上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DSCF7210.jpg


***** ENG *****
I'm flying from San Paulo to Houston now, will be spending the weekend in Houston and catching another flight to go to Panama next Monday where my trip in Central America will kick off.
Now I'm summarizing my trip in South America as "Truth & Myth" in this article for my future reference;

!!!!! Note !!!!!
When you click the texts highlighted in blue, they direct you to the related articles.

<<<<< Truth & Myth >>>>>
* South America is vast! There are a variety of places to visit and a wide range of activities to do.
* As most Japanese people can not speak English, most South Americans can not speak English either.
* Travelling in South America isn't as cheap as how you think it might be. Raise your budget!
* Lots of people prefer Argentina to Chile, but I personally like Chile more than Argentina.
* Some people say "Buenos Aires is Paris of SA", while I say "Buenos Aires is Buenos Aires."
* An outrageous number of Argentinian tourists flock into (or invade into?) Uruguay on holidays.
* Antarctica must be kept from now on as how it has been. That is a no-man's land.
* I witnessed a sailing yacht (capacity of 3 to 4 passengers) cruising around in Antarctica. Crazy!
* The chocolate made by Edelwiess in Ushuaia was one of the best I ever had.
* If you go surfing in Chile, Punta de Lobos is for cold-surfing and Easter Island is for warm-surfing.
* There isn't always water in Salar de Uyuni. I was so lucky due to some rain-fall before my arrival.
* Salar de Uyuni in dry season is also supposed to be really beautiful but freezing.
* Che Guevara was somehow quite popular in Bolivia where he was assassinated. Ironic!
* Machu Picchu was the most expensive amongst all the world heritage sites that I've ever been to.
* Keep your stomach empty if you take a flight over the lines of Nazca.
* Chicama needs at least 5ft swells for epic rides, though it's still surfable on a small day.
* Montanita seemed to me such a backpackers' ghetto now. Go to Galapagos islands for better surf.
* Colombia is no longer as dangerous as how the country was once reputed to be amongst travelers.
* Unlike Colombia, I'm not sure how safe and easy it is to travel in Venezuela now (That's why I didn't go there.)
* Some Latin American women are super super hot, especially Brazilians, Argentinians and Colombians!

Above all, a lot of South Americans as well as other backpackers helped me selflessly when I was in trouble.
All I want to say sincerely right now is:

Muchas Gracias !


***** JPN *****
今日サンパウロ発の飛行機で米国・ヒューストンへ移動。 ヒューストンは週末のみの滞在で、来週の月曜日には次の目的地であるパナマシティへと飛び、今度は中米を巡る旅を開始する予定。
次回また南米を訪れるときの参考になるように(?)この記事に今回の南米旅行を以下にまとめてみた;

!!!!! 注意 !!!!!
下記文中にある青色のリンクをクリックすると、それに関連する記事が表示されます。

<<<<< Truth & Myth >>>>>
* 南米大陸はドデカイ! なので数え切れないほどの世界遺産や波乗り・山登りなどのスポーツをすることが可能。
* 多くの日本人同様に、南米に住む大多数の人々が英語を話すことができない。
* 南米旅行の費用は思っていた以上にかさんだ。 予算には ”十二分の余裕” を持っておいたほうが無難。
* 旅先で出会った人達の多くがチリよりアルゼンチンが好きだと言っていたが、自分はチリのほうが好きだ。
* ”ブエノスアイレス は南米の パリ” とよく表現されるが、”ブエノスアイレス は 所詮 ブエノスアイレス ” である。
* クリスマスなどの大型連休になると大量のアルゼンチン旅行者が隣国 ウルグアイ へと押し寄せてくる。
* 南極 はどの国も所有権や独占権を持つことができない この星で唯一の中立大陸 として今後も維持すべき。
* 3, 4人乗りのヨットを南極にあるチャルコット島周辺で目撃した。 どうやってドレーク海峡を通過したのだろう?
* ウシュアイアにある Edelwiess (エーデルワイス) というお店のチョコレートは超美味い!
* チリ の波乗り事情は、Punta de Lobos = 超冷水サーフィン なのに対し、イースター島 = 超温水サーフィン。
* ボリビアのウユニ塩湖には常に水が存在する訳ではない。 たまたま数日前に雨が降ったので自分はラッキーだった。
* 乾季のウユニ塩湖も雨季と同様 (またはそれ以上?) に美しいとのこと。 でも極寒らしい。
* 革命家 チェ・クエバラ が何故か彼の暗殺された土地 ボリビア でけっこう人気だった。 非常に皮肉だ!
* 僕が今ままでに訪れた UNESCO の世界遺産の中でも マチュピチュ の入場料が一番高かった。
* ナスカの地上絵 をセスナ機で上空から観賞する場合、必ずお腹は空腹状態にしてから飛ぶべし。
* チカマ で世界最長の波を拝みたいなら 5フィート以上のウネリが必要。 しかし、それ以下でも実は波乗り可能。
* エクアドルのモンタニータ がバッパーのスラム街と化しているので、波乗りするならガラパゴス諸島のほうが良いかも。
* 一昔前までの ”危険なコロンビア” というイメージは現在の コロンビア にはもう当てはまらない。
* コロンビア とは相反して、現在の ベネズエラ の情勢があまり思わしくないらしい (だから自分は行かなかった)。
* 南米の女性の中でも ブラジル人、アルゼンチン人、そしてコロンビア人は秀でて美しい!

