上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
My bus arrived in Cali's main bus terminal just before 6am. Very fortunately, nothing happened all the way to Cali this time (Refer to the previous article for more details).

***** JPN *****
結局 コロンビア の カリ に到着したのは朝の 6時頃。 自分の余計な心配をよそに、今回の夜行バスの旅は何事も無かった (詳細は前記事を参照のこと)。


20110410_00_Cali_BusTerminal.jpg


***** ENG *****
I had a booking for a hostel called "The Pelican Larry Hostel" here in Cali for COP20,000 per night for a 6-bed dorm ensuite (about USD11.00), but it was still too dark and too early to make a move. So I decided to stay inside the terminal where all shops were still closed and nobody else was around except me....

Colombia wasn't in my original itinerary for South America at all.
In fact, my original itinerary was Not To Travel To Colombia.
My reason for not to was simple - "Dangerous".
However, my itinerary changed when I met a lovely Colombian woman called Adriana on the Ushuaia vessel to Antarctica this January. She was the only Colombian on board and was able to speak both Spanish and English fluently as she was based in Canada and the USA lately. She strongly suggested that I should visit her country, and she even passed my e-mail address to one of her cousins David so that he could be my guide if I would ever go to Bogota where David and his family were living. Furthermore, I met quite a few backpackers who had been to Colombia and they all told me many good things about this country. That's why I now found myself in Cali, Colombia.
Additionally, the European Charlie's Angels - Alex, Christine, Nina - skipped Ecuador and flew from Lima to Colombia about two weeks ago. They were around the Caribbean part of Colombia when I arrived in Cali. So I was hoping to catch up with them which didn't take place in the end.... A pity!


***** JPN *****
カリで泊まる宿の名前は "The Pelican Larry Hostel"。 6人共有部屋で一泊 20,000コロンビアペソ (約 11米ドル)。 朝の 6時前 ということもあり外はまだ真っ暗だったので バスターミナル内 で暫く待機することにした。 僕と同じく カリ でバスを降車した他の人たちはみな何処かへ行ってしまったのでターミナル内は閑散とし、いるのは自分だけ。

実は コロンビア は最初の僕の旅程には全く入っていなかった。
最初の旅程では コロンビアには何があっても足を踏み入れない と決めていた。
この理由は単順に ”危険だから”
しかし、今年 1月 に南極探検のために乗ったウシュアイア号に同じく乗船していたコロンビア人の女の子 Adriana に出会ってからこの最初に組んでいた僕の旅程が一気に変更した。 Adriana はウシュアイア号に乗っていた乗員・乗客の中で唯一のコロンビア人。 現在はカナダとアメリカに住んでいるらしくスペイン語はもちろんのこと、英語も流暢に話す。 そんな彼女が ”是非一度 コロンビアに行ってみて!” と嘆願してきた。 しかも彼女のいとこの 1人 David に僕のメールアドレスを教えて、David と彼の家族が住むボゴタを僕が訪れる機会があれば、彼が案内役をかってくれる とまで。 そしてもう一つ コロンビア へ行くきっかけとなったのは、この旅の途中で出会った他バックパッカーから ”コロンビアはいいぞっ!” と聞かされていた。 そんなこんなで、今 自分はここ カリ にいる。
更にもう一つの理由は ヨーロッパ版チャーリーズ・エンジェルズ こと Alex、Christine、Nina の3人がこのときコロンビアのカリブ海周辺を旅行中だったので、クスコ滞在後 ご無沙汰だったあの 3人 に会えるかも? と密かに思っていた自分。 結果として彼女等とは再会できなかったのだが。。。。 残念!


20110410_01_Cali_BusTerminal.jpg


***** ENG *****
Once again, my reason for not to travel to Colombia was, I initially thought that it would be "dangerous".
Whether this is true or not, I'll find it out now!

