上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
I was just checking in for Beach Hut after the long tiring bus-ride yesterday morning.
As I was walking towards the beach with one of the staff members to see more available rooms inside the Beach Hut compound, I heard a guy calling me: "Hey, you! You are the Japanese surfer, right?" I looked around and I saw a guy calling from the back. I wasn't quite sure who it was at first sight. I gazed at him and realized that it was Toni from Germany who was staying at the same guesthouse in Sigiriya a few days ago with his girlfriend Julia. We had lovely dinner together then, and now they are staying in another guesthouse just next to Beach Hut in Arugum Bay.
This kind of event isn't the first time for me. The same thing happened to me in Lombok (Refer to the article "Surfing in Gurupuk (2010/08/03)"). Such a small world!
What was more surprising was that they also went to Batticaloa before coming to Arugum Bay and they happened to stay at the same hotel where I stayed in last night! Moreover, they totally agreed with me about how I felt in Batticaloa because they also felt a little uneasy in Batticaloa.

***** JPN *****
昨日の午前中に経験した長く窮屈なバスの旅の後、僕は Beach Hut という宿に泊まるためにチェックインを済ませるところだった。
ビーチ側にも空いてる部屋があると聞いたのでスタッフとその部屋を確認するためにビーチに向かって歩いていると、何処からか誰かの声で: ”おーいっ! あの時の日本人サーファーだよね?” 僕が周りを見わたすと向こうのほうで男が僕を呼んでいるように見える。 パッと見たかんじ誰なのか判断できなかった僕は目を凝らしてみて気づいた。 つい二日前までシギリヤ滞在中に一緒のゲストハウスに泊まっていたドイツ人の Toni だった。 シギリヤ滞在中は Toni と彼の彼女 Julia と一緒に食事をして色々な話に花が咲いたのでよく憶えている。 Toni と Julia も現在アルガムベイに滞在中で、なんと Beach Hut の直ぐ隣のゲストハウスに泊まっていた。
以前僕がインドネシアのロンボック島に滞在中にも同じような出来事が一度あった (過去記事 "Surfing in Gurupuk (2010/08/03)" を参照)。 世界はやはり狭い!
もっと驚いたことは、彼等もアルガムベイに来る前夜はバチカローアに一泊していたこと。 しかも僕が一泊したホテルにである。 さらに彼等も僕と同じような薄気味悪い経験をバチカローアでしているらしい。 不思議だ!


IMGP2596.jpg


***** ENG *****
Surfing-wise, Arugum Bay has two spots to surf - the Baby Point and the Main Point. The baby point is inside the bay so waves are usually about 2ft high, whereas, the main point is at the south end of the bay and is exposed to the Indian Ocean, thus waves could reach up to as high as they get :-)
I got up at 6 o'clock this morning and I went surfing straight to the Main Point. The above photo was taken just when I woke up: sorry, I could've taken better photos, but I was too excited about surfing in Arugum Bay for the first time.
The waves were about 4ft on a set this morning: some of them were closing out in the middle section. I caught a few good ones with my Happy-turn (Refer to the article "My Quivers (2010/07/23)" for more information.) I'm still getting used to this Rusty Dwart. I gotta keep practicing with it while I'm here.

Soooo good to be back in the ocean.


***** JPN *****
アルガムベイでの波乗りに関しても少しここで言及。 アルガムベイは大きく分けて Baby point と Main point の二つが存在する。 Baby point はその名の通り 2~3フィート くらいの波で湾の内側に位置しているのに対し、Main point は湾の南端に位置しインド洋からのウネリを拾いやすいのでサイズは最大で 8フィート くらいまでになる。
僕は今日は朝の6時頃に起床。 軽く朝食を済ませて Main point へ直行。 上の写真はその時に Beach Hut から撮影。 もっとおもしろい写真が撮れたかもしれないけど、朝起きた時点で波乗りのことで頭がいっぱいだった。
今朝の Main point の波はセットで 4フィート くらい。 中には途中で崩れてしまう波も結構あったけど、僕はハッピーターンを繰ってけっこう良い波に乗れた (ハッピーターンに関しては過去記事 ”My Quivers (2010/07/23) ”を参照)。 まだハッピーターンとは不慣れなところがあるのでアルガムベイ滞在中に こいつと練習を重ねなくてはいけない。

でも海に戻ってこれて本当に良かった。




スポンサーサイト

***** ENG *****
Last night I saw Toni when I was having dinner, but Julia wasn't with him so I asked him where Julia was.
Toni told me that he'd had to take her to the hospital in Pottuvial (the descent-size town, 1 ~ 2km away from Arugum Bay) because she'd appeared to be having a food poisoning and she was taking a rest in bed all day yesterday.

