上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PR20110309_1.jpg


***** ENG *****
The cab from Miraflores, Lima to the airport was PNE40.00 (about USD14.00) last night and my plane took off just after 1am this morning for Isla de Pascua (a.k.a. Easter Island and locally called "Rapa Nui").

The flight was almost 5 hours and I just arrived here.

It must be getting the first sun-light of the day in Santiago now, whereas, it's still dark on this island, though it's almost 7:30am.
Santiago and Easter Island have the same time even though the latter is located so far in the west.


I came here not only because I was interested in this island's unique culture with the famous Moai, but also I wanted to SURF here!
The last time I surfed was also in Chile - Punta de Lobos. That was almost a month ago and my body might not be fit enough now....


***** JPN *****
昨晩リマの繁華街 ミラフローレス から乗ったタクシーは空港まで 40ソル かかった(約 14米ドル)。 そして僕を乗せた飛行機は今朝の 1時 に Isla de Pascua へ向けて飛び立った ( Isla de Pascua はスペイン語でのイースター島の名称。 古くは "Rapa Nui (ラパ・ヌイ)" と呼ばれていた)。

約5時間 かかった空の旅。 何事も無くイースター島に到着。

そして現在 朝の7時半。 おそらくチリの首都 サンチアゴ では日が出てきて明るくなってきている筈だが、この島は未だ暗いっ。
イースター島はチリに属するので、この島がサンチアゴからどれだけ離れていても首都と同じ時間帯を取るみたいだ。


僕がこの島を訪れた理由はというと、もちろんモアイ像をこの目で見ておきたかったのと同時に、波乗りがしたかった!
一番最近 波乗りをしたのはチリ本土にある あの Punta de Lobos。 でもあれからほぼ一ヶ月が経過している。 そして自分の体はなまりきっている。。。 やばいっ


PR20110309_2.jpg




スポンサーサイト

20110309_04_Easter_Island.jpg


***** ENG *****
I only slept three hours on the plane while flying to this island, but I wasn't sleepy at all this morning. I was rather excited about going surfing on Easter Island.
As soon as I checked in at Camping Mihinoa, CHP7,000 per night for a 5-bed dormitory, I started searching for a surfable spot along the west coast on foot.

About ten minutes later, I already found one spot called "Hanga Roa Bay", which was very close from Camping Mihinoa in fact. I rushed back to Mihinoa, put on my wetsuit and ran as fast as a cheetah with my surfboard to this bay.

***** JPN *****
今日のリマからイースター島までのフライトで寝れたのは 3時間ほど。 でも今の自分は全く眠くない。 むしろ目と鼻の先にある海が僕を波乗りへと誘っている気がしてしょうがない。
この島滞在中に泊まるのは Camping Mihinoa と呼ばれる宿。 5人共有部屋で値段は一泊 7,000チリペソ。 僕はチェックインを早々と済ませると海沿いを歩いて波乗りができそうなポイントを探した。

そしてなんと 10分 も経たないうちに波乗りできそうなポイントを発見。 場所は "Hanga Roa Bay"。 もちろん僕の泊まっている宿から歩いていける距離。 僕は無我夢中で宿まで戻ると、ウェットスーツを着用しボードを片手に抱えるとチーターよりも足早にこのポイントへと走った。


20110309_04a_Easter_Island.jpg


***** ENG *****
Three local guys were out in Hanga Roa Bay when I paddled out. The water was tranquil and very warm (Soooo different from Pichilemu). Waves were about 3ft on a set. I didn't need my wetsuit actually, but I was wearing my reef-boots because the sea-bed was covered with reefs and rocks.

***** JPN *****
Hanga Roa Bay に入ると 3人 のローカルが既に先に入っていた。 水は信じられないくらいの透明度。 そして何よりも温かい (チリ本土のピーチレムとは大違いっ!)。 波のサイズはセットで 最大3フィート (カタほど)。 ここにきてウェットスーツなんて要らないことを実感。 でも海底は切れそうな岩礁や尖った岩なのでブーツは着用。


20110309_05_Easter_Island.jpg


***** ENG *****
Hanga Roa Bay generally produces righthand waves; the take-off section can be a little tricky and the peak of a wave is just right beside the big rock. If you catch the right one, you can ride it 150 to 200 meters. Most waves seem to become solid and form a hollow and long shoulder from the middle section. Additionally, locals were very friendly to me.
Despite the fact that I wasn't surfing for almost four weeks, I caught many waves today and it was fun. Now my shoulders are very sore!

***** JPN *****
このポイントは基本的に レギュラー の波。 テイクオフをするセクションが大きな岩の真横なので、それに慣れるのに少し時間がかかるが、そこから波をつかまえると途中から長いショルダーの張った掘れる波が 150 ~ 200メートル は続く。 なのでチューブを決めれる可能性も高い。 更に地元サーファーはとても友好的。
自分はここ 4週間 ほど波乗りをしていなかったにもかかわらず今日は幾つか良い波に乗れた。 そして今 自分の肩はガチガチである。 でも気分は爽快!


