上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
I arrived in Saltzburg late last night and checked in at a hostel called "Jugendherberge YOHO", about a 10-minute walk from the station. It's EUR 17.00 per night for a 4-bed dormitory and I'm staying here for three nights.
Although it was raining quite a bit last night, it turned out to be sunny and quite warm today. So I went out to check some touristy spots in town as the old town of Saltzburg is registered as a UNESCO world heritage site.

***** JPN *****
ザルツブルグには昨晩遅くに到着。 Jugendherberge YOHO (日本名不明)という駅から 10分 くらい歩いたところにあるホステルにチェックイン。 4人共有部屋で一泊 17ユーロ。 ザルツブルグには3泊する予定。
ザルツブルグに到着した昨晩は雨だったが、今日は快晴の空 尚且つ暖かい。 なので町中の観光名所にいくつか足を運ぶことにした。 ちなみにザルツブルグの旧市街はユネスコの世界遺産の一つに登録されている。


IMGP6032.jpg

IMGP6031.jpg

IMGP6024.jpg

IMGP6000.jpg

IMGP5996.jpg

IMGP6138.jpg


***** ENG *****
Hohensalzburg fortress is like the icon of Salzburg. It's massive and you can see this fortress everywhere in the city.
The entrance fee was EUR 7.40; I have no idea what these 40 cents were for. Tax...?
All the photos below were taken inside the fortress. It seemed like there was another small town inside the fortress.

***** JPN *****
ホーエンザルツブルグ城は間違いなくこの町の一番の観光名所。 このドデカイお城(要塞)は町中のどこにいても見ることが出来る。 入場料は 7.40ユーロ。 この中途半端な 40セント の意味は分からない。。。。
下の写真はお城の中で撮影したもの。 パッと見た感じ、まるで一つの小さな町がすっぽりお城の中に入ったような雰囲気。


IMGP6091.jpg

IMGP6095.jpg

IMGP6094.jpg

IMGP6087.jpg

IMGP6123.jpg


***** ENG *****
This city is neither too busy nor too touristy, especially after visiting Munich during the Oktober Fest last week. Additionally, this city is small in size and surrounded by some high mountains. "Very beautiful!" is the simplest expression that I use to describe this city and I honestly mean it.
If I weren't a surfer, I wouldn't mind living in this town for a while.

***** JPN *****
この町は オクトーバーフェスト でごった返していた ミュンヘン とは対照的に、観光客もさほど多くなく ゆっくりとした雰囲気がある。 町のサイズもかなり小さく、大きな山々に囲まれた緑の多い町というのが僕の第一印象。 またこの町を一言で表現するなら "美しい!" という言葉につきる。
僕がもし波乗りをしない人間だったら、暫くの間この町に住んでみても良いな っと真剣に思った。




スポンサーサイト

IMGP6142.jpg


***** ENG *****
It was late in the afternoon.
I was just having a walk along the outside part of Hohensalzburg fortress. There was a small church just below the fortress on the hill. I didn't plan to visit this church, I just happened to be here while strolling around.
No expectation at all, but I walked in just to have a look at the inside of the church. And as soon as I walked in, a hymn came straight into my ears.
At first I thought the hymn was played aloud on a radio. It was that perfect and precise.
I quietly walked up to a little altar and looked back. Then I realized that the hymn wasn't by radio. Some people were actually practicing singing hymns in the back of the church with pipe organs.
Of course, the hymn sounded very Christian, nevertheless, such a soothing sound to me. I just stood silent and listened to it for a while. It was a little dark and chilly inside the church; nobody was here except me.
Just when they finished singing the hymn, a nun came out of nowhere. She slowly opened the door and glanced at me without saying anything. I instantly knew that it was the closing time for today and that I was supposed to leave. I walked through the door as quietly as possible and made a little bow to her as I was somewhat feeling so blessed.