It's not rare for everyone to have the common symptoms of food poisoning when traveling in a developing country, especially if the climate is tropical or sub-tropical there.

I first thought "Oh, that's not fun at all. I hope she'll get better soon." and then Toni told me that he wasn't feeling well either. Apparently, Toni was having similar symptoms to what Julia was having, but his conditions were not as bad as Julia's.
Toni went on "Julia seemed to get slightly better after being treated at the hospital, but she's now getting a nasty rash on her arms and body..."


***** JPN *****
昨日の夜 Toni に晩御飯の席で会った時 Julia が一緒にいなかったので Julia はどうしたのかと Toni に聞いてみた。
彼曰く、Julia は朝からお腹の調子が良くないらしく食中毒の疑いがあったのでアルガムベイから 1~2km 離れた町 ポッツビル にある病院に一緒に行ったらしい。 それで彼女は一日中ベッドで休んでいるとのことだった。

発展途上国(特に熱帯・亜熱帯地域)を旅していると、よく食中毒の典型的な症状をみんな一度は経験するといっても過言ではない。

僕が Toni から Juliaの話を聞いたときには ”せっかくのバケーションが台無しだね。 早く良くなるといいね。” とだけ思っていたのだが、良く話を聞くと Toni の体調もあまり良くないみたい。 Julia ほど悪くはないと言っているが、彼女の症状に似たような症状が出ているらしい。
また Julia は午前中に病院に行って診てもらった後は少し回復したが、今になって激しい発疹が腕や上半身に出てきているとのこと。。。


***** ENG *****
Over the night Julia's conditions deteriorated, and Toni knocked on my door at 6am this morning for some help.
I went to see how Julia was. She was lying in bed, looking almost lifeless and barely responding to me.

Toni and I urgently discussed what would be the best for Julia in this very alarming situation.
We first thought of taking her back to Colombo by taxi because Colombo is the biggest city and Julia would be given any necessary treatments and medication at a good and big hospital. However, Colombo is on the west coast of Sri Lanka and where we are right now is on the east coast, taking at least 8 hours to reach there by car through lots of mountains on the way.
This idea was not very realistic, we realized....


For several minutes Toni and I continued discussing what would be the best for Julia.


And Toni came up with an idea that he should call his insurance company for some help.


The operator of Toni's insurance company tuned out to be a doctor and he advised Toni over the telephone.
We realized that it would be too long a way and too risky to take Julia to Colombo now because she was too weak. So we decided to take her to the hospital in Pottuvil again.


***** JPN *****
この晩 Julia の症状は更に悪くなっていき、今朝になって Toni が助けを求めに僕のところにやってきた。
まだ明け方の 6時 だったが、僕もかなり心配だったので急いで彼女の部屋に向かうと、Julia はベッドでぐったりしたまま顔色は真っ青な状態。 僕が話しかけてもほとんど反応もない。

Toni と僕は早急に Julia のための最善の対応は何があるかを話し合った。
そして僕等が始めに思い付いたのは Julia をタクシーに乗せて コロンボ まで戻ること。 コロンボ は スリランカ で一番大きな町なので医療施設や薬も整っているはず。 しかし、コロンボ は スリランカ の西側に位置しているのに対して僕らが現在いるところは島の東側。 ここから コロンボ までタクシーで幾つもの山々を越えて行っても最低 8時間 はかかる。
どう考えても現実的なアイデアではないことを悟った自分達。。。。


Toni と僕はしばらくの間、可能な限りの対策・対処法を一緒に考えた。


そして Toni が現在契約している保険会社に連絡することを思いついた。


ドイツにあるその保険会社に電話をしたら、たまたま応対したオペレーターが医者で、Toni にいろいろなアドバイスをしてくれた。
このお医者さん曰く 今の Julia の状態で長距離移動させて 万が一 体調が急変しても近くに何も無いかもしれないから止めたほうが良いとのこと。 かわりに ポッツビル の病院へもう一度 Julia を連れて行ったほうが最善という結論に落ち着いた。


***** ENG *****
We hired a Tuk-Tuk and rushed to the hospital.

It was 8am when we got to the hospital. Julia was still looking lifeless.

