上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
Some people have told me that Colombian food is better than Ecuadorian food. In my opinion, both are more or less the same....
The photo below shows what I had on my first night in Medellin - a burger with a couple of boiled quail's eggs. It was a little strange combination, but wasn't really that bad.

***** JPN *****
旅の途中で出会った他バックパッカーから、コロンビア料理はエクアドル料理より美味しい と聞かされていた自分。 でも、実際は どっちもどっち だと思った。
下の写真はメデジン到着当日の夜に食べたハンバーガー。 何故かウズラの卵が入っていた。 味のほうはイマイチ。。。。

20110414_01.jpg


***** ENG *****
The photo below shows a lunch-set that I had two days ago. There were a big chunk of meat, potatoes and plantain in the soup. This was quite good and cheap (about USD3.00).

***** JPN *****
下の写真に写っているのは二日前に食べたランチ・セット。 大きな肉のかたまりに、ジャガイモ と 熟す前のバナナが入ったスープ。 これが意外と美味しく、値段も 約 3米ドル だった。

20110414_02.jpg


***** ENG *****
This lunch-set somehow came with a bowl of milk, I had no idea how to have it at first. Therefore, I waited for a bit and watched how other people had it.
It appeared to me that Colombian people would generally have this milk by soaking a block of jam with a spoon as they were scooping the milk as well as some corns in the milk. It was nothing sensational, but interesting.

***** JPN *****
上の写真にあるランチセットの最後を飾ったのが 何故か お碗に入った牛乳。 最初は これをどうやって召し上がるのか分からなかったので、暫し他のお客さんを観察した。
すると どうやら みんな 牛乳の入ったお碗の側に置いてある イチゴジャム (?) の固まりのようなものをスプーンで牛乳に浸し、牛乳の中に入っているコーンをすくって食していた。 でも牛乳は牛乳。 味は結局 牛乳 だった。

20110414_03.jpg


***** ENG *****
The photo below shows roasted chicken with two buns and two potatoes that I had yesterday. It was cheap and mediocre.

***** JPN *****
下の写真は昨日食べた ロースト・チキン にパサパサしたパンとポテトが付いてきたもの。 味は 可も無く 不可も無く。 でも安かった。

20110414_04.jpg


***** ENG *****
The best lunch was the one I had today in the downtown area of Medellin as pictured below. I forgot the name of this fish, but this piranha-like fish was surprisingly good.

***** JPN *****
僕が一番美味しいと思ったのは、今日 繁華街にある小さなレストランで食べた下の写真にあるもの。 魚の名前は忘れてしまったが、このピラニアのような川魚(?)が凄く美味しかった。

20110414_05.jpg


***** ENG *****
Later this afternoon, I went to the aquarium.

***** JPN *****
今日の午後は、メデジンにある水族館へと足を運んだ。

20110414_06.jpg

20110414_07.jpg

20110414_08.jpg


***** ENG *****
The aquarium itself wasn't as impressive as how it was reputed to be (One of the largest in Latin America?). It mainly featured freshwater fish and it just made me crave Sushi in the end....

***** JPN *****
この水族館はラテンアメリカの中でも一、二を争うくらいの大きさだと聞いていたのだ、実際は そうでもない ように見えた。
淡水魚を主に展示しているこの水族館。 魚を見ているとどうしても寿司が食べたくなってきた。。。。

20110414_10.jpg




スポンサーサイト

20110415_01.jpg


***** ENG *****
I wasn't expecting anything in terms of surfing in Colombia, but little did many people know that there were surfable places in this country too. What I'm talking about isn't those spots on the Caribbean side, but some unknown spots on the Pacific coast. A place (or a village?) called Nuqui is one of them and there should be lots of surfable spots yet to be discovered around there. However, the only problem about Nuqui is how to get there.
Vincent - the owner of Yellow House Hostel in Medellin - told me that the most definite and safest way to get there is by plane to the nearest airport and then taking a minibus or a private taxi....

