所にて二日前に購入。 値段はなんと 35米ドル した。 高いっ!

自分達は今朝の10時にコレクティーボと呼ばれるミニバスに乗り Aguas Calientes 行きの列車が出発する Ollantaytambo まで向かった。 ちなみに Aguas Calientes とはマチュピチュに一番近いところにある小さな村のこと。

そしてコレクティーボが Ollantaytambo に到着したのは11時半ころ。 自分はこの時ちょこっと車酔いに。。。。
そして Aguas Calientes 行きの列車は 12時半 の出発だったので駅周辺で 1時間 ほど暇をつぶす時間があった。 実は Ollantaytambo まで移動中に、超美人なアルゼンチン出身の Maria という女性と知り合った。 彼女はブエノスアイレスで精神科医をしているらしい。 列車が出発するまでの間、Arun と Maria はレストランで昼食をとっていたのだが、自分は車酔いで気分が優れなかったので駅の外で水をガブ飲みして体を休める羽目に。 あーあっ。。。。


IMGP2812.jpg

IMGP2813.jpg

IMGP2814.jpg


***** ENG *****
Our train left Ollantaytambo just after 12:30pm and it went along the river slowly. None of the passengers in my train-compartment looked indigenous Peruvian to me. They all looked tourists.

***** JPN *****
自分たちを乗せた列車は定刻どおり 12時半 に Ollantaytambo を出発し、川に沿ってゆっくりと走り出した。 僕が乗った車両の乗客の中に地元出身らしい容姿をした人は1人も見当たらず。 ほぼ全員が観光客のようだった。


IMGP2817.jpg

IMGP2819.jpg


***** ENG *****
Our Peru Rail train arrived in Aguas Calientes just after 15pm.
We are not going straight to Machu Picchu today. We are staying in Aguas Calientes tonight and going to visit Machu Picchu tomorrow morning at 5:30am! Today's weather is a little cloudy, but mostly sunny. I hope the weather will be good tomorrow.

!!!!! Note !!!!!
Arun and I decided to take a bus to go up to Machu Picchu from Aguas Calientes tomorrow morning and this bus-ticket was USD8.00 for one way.
We also bought the entrance ticket to Machu Picchu today, which was PEN126.00 (about USD46.00): the most expensive entrance fee that I've ever had to pay for a day-pass to a world heritage site!


***** JPN *****
僕らを乗せた Peru Rail の列車が Aguas Calientes に到着したのは 15時 過ぎ。
今日はこの Aguas Calientes で一泊し、お目当てのマチュピチュには明日の早朝 5時半 に向かうことに。 この時の現地の天候は雲と霧が多いがおおむね晴れ。 明日の天気も良くなることを期待したい。

!!!!! 備考 !!!!!
Arun と自分の明日のマチュピチュまでの移動手段はバス。 Aguas Calientes 発の始発バスが5時半なので、それに乗る予定。 バスのチケットは方道 8米ドル
マチュピチュへの入場チケットも今日ついでに購入。 値段はなんと 126ソル (約46米ドル) で今まで僕が訪れた世界遺産の中で一日券としてはマチュピチュが最高額。 ぼったくられてねーかっ?!




***** ENG *****
Arun and I got up around 4:30am this morning. We hurriedly had breakfast at our hostel and rushed down to a bus-stop where the very first bus to Machu Picchu was leaving at 5:30am.

When we got to the bus-stop, there were already hundreds of people waiting for the bus then! A lot of them wanted to get permission to enter Waina Picchu, a small steep mountain right behind Machu Picchu. The maximum number of people allowed to climb Waina Picchu is 400 per day. That's the very reason why most of these people were already here so early. And so were Arun and I.

***** JPN *****
Arun と自分は朝の4時半に起床。 もちろん外は真っ暗。 泊まっていたホステルの朝食を口に詰め込むとバス停まで 2人 とも走った。 マチュピチュ行きの始発バスは朝の5時半。

しかし皆考えていることは同じだった。 バス停には既に百人以上の人達が待っていたのだ! この行列の大半は マチュピチュ の真裏にある小さな頂 ワイナピチュ の入場券が欲しいために並んでいるのは間違いなかった。 この ワイナピチュ は入場人数に制限があり 一日 400人 まで。 早いもの勝ちなのでみんな我が先にとこんな早朝から並ぶ訳だ。 そんな自分達も同胞であった。


IMGP2835.jpg


***** ENG *****
Luckily, we didn't have to wait to get on the bus. Buses were plenty. The ride was about 30 minutes and we were dropped right in front of the entrance of Machu Picchu where Arun and I managed to get permission for Waina Picchu. My number was 368 out of 400.
The photo below shows the line of people to obtain permission for Waina Picchu. This was still 6am in the morning.

***** JPN *****
幸運だったのは、始発バスが複数台あったので待たずに乗ることができた。 30分かけてクネクネした山道をひたすらあがって行くと、バスはマチュピチュの入口真ん前で停車。 そしてワイナピチュの入場券(整理券番号)をもらった。 ちなみに僕の整理券番号は 368番。
下の写真はマチュピチュ入場口前でワイナピチュへ行くための整理券番号待ちをする人々。 外は明るいが、これ まだ朝の6時。


IMGP2842.jpg


***** ENG *****
Although it was sunny all day yesterday, today's weather was cloudy, foggy and wet. I picked the wrong day to visit Machu Picchu....

***** JPN *****
昨日は一日中天気が良かったらしいのだが、今日はあいにく雲と霧が立ち込めて小雨模様。 雨の マチュピチュ かぁー。。。。


IMGP2845.jpg

IMGP2849.jpg


***** ENG *****
While Arun went straight to see the main ruins, I first went to Montana Machu Picchu. This mountain was quite high and it took me over an hour to reach the peak.

