上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
One of my favourite things in Syria is a souq. I just love the atmosphere of it.
The souq in Damascus appears to be much larger than the one in Aleppo. So today I'm going out to discover what Damascus's souq is like. Refer to "Citadel & Souq in Aleppo (2010/09/15)" to find more about Aleppo's souq.

***** JPN *****
僕がシリアで大好きなものの一つがスークだ。 スークの雰囲気が何故か凄くよい。

ダマスカスのスークはアレッポのそれよりも更に大きい(?)。 今日はこのダマスカスのスークを散策してみることにした (スークがどんなものかについては過去記事 "Citadel & Souq in Aleppo (2010/09/15)" を参照)。


IMGP4339.jpg

IMGP4372.jpg

IMGP4310.jpg

IMGP4387.jpg

IMGP4366.jpg

IMGP4351.jpg

IMGP4348.jpg

IMGP4406.jpg


***** ENG *****
Another very hot day in Syria with complete blue sky this afternoon.
As I'm walking through the souq with a French-fry sandwich in my hand, these thoughts suddenly come across my mind:

" I'm now beginning to realize what makes Syria so peculiar. "
" Clocks in this country seem to have stopped ticking many many years ago. "
" And Syrian people still seem to be living in the 60s or 70s. "
" There is something very nostalgic here. "

Ever since I came to Syria, I've kept wondering what it is that fascinates me so much about this country. And now I've come to one conclusion: it is the feeling of backward-time-travel in this country.
As far as I can see, the influence of our Western culture or modernization is still minimum in this country. The gap between the rich and the poor is also seemingly very small.
Syria is now making me realize that our way of capitalism is just driving us crazy and making us much greedier and greedier....


***** JPN *****
今日のダマスカスの天気は毎度のごとく雲一つない快晴の空。
午後になって暑さも一段と増してきたころ、僕はフライドポテトが挟んであるサンドイッチを片手にスークを 1人 で歩いていると、ふとある事が頭の中に浮かんだ;

” 何故 シリア が他の国と比べて特異なのか、なんとなく分かるような気がしてきた。 ”
” まるでこの国は 40、50年前 に時を刻むことを止めてしまったかのようなだ。 ”
” 僕の目にはまだシリアの人達が 60年代 や 70年代 を生きているように映る。”
” どこか凄く懐かしい雰囲気がここには存在する。 ”

この国に足を踏み入れてから度々 ” 何だろう? この国の何が僕をこんなに魅了させるんだろう? ” とずーっと考えていた自分。 今日になってその答えだやっと見つかった気がした。 それは ” 現在から過去へのタイムスリップ ”
僕が理解する限りでは、西洋文化(特に腐ったアメリカ文化)の浸透度や、僕らが無意識に助長している近代化の副作用 (携帯電話の普及 など) みたいなものがこの国にはほとんど無い。 またこの国では裕福な人々と貧しい人々の差がそんなに大きくないように見える。
ここに来て終始考えさせられるようになったことは、日本の僕等の生活に既にじっくりと染み込んでしまった ”資本主義” は本当に人々に幸せをもたらしているのか? ということである。。。。


IMGP4328.jpg


***** ENG *****
I never ever expected this socialite Islamic country to impress me so much.
Syria now becomes my most favourite country. No doubt about it.

***** JPN *****
このイスラム社会主義国家がここまで僕の関心を引き付けるとは全く予想していなかった。
シリアは僕の一番大好きな国になってしまった。




スポンサーサイト

***** ENG *****
Today is my last day in Damascus and also my last day in Syria actually. Mari, Hideya, Yuto and I - the Quneitra crew - will be heading to Amman, Jordan tomorrow morning. So Hammam, aka the Turkish Bath, must be had before my farewell to this country.

***** JPN *****
実は今日がダマスカス滞在最終日。 言い換えればシリア滞在も今日で最後である。 マリ、ヒデヤ、ユウトと僕(クネイトラに一緒に行ったメンバー)は明日の朝ヨルダンの首都アンマンへ向かう予定。 でもその前にシリアで一つ寄っておきたいところがあった、その名もハンマーム (別名: トルコ式風呂) 。


IMGP4446.jpg


***** ENG *****
What is a Hammam? It's more or less the same as a Japanese sentoh - a big shared bath.
I went to the one in the old town tonight with Yuto. The cost was about SYP400.00 including a soap, a towel and a soft-drink. The staff were quite amusing and friendly as pictured below, though a couple of them tried to touch my private part....