Unfortunately, my stay in Colombia this time is just over a week: not enough time at all. So I have to give it a miss, and today I'm leaving Medellin for Bogota by a bus company called "Expreso Bolivariano".

***** JPN *****
期待はしてなかったし、最初から難しいだろうと思っていたが、コロンビアでも波乗りをすることは可能らしい。 自分が言っているのは、既に一部のサーファー間で知られているカリブ海側ではない。 太平洋側のこと。 メデジン から西へ向かったところにある村(?)で Nuqui と呼ばれる所 などにはまだ知られていない波乗りスポットがいっぱいあるはず! しかし、問題はそこに辿り着くための交通手段。
メデジン 滞在中にお世話になったホステルのオーナー Vincent 曰く、公共のバスはメデジンからは出ていないため 飛行機で Nuqui に一番近い小さな村まで飛び、そこからはミニバスとタクシーを乗り継いで行くしかないだろう とのこと。。。。

残念ながら僕のコロンビア滞在予定日数は一週間ちょっとしかないため、今回は仕方なくパス。 そして今日は Expreso Bolivariano という会社のバスで メデジン を離れ、遂にコロンビアの首都 ボゴタ を目指す。


20110415_03.jpg




***** ENG *****
I became so grumpy on the bus to Bogota for the following reasons:

* The bus-ride was supposed to take 7 hours from Medellin to Bogota, but it took over 11 hours in fact.
My bus left Medellin 10am and I thought that I was in Bogota by 5 or 6pm. However, the bus arrived in wet and cold Bogota around 9:30pm....

* Water started dripping on me a few hours after my bus left Medellin.
It was coming from either the air-conditioner or the rain outside, and I tried to seal the gap where the water was dripping, but unsuccessful. This was only happening to my seat....

* No lights could be turned on inside the bus. So it was pitch-black after sunset....


***** JPN *****
ボゴタ 行きのバスの車内でかなりムッツリしていた自分。 以下がその理由:

* 本来なら メデジン から ボゴタ までのバスは 7時間 くらいで到着する予定だったのだが、実際は 11時間超 かかった。
僕が乗ったバスは朝の10時に メデジン を出発したので夕方の 5時 か 6時には着くものだと高をくくっていたら、なんと夜の 9時半頃 にやっと到着した。 しかも ボゴタ は小雨模様で寒いっ。。。。

* メデジン を出発してから数時間が経過したころ、水が僕の頭に滴り落ちてきた。
おそらく エアコン の効き過ぎによるものか、雨が降っていたので雨漏り(?) が原因と思われる。 水滴の出口を塞ごうと色々試してみたのだが効果なし。 ちなみに他の客席は全く問題なし。。。。

* 各客席の天井部にライトがあるのだが、スイッチを押しても点灯しない仕様らしく、日没後のバス車内は真っ暗。。。。


20110415_05.jpg


***** ENG *****
I wasn't only grumpy when I arrived in Bogota, but I was also a little confused because I actually had no idea how to get to the hostel called "Destino Nomada" - my accommodation tonight in Bogota.

I had the address of the hostel (it was in La Candelaria), but I wasn't sure if I should take a taxi or if I could still go by public-bus at night....

As I was looking confused and wandering around inside the bus-terminal, a lady approached me in Japanese;

" Nihon-jin desuka? " (Are you Japanese?)

I looked around and saw this beautiful Colombian woman with a boy talking to me. I was surprised as someone out of the blue spoke to me in Japanese, but soon I realized that this woman and the boy were sitting right behind me on the same bus from Medellin to Bogota. So I said to them;

" Ahhh. Sou-desu. Nihon-jin desu. Onaji bus deshita yone? " (Yes, I am. We were on the same bus, right?)


