上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
I left Kuala Lumpur late last night by Malaysian Airline for Istanbul. It was a night flight and I arrived in Istanbul early this morning. The second photo below shows the pancake served for breakfast during this flight. Despite having lots of pancakes while I was in Sri Lanka, I had it AGAIN and it was soooo good.

***** JPN *****
昨晩遅くにクアラルンプールからマレーシア航空でイスタンブールへ出発。 夜行便だったのでイスタンブールに着いたのは今日の朝方。 ちなみに下にある二枚目の写真はイスタンブールへ向かう機内で出てきた朝食。 スリランカ滞在中にあれだけ食べたホットケーキだけど、ここでまたまたホットケーキ。 でも凄く美味しかった。


IMGP2923.jpg

IMGP2912.jpg


***** ENG *****
Needless to say, there will be no surf in Turkey. So I left my surfboard-case at Istanbul airport for TRY20.00 (about JPY1,200) per day. It's not cheap at all and I have to leave it here for about 20 days during which I'm planning to travel to Syria, Jordan and Israel from Turkey by land.
Well, there is no way I keep dragging this coffin all the way anyway. I'm now feeling so much lighter than ever before.

***** JPN *****
もちろんトルコでは波乗りできないので、僕はサーフボードケースを一日あたり 20リラ (約1,200円) でイスタンブールの空港に預けることにした。 今後の旅定は トルコから シリア、ヨルダン、イスラエル を20日間かけて陸路で廻る予定なので、一日 20リラ は決して安くないが、波乗りしないのにこの棺(ボードケース)をずっと担いで旅するわけにもいかない。
少し渋りながらもお金を払って預けることに決めた自分。 でも実は少し身軽になれてうれしい。


IMGP2964.jpg

IMGP2939.jpg


***** ENG *****
My Japanese friend Yumemi has spent a few months in Turkey before and I've got some tips from her.
As she recommended that I should look for accommodation in Beyoglu area of Istanbul, I did so and found a hotel for TRY35.00 (about JPY2,000) per night. Again, TRY35 is not cheap for a budget traveller like myself, but this price is for a single private room with a bathroom inside. I don't have to share it with anybody else!

As soon as I dropped my luggage in my room, I went out to explore Istanbul.

***** JPN *****
僕の友人の一人 ユメミ が以前トルコに数ヶ月間滞在していたことがあるので、彼女からトルコの情報は既に入手済みだった。
彼女のお薦めで、僕はベヨグルという地区で宿をみつけた。 その宿は一泊 35リラ (約2,000円)。 僕のような貧乏旅行者には 35リラ は実は少し高い。 しかし、この値段はシャワー・トイレ付きの個部屋で見知らぬ人と共有する必要は全く無い。

僕はチェックインを済ませて荷物を降ろすと、早速、イスタンブールの散策に出かけた。


IMGP2967.jpg

TRIMGP2984.jpg

IMGP2976.jpg

IMGP2978.jpg

IMGP2981.jpg

IMGP2973.jpg




スポンサーサイト

IMGP2987.jpg


***** ENG *****
I'm in Turkey. And I'm in Istanbul now!
It's no surprise that I see lots of mosques in this city.
Although I am agnostic (or almost atheist), I love to visit places of worship, especially when traveling overseas. As I've never been inside any mosques before in my life, I'm taking this opportunity to have a real close look at the Yeni Camii - one of the major mosques in Istanbul.

***** JPN *****
トルコ! トルコ! そしてここは イスタンブール!
トルコでも人口が一番多いイスタンブールにはやはり物凄い数のモスクが存在する。
僕は(無神論者にちかい)不可知論者ではあるが、異国を旅しているときは教会や礼拝所を訪れるのが凄い好きだ。 実は今まで一度もイスラム教の礼拝所に足を踏み入れたことの無い自分にとって、トルコに来たからにはこの機会を逃すわけにはいかないということで今日訪れた礼拝所は Yeni Camii。


IMGP2997.jpg


***** ENG *****
Yeni Camii is elaborated in decoration inside the main building. I also like the atmosphere here; it's not touristy at all but very quiet and a bit chilly inside which draws quite a contrast from the outside.

