上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
Both Potosi and Sucre are registered in the UNESCO World Heritage List. However, they were just passing points for me and I had no intention to spend too much time in either of the cities. Thus, I stayed in Potosi the day before yesterday and in Sucre yesterday and half of today.

Potosi is located more than 4,000m above sea level: the 3rd highest city in the world (?) and I was worried that my altitude sickness might come back again, but it didn't. Yet Christine, Nina, Alex and I all easily became tired after walking for only a couple of hours around the city. We are all getting old!

***** JPN *****
ボリビアの ポトシ と スクレ という町はどちらも UNESCO の世界遺産リストに登録されている。 しかしこの二つの町は僕にとって通過点にしか過ぎなかったので両市とも各一日だけの滞在だった (ポトシは一昨日に滞在、スクレは昨日と今日の半日のみ滞在)。

実は ポトシ は 標高4,000m を超える高地にあり世界で3番目に高いところにある町(?)。 となると自分が一番気がかりだったのは 数日前に死ぬほど苦しんだ高山病がまた再発するのではないか ということ。 でも今回は大丈夫だった!
しかし、そこは 標高4,000m超。 Christine、Nina、Alex そして自分もこの町をちょこっと徒歩で散策するだけで息がゼーッゼーッ。 四人とも年には逆らえません!


IMGP2389.jpg

IMGP2390.jpg

IMGP2406.jpg


***** ENG *****
We had dinner at the very nice vegetarian restaurant. And then we all went to bed at 20:30pm!
Super early, I know! But we all slept like babies then. Hahaha

***** JPN *****
この日の晩は ベジタリアン・レストラン でディナー。 そして なんと、 全員 20時半 に就寝!
高地のおかげで全員かなりお疲れ。 みんな赤ん坊に戻ったかのようにぐっすりと眠った。


IMGP2407.jpg


***** ENG *****
Sucre is located lower than Potosi, yet bigger than Potosi in terms of the population.
A funny thing was, when we went out for dinner last night, I ran into Taka in the restaurant, one of the Japanese guys on the Antarctica Expedition in January. He was just having coffee and surfing on the Internet then. Such a small world!

***** JPN *****
昨日訪れたスクレはポトシよりも標高は低いが、人口はポトシよりもかなり多い。
スクレの中心部へ 4人 で昨晩ディナーに出かけた際、偶然にも先月の南極探検中に同じウシュアイア号に乗船していた日本人の タカ とレストランでばったり出くわした。 彼はこのレストランでコーヒーを飲みながらネットをしていたらしい。 本当にこの世の中は狭い!


IMGP2453.jpg

IMGP2456.jpg

IMGP2461.jpg

IMGP2465.jpg


***** ENG *****
After our dinner we went to a couple of bars in town for a few drinks and then we went to a nightclub/disco called "Mitos" later on. We just wanted to check what the Bolivian nightlife was like.
We got into the nightclub just after midnight. The entry fee was BOB10.00 (about JPY120.00) and some cheesy 80's songs were on. There were very few people on the dance floor then.

But an hour later, more and more people came in as the music turned into some hip-hop.

Alex and I were into good vibes and we were dancing, but Nina and Christine already ran out of their energy: they were too old for this! We eventually left the nightclub half an hour later. Lame!
I wish I could stay there longer and I wanted to be in the real groove with Alex and some Bolivian ladies then.... Well, it was still a good night-out in Sucre for me.

***** JPN *****
タカ とばったり出くわしたレストランでのディナーの後、軽く飲みに行くためにバーを二、三件はしご。 そのあとで地元の人から聞きつけたディスコ兼クラブの "Mitos" と呼ばれる場所へ 4人 で潜入してみた。
入場料は 10ボリビアーノ なので 約120円。 丁度深夜の 0時頃 に僕らが潜入したときは典型的な 80年代 の音楽がかかっていたが、まだ人もまばら。

それから約1時間後、いきなり わんさか わんさか と人が入ってきた。 ここで音楽も Hip-Hop に変更。

Alex と自分はほろ酔い気分で踊り始めていたのだが、僕等よりちょい年配の Nina と Christine がすでにガス欠気味。。。。 せっかく良いかんじの雰囲気になってきたのだが、30分後に渋々退散。
自分にとっては久々の夜遊びだった。 そして Alex や見ず知らずのボリビア人の女の子達と楽しく踊っていたので早期退散は非常に残念。 それでもこの晩は久々に楽しい時間が過ごせた。


IMGP2471.jpg


***** ENG *****
I was a little hungover this morning and I took an overnight bus today to go to La Paz: there was no toilet on this bus AGAIN!
Christine, Nina and Alex will stay in Sucre till tomorrow and they'll be heading to Cochabamba, but we've promised each other that we meet again in Cuzco in a week or so.