***** JPN *****
今日の夕暮れ時のことだった。
ホーエンザルツブルグ城を訪れた後、このお城がある丘から町へとつながる道を一人で歩いていたら道中にポツリと建っている小さな教会を見つけた。 何となくぶらりと歩いていただけだったので、特に目的もなく教会の中だけを少し拝見しようと思い中に足を運んだ。
すると教会の中に入るなり美しい賛美歌が耳に入ってきた。
僕は最初、この賛美歌はラジオのスピーカーから流れてきているものだと思い込んでいた。 それくらいに透き通った音だったのだ。
入口から教会内にあった祭壇まで僕は歩いていき後ろを振り返ってから気づいたのだが、賛美歌は実はラジオからではなく、実際に数人の女性が教会の奥部屋でパイプオルガンの伴奏と一緒に練習をしていたものだった。 その音色はもちろんキリスト教独特のものだったが、ものすごく心地良い音に僕の耳には聞こえた。 僕はしばらくの間 立ったまま賛美歌に耳をかたむけた。 教会の中は薄暗く少しヒンヤリとした雰囲気がただよい 他に誰もいない。
しばらくして賛美歌が終わると、修道女がどこからともなく現れ、入口の戸をゆっくりと開けると僕の方に少しだけ目をやった。 彼女は一言も発しなかったが、閉門の時間なのだと僕は直ぐに察した。
入口のところまで出来る限り音を立てずに歩いていき、彼女に軽く一礼した自分。 この時 何故かとても有難い気持ちでいっぱいだった。




***** ENG *****
I met an Australian guy at Five Elements hostel in Frankfurt a couple of weeks ago. He then told me an interesting story about a place called "The Eagle's Nest" located near the border between Germany and Austria and it intrigued me a lot ever since. As this "nest" was about an hour from Saltzburg by bus, I went to check it out today.

I caught a local bus in front of the main station in Saltzburg for a very small German town called "Berchtesgaden" and there I caught another bus as pictured below.

***** JPN *****
二週間ほど前 フランクフルト滞在中に Five Elements ホステルで知り合ったオーストラリア人からドイツとオーストリアの国境線近くにある ”イーグルズ・ネスト” という所に行った話を聞いた。 それ以来、この意味深な場所は僕の興味を引き付けていた。 そして今日はザルツブルグからバスで 1時間 ほどのところにあるその イーグルズ・ネスト に行ってみた。

先ずはザルツブルグの駅前から出ているバスに乗り バーチェスガーデン というドイツの小さな町まで行き、そこでまた別のバス (下の写真にある 真っ赤なバス) に乗り換える。

IMGP6148 (1)


***** ENG *****
I was expecting nothing more than getting soaked by the rain today because it was very cloudy and drizzling in the morning. However, it was totally opposite at the Eagle's Nest.
As soon as the red-bus took off from Berchtesgaden, it ascended on a wet road quite fast and after going through a couple of tunnels it went above the clouds.
Golden beams from the sun struck my eyes and I was just Stunned!
It was as if the grey sky suddenly opened its gate for me to the top-secret spot where the former Nazi eagles had been gathering during the second world war: this is why it was called "The Eagle's Nest" by the Americans during the war time.

***** JPN *****
実は今朝のザルツブルグの天気は曇時々雨。 この調子だと イーグルズ・ネスト でも雨に降られるものだと予想していた自分。 しかし、現地はその真逆の天気だった。
僕の乗った真っ赤なバスは急斜面の山道をかなりのスピードで突っ走り、いくつかあるトンネルを抜けた瞬間、灰色一色だった雲の上に一気に出たのだ。
急にまぶしい日差しが僕の目の中に飛び込んできたので ただア然!
それはまるで空の門が開くと同時に、秘密基地へと僕を誘っているかのようだった。
ちなみに イーグルズ・ネスト の名前は 第二次世界大戦中に ナチス・ドイツ の軍部将校たち (ヒットラーを含む) がここを静養地にしていたとされること、そしてナチの紋章である鷲が由来。


IMGP6156.jpg

IMGP6164.jpg


***** ENG *****
The bus dropped me off at the base. There was a special elevator to go up to the top of the mountain here. Alternatively, you can also hike to the top if you are fit enough.