***** JPN *****
Arun は先ずメインの遺跡群を見に行ったのに対して、僕は モンタナ・マチュピチュ へ。 この モンタナ・マチュピチュ という山は結構高くて、頂上まで 1時間半 ほどかかった。


IMGP2886.jpg


***** ENG *****
Normally, Machu Picchu can be visible from the top, but it was as foggy as if a whole glass of milk was spilt over the sky this morning: I couldn't see any part of Machu Picchu at all.

***** JPN *****
残念だったのは、頂上に到達したころには霧が物凄く濃くなり、本来ならここから見下ろせるはずの マチュピチュ はミルクを空一面にこぼしたかのように何処も真っ白な状態。


IMGP2894.jpg


***** ENG *****
Very disappointed with the view from Montana Machu Picchu, I hiked down as quickly as possible and headed to Waina Picchu.
By the time I got to the entrance of Waina Picchu, it was pissing-rain....

***** JPN *****
濃霧でどうにもならない モンタナ・マチュピチュ を渋々諦め、ワイナピチュ へ大至急移動することにした。
しかし自分が ワイナピチュ の入場口まで到着した頃にはドシャ降りの雨が。。。。


IMGP2917.jpg


***** ENG *****
And you know what?

Despite the fact that I obtained permission for Waina Picchu super early this morning, I decided "not to climb it".
It was because it rained harder and harder as I waited. Furthermore, Waina Picchu was too STEEP for me! It actually looked to me like a big pointy rocket, not a small mountain. I'm acrophobic and there was no way I could even reach the halfway.

***** JPN *****
そして自分がこの後どうしたかと言うと。。。。

朝早くに起きて400人以内の整理券番号をもらったにもかかわらず、ワイナピチュへの登頂中止!
理由は単純。 雨は待てども全く止まず、更に激しくなるばかり。 そして何よりもこの ワイナピチュ の傾斜度が半端じゃなかった! 僕の目には ワイナピチュ は小さな山ではなく先が尖ったロケットのように映った。 このロケットの先っちょまで高所恐怖症の自分がどうやったら到達できるというのだ?!


IMGP2928.jpg


***** ENG *****
I just made a pause a few meters away from the bottom of Waina Picchu. A lot of people walked past me, so did Arun, and they must have made it to the top, but not me! My feet got very sweaty and my legs started to tremble with the fear of heights; this fear was deep inside me.

***** JPN *****
ワイナピチュのふもとで立ち往生する自分。 そんな自分を尻目に、整理券番号を入手した人達はみな上っていく。。。。 悔しいが僕はこれ以上進めない! この時 自分の足は高所への恐怖心で震えながらも硬直寸前。 心の底から怖いのだからどうしようもできない。


IMGP2941.jpg


***** ENG *****
Strangely enough, it suddenly stopped raining around 15:30pm. By this time, a lot of people already left Machu Picchu.
I eventually stayed until 17pm - the closing time of the gate - and I was the last visitor for today. Machu Picchu was the most expensive heritage site I'd ever been to before. Therefore, I wanted to make the most of it by staying till the closing time.

***** JPN *****
あれだけ降った雨が何故か 15時半 ころにピタッと止んだ。 この雨のお陰で大勢の観光客は既に マチュピチュ から撤収済み。 結局 自分はマチュピチュ閉門時間の 17時 まで居残ったのでこの日の最終観光客になった。 前記事で書いたとおり、マチュピチュの入場料は今まで自分が訪れた世界遺産の中で最高額である。 2, 3時間だけ見学して終わらせるのではなくミッチリと見ておきたかった。


IMGP2952.jpg

IMGP3025.jpg

IMGP2958.jpg

IMGP2975.jpg

IMGP2961.jpg

IMGP3016.jpg

IMGP3028.jpg

IMGP2979.jpg

IMGP3037.jpg

IMGP2984.jpg


***** ENG *****
On my way back to Aguas Calientes, I didn't take the bus simply because I didn't wanna spend any more money for Machu Picchu. I hiked all the way down to Aguas Calientes instead.

I met Arun for dinner later today. He told me that he was able to reach the top of Waina Picchu without any problems. However, he also mentioned that it was very foggy up there and that there was a Dutch girl who had a nervous break-down and started crying hysterically because she was too scared to go back down from the top.... I think I made the right decision.

Consequently, my experience in Machu Picchu was rather wet and constantly struggling with my fear for heights.
Since the rediscovery of Machu Picchu in 1911, there have been a lot of things that are yet to be studied in and around this greatest architecture. Whereas, since my birth in 1976, I've finally realized my weakest point - acrophobia.

***** JPN *****
マチュピチュから出てきた後、Aguas Calientes 行きの最終バスがまだあったのだが、もうこれ以上マチュピチュにお金を費やしたくなかった自分は山道を 1人 で下山することにした。

Aguas Calientes 到着後 Arun とはディナーのときに再合流。 彼曰く、霧がものすごく濃かったらしいが全く問題なくワイナピチュに登頂できたらしい。 でも彼より先に登頂していた人たちの中でオランダ人の女の子が下山する際に、そのあまりに急な傾斜度に足がすくんでしまい途中で動けなくなって泣き出してしまったらしい。。。。 自分は上がらなくて良かったと再認識した。

ということで僕の今日のマチュピチュ訪問を簡単にまとめると、大量の雨に降られ、自身の高所恐怖症に大いに悩まされたかたちになった。
マチュピチュが 1911年 に再発見されて以来 かなりの調査がなされているにもかかわらず、この神秘に満ちた遺跡にはまだ多くの謎がある。 逆に僕は 1976年 に生まれて以来、今日遂に自分の一番の弱点を知り得る結果となった。


IMGP3042.jpg







QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。