***** JPN *****
ハンマームとは簡単に説明すると日本の大浴場(銭湯)を中東式にしたものといっても過言ではない。
僕はユウトと一緒にダマスカスの旧市街にあるハンマームを訪れた。 値段は 約400シリアポンド で石鹸、タオル、ジュース込みである。 下の写真にあるように、ここのスタッフが愉快でいろいろと笑わせてくれるのはいいのだが、僕の急所を隙があれば触ろうとしてくる。。。。


IMGP4449.jpg

IMGP4451_1.jpg


***** ENG *****
Needless to say, I haven't had a bath since I left Japan (Seriously!). Therefore, I truly enjoyed the Hammam tonight. I even had Yuto wash my back (This is what we do in Japan when going to a sentoh with our mates!) The only pity was, taking my water-proof camera inside wasn't allowed because it was a shared bath. Oh well, that's fair enough.

***** JPN *****
日本を出国して以来、お風呂には全く入っていなかったので、ユウトと僕はお互いの背中を流しあい、かなり楽しい時間を過ごさせてもらった。 銭湯自体も久しぶりだった僕は 1人 でハシャギまくっていた! 唯一残念だったのは、自分の防水カメラをハンマームの中に持ち込めなかったこと。 まぁ共同風呂なので仕方が無いかー。


Next Destination >>>





***** ENG *****
Mari and I teamed up with Hideya and Yuto, and left Damascus for Amman this morning.

***** JPN *****
今朝 マリ、ヒデヤ、ユウトと僕の四人で一緒にダマスカスを出発。 ヨルダンの首都 アンマン に向かう。


IMGP4463.jpg


***** ENG *****
The above photo shows Yuto and Mari negotiating the fare with a local taxi driver in the old town of Damascus for the bus-terminal located just outside the central. We wanted to catch a "special taxi" in the terminal which was supposed to take us through a border between Syria and Jordan, and eventually drop us off in Amman.

We arrived in the terminal by this yellow taxi, and then everything went smoothly as if all of us were on an assembly-line in a mega-factory; absolutely no hassle at all with anybody because whoever came here was heading to either Jordan or Lebanon or Egypt.

Our special taxi turned out to be Chevrolet Tosca. It was super-clean and as shining as a bleached white T-shirt. I didn't personally mind taking a Toyota Camry which was parked nearby, but this Chevrolet was the only available taxi for us to Amman at that time.
After each one of us paid SYP500.00 to our driver, we threw our backpacks into the boot, jumped into the white Chevrolet and headed off to the border.

***** JPN *****
上の写真は ユウト と マリ がイエロータクシーの運ちゃんと値段交渉し、僕等四人をダマスカス郊外にあるシリア出国用の セルビス や タクシー が集まるバスターミナルまで連れて行ってくれるようにお願いしているところ。
このバスターミナルにある 国外サービスタクシー というのがシリアの国境線、ヨルダンの国境線を通り、最終的にアンマンまで僕等を連れて行ってくれるらしい。
そして僕等が上の写真にあるイエロータクシーでバスターミナルに到着すると、まるでドデカイ工場のライン作業のように何も考える必要も無く国際線タクシーの乗り場へ行き、行き先を伝え、値段交渉をして、はい出発! というかんじで事が済んだ。
このバスターミナルは主に ヨルダン、レバノン、エジプト 出国専用なので外国人の僕等がどこへ行きたいのか地元のドライバーも周知している。

僕等の国外サービスタクシーは神々しいほどピッカピッカの白い新車 シボレー・トスカ だった。 他にも トヨタ・カムリ などが近くに並んでいたが直ぐに出発可能なのはこのシボレーのみだった。
1人あたり 500シリアポンド をドライバーに払い、自分たちのバックパックを車の荷台に押しこむと先ずはシリアの国境線を目指した。


IMGP4465.jpg


***** ENG *****
From the bus-terminal to the Syrian-side border was just less than two hours by car.
The above photo shows the immigration office at the Syrian-side (From left: Mari, Yuto, Hideya). This is where we had a departure stamp on our passports by paying a departure tax of SYP500.00.
Hideya actually overstayed in Syria for a few days as he'd only had a 3-day transit visa, but his officer didn't notice the length of his actual stay. Hideya got away without any problems. A lucky bastard!