***** JPN *****
今朝は少し二日酔いだったが、今日の夜行バスで僕はボリビアの首都 ラパス へ移動 (無論、夜行バスにもかかわらずトイレは完備してなかった!)
Christine、Nina、Alex の3人は明日までスクレに滞在して明後日に コチャバンバ という町に移動するらしい。 彼女達とはまたペルーのクスコで一週間後に再開する予定。

IMGP2549.jpg




スポンサーサイト

***** ENG *****
It's been so long since I last had authentic Japanese food. Eating out was very expensive in Brazil, Argentina and Chile and the food wasn't that good anyway. What I really miss right now is:
* Sushi (Of course!)
* Japanese Curry Rice
* Zaru Soba
* Ramen
Amongst the above dishes, it's almost impossible to find a really good Ramen restaurant outside Japan.
There is actually a unique noodle restaurant in Nagoya that I sometimes compulsively become desperate for dining at. It's called Itamen. The noodles at this restaurant are just delicious and I'm craving Itamen's noodles so bad now.

So believe it or not, the very reason why I came to La Paz was to have Japanese food.
Japanese food in Bolivia...? Yes!
Well, I didn't know about it at all until I met the Japanese couple - Yuji and Arisa - on the Antarctica Expedition in January. They told me all the Japanese food that they had in La Paz and they just made me crave it. The below are two of the Japanese restaurants that I've been to in La Paz:
* Ken-chan: Probably the most famous restaurant amongst Japanese backpackers.
* New Tokyo: A little more pricey and upmarket than Ken-chan


***** JPN *****
僕が最後にちゃんとした日本食を口にしたのは思い出せないくらい前の話になる。 ブラジル、アルゼンチン、チリ では外食すると結構値が張る割りにあまり美味しくなかったのが非常に残念。 そんな今の自分が喉から手が出るほど食べたいものとは:
* 寿司 (これ抜きでは話にならない!)
* 日本のカレーライス
* ざるそば
* ラーメン
上に記した中でも、とりわけ 美味しいラーメンのお店 を日本以外で見つけるのはほぼ不可能に等しい。
僕がこの旅を始めるまでによく足を運んでいた一風変わったお店が名古屋にある。 そのお店の名は イタ麺 と言って、非常にこだわりを持った麺類を提供している。 僕は今 ここのお店の麺類が食べたくて食べたくてしょうがない (お店の詳細については ”イタ麺” のリンクをクリック)。

そんなこんなで僕がラパスに来た真の理由はというと 日本食。
ボリビアで 日本食。。。?
そう! ボリビアのラパスで日本食が食べれるなんて全く思いもしなかった自分。 実は先月の南極探検ツアーで知り合った ゆーじ と ありさ から彼等がボリビア旅行中に立ち寄ったラパスにある日本食レストランの話を聞き、いてもたってもいられなくなった。 ちなみに下記の二件が僕がラパス滞在中に寄った日本食レストラン:
* けんちゃん: おそらく日本人バックパッカー間では一番有名なお店。
* New Tokyo: けんちゃん よりも少し洗練(?)されていて値段も高め。


IMGP2622.jpg

IMGP2628.jpg

IMGP2630.jpg

***** ENG *****
The above photo shows Nabeyaki-Udon that I had at New Tokyo last night. La Paz is quite cold during the night. Therefore, this kind of hot meal was so spot-on!

***** JPN *****
上の写真は昨晩 New Tokyo で僕が注文した 鍋焼きうどん。 まだ2月の半ばにもかかわらずラパスは夜になると冷えるのでこういった鍋料理が意外と合う!


IMGP2554.jpg

IMGP2555.jpg

IMGP2556.jpg

***** ENG *****
The above photo shows sushi that I had at Ken-chan two days ago. The salmon-like Nigiri was called Trucha and it was quite good, but my favourite was the Anago-like Nigiri (I forgot the name of it) shown in the photo. Surprisingly, it really tasted like Anago.

Because my appetite was still big for more Japanese food (I haven't had any "authentic" Japanese food for a long time), I went back to Ken-chan for lunch and dinner today.
The photos below show a Hirekatsu-teishoku that I had for lunch and a Yakizakana-teishoku for dinner. Both came in big portions and absolutely fantastic, especially the Hirekatsu which was so tender and juicy.

Japanese food is the BEST in the world !