20110309_06_Easter_Island.jpg




CH20110311_1.jpg


***** ENG *****
I woke up at 5am this morning because of the rain outside.
The rain was intense. I could not go back to sleep.

For no reason I picked my Blackberry from underneath my pillow and I just opened the browser to have a look at Yahoo's news section (This is my new habit these days).
Then I became fully awake by all the headlines about the monster earthquake hit in the Northern Japan.

The next thing I did was to send a short message to all my family members and friends in Japan to make sure that they were Okay.

All of them replied to my message quickly enough and told me that they were safe.
I was relieved just for a short while.
And then all things started flooding on TV and on the Internet:



Huge Tsunamis ....



Ongoing aftershocks ....



The nuclear power-plant blowing up in Fukushima ....



We on Easter Island also had to do a massive evacuation to the island's only airport as a serious Tsunami warning was being issued.


Strangely enough, I wasn't really concerned about any Tsunami to arrive in this island (The estimated arriving time of Tsunamis to Easter Island was around 17:45pm), but I was rather worried about my country and doing a lot of thinking in my head.


It was 23pm after a long long wait and the Chilean police finally let me go back to my guesthouse.
In fact, all other tourists were made to stay at the evacuation site till the next morning, but I strongly begged police to let me go back to Mihinoa because I needed to check on the Internet how the effect of the earthquake and Tsunami was in Japan.


Unfortunately, all I saw on the Internet was grim news over and over....


I took a shower afterwards and tried to go to sleep, but I couldn't.

I don't remember when I fell asleep eventually, but it was the longest and saddest day ever on this RTW trip.

My thoughts go out to those who have been affected by this catastrophe.


***** JPN *****
外の激しい雨音で今朝は何故か 5時 に目が覚めた。
雨は物凄い勢いでしばらくの間降り続いたので、直ぐに眠りに戻ることができなかった。

最近の僕は、毎朝目が覚めると同時に枕元に置いてある自分の BlackBerry を取り出し、日本の Yahoo のニュースを確認するという変な癖が定着している。
今朝も なんとなく な気持ちで開いた Yahooニュース の全見出しを見た瞬間、眠気が一気に吹き飛んだ。 見出しは全て東北地方で起きた大地震に関するものだった。

慌てふためいてベッドから起き上がると、真っ先に日本にいる家族や友人全員に安否確認のメールを送った。

そして家族と友人全員から直ぐに返答があり、皆の無事が確認できたことに少し安堵。

そんな安堵の時も束の間、テレビやネットで様々な情報が溢れ出てきた:



巨大な津波が日本沿岸部に 。。。。



大規模な余震がまだ頻発 。。。。



そして、福島県の原子力発電所で爆発発生 。。。。



どの情報がどこまで本当なのか調べる術は今の僕には全く無く。 そんなこんなしていたら、今度はイースター島にも津波警報が発令され、島でたった一つある小さな空港に避難することに。


このとき何故か自分は津波がイースター島までやってくることに懐疑的だった (イースター島への津波到達予想時刻は 17時45分頃)。 むしろ自分の国が今どうなっているのか? 東北地方の人たちは無事なのか? 福島の原発はどこまで深刻なのか? などなど ありとあらゆる事で頭の中がパンクしそうになっていた。


避難してからどれだけ待ったことだろう? やっと警備に就いていたチリ警察の警察官から自分の宿まで戻って良い事を告げられたのは 夜の23時ころ。
この日、他の観光客はほぼ全員が空港の避難施設で一夜を過ごす羽目になったのに対して、自分は警察官に どうしても日本のことが気になるので、宿に戻ってネットを使いたい ことを嘆願したため特別に戻ることができた。


しかし、自分がネットで目にしたものは惨劇に次ぐ惨劇。。。。


シャワーを浴びた後、眠りにつこうとしたのだが、頭の中は様々な思いや不安が交錯する状態。

結局この日は 何時に眠りについたのか憶えていない。 唯一はっきりと憶えていることは今日という日がこの旅の中で一番長く悲しい一日であったこと。

今回の東日本大震災で被災された方々へ心よりお悔やみ申し上げます。


CH20110311_2.jpg




***** ENG *****
My camera (Pentax W90) finally stopped working today.

I took it with me for surfing in the morning and I'm now guessing that I didn't close the battery-cover properly, so that some water got in....


Compared to what all those people in the Northern Japan have lost by the earthquake and Tsunami, the end of my camera's life is nothing.
Nevertheless, I've been using this camera every single day since I started this trip last July.

(If you click each title of the photos below, it'll take you to the related article.)