***** JPN *****
かなりご立腹状態の自分。 しかも、ボゴタに到着したのは良いのだが、ボゴタのバスターミナルの外は真っ暗。 ここから今晩泊まる予定の宿 "Destino Nomada" まで どうやって行ったら良いのか全く見当つかずの状態だった。

唯一ホステルの住所だけは手元にあったので (La Candelaria 地区 の住所)、高額料金が請求されるのを覚悟してメーター無しのタクシーに乗るか、安いけど治安が悪くて時間もかかる公共バスで行くべきか迷いに迷っていた。。。。

そんな足踏み状態だった自分のところに 1人 の女性が歩み寄ってくると、日本語で僕に話しかけてきた;

” 日本人ですか? ”

急に日本語で喋りかけられたので僕は少しビックリしつつも振り返ると、そこに小学生くらいの男の子を連れたきれいなコロンビア人女性がいた。 よく見ると メデジン から ボゴタ までのバスで僕の直ぐ後ろの席に座っていた 2人 だったので僕はこう答えた;

” あっ、そうです。 日本人です。 同じバスでしたよね? ”


20110415_06.jpg


***** ENG *****
Her name was Frances and her son's name was Kaname.
They'd actually been living in Fuji-city, Shizuoka for a few years when the big earthquake and Tsunami hit the northern Japan this March, and they just came back to Frances' hometown Bogota to flee.

Frances and Kaname-kun were about to be picked up from the bus-terminal by their relative's car when they approached me.
Frances was very kind and offered me a lift to my hostel even though I told her that I wasn't the only one to go to the hostel, but also with my bulky surfboard.

She said to me without any hesitation;


" Daijohbu. Douzo! Douzo! " (No problem. Please! Please!)


So I eventually got to my hostel around 10:30pm.
I don't know how many times I said to Frances "Muchas gracias!". I couldn't thank her enough.

Colombian women's beauty isn't only on the outside, but it also comes from within : )


***** JPN *****
この女性の名前は フランセスさん。 そして息子の名前は カナメくん。
実はこの 2人、フランセスさん の仕事の関係で静岡県にある富士市にて数年間住んでいたらしいのだが、東日本大震災をきっかけに日本を出国し、フランセスさんの地元 ボゴタ に丁度今戻ってきたところらしい。

僕がこの 2人 にバスターミナルで声をかけられた時は、フランセスさん の親戚が迎えに来ていたところだった。
そこで フランセスさん は気前良く僕に ”あなたの宿まで送ってあげるから一緒に車に乗りなさい” と誘ってくれた。
こんな有難いお誘いに内心喜びつつも、自分のサーフボードが大きすぎて車に入らないのではないか と フランセスさん に訊ねた。

すると彼女はちゅうちょ無く僕にこう答えた:


” 大丈夫よ。 どうぞっ! どうぞっ! ”


結局、フランセスさんのお言葉に甘え彼女達の車に乗せてもらった。 そしてホステルに到着したのは夜の10時半ころ。
フランセスさん の寛容さに心を打たれた僕は "Muchas gracias!" を何度 彼女に言ったことだろうかっ!

コロンビア人女性の美しさは外見だけでなく内面からも出てくるものだと思った。





20110416_00a_Bogota_Cafe_Sweets.jpg

***** ENG *****
Finally, I'm in Bogota and I met with David for the first time.
(David is Adriana's cousin. Please see the past article "Colo-Colo-Colombia" for more details.)

It was a little weird to see him at first because we only kept in touch with each other by e-mail without really knowing who we were, what ages we were, what we did, etc. (No Facebook for me!!).

Thankfully, David turned out to be such a nice young guy and he was able to speak English very well.

We met up in the morning and David took me to one of the oldest cafes in Bogota for breakfast.