***** JPN *****
言うまでも無く礼拝所の中の装飾は目を見張るものがある。 そしてこの雰囲気が凄くいい。 何故か観光客はほとんどいなく、静かで少しひんやりしている。 観光客で超賑わう外の世界とはかなり対照的だった。


IMGP3000.jpg

IMGP3026.jpg

IMGP3013.jpg


***** ENG *****
Even though I admitted earlier in this article that I am agnostic, I do think that believing in whatever it is is a force that keeps us going and makes us strong.

***** JPN *****
僕はこの記事の最初に無神論者にちかい不可知論者であると書いたが、僕の中にも絶対的なものは一つ存在する。 ”何事も信じることは力になる” ということ。


IMGP3011.jpg




***** ENG *****
It rained all day in Istanbul today and I didn't do much. The photos below were taken as I was walking down the hill from my hotel in Beyoglu just to have a little "off the beaten track" experience.

***** JPN *****
イスタンブールの今日の天気は一日中雨。 ベヨグル地区は丘の上にあるので、今日はこの丘を下ったところにある地元住民の移住区域らしきところを散策した。 その時に撮った写真が下にあるそれ。


IMGP3066_1.jpg

IMGP3067_1.jpg

IMGP3068_1.jpg


***** ENG *****
Something in this area interested me a lot. So I kept on walking and I happened to discover a "real local market" at the bottom of the hill.

***** JPN *****
この地区の何かが僕の興味を凄く引き立てたので、このまま丘を下ってみることにした。 すると丘を下り終わったところに地元の人達でごった返す路上市場が開催されていた。


IMGP3076_1.jpg

IMGP3078_1.jpg

IMGP3072_1.jpg


***** ENG *****
There were seemingly very few tourists in this market and the atmosphere was quite intense. I mean "intense" both in a good way and a bad way.
People here were so lively; some of them were too lively actually. They were shouting at other people and pushing them away by force.... Really that intense, but it was interesting for me to observe them.

***** JPN *****
パッと見たところ、外国人の観光客はほとんどいない。 またこの市場の雰囲気は結構すごい。 ”すごい”というのは良い意味と悪い意味の両方である。
この市場にいる人たちの活気には勢いがあり、他の通行人に野次を飛ばしたり、混みあっていると押しあったりと圧倒されそうな雰囲気をかもしだしていた。 しかし客観的に彼等を観察しているだけならかなり面白いのだが。


IMGP3073_1.jpg

IMGP3071_1.jpg


***** ENG *****
As I left the market and was on my way back to my hotel through a shabby-looking street, a few police officers stopped me. Then they told me that I should not walk around this area. Apparently, this area was very troublesome and tourists would often get hassles with junkies, alcoholics, etc. Of course, I didn't know it at all. But even if I knew the danger beforehand, I would probably visit there anyway.

"Off the beaten track" often brings me a surprise!

***** JPN *****
市場を後にし、自分のホテルへ戻るため少し薄暗い丘の道を歩いていると数人の警察官に止められた。 そしてこの警察官たちから ”この地域は問題の多いところだから、観光客の来るところじゃない。” と注意された。 ドラッグやアルコール中毒者などが多い地域らしい。 警察官は僕の姿を見るなり、観光客と悟ったのだろう。 僕は少しびっくりしたが、この地域に来る前にここが観光客の来るところではないと知っていたとしても、僕はたぶんここに足を運んでいただろうと思う。

常道はずれたところにこそ ”驚き” が隠れていたりするものだ!




IMGP3100_1.jpg


***** ENG *****
When I was in Sri Lanka, I thought Sri Lankans were mad about sweets: they also loved super spicy food. I now think that Turkish people can surpass Sri Lankans in this respect.
I must admit that I have a sweet tooth. Therefore, Turkey would be the right country for me as tons of sweets were beautifully on display and on sale in every single cafe here in Istanbul. The above photo shows some of the sweets that I tried today.
Honestly speaking, they were Too Sweet for me!
In my biased opinion, they were lacking in delicacy, and in many ways they were similar to those American chocolates: they were simply sugary sweet and nothing more than that! I also tried a few Lokums (Turkish delight), but they weren't for my liking at all. I don't understand why Turkish people buy these hyper sweet delights in a huge plastic bag....