She was even struggling to stand up and walk by herself so we borrowed a wheelchair from the hospital, sat her on it and went straight into the emergency room where a few nurses attended Julia while Toni was explaining to a doctor what was happening to her.

The doctor first gave Julia an injection and then he put her on a drip.
Toni was looking exhausted as this incident occurred to him two days in a row, but he was staying with Julia in the emergency room while I was taking a note of what the doctor's name and the name of the injection were, etc. in case they would need the information if she became ill again or when they would claim it on their insurance company later.


When Julia was finished with the drip, she was given another drip as she was still dehydrated.


It was after midday when Julia's second drip was finished.

When I walked into the emergency room, I could see her getting a little better than before and she could respond to me as I spoke to her - a good sign.

The doctor told us that he would provide some medication for Julia and no need for her to spend tonight in the hospital so we could go back to Arugum Bay.
However, one thing that we weren't sure about was what was really wrong with Julia. What was her illness? What caused this??

The doctor told us that she wasn't suffering from Malaria or any other life-threatening diseases. He suspected that she might have had a strong allergic reaction to something that she ate....


Really ???


What was the food that had caused such a strong allergic reaction to Julia then?


Why was Toni also feeling not well??


Was Toni also allergic to the same food???


Toni and I were a little puzzled.

Nobody really knew what was really wrong with Julia and now we could take her back to Arugum Bay with only some medication.
Julia surely looked better than earlier this morning, but she would still need to be looked after over the next few days.


We took the same Tuk-Tuk as earlier this morning to go back to Arugum Bay.


Toni and Julia went straight back to their room while I went grocery-shopping at the nearest shop and bought a couple of bottles of water whose lids were perfectly sealed (very important) and some plain crackers for them.
Julia and Toni both needed to take a nap and have some rest. And so did I.


***** JPN *****
ポッツビルまで向かうための Tuk-Tuk を手配し、今から病院へ直行することに。

そして病院に着いたのは朝の8時頃。 Julia の状態は変わらず、一人では立つことも歩くこともできない。

病院にお願いして車椅子を借り、これに彼女を乗せて救急治療室へ彼女を運んだ。 数人の看護師が Julia に応対している間、Toni は担当の医者に状況説明をすることに。

担当医は Julia に注射を打ち、その後に点滴を与えた。
Toni はすっかり疲れきった様子だった。 昨日の朝からずっとこの調子だったみたいだから納得できる。 彼が Julia のそばにつき看病をしている間、僕は担当医の名前を聞き、注射の内容物の名前も聞いてそれらをメモにとった。 これは万が一、Julia の体調がまた悪くなったときに今までの処置が何だったか直ぐに分かるようにしておくのと、保険会社に請求する際の予備情報としてである。


Julia の脱水症状はかなりひどく、一本目の点滴のあと、すぐに二本目を打つことに。


この二本目の点滴が終わる頃にはすでに正午を過ぎていた。

病院の外にいた僕は Julia の様子を確認するために緊急治療室に戻った。 Julia の顔色は今朝よりも少し良いかんじ。 僕が話しかけると答えるようにもなった。

ここで担当医曰く、今の Julia の様子だと入院する必要は全く無く、薬だけを処方するので今からアルガムベイに戻っても問題ないとのこと。
さっきまで死にそうな顔をしていた Julia を知っている僕は担当医の回答に半信半疑。
一番気になるのは Julia の病気の原因である。 何の病気なのか? 何が原因でこのような症状がでたのか??

担当医の見解は、マラリアなどの致命的な伝染病ではなく、一番考えられる原因としては Julia が最近口にした何かが体内で強いアレルギー反応を起こしたのではないかとのこと。。。。


本当かよっ???


Julia は今まで食べ物でアレルギー症状を起こしたことが無いと自負しているのに急にこんな症状がでるか?


じゃ、Toni の調子も思わしくないのは何故??