***** JPN *****
このダマスカス郊外にあるバスターミナルを出発してから約二時間で国境線に到着。
上の写真はシリア側の移民局での一枚(左から マリ、ユウト、ヒデヤ)。 ここで 500シリアポンド を各自払って出国スタンプをパスポートに押してもらう。
実はこの時 ヒデヤ は 7日 ほどシリアに滞在していたのだが、彼のビザはトランジット (3日間のみ有効) のもので移民局のスタッフに オーバーステイ の事実を追求されないかと冷や冷やしながら出国スタンプをもらっていた。 シリアの移民局スタッフ かなりゆるい!


IMGP4469.jpg


***** ENG *****
The next step was the Jordanian-side which was only a few minutes by car from the Syrian-side border.
We had no problems and no hassles at this immigration by paying the entry fee of JOD10.00 in return for an entry stamp on our passports. A happy smile naturally appeared on my face as pictured above!

So far so good and very straightforward, right? But today's story unfolds from here.

Mari, Hideya, Yuto and I entered Jordan so easily. We wanted to go straight to Amman as soon as we changed some cash to Jordanian Diners outside the immigration office.


***** JPN *****
次がシリア側の国境線から車で数分行ったところに位置するヨルダン側の国境線(上の写真)。
この移民局で 10ヨルダンダイナー を払い全く問題なく入国。 あっけなさすぎたが問題なしに越したことは無い。

ここまでの道程はかなり順調! でも今日の本題はここからである。

四人とも問題なくヨルダンに入国し、移民局の外にある両替所で各自必要分のヨルダンダイナーに換金するとアンマンへと先を急いだ。


IMGP4481.jpg


***** ENG *****
Hitting back on the road for only a few minutes, our taxi-driver suddenly made a U-turn, drove back a little bit, pulled off the road and parked the car in front of a small shabby-looking grocery store in the middle of a desert as pictured above. Still nothing suspicious then and my thought was: "Oh, a toilet break....? But we just had it at the immigration office, no?"

***** JPN *****
ヨルダンの移民局を出発してから数分も経たないころ。 ドライバーが急に Uターン したかと思うと反対車線に入り道路脇にある小さな店の前で車を止めた。 この時点での僕は ” んっ、トイレ休憩か?”、” でもさっき移民局にいるときに皆トイレは済ませたはずじゃない??”


IMGP4473.jpg


***** ENG *****
The next minute, the driver hurriedly got out of the car and started pulling apart the interior materials around the driver's seat with a screwdriver. At this stage none of us had no idea what was going on or what he was really up to.

As he was so madly and continuously trying to pull apart more of the interior, something caught our eyes in there.

It was a Cigarette Packet !

***** JPN *****
次の瞬間、ドライバーは車から飛び降りるなり何処からともなく スクリュードライバー を持ち出して運転席の内装を解体し始めた。 僕等四人は何が起きているのか、何故ドライバーが急に運転席の内装を解体しだしたのか全く訳が分からず困惑状態。

これでもか! これでもか! という勢いでドライバーが解体した内装の先にはなんと

タバコが隠してあった!


IMGP4475.jpg


***** ENG *****
An Egyptian guy came out of the grocery store and sat by the driver's side with a plastic bag in his hand, and then this young Egyptian started collecting cigarette packets into the bag; Obviously, the driver and this lad were a duo aiming for something. Yes, something lucrative....

A few minutes later, the driver started pulling apart the back seats where we were sitting. Then I thought: "Ahh..., it now makes sense why he was a little odd when an immigration officer was trying to inspect our car at the border."

***** JPN *****
そして車を止めていた店の中にいた店員らしき自称エジプト人の男がこのドライバーに歩み寄るなりプラスチックの袋にタバコの箱を詰め込み始めた(当然ながら、ドライバーとこの店の男も既に顔見知りなんだろうと想像する)。

そして数分後、 ドライバーは更に僕等が座っていた後部座席へ移動すると、後部の内装も解体し始めた。
僕はこの時: ” あーっ、 どおりで国境線沿いの検査官が僕等の車を点検しようとした時にドライバーの様子が少し慌しかったわけだー。 ”


IMGP4476.jpg


***** ENG *****
All of us had to get out of the car and just stood up opened-mouthed by the grocery store, kind of watching these two guys helplessly as more and more packets were brought out of the car: I think there were at least 100 packets hidden in the car!