***** JPN *****
イーグルズ・ネスト から 200メートル ほど下に位置するところで真っ赤なバスを降りると、頂上に行く専用エレベーターがある (このエレベーターを使わずに徒歩で頂上へ行くことも可能)。


IMGP6158.jpg

IMGP6171.jpg

IMGP6174.jpg

IMGP6178.jpg


***** ENG *****
It was sunny with no winds on top and sooooo breathtaking up here.
Despite the stigma attached to this place: Hitler's retreat during the war, now it's a restaurant, the scenery was absolutely magnificent.

***** JPN *****
頂上は無風の快晴。 そこは天界のような別世界。
大戦中はヒットラーの静養地だったという過去の事実を忘れてしまいそうなくらい ここから眺めることのできる風景はあまりにも青く美しかった(現在はレストラン)。


IMGP6196.jpg

IMGP6198.jpg

IMGP6247.jpg

IMGP6209.jpg

IMGP6256.jpg

IMGP6286.jpg


***** ENG *****
The trip to the Eagle's Nest cost me EUR 15.50 in total, including the bus-fare, the special elevator and an entry to the documentation centre which mainly featured the history of Nazi Germany and Adolf Hitler. It was definitely worth it.

***** JPN *****
ちなみにこの イーグルズ・ネスト までの日帰り旅行には 15.50ユーロ かかった。 この費用には往復バス代、頂上までの専用エレベーターとナチス・ドイツとヒットラーの歴史を細かく記した資料館の入場料が込み。 15.50ユーロ の価値は絶対にあったと思う。


IMGP6230.jpg




IMGP1881.jpg


***** ENG *****
The name "Eagle's Nest" was how the Americans referred to this Hitler's retreat during the war. However, the fact was that Hitler was acrophobic and apparently didn't spend much time at his nest. Just by the name of it I was expecting to see a real eagle up on the mountain, and the entry-ticket also had an eagle on it.

***** JPN *****
ヒットラーは高所恐怖症だったらしく、彼のための静養地だったここ イーグルズ・ネスト は実際にはあまり足を運ぶことは無かったと言われている。 この イーグルズ・ネスト という名前はあくまで大戦中にアメリカ軍が呼んでいたものらしいが、僕はこの呼び名とチケットの表写真に洗脳されていたのか、本物の鷲を目にすることができるかもと 少なからず期待していた。


IMGP6275.jpg


***** ENG *****
When I got there, I did see a bird flying in the sky as pictured above.

Can you guess what this bird actually was?


***** JPN *****
上の写真にもある通り、実際に頂上に着くと数羽の鳥が優雅に飛んでいるのが確認できた。

おっ、鷲じゃないかっ? と思い目を凝らすと。。。


IMGP6279.jpg


***** ENG *****
It was just A Bloody Crow !
And quite a few of them were around in fact.

Literally speaking, it was "The Crow's Nest", not the Eagle's Nest. Hahaha : )


***** JPN *****
それは ただの カラス だった !
少なくとも4、5羽は飛んでいた。

ここ 鷲ノ巣 じゃなくて カラスの巣 じゃ~ん(笑)




IMGP6312.jpg


***** ENG *****
I left Saltzburg for Vienna by train this morning. The train-ride wasn't too bad at all. Like those DB trains in Germany, it was spacious enough with a comfortable seat and I could use my laptop connected to a power point beside my seat on the train even though it was only the 2nd class!

***** JPN *****
今朝 ザルツブルグを後にした僕は列車でウィーンへと向かった。
僕が乗った車両はセカンドクラスにもかかわらず、ドイツの列車同様にオーストリアの列車も座席が大きく足周りも広いのでかなり快適だった。 電源コンセントも座席側にあるのでノートパソコンも使い放題。 さすがヨーロッパである。


IMGP6318.jpg


***** ENG *****
The photo below shows what I had for lunch when I arrived in Vienna.
I'm not a big meat-eater, but every now and then my body craves this kind of food. The sausage was very tasty and the bread was fresh. One of the best junk-foods of all time!

***** JPN *****
下の写真にあるのは ウィーン 到着後に駅の売店で買った昼食。
常日頃あまり肉を口にしないようにしている自分だが、たまに自分の体がこういう”餌”を欲する。 ソーセージ はしっかりとした味で、パンも美味しい。 まさしくジャンクフードの王道!






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。