Toni も何か特定の食べ物に対するアレルギー反応があるってこと???


僕等は狐につままれたかんじだった。

もちろん誰も Julia が何故こんな症状に急に陥ったのか分からずじまい。 でも薬を処方してもらうだけで帰宅できてしまう軽さ(?)。
確かに Julia の様子は今朝の状態と比べたら間違いなく良くなっている。 でもまだ数日間は安静が必要な状態。


僕等三人は今朝病院に直行したときと同じ Tuk-Tuk に乗りアルガムベイへ戻ることに。


Toni と Julia は部屋に戻り、暫し休むことにした。 僕は近くにあるお店でボトルの口がしっかり閉まっている水(非常に重要!)とプレーンのクラッカーを購入し彼等に渡した。 僕もヘトヘトだったので自分の部屋に戻り少し仮眠をとった。


***** ENG *****
I went surfing late in the afternoon, still being a little puzzled about Julia's illness. So I surfed only for about an hour and I went to see Julia and Toni again.

They must've had such an ordeal for the last couple of days. They were sleeping like babies in their room.
I didn't wake them up and I was somehow a little relieved to see them sleeping peacefully.
I would also need some good sleep tonight.


Due to this incident, I didn't take any interesting photos at all today except the one below - the night sky with the full-moon.


What really went wrong for Julia?


Was it really caused by something that she ate??


Nobody knows it.


Oh, how about the effect of the moon as it's just turned into full-moon tonight?


Why do we tend to believe in only what we see? It's no surprise if something invisible and supernatural exists in this world, especially in a foreign country like Sri Lanka, right?

Hmmmmm, very mysterious....


***** JPN *****
午後遅くに波乗りに行った。 やはり Julia の病状のことが終始気になり彼女と Toni の様子を確認するために一時間ほどで海から上がった。

彼等の部屋に行くと、まだ二人ともぐっすり眠っている様子。 昨日からずっと夜通し大変な状況だっただろうからその姿を見て何故か僕は少し ホッ とした。
僕も今晩はぐっすりと眠りたい。


今日一日こんな出来事があったため写真は全然撮っていない。 唯一撮影したのは寝る前に撮った下にある夜空と満月の写真。


Julia の病気は一体何だったのだろう?


本当に特定の食べ物によるアレルギー症状だったのだろうか??


本当の原因は誰にも分からない。


もしかしたら満月の影響とかっ。。。?


人はいつから目に見えるものだけを信じるようになってしまったんだろう? 目に全く映らない超自然現象がこの世界に存在しても可笑しくないと思う。 特に異国の地にいると其れを強く感じる今日この頃。

非常に謎めいた出来事だった。


IMGP2610.jpg




IMGP2633.jpg

IMGP2645.jpg


***** ENG *****
My camera is actually water-proof so I can take it with me when going surfing, but I've never done it before; I'm a little scared of taking it into the water despite the fact that the camera came with the maker's guarantee....
Now it's time to test my camera for the first time at the Main point. The waves are 3 to 4ft on a set today (You'll see the actual size in the photos below). ANd there are about 15 guys out here.
I sit on my surfboard, wait at the middle section and start shooting.

***** JPN *****
僕のカメラは実は防水カメラで波乗りの友にと思い購入したのだが、まだ一度もこのカメラを水に浸していない。 メーカー保証がもちろん付いていて尚且つ ”防水カメラ” という仕様なのにもかかわらず、水の中で使うことに少し抵抗があるのだ。 しかし、いつまで経っても陸上のみの使用ではつまらない。
なので今日遂にここアルガムベイの Main point での波乗りにお供させた! 波のサイズはセットで 3~4フィート くらい(下の写真を見てもらえれば実際の波のサイズは判断できます)。
ちょっと混み合っていて15人くらい入っていた。
僕はミドルセクションのところで自分のサーフボードに座り、ピークから乗ってくるサーファーを撮影することに。


IMGP2663.jpg


***** ENG *****
The above photo is a great moment and the surfer is Sri Lankan: yes, some Sri Lankans can surf! But it's a little blurred. Ahh.... Let's try more!