***** JPN *****
ここまでずーっと旅の友だったデジカメ (Pentax W90) が遂に起動しなくなった。

今朝の波乗りでこのカメラを持って行ったのだが、おそらくバッテリー・カバーがしっかり閉まっていない状態だったのだろう。 バッテリー内 に水が浸入しているのを宿に戻ってから気づいた 。。。。


今の自分はこの一件でかなり落ち込んでいるのだが、一昨日の大地震と津波により甚大な被害を被った東北地方の人たちに比べればカメラの一つや二つなんて全く取るに足りない。
それでも、昨年の 7月 にこの旅を始めてから常に肌身離さず持ち歩いていたこのカメラへの僕の愛着は計り知れない。

(下の写真の各タイトルをクリックすると、その写真に関連する記事が表示されます。)



Photography in Water (2010/08/27)
IMGP2673.jpg



Blazing Hot Petra (2010/09/21)
IMGP4552.jpg



Photography in Water 2 (2010/10/26)
IMGP7531.jpg



Brazilian-side Iguasu & Kevin (2010/12/15)
20101215_Foz_du_Iguacu_11.jpg



Antarctica - Day 07 AM (2011/01/24)
20110124am_07.jpg


The Magnetism of Punta de Lobos (2011/02/10)
Chilly Chile01d



Uyuni Tour - Day 01 (2011/02/14)
IMGP2199.jpg



Machu Picchu Phobia (2011/03/03)
IMGP3042.jpg



***** ENG *****
Now I'm thinking back, and this camera and I have been through a lot.

Arigatou, my W90



***** JPN *****
今振り返れば、このカメラと自分は様々な地球環境をくぐり抜けてきた。

ありがとう、W90



20110216_03_Salar_de_Uyuni.jpg




IMG00699-20110314-1011.jpg

***** ENG *****
I met a local surfer when I was surfing at Hanga Roa Bay yesterday morning.
His name was Paka and he had big eyes with very dark skin just like the typical look of Pacific-islanders.

He paddled towards me, shook my hand and asked me a few questions such as my nationality, my job, etc etc.

I told him that I was travelling around the world for one year.

And he quickly responded to me;



" Oh! So you must have A LOT OF MONEY ?! "



I replied to him in the most humble way;



" No No No! I don't have a lot of money at all. "



And then he said to me;



" Travelling for ONE YEAR? You need lots of money to do that, don't you ?! "



I still kept denying his assumption by saying;



" No! No! No! "

But I was thinking in my head - " It's true. I need money to travel. "



Many things (or almost everything) on Easter Island are expensive - about double the price of the stuff on the mainland in Chile, and most local people on Easter Island heavily rely on us (tourists).
So I asked him that he should also have money to live on Easter Island.

Then he placed his right arm onto his chest and said proudly;



" I don't have a lot of money, but I have MY OWN FAMILY!! "



I just grinned at him.



He has something that money can not buy.

I actually envy him a lot.



***** JPN *****
昨日の朝方 Hanga Roa Bay で波乗りをしていた時に Paka という名の地元出身らしきサーファーに出会った。
地元出身らしきと言ったのも、彼の容姿が南太平洋島民によくある浅黒い肌色で大きな目をしていたからだ。

Paka は波待ちをしていた僕のほうにパドルしながら近づくと、手を差し伸べ握手をし、僕の出身地や職業などを聞いてきた。

自分は現在旅行中の身なので、1年かけて世界を旅行している旨を彼に伝えた。

すると Paka は



”お前 それなら結構な額のお金を持っているだろっ ?! ”



お高くとまってるように思われたくなかった自分は彼にこう答えた



” ノー、ノー、ノー そんなにお金は持ってないよっ! ”



Paka は続けて僕にこう聞き返した



” 1年も旅するくらいなら結構な額のお金は絶対に持ってるだろ! ”



そんな Paka の思惑とは裏腹に僕は



”ノー、ノー、ノー!” とだけ返答。

でも内心では ”んーっ、お金がないと旅が出来ないのは紛れも無い真実。 ”



実はここイースター島はほとんどの物(全ての物 といっても過言ではないかも)の物価がチリ本土の約二倍はするのでバックパッカー泣かせの観光名所である。 そして地元の人達のほとんどが僕達のような観光客で生計をたてている。
ここイースター島出身であろう Paka も収入源はこの島の観光業であるのは間違いなかったので、今度は逆に僕から Paka に ” あなたもある程度の額のお金は持っているでしょ? ” と訊ねてみた。

すると彼は右手を挙げ、拳を胸元に当てると はっきりとこう答えた;



” 俺は大金なんて持ってない。 でも愛する自分の家族を持っている! ”



誇らしげに答えた Paka に対して軽い笑みを返した自分。



お金では絶対に買えないものを彼は持っている。

そんな Paka がすごく羨ましく思えた。






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。