***** JPN *****
とうとうコロンビアの首都 ボゴタ にて David と初のご対面。
(David は Adriana のいとこで現在 ボゴタ 在住。 詳細は過去記事 ”Colo-Colo-Colombia” を参照。)

今年の 2月 くらいから僕はメールのみで David と頻繁に連絡を取り合い(Facebook なんてやってません!)、コロンビアの情報を事前に彼から入手していたのだが、David 本人と会うのはこれが初めて。 顔も未だ知らない。

会うまでは どんな人なのか ちょっと不安だったのだが、会ってみるとかなりの好青年だった。 しかも英語を流暢に話すので、基本的なスペイン語しか喋れない僕には大助かり。

まだ朝だったこともあり、ボゴタ市内にある David お薦めのカフェで朝食をとることにした。


20110416_00b_Bogota_Cafe_Sweets.jpg

20110416_01_Bogota_Cafe_Sweets.jpg


***** ENG *****
Colombia's biggest export item is coffee, right? So I was expecting to have real Colombian coffee at this cafe.

However, this cafe had No Coffee !

It wasn't because they ran out of it in the morning.

It was because Colombians would generally have hot chocolate in the morning, not coffee, David said.

I was very surprised when David told me that, but I was fine without coffee because I am a chocoholic.


***** JPN *****
最初に コロンビア と聞いて思い浮かぶものにコーヒーがある。 なのでこの カフェ で本場のコロンビア・コーヒーが味わえるものだと期待に胸を膨らませていた自分。

しかし、このカフェに コーヒーが無かった!

コーヒー豆をきらしているのではなく、メニューに全く無かった。

David 曰く、大半のコロンビア人が朝食時にいただくのは コーヒー ではなく ホット・チョコレート らしい(日本のココアに相当)。

ちょっと拍子抜けしたが、チョコレートが大好きな自分からしてみればコーヒーが無くても全く問題なし。


20110416_02_Bogota_Cafe_with_David.jpg


***** ENG *****
What was even more surprising than this cafe with no coffee was the way Colombians had hot chocolate.

Apparently, many Colombians would have hot chocolate With Cheese.

The photo below shows the hot chocolate that I ordered.
As you can see in this photo, there is cheese on the left-side of the plate.
People dip the cheese or put the whole cheese in hot chocolate and eat it.

To be perfectly honest with you, I would prefer to have hot chocolate without cheese in it.


***** JPN *****
メニューに コーヒー が全く無いカフェにちょっと驚いていた自分。

しかしもっと驚いたのは ホット・ チョコレート に チーズ が付いてきたこと。

下の写真は自分が注文したホット・チョコレート。
この写真の左側に見える薄く黄色がかった固まりがそのチーズ。
コロンビア人はこれを ホット・チョコレート に少しづつ浸すか、全部入れて食べるらしい。

正直言おうっ。 変な味だった。 やはり、ホット・チョコレート はそのままが一番。


20110416_03_Bogota_Typical_Colombian_Breakfast.jpg


***** ENG *****
After having the authentic Colombian breakfast, David took me to the Gold Museum in downtown.

It's been such a long time since I last visited a museum.
In fact this was the first and the only museum I ever visited in South America....

***** JPN *****
そんなこんなで コロンビア の典型的な朝食をいただいた後、町の中心部にある ゴールド博物館 へ足を運んだ。

いつも グラフィティ に興味が向いてしまう自分。 博物館訪問はかなり久しぶりだった。
実は このゴールド博物館が僕の南米滞在中で唯一訪れた 博物館 となってしまった。。。。

20110416_04_Bogota_Gold_Museum.jpg

20110416_08_Bogota_Gold_Museum.jpg

20110416_05_Bogota_Gold_Museum.jpg

20110416_06_Bogota_Gold_Museum.jpg

20110416_07_Bogota_Gold_Museum.jpg


***** ENG *****
I was also invited to David's parents' house for lunch.

His mum was a great chef and I had rice, beans, vegetables, etc. - true Colombian home-style dishes. It was delicious.
The photo below shows David's lovely family (From left: mum, dad, David, grandma, David's sister with her baby, his sister's husband).