***** JPN *****
上の写真はいい瞬間だと思う。 サーファーはスリランカ人(ちなみに若いスリランカ人サーファーはみんな上手です。) でもこれちょいボケてるんだよね。。。。 ということで 撮り直し!


IMGP2674.jpg

IMGP2677.jpg


***** ENG *****
The above photos are moments when some guys dropped in. These photos are much clearer than the first one, right? But I want to take a clear shot only with a single surfer on the wave! So let's try again!

***** JPN *****
上の二枚の写真はドロップインの瞬間。 一枚目の写真よりも鮮明に撮れてるでしょ? でも僕の撮りたい写真はドロップインではなく、一人のサーファーがちゃんと波に乗っている瞬間。 もう一度撮り直し!


IMGP2673.jpg

***** ENG *****
Got it finally !!
The above photo is the moment when British guy Tim took off and made a nice bottom turn. Looks really good!
So my water-proof camera is actually a lot of fun to play with. The only pity is that I can not take photos of myself with this camera while surfing unless I give the camera to other guys and ask them to take photos of me....

***** JPN *****
やっと撮れたー!
上の写真はイギリス人の Tim が波をつかまえた後にボトムターンをきめた瞬間。 かっちょいーな!
結局、防水カメラは全く問題なく水の中で遊べることがこれで証明された。 唯一残念なことは、このカメラで自分自身が波乗りしている様子を撮る事ができないこと。。。。 誰か僕が波乗りしているところを写真に撮ってくれない?




IMGP2700.jpg


***** ENG *****
Every Saturday night Beach Hut holds a BBQ night and the chefs cook up a storm for us.

The definition of the BBQ by Beach Hut (or by most Sri Lankans) is no meat and, instead, fish, vegetables, rice and curry are on the plates!

One note here, the cooked rice in Sri Lanka is quite smelly, it tastes Okay, but smells like rotten water!! I really miss Japanese rice...


***** JPN *****
僕の泊まっている宿 Beach Hut では毎週土曜の夜に バーベキューナイト と称して豪勢な夜食がメニューにのる。

豪勢と言ってもスリランカ基準のことで、肉は一切使わずに、魚、野菜、米、そしてカレーのバーベキューである。

一つここで言及すべきことは、炊き立てのスリランカのご飯が何故か臭い。 味は問題ないが少し腐った水のような匂いがする。 日本のご飯がすごく恋しい。。。


IMGP2624.jpg


***** ENG *****
I'm glad that Toni and Julia are also joining us tonight.
Julia got heaps better now, although their incident a few days ago has traumatized her a little bit when it comes to eating some Sri Lankan food (Refer to the article "Mysterious Event (2010/08/25)").

I should also be careful with what I eat here.

However, I become so hungry, especially after a 2~3 hour surf session. Therefore, I just eat whatever is good and available in the menu for the day.

I sometimes have a pancake after dinner if I'm still hungry.
Pancake with vanilla ice-cream made from water-buffalo's milk is not the best, but irresistible!


***** JPN *****
Toni と Julia も今日の晩御飯に同席するので楽しみだ。
数日前の一件以来(過去記事 ”Mysterious Event (2010/08/25)” を参照)、彼らは少しスリランカ料理に対する恐怖感があるようだが、Julia の体調はほぼ回復したと言っていい。

僕もここに滞在中は食事に関しては細心の注意を払うべきだ。

そうこう言いつつも、本当によくお腹がすく自分。 2~3時間 波乗りをした後は特にそうだ。 異国の地での旅の楽しみの一つはその土地の料理を食することなので、結局はその日その時に食べたいものを僕は口にしている。

たまに晩御飯の後に未だお腹がすいていたらホットケーキを食べたりもする。
食べ過ぎのようだが、バニラアイスクリーム (水牛のミルクで作られている) が乗ったホットケーキは嫌とはいえない!




IMG_5597.jpg


***** ENG *****
On my first night in Arugum Bay I promised Toni that I would teach him how to surf, but we kept postponing it up until today due mostly to Julia's illness.
Since I'm not good at teaching anybody anything, it was not easy for me to verbally tell Toni how he was supposed to paddle, take off on a wave and ride it. My philosophy in teaching how to surf is that paddling and catching a wave is relatively straightforward for beginners. However, positioning oneself at the right spot and knowing which wave is good to catch takes him/her quite a while to learn.
Because Toni has already tried surfing before and he is a skier, I sort of knew that he would be able to learn it by heart rather than having me to teach him every single step. After telling Toni a few how-tos on the beach, we paddled out together at Baby Point where waves were max 2ft this morning.