***** JPN *****
繰り返すが、最初の僕の旅程に コロンビア がなかったのは単純に ”危険” だと思っていたから。
本当に危険なのか否か、今から自分の目で確かめにいく!




スポンサーサイト

20110410_02_Cali_Real_Courier.jpg


***** ENG *****
Cali is said to be the capital of Salsa Dance; did you know it?
It's also said to be one of the highest crime-rate cities in South America....
As I had no interest in Salsa Dancing (unless I had a partner to dance with), I decided to stroll around the city before sunset. And needless to say, my main interest in this city was graffiti.

***** JPN *****
カリ は サルサ・ダンス のメッカと言われるくらいにサルサが盛んなことで知られている。
それと同時に、犯罪発生率が南米の中でも一、二を争うくらいに高いことでも知られているらしい。。。。
一人旅をしている自分には一緒にサルサを踊ってくれる相手がいなかったので、サルサを習わない代わりに、この町を毎度のごとく自分の足で散策することに決めた。 無論 日没前までに! 教会めぐりに関心が無かった自分の一番の興味は、もちろん グラフィティ。


20110410_02a_Cali_Real_Courier.jpg

20110410_02b_Cali_Real_Courier.jpg

20110410_02c_Cali_Real_Courier.jpg

20110410_02d_Cali_Real_Courier.jpg

20110410_02e_Cali_Real_Courier.jpg

20110410_02f_Cali_Real_Courier.jpg


***** ENG *****
It was Sunday and the sky was hazy. The town of Cali was so quiet and It almost appeared to be a ghost-town. But I felt safe enough even though I encountered a couple of homeless guys asking me for a cigarette: I don't know why they did that. I'm not a smoker at all.
The reason why I felt safe enough was because there were police officers everywhere in downtown.

***** JPN *****
今日は日曜日ということもあり、町中は閑散としていた。 そして空もどんよりとした雲に覆われいた。 自分は 非喫煙者 なのだが、なぜか町中を散策中にちょっと怪しそうなホームレスのおっちゃんに ”タバコくれ~” とせがまれた。
警察官が至る所で警備中だったこともあり、危ない と感じる事はほとんど無かった。


20110410_03_Cali_Real_Courier.jpg


***** ENG *****
The photo below shows a man with a big plastic bag over his head. I was absolutely stunned when I saw him in the street.
There was no way he was able to see and walk the way forward. Strange!

***** JPN *****
下の写真に写っているのはプラスチック製のドデカイ袋を頭に被ったまま歩いていた人。 これを見たときは ”違う意味” で あぶねー っと思った。 どの方面から見ても、前方が見えていないように僕の目には映ったのだが、この彼は普通に歩いていた。。。。

20110410_04_Cali_Real_Courier.jpg


***** ENG *****
Guess who this is in the graffiti below?
It was (probably?) the former President of Colombia - Alvaro Uribe.
I thought that Uribe was popular both domestically and internationally. However, Adriana's cousin David later told me that Uribe was only popular "internationally" because of the strong support from former US President George W Bush (aka the Moron).

***** JPN *****
下の グラフィティ に写っている人物は誰でしょう?
これは (おそらく) コロンビア前大統領の ウリベ氏。
自分はてっきり ウリベ前大統領 は国外だけでなく国内でも支持者の多い人気者だと勝手に思っていたのだが、Adriana の いとこ の David 曰く、コロンビア国内ではそうでもないらしい。 彼が国際的に脚光を浴びた理由は、アメリカ前大統領で史上最悪のバカ殿様 Geroge W Bush のサポートによるものが大きいようだ。

20110410_05_Cali_Real_Courier.jpg


***** ENG *****
My favourite graffiti in Cali are the ones pictured below.
Even with a sense of being a little unsafe while strolling around in Cali, these gave me a little smile.

***** JPN *****
カリ の グラフィティ の中でも僕のお気に入りは下の写真に写っている三枚。
日中の明るい時間とは言えど、かなり緊張する雰囲気を漂わす カリ という町。 そんな怪しい町でも、このグラフィティに少し ニッコリ とさせられた。

20110410_10_Cali_Real_Courier.jpg

20110410_11_Cali_Graffiti.jpg

20110410_12_Cali_Graffiti.jpg




20110411_01.jpg


***** ENG *****
The bus company from Cali to Medellin was called "Empresa Arauca" and the ticket was COP45,000 (about USD25.00).
The bus left Cali's main bus terminal at 11am and was supposed to take about 6 to 7 hours to Medellin.