***** JPN *****
上の写真は二日前に けんちゃん で注文した寿司。 サーモンのように見えるのは トゥルーチャ という魚で結構美味しかった。 これよりも個人的に美味しいと思ったのは トゥルーチャ の右下にあるアナゴのような寿司 (魚の名前は忘れてしまった)。 本当にアナゴのような味がした。

くどいようだが、僕が最後にちゃんとした日本食を口にしたのは思い出せないくらい前の話になる。 なので今日のランチとディナーも けんちゃん でお世話になってしまった。
下の写真は 今日のランチで注文した ヒレカツ定食 と、ディナーの時に注文した 焼き魚定食。 どちらもボリュームがあって美味しかった。 とりわけヒレカツ定食の豚肉は唸るほど柔らかかった。

日本食こそ世界一!

IMGP2640.jpg

IMGP2662.jpg




***** ENG *****
I'm leaving La Paz for Cuzco in Peru by bus this morning. The Bus company is called "Salvador" and the ticket is BOB100 (about JPY1,200). It leaves the bus terminal at 8am: not the Cemetario bus terminal, the other one in La Paz.

Although I was very sick on my first two days in Bolivia, I really enjoyed my stay in this country. Bolivia is very peculiar and very cheap compared to all the other South American countries I've been to.
There are quite a few things that I've found very unique in this country. The below are what I've found peculiar to Bolivia:
1) Bolivian women in those colourful traditional clothes
2) Shoe-polish boys with a suspicious knit-mask over their faces


***** JPN *****
今朝ラパスを後にし、次の目的地であるクスコにバスで向かう。 今回のバス会社は ”Salvador”。 チケットは 100ボリビアーノ した(約1,200円)。 ラパスには大きく分けて二つバスターミナルが存在するが Cemetario ではないほうのターミナルを 8時 に出発。

ボリビア入国後の最初の二日間は高山病でとんでもない思いをしたが、総合的に見るとかなり楽しい旅ができた。
今まで旅をしてきた南米諸国の中でボリビアという国は食事も宿も交通費も安い。 そしていろいろな意味でこの国はかなり一意だと思った。 なかでも特に一風変わっているのは以下の二つ:
1) 伝統的な民族衣装(?)を身にまとったボリビア人女性
2) 常に毛糸でできたマスクを被った靴磨きのボリビア人男性


IMGP2620.jpg

IMGP2609.jpg

IMGP2602.jpg

20110221_03_La_Paz.jpg

20110221_08_La_Paz.jpg

IMGP2615.jpg

IMGP2648.jpg

20110221_05_La_Paz_Shoe_Shine_Boys.jpg

20110221_06_La_Paz_Shoe_Shine_Boys.jpg


***** ENG *****
Many things in this world keep changing over time.
I hope that the peculiarity of Bolivia will stay the same forever from now on.

***** JPN *****
この世に存在するものは時の流れとともに変化していくのがほぼ必然。
それでもこのボリビアの特有さは時がどれだけ経っても変わってほしくないと思った。


IMGP2599.jpg


Next Destination >>>




***** ENG *****
The bus-ride from La Paz was no problem this time. I was enjoying the scenery of Lake Titicaca as the bus was going along the vast lake and I arrived in rainy Cuzco around 20pm last night.

***** JPN *****
今回のラパス発のバスの旅は全く問題なかった。 チチカカ湖周辺をバスが走っているときの景色は非常に色鮮やかでちょっぴり優雅なバス移動となった。 そして次の目的地 ペルー の クスコには昨晩の 20時 に到着。 天気は雨。


IMGP2667.jpg

IMGP2668.jpg

IMGP2669.jpg

IMGP2670.jpg


***** ENG *****
The following are my reasons for visiting Peru:
1) To visit Machu Picchu (Who wants to miss this out!)
2) To see the lines of Nazca
3) To surf Chicama (The world's longest lefthand wave!)
4) To apply for a Brazilian visa in Lima

Additionally, there is one more thing and I MUST GET IT DONE as soon as possible. It's Kakutei Shinkoku (to file an income & tax report) for the last fiscal year because I am (or I was?) a freelancing system engineer.
It's so absurd that such a work-related thing sidetracks my travel right now, but if I don't do it, I'll have to pay more tax; a fine.... My hostel in Cuzco is called "Backpacker Bright Hostel" and I already asked my mother to send all my documents, receipts and application-forms to this hostel. All I have to do over the next few days is to calculate all my income and expenses, fill out the form with the calculated figures and send it back to my mother's place. Once my mother receives it, she, on behalf of me, has to go to a taxation office and submits it.
The application is due on the 16th of March. I'd better put my hands on my calculator RIGHT NOW!

By the way, the photo below shows a library in Cuzco where I was doing my Kakutei Shinkoku today while young Peruvian students were eagerly studying.