***** JPN *****
アルガムベイに到着した当日、僕は Toni に ”アルガムベイに滞在中に波乗りを教えてあげるよ。” と約束を交わしていた。 Julia の病気の件があり今まで全くできなかったのだが、今日ようやくその日が来た。
僕は何に関しても人に教えることに長けていないので、Toni にパドルの仕方や波をつかまえてボードに乗る方法を教授するのも容易ではなかった。 基本、波乗りを初心者に教えるときの僕の持論はこうだ: ボードの上でパドルする事と波をつかまえる事はそんなに難しいことではない。 難しいのは波が割れ始めるピークの近くに自分を置き、この波は直ぐに崩れるから駄目、次の波はきれいに割れるから大丈夫。 といった判断能力を養うことである。 無論、これは経験を積んでいくことでしか習得できないことなのだが。
幸運にも Toni は以前に 1,2回 波乗りに挑戦したことがある。 また彼は地元でスキーをこなすので僕がいちいち ”あれやれ”、”これやれ” と教えるよりも実践したほうが早いと思った。 海に入る前に僕が簡単にパドルやテイクオフの方法を Toni に教えた後、一緒に Baby Point で入水。 今日の波は最大で 2フィート(股下) くらい。


IMGP2741.jpg


***** ENG *****
Once we were in the water, I basically kept saying to Toni: "This wave is shabby, so don't paddle for it, but wait for the one behind." and then "Turn around Toni. PADDLE, PADDLE!".
And when he caught a wave, but didn't manage to stand up on his board: "Come back here. Sit around and wait."
And when the next set came through, I told him the same thing as before: "Turn around. PADDLE, PADDLE, PADDLE!"
I even pushed the tail of his surfboard a few times so that he could get more speed on the wave when taking off. I was a bit too strict with him, but I wanted him to grasp the feeling of catching a wave and riding it.

In my opinion, today's surfing is mistakenly portrayed by many people as this - the bigger the wave is, the better it is, or the more splashes, more cut-backs and more airs you make, the better you are as a surfer.... Is it really so?
It was early in the morning when Toni and I paddled out at Baby Point today. Small waves, but no crowds, no winds, it was actually glassy. Toni caught quite a few waves and managed to ride about three of them. He was happy and I was also happy to see him surfing.

In the end, this may be what surfing is all about.


***** JPN *****
入水してからの僕は Toni に対して終始: ”ちょっと待って! この波は駄目。 次の波が来るまでちょっと待機!”
そして良さそうな波が来ると: ”これに乗ってみよう! パドル始めて! パドル!”
そして Toni が波をつかまえたけれど上手くボードの上に立つことが出来なかったら: ”こっちに戻ってきて。 またボードに座ってしばらく待とうか。”
そしてセットが入ってくると僕は Toni に同じ事を繰り返す: ”さぁ、これに乗ってみようか? パドル始めて! パドル、パドル!”
時には僕が後ろから Toni のボードのテール(最後尾)を押してあげる。 これを行うと Toni がテイクオフする時に少しスピードが付いて簡単に波をつかまえることができる。
Toni にとって僕は少し厳し過ぎたかもしれない。 でも僕は彼に波乗りの楽しさを純粋に感じてほしかっただけ。

きょうび サーフィンはメディアの悪影響もあり間違ったかたちで捉われる傾向にあると僕は思う。 例えば波が大きければ大きいほど良い波だと思われたり、スプラッシュ や カットバック や エアー が出来れば上手いサーファーだと思われたりする。 本当にそうなのだろうか?
今日の Toni と僕は朝早くに起きて Baby Point へ向かった。 波は小さかったけどサーファーは僕らと他 3人 くらい。 風も無く、面はきれい。 Toni は僕の予想以上に幾つか波をつかまえることができ、其のうちの 3本 ほどの波にはちゃんと ”乗っていた”。 Toni が満足そうな笑みを浮かべるのを見て、僕も純粋にうれしかった。

本当のサーフィンの真髄はここにあるのかもしれない。


IMG_5606.jpg






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。