Well, this could just be another drama in a "foreign country", right?
Our biggest question was:
"This is Smuggling, isn't it?"
And what if those cigarette packets contained something else such as the white powder or ammunition, etc....? We witnessed the whole thing.

We eventually continued our way to Amman, but Mari, Hideya, Yuto and I, none of us ever wanted to dig into what we encountered in our special taxi afterwards.


***** JPN *****
僕等四人は車の外でただ呆然としながら、車の至る所からタバコを取り出しているドライバーとその脇で回収しているエジプト人のにーちゃんに見入っていた。 少なくとも 100箱 くらいは隠してあったはず。

この話 一見すれば異国で起こったちょっとした笑い話なのだが。
真面目に考えてみると。。。。
これ明らかに 密輸 という犯罪である。
僕がこの時に一番心配だったのは、このタバコの箱の中身が実はタバコではなく、他の何か やばいもの だったらということ。。。。 そして僕等はその現場に居合わせていることになる。

結局 マリ、ヒデヤ、ユウト、僕の誰一人として、この真相をこれ以上追究しようとはしなかった。




***** ENG *****
After the incident near the Jordanian-side border (Refer to the previous article), we arrived in Amman around 13pm and said good-bye to our "special" taxi-driver.
Yuto had actually been to Amman before. So he knew where some hotels for backpackers were located in this city. We caught a yellow-taxi and Yuto told the driver to take us to Koda Hotel: the most well-known hotel in Amman among Japanese backpackers. The photo below was taken when we arrived in Koda Hotel (From Right: Hideya, Yuto, Mari and me).
Mari, Yuto and Hideya will be staying at this hotel tonight, while I'm heading to Wadi Musa late this afternoon to visit Petra tomorrow.

***** JPN *****
ヨルダン国境線付近で起こった珍事の後(詳細は前記事を参照)、僕らは昼の 13時頃 にアンマンに到着した。 ここで国際線タクシーの運ちゃんともお別れ。
ユウトにとってアンマンは二度目の訪問だったので、この町のどのエリアにバックパッカーが集まるホテルが集中しているかよく知っていた。 僕らは直ぐにイエロータクシーをつかまえると、日本人バックパッカーの間ではおそらく一番有名なアンマン市内にある コーダ・ホテル という宿へ直行した。 下の写真はコーダ・ホテルに到着したときの一枚(右から ヒデヤ、ユウト、マリ、僕)。
マリ と ユウト と ヒデヤ は今晩はこの宿に泊まることに。 僕はヨルダンで一番有名なぺトラ遺跡に明日訪れる予定だったので今日の夕方に ワディムーサ という町へ向かう。


IMGP4487.jpg


***** ENG *****
Although we are all Japanese, we all came from different places for different reasons and I don't think that all these four people will meet again here in Amman in the future; travelling brought us all together here.

Just before my farewell to them, we went out for lunch near Koda Hotel and I noticed that Yuto, Hideya and I had one thing in common. Guess what?!
Three of us are very different in the way we are, the clothes we wear, the way we travel, etc. However, we have the same brand watch in fact. It was G-SHOCK! The photo below shows our watches (From Left: Yuto's, mine and Hideya's). I'm sure Mari will buy a G-SHOCK in the near future as well. Hahaha!

!!!!! Note !!!!!
A watch with a digital-panel has never been my favourite. I normally wear a analog watch, but I chose this G-SHOCK (GULFMAN) for travelling simply because it wasn't expensive and it had a tide-graph which I found quite useful when going surfing. Never wear anything luxurious when travelling overseas!

***** JPN *****
もちろん僕等は四人とも日本人なのだが、それぞれの旅の経緯や旅の目的は全く違う。 また将来この アンマン という町で四人が出会うことはまず有り得ないだろう。 ”旅” が僕等をここに導いたという事実は少し感慨深い。

僕がワディムーサへ出発する前に四人で昼ごはんを食べに コーダ・ホテル の近くにあるレストランへ足を運んだとき、ユウト、ヒデヤ、僕の三人のある共通点を発見した。 その3人の共通点とは?
この中東の旅を通して感じたのは、ユウト も ヒデヤ も 僕 も全く性格も異なれば、着るものを異なるし、旅の仕方も異なる。 なのに一つだけ明らかな共通点が。 それは何かというと。。。。 三人とも時計はカシオの G-SHOCK! 下の写真がその証拠 (左から ユウトのG-SHOCK、自分の、ヒデヤのG-SHOCK)。 きっと マリ も僕等に影響されて G-SHOCK を近い将来購入するはず (笑)。