Are they not concerned about becoming diabetic?


***** JPN *****
スリランカ人が辛い食べ物が好きなのは広く知られていることだが、彼らは甘いものにも目が無い。 しかしイスタンブールに来て思ったのは、トルコ人はスリランカ人より甘党だということ。
実は僕自身も 超甘党(特にチョコレートには目が無い)。 だからトルコに来たからには ロクム を含めた甘いものずくしを首を長くして待っていた。 上の写真は僕が今日試したそれら甘いもののうちのいくつか。
正直言ってこいつら僕には 甘すぎる!
甘すぎて繊細さに欠けている。 これらはまるでピーナッツバターをこれでもかというくらい詰め込んだアメリカ産のチョコレートのようだ。 甘すぎるだけで全く賓が無い。 この後、ロクム (ターキッシュ・デライト) もいくつか試してみたが、僕を唸らせるものは一つも無かった。 イスタンブールを歩いていると、これらを何十個も袋詰めにして買っていく人をよく見る。 僕にはまったく理解できない。

彼等は糖尿病の心配とかしないのだろうか?




***** ENG *****
It's 8am here in Istanbul and I'm visiting another mosque now. This time it's Sultanahmet Mosque (so-called Blue Mosque).
This Blue Mosque and Hagia Sophia are two gigantic mosques. Their famous dorms and high columns are visible from almost everywhere in Istanbul.

***** JPN *****
現在イスタンブールは朝の8時。 早朝足早にまたモスクに足を運んだ自分。 今回のモスクは別名 ブルーモスク と呼ばれている スルタンアフメット。
この ブルーモスク と アヤソフィア と呼ばれるもう一つのモスクはそのドームと柱の巨大さ故に、イスタンブールの何処にいても目に入る超ド級クラスのモスク。

IMGP3138.jpg

IMGP3143.jpg

***** ENG *****
8am is early enough for me, but I should've come here a lot earlier because I already see a few tourist-buses being parked outside the mosque and a number of tourists flocking into the mosque right away.

My very reason for coming here early is to take photos of this mosque without any tourists. I walk into the courtyard of the mosque and am sitting here to take a few photos of the mosque's front-face, but more and more people are walking in as a minute after a minute is passing....

***** JPN *****
朝の 8時 は僕にとっては早いほうだ。 しかしこの時間で既に団体観光客用のバスが数台モスク外の駐車場に止まっていた。 そしてモスク内部にも観光客がけっこう入っているように見えた。 もっと早くにここに来るべきだったと少し後悔。

ここに朝早くに来た唯一の理由は、極力少ない観光客の中でこのモスクを写真におさめたかったから。 モスク正面にある中庭へと歩いて行き、この中庭に座ってモスク前面の写真を撮ることにしたのは良いのだが。 数分後には十人、二十人と団体観光客が押し寄せてくることに。。。。


IMGP3161.jpg


***** ENG *****
Now I'm telling myself, "There will be a moment that all these people move away and I can take a clear shot with no crowds. So be patient!"

***** JPN *****
こういう状況の時は自分自身にこう言い聞かせる "ここにいる観光客は少し時間が経てばモスク内部へ移動するはず。 その瞬間を狙えばいい。 それまで気長に待て!"


IMGP3172.jpg


***** ENG *****
However, the longer I've waited, the more and more people are coming in.
The worst thing is when 10 to 20 people in a tour group come here all at once and they position themselves where I put the lens of my camera towards....

***** JPN *****
しかし、待てば待つほど、もっと観光客が入ってくることに。
一番最悪なのは団体観光客一行が一気に入ってきて僕がカメラのレンズを向けている先に陣取ってしまうときである。。。。


IMGP3173.jpg

***** ENG *****
I eventually give up taking photos here. I was initially going to go inside the Blue Mosque, but I can now see the bad consequence of it.
Well, next time, baby!

***** JPN *****
結局、気の長くない僕は写真撮影を諦めることにした。 ここがこの状況だからモスク内部はもっと凄いことになっているのは目に見えたので今日はここで撤収。
また出直ししよっと!






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。