***** JPN *****
今日は次の目的地 Medellin (以下 メデジン) という町を目指す。 "Empresa Arauca" というバス会社で、値段は 45,000ペソ (約25米ドル)。
バスは カリ のバスターミナルを朝の 11時 に出発。 6~7時間 くらいで メデジン に到着する予定だった。


20110411_02.jpg


***** ENG *****
I was hoping that my bus would arrive in Medellin by 6pm while it was still bright outside. However, we arrived in Medellin just after 8pm....

There was Metro in Medellin (Neither Cali nor Bogota has it) so that I wanted to catch a metro train to go to the hostel booked for my stay in Medellin called "Yellow House Hostel", but the nearest metro station from Medellin's bus terminal was quite far....
It would be too risky to walk with my luggage at dusk. I decided to take a cab to the hostel instead.


***** JPN *****
メデジン には遅くても、まだ外が明るい夕方の 6時 くらいに到着することを願っていたのだが、着いたのは夜の 8時過ぎ。。。。

ちなみに メデジン には メトロ がある(地上を走っているので地下鉄ではない)。 自分はこのメトロに乗って今晩宿泊予定の ”Yellow House Hostel” まで行きたかったのだが、メデジン の バスターミナル から最寄りのメトロの駅までは結構な距離があるらしいとのこと。
外は既に暗く、まだ メデジン という町の右も左も分からない状態だったので、今日はちょっと値の張る タクシー で渋々宿まで移動することにした。


20110411_03.jpg





20110413_01.jpg

20110413_00.jpg


***** ENG *****
I've seen lots of graffiti on this RTW trip as listed below.

* Jogja, Indonesia
* Viena, Austria
* Lisbon, Portugal
* Ushuaia, Argentina
* Santiago, Chile
* Quito, Ecuador
* Cali, Colombia

Medellin is now also added on this list as there are lots of drawings (sometimes just vandalism) at almost every single corner in this city.


***** JPN *****
この世界一周旅行に於いて幾つものグラフィティ(ストリートアート)に遭遇してきた(詳細は下のリスト参照)。

* ジョグジャ、 インドネシア
* ウィーン、 オーストリア
* リスボン、 ポルトガル
* ウシュアイア、 アルゼンチン
* サンチアゴ、 チリ
* キト、 エクアドル
* カリ、 コロンビア

今日 メデジン も間違いなくこのリストに追加。 なんせこの町も グラフィティ が至る所にあるからだ。 ただの落書きもよく見かけるが。。。。


20110413_02.jpg

20110413_03.jpg

20110413_04.jpg

20110413_05.jpg

20110413_06.jpg

20110413_07.jpg

20110413_08.jpg

20110413_09.jpg

20110413_10.jpg

20110413_11.jpg

20110413_12.jpg


***** ENG *****
Late this afternoon, I was wandering around just outside the downtown area of Medellin with my digital camera when a guy in security-guard-uniform stopped me and spoke to me in Spanish.

I didn't fully understand what he was saying to me (My Spanish isn't that good), but he pointed at my digital camera and made a gesture as if someone would be pointing a gun at me....

He was basically giving me a warning that I should not go any further than where we were right now, especially with my digital camera dangling around my neck.

My principle of travelling overseas is that when a local person tells me not to go here and there, it really means that
" I Should NOT Go There ! "

I sincerely thanked him for giving me such a warning and turned back to the downtown area with my digital camera still dangling around my neck....