***** JPN *****
正午を過ぎた頃、David のご両親が住む家へと招待され昼食をいただくことに。

David のお母さんが料理してくれたものがテーブルにいっぱい並ぶ。 ご飯、豆、野菜の煮物など、本当のコロンビアの家庭料理を堪能できた。
ちなみに下の写真が David の家族のメンバー (左から: お母さん、お父さん、David、お婆ちゃん、David のお姉さんと子供、このお姉さんの旦那さん)。

20110416_10_Bogota_David_Family.jpg

***** ENG *****
Later in the afternoon, David took me to a botanical garden and then we met up with David's mum and dad again for dinner at an upmarket restaurant in the evening.

***** JPN *****
楽しい昼食の時間を過ごした後、David と一緒に植物園を訪問。 その後、また David のお父さんとお母さんに再会して市内にあるお洒落なレストランで夕食を一緒にした。

20110416_12_Bogota_Botanical_Garden.jpg

20110416_11_Bogota_Botanical_Garden.jpg

20110416_20_Bogota_Sunset.jpg

***** ENG *****
David's been a great tour-guide for me all day today and tomorrow he is going to take me to Zipaquira with his dad and mum by car to see the salt mine where a cathedral is built underground for miners.
Sounds very interesting!

***** JPN *****
David は今日丸一日ずーっと僕に付きっきりでボゴタ市内のガイドをかってくれた。 そして明日は車で 1時間 くらい行ったところにある Zipaquira (以下 ジパクイラ) という町にお父さんとお母さんも一緒に車で連れて行ってくれる約束までしてくれた。
この ジパクイラ という町には大きな岩塩坑があり、ここに炭鉱夫のための ”地下大聖堂” があるらしい。
これは面白そうだっ!

20110416_21_Bogota_Sunset.jpg




***** ENG *****
Another day trip with David. And this time his dad and his mum came along as well.

It should normally take less than 1 hour by car from Bogota to Zipaquira, but because we made a stop to have coffee on our way, it took us one and a half hours to Zipaquira. Colombians do have coffee like us despite what was written in my previous article.
The photo below shows a big climbing facility just besides the entrance to Salt Cathedral. I don't know why this climbing wall was here. It should have nothing to do with the cathedral.

***** JPN *****
今日も David と一緒に観光。 今回は彼のお父さんとお母さんも同行。

目的地は ジパクイラ という小さな町。 本来なら ボゴタ からこの町までは車で 1時間弱 くらいの距離なのだが、途中でコーヒー・ブレイクを取ったため 1時間半 かけて ジパクイラ に到着。 (前記事では コロンビア人 がコーヒーを全然飲まないように聞こえるが、もちろん彼等もコーヒーをたしなむ。)
下の写真に写っているのは ジパクイラ の地下大聖堂 入口にある ロック・クライミング 用の施設。 大聖堂と関係ない ロック・クライミング 用の施設が何故ここにあるのかは不明。


20110417_00_Zipaquira_Catedral_del_Sal.jpg


***** ENG *****
The entrance fee was COP20,000 (about USD11.00) and this mining site was Huge! I was actually surprised to find out that this all-underground cathedral was not registered in the UNESCO World Heritage list at all. And I have to say that this is much more impressive than Uruguay's tiny town - Colonia!

The only unfortunate thing was that my second digital camera wasn't working well today. As a result, I could only take a few photos inside this huge mining site before the camera became dead. The below is one of the photos, but it turned out to be quite blurred....
Anyway, if you ever visit Bogota, you should definitely go to Zipaquira to see this Salt Cathedral.