***** JPN *****
僕がペルーを訪問する理由には大きく分けて四つある:
1) マチュピチュを訪れること (これ抜きにペルーは語れない!)
2) ナスカの地上絵を見に行くこと
3) 世界最長のレフトの波といわれるチカマで波乗りをすること
4) リマのブラジル大使館でブラジルビザを申請すること

ここまでは良いのだが、自分には ”絶対にやらなくてはいけないこと” がもう一つある。 それは 2010年度分の確定申告!
幸か不幸か僕はフリーのシステムエンジニアなので昨年分の収入がある以上、これは義務なのだ。 この旅の途中で急に仕事関連の作業へ気持ちを切り替えろといわれてもかなり難しいのは本音。 でもこれを怠ると追加徴税が課せられてしまう。。。。 実はかなり前からこの確定申告の作業をこの時期にやらざるおえないことは想定していたので、事前にうちの母親に関連書類を全てクスコ滞在中の宿 "Backpacker Bright Hostel" に郵送してもらってはいたのだ。 なので今日から数日間はこの作業に没頭する予定(クスコまで来て確定申告する日本人は自分くらいだと思う)。 昨年度の収入と支出を算出し、申請書の関係欄を全て埋めたら郵送で母親の住所に送り返すだけ。 そして、この申請書が母親の手元に届き次第、彼女が僕の代理人として税務署まで行き提出する という運び。
2010年度の確定申告の期限は 3月16日 までですよ、みなさん。 自分は当然クスコの町中散策なんてやってる暇は無い!

ちなみに下の写真はクスコにある図書館。 ここでクスコの学生くんたちと一緒に自分は確定申告書の作成中。


IMGP2707.jpg




***** ENG *****
Whooof, I just finished my taxation stuff today! (Refer to the previous article for details.)
I went to a post office late in the afternoon and sent all the necessary documents by EMS to my mother's place; technically speaking, it's not over yet because my mother has to take the documents to a taxation office and hand them in by the 16th of March. Anyway, my part of this annual event (hassle) is over now.

Speaking of which, despite the fact that I had lots of Japanese food while I was in La Paz, I still crave it here in Cuzco. I'm Japanese, no surprise!
Funnily enough, there is one Japanese restaurant called "Kintaro" near the Plaza de Armas in Cuzco and I already went there three times. The lunch at this restaurant is PEN15.00 (about USD 5.0) for a donburi with miso-soup on the side, and it was surprisingly good.

***** JPN *****
やーーーっと、数字との戦いだった確定申告書作成が終了! (詳細に関しては前記事を参照のこと。)
今日の夕方頃にクスコにある郵便局へ行き、EMS(ペルーもEMSに対応している!)で関係書類を母親の自宅まで発送。 厳密に言えば、僕の確定申告はまだこれで終わりではない。 うちの母親が書類を無事に受け取り次第、3月16日までに税務署へ提出しなければならない。。。。 いずれにしても自分側でやるべきことは今日で全て終えた。

話は変わるが、ラパス滞在中に これでもかっ! というくらいに日本食を堪能したにもかかわらず、まだ日本食が恋しい自分。 やはりどこまでいっても自分は日本人である。
そしてクスコの Plaza de Armas という広場のすぐ近くには ”Kintaro” という日本食レストランが一件ある。 実はこのレストランに三回も既に足を運んでいる自分。 好きだからしょうがない。
このお店のランチは 15ソル (約 5米ドル。 ちなみに ソル はペルーの通貨)で丼に小鉢のお惣菜と味噌汁が付いてくるのだが、これが結構美味い。

IMGP2681.jpg

IMGP2692.jpg


***** ENG *****
What I really like about this restaurant is not only the food, but also the interior design. All chairs and tables are made of wood, even the floor is all wooden. It actually makes me feel like I'm in an old Japanese school. Moreover, a bonsai placed at the bottom of each window as well as a flower sat on each table is rather simple, yet somehow very Japanese to me.
It's funny; here at this Japanese restaurant in Cuzco, I've found the beauty of subtleness that is often overlooked by today's Japanese people.

***** JPN *****
このお店の良いところは食事だけではない。 店内のインテリアにも ”味” がある。 椅子やテーブルは全て木製。 床も全て木製なのでどことなく古きよき日本の校舎のような雰囲気を漂わせている。 一輪の花が各テーブルに、そして盆栽も各窓脇に一つずつ配置されているので、自分が今ペルーのクスコにいることを一瞬忘れてしまうくらいだ。 まさかこのクスコにある日本食レストランで日本固有の美しさを観賞することになるとは思いもしなかった。 日本本土にあるレストランやカフェがこのお店に学ぶところは大いにあると思う。

IMGP2684.jpg

IMGP2687.jpg






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。