!!!!! 備考 !!!!!
実はデジタル表示の腕時計は僕の好みでは全くない。 普段は必ずアナログ表示の腕時計をするのだが、この G-SHOCK (ガルフマン) を旅の友に選んだ理由は単純に見た目が高価でないのと、タイドグラフ(潮の干満表示機能)が付いているため波乗りの時に結構便利だからだ。 海外旅行で高価なものは絶対に身に着けないこと。 これ常識!


IMGP4486.jpg


***** JPN *****
ユウトへ:
ダマスカスのハンマームは楽しかったね。 次回会うときは東京の下町にある銭湯にでも行くかい?

ヒデヤへ:
今頃はまだアフリカ大陸のどこかにいるのかな? 12月から始まる中南米の旅で再会できるといいね。

マリへ:
振り返ればギョレメから一緒に旅してきたけど、あっという間だったね。 いろいろありがとう。 ホムスのバス会社のトカゲ男覚えてる? 彼の写真があったら送ってくれない?

みんなの旅の幸運を祈る!




***** ENG *****
I arrived in Wadi Musa around 20pm last night. It took me almost 5 hours from Amman to get here by a servees: a local minibus.
My hotel is called Valentine's Inn and I'm staying here for only two nights in a shared room of 10 beds. The room rate is JOD17.00 (About JPY2,100) per night which is not cheap at all, but the price includes breakfast and dinner.
Yuto actually told me when we were in Syria that Jordan would not be as cheap as Syria. He also told me one more shocking thing about Jordan: the entrance fee of Petra. And the photo below shows what he meant:

***** JPN *****
結局ワディムーサに着いたのは昨日の 20時頃。 アンマンからセルビス(ミニバス)で 約5時間 かけて到着。 けっこう疲れた。
ここで宿泊するのは Valentine's Inn というホテル。 2泊だけの予定なので僕は 10ベット の共同部屋に泊まることに。
一泊 17ヨルダンダイナー (約2,100円) は結構高いが、朝食と夕食付きでこの値段だったので納得。
ヨルダンに入国する前にユウトからヨルダンの物価の高さは耳にしていたが、彼の話のなかで一番びっくりしたのはヨルダンにあるペトラ遺跡の入場料である。 下の写真がそのペトラ遺跡の入場料:


IMGP4493.jpg


***** ENG *****
The below is additional information in order to clarify what's shown in the above photo:

Until October 31st 2010:
* 1day Pass = JOD 33.00 (About USD 45.00)
* 2day Pass = JOD 38.00 (About USD 52.00)
* 3day Pass = JOD 43.00 (About USD 60.00)

What's stunning is that these fees will go up even higher from this November as below:

From November 1st 2010:
* 1day Pass = JOD 50.00 (About USD 70.00) " Whaaat ! ? "
* 2day Pass = JOD 55.00 (About USD 77.00) " No Waaaay ! ! "
* 3day Pass = JOD 60.00 (About USD 84.00) " Scammer ! ! ! "

I remember whinging about the entrance fee of Sigiriya in Sri Lanka which was USD25.00. However, these entrance fees of Petra make Sigiriya's entry-fee a peanut now.


***** JPN *****
下記は上の写真では分かりづらい人のための補足説明:

2010年10月31日まで:
* 一日券 = 33 ヨルダンダイナー (約 45 米ドル)
* 二日券 = 38 ヨルダンダイナー (約 52 米ドル)
* 三日券 = 43 ヨルダンダイナー (約 60 米ドル)

驚くべきことは上記の入場料がこの 11月 からさらに高くなるということ

2010年11月1日から:
* 一日券 = 50 ヨルダンダイナー (約 70 米ドル) ” うそっ !?”
* 二日券 = 55 ヨルダンダイナー (約 77 米ドル) ” 冗談でしょ !!”
* 三日券 = 60 ヨルダンダイナー (約 84 米ドル) ” 詐欺じゃんっ !!!”

スリランカ滞在中に訪れたシギリヤの入場料 25米ドル で愚痴っていた自分だが、このペトラ遺跡の入場料には開いた口が塞がらない。






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。