***** JPN *****
地下大聖堂への入場料金は 20,000ペソ (約 11米ドル)。 そして中に足を踏み入れるとそのスケールの大きさに驚いた!
こんなに壮大な(しかも地下洞窟内に建てられた)建造物にも関わらず UNESCO の世界遺産リスト には登録されていないことが非常に不思議だった。
どう見ても僕の目には ウルグアイ の コロニア なんかよりこっちの大聖堂のほうが立派に見えた。
唯一残念だったのは、この世界一周旅行に於いて二台目となるデジカメの調子がこの日はすこぶる悪かったため、洞窟内で写真に収めることができたのはほんの数枚だった。 下の写真がそのうちの一枚なのだがかなりボヤケテいる。
いずれにせよボゴタへ立ち寄る機会がある方は、是非一度はこの地下大聖堂に足を運んでみて欲しい。


20110417_01_Zipaquira_Catedral_del_Sal.jpg


***** ENG *****
After visiting Zipaquira, we went for lunch on our way back to Bogota and then they drove me to my hostel. It was great hanging out with David and his parents. Like what Frances did to me a couple of days ago, David and his parents did a lot for me and I can't thank them enough.

Muchas gracias por todo!


***** JPN *****
ジパクイラ訪問後、ボゴタ へと戻ることに。 そして道中にあったレストランで昼食をとり、最後は僕の宿まで送ってもらった。ここで David と 彼のご両親 ともお別れ。 二日前に Francesさん に助けられたように、David と彼のご両親にはいろいろと感謝仕切れないほどお世話になった。

Muchas gracias por todo!

20110417_02a_Bogota_with_David_and_his_parents.jpg

20110417_02b_Bogota_with_David_and_his_parents.jpg


***** ENG *****
This is actually my last day in Bogota as well as in Colombia. Colombia is such a beautiful country and Colombian people are some of the nicest people I've ever met.
I'm catching a flight operated by TAM late tonight to go to Salvador, Brazil - the completely opposite side of this South American continent. This will be my second visit to Brazil and I'm looking forward to it.

!!!!! Note !!!!!
Up until the very last minute, I pondered about travelling through the Amazon by boat to reach Brazil. However, I decided not to do it in the end due to the insufficient time left in my itinerary for South America. However, if I had ever decided to go through the Amazon, my route would have been:
1) Fly from Bogota to Leticia (a village in the southern Colombia)
2) Take a taxi to cross the border from Leticia to Tabatinga, Brazil
3) Catch a boat from Tabatinga to Manaus, or all the way down to Belem
The above route isn't cheap at all. Plus, if I had ever been on a boat all the way down to Belem, it would have taken me at least 8 to 10 days in the murky river, which would definitely have driven me nuts then!


***** JPN *****
今日が ボゴタ、そして コロンビア での滞在最終日。 コロンビア という国 初めに想像していた ”危険な国” とは実際は全く違った。 そして旅行中に出会ったコロンビア人はみんな非常に親切で友好的だった。
僕は今日の深夜のボゴタ発の TAM航空 で次の目的地である ブラジル の サルバドール へと向かう。 そうっ。 この広大な南米大陸の真逆にある町へ今からひとっ飛びー。 ブラジル を訪問するのはこれで二回目。 内心 すごくワクワクしている。

!!!!! 備考 !!!!!
少し余談だが、実は最後の最後まで空路でブラジルに再入国するべきか、アマゾン川を下って再入国するべきか凄く悩んでいた。 そして僕が下した結論は アマゾン川・ボートの旅 却下! 理由は単純に 時間が無いから。 しかし、万が一にでも アマゾン川・ボートの旅 を決行していた場合、おそらく以下の方法をとっていただろう:
1) ボゴタ から国内線飛行機でコロンビア南部にある村 Leticia へ移動
2) Leticia からタクシーに乗り、ブラジル側の国境線にある Tabatinga という村へ移動
3) Tabatinga からボートに乗船し、Manaus か、終点の Belem までずーっと下っていく
言うまでも無く、上記の方法は決して安くない。 しかも Tabatinga から終点の Belem まで行こうものなら、最低でも 8日 から 10日間 はかかるらしい。 そして見渡す景色はコーヒー色の川。。。。 きっと途中で気がおかしくなっていると思う。


Next Destination >>>






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。