***** JPN *****
昼過ぎごろだった。 興味本位とグラフィティの撮影のために メデジン の繁華街から少し離れたところをデジカメを持ってブラブラと歩いていたら、いきなり セキュリティーガード のユニフォームを着たおじちゃんに止められた。

彼は僕にスペイン語で喋りかけてきたのだが、彼の言っていること全てが理解できなかった自分。 そうすると、彼はあたかも誰かが僕に拳銃を突き付けてくるようなジェスチャーをしてきた。

この時点で自分も彼が僕に言わんとしている事に気付いた。
要は、デジカメ など あからさまに携帯しながらこの付近をウロウロするのは止めたほうが良いと教えてくれたのだ。

海外旅行 (特に危険と言われる国の旅行) に於いて、地元の人達が ”あそこには絶対に行かないほうが良いっ!” と教えてくれたら、それは
”本当に行かないほうが良い !” ということを意味する。

こんなバカチン旅行者の僕に危険を察知させてくれたこのおじちゃんに深くお礼をした後、まだデジカメを自分の首にぶら下げたまま繁華街のほうへ戻ることにした。。。。


20110413_13.jpg




***** ENG *****
Some people have told me that Colombian food is better than Ecuadorian food. In my opinion, both are more or less the same....
The photo below shows what I had on my first night in Medellin - a burger with a couple of boiled quail's eggs. It was a little strange combination, but wasn't really that bad.

***** JPN *****
旅の途中で出会った他バックパッカーから、コロンビア料理はエクアドル料理より美味しい と聞かされていた自分。 でも、実際は どっちもどっち だと思った。
下の写真はメデジン到着当日の夜に食べたハンバーガー。 何故かウズラの卵が入っていた。 味のほうはイマイチ。。。。

20110414_01.jpg


***** ENG *****
The photo below shows a lunch-set that I had two days ago. There were a big chunk of meat, potatoes and plantain in the soup. This was quite good and cheap (about USD3.00).

***** JPN *****
下の写真に写っているのは二日前に食べたランチ・セット。 大きな肉のかたまりに、ジャガイモ と 熟す前のバナナが入ったスープ。 これが意外と美味しく、値段も 約 3米ドル だった。

20110414_02.jpg


***** ENG *****
This lunch-set somehow came with a bowl of milk, I had no idea how to have it at first. Therefore, I waited for a bit and watched how other people had it.
It appeared to me that Colombian people would generally have this milk by soaking a block of jam with a spoon as they were scooping the milk as well as some corns in the milk. It was nothing sensational, but interesting.

***** JPN *****
上の写真にあるランチセットの最後を飾ったのが 何故か お碗に入った牛乳。 最初は これをどうやって召し上がるのか分からなかったので、暫し他のお客さんを観察した。
すると どうやら みんな 牛乳の入ったお碗の側に置いてある イチゴジャム (?) の固まりのようなものをスプーンで牛乳に浸し、牛乳の中に入っているコーンをすくって食していた。 でも牛乳は牛乳。 味は結局 牛乳 だった。

20110414_03.jpg


***** ENG *****
The photo below shows roasted chicken with two buns and two potatoes that I had yesterday. It was cheap and mediocre.

***** JPN *****
下の写真は昨日食べた ロースト・チキン にパサパサしたパンとポテトが付いてきたもの。 味は 可も無く 不可も無く。 でも安かった。

20110414_04.jpg


***** ENG *****
The best lunch was the one I had today in the downtown area of Medellin as pictured below. I forgot the name of this fish, but this piranha-like fish was surprisingly good.

***** JPN *****
僕が一番美味しいと思ったのは、今日 繁華街にある小さなレストランで食べた下の写真にあるもの。 魚の名前は忘れてしまったが、このピラニアのような川魚(?)が凄く美味しかった。

20110414_05.jpg


***** ENG *****
Later this afternoon, I went to the aquarium.

***** JPN *****
今日の午後は、メデジンにある水族館へと足を運んだ。

20110414_06.jpg

20110414_07.jpg

20110414_08.jpg


***** ENG *****
The aquarium itself wasn't as impressive as how it was reputed to be (One of the largest in Latin America?). It mainly featured freshwater fish and it just made me crave Sushi in the end....

***** JPN *****
この水族館はラテンアメリカの中でも一、二を争うくらいの大きさだと聞いていたのだ、実際は そうでもない ように見えた。
淡水魚を主に展示しているこの水族館。 魚を見ているとどうしても寿司が食べたくなってきた。。。。

20110414_10.jpg






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。