最後に、この南米旅行中に出会った地元の人達や他バックパッカーには要所要所でいろいろと助けてもらった。
こんな僕に救いの手を差し伸べてくれた彼、彼女達に心から伝えたい:

Muchas Gracias !


Next Destination >>>




スポンサーサイト

***** ENG *****
200 US Dollars !

This is what Continental Airlines (aka United Airlines) charged me for my surfboard to fly from Houston to Panama City today. The highest extra luggage-fee that I've ever paid for my surfboard in my life.

***** JPN *****
200米ドル!

上記は今日のヒューストン発のパナマ・シティ行きコンチネンタル航空 (ユナイテッド航空と合併) で僕のサーフボードの超過料金として請求された額。 この超過料金は今までの僕の旅の中で史上最高額である。


20110502_01.jpg


***** ENG *****
What pissed me off more than this outrageous fee was when a luggage-handler at Houston International airport threw my surfboard right in front of me!
Most of American airlines are the worst in the world, and Continental is the worst of the worst. Thanks very much to Continental, I now have a ding on the rail of my surfboard.

!!!!! Note !!!!!
I'm only taking my Happy-Turn during my trip in Central America instead of the blue Al Merrick which I surfed and travelled with in South America. (Refer to "My Boards (2010/07/23)" for more details.)
Thus, my long heavy coffin and the blue Al Merrick are abandoned till I come back to Houston in July. Thanks a lot for keeping my board and coffin, Ian!

***** JPN *****
しかし、本当にあたまにきたのはヒューストン空港にあるコンチネンタル航空のカウンターでチェックインを済ませてサーフボードを預けたときに荷物担当者が僕の目の前でサーフボードを放り投げたこと! これが原因で僕のボードのレイル部分にはヒビが入ってしまった。
米国の航空会社はどこも腐っているが、僕の中ではコンチネンタル航空が史上最悪の航空会社になった。

!!!!! 備考 !!!!!
南米旅行中は Al Merrick がずーっと僕の旅の友だったので、これから始まる中米の旅の友には Happy Turn を選んだ。 (サーフボードの詳細は過去記事 "My Boards (2011/07/23)" を参照。)
なので 長く重いボードケース と Al Merrick のサーフボードは中米旅行が終了する 7月 までヒューストン在住の友達 イアン の家に保管してもらうことにした。 こんな野暮用を引き受けてくれたイアンに感謝!


20110502_02.jpg


***** ENG *****
I was in such a bad mood when I arrived in Panama City because of stupid Continental Airlines, but things weren't over then yet. I was actually refused to catch a public bus by a couple of chicken-bus drivers at the airport because of my bulky luggage. Ahh....
I eventually had to take a cab to the city for USD15.00.

***** JPN *****
コンチネンタル航空のバカヤローのおかげでボードにヒビが入り、パナマ・シティに到着したときの自分はかなりご機嫌斜め。 ここで追い討ちをかけるかのように自分の手荷物(サーフボードも含む)が大きすぎるため、空港から市中心部に向かうために乗ろうとしたチキンバス (米国で児童送迎用に使われるバスの総称) に二回も乗車拒否された。。。。
結局、15米ドル払ってタクシーに乗るはめに。


20110502_03.jpg


***** ENG *****
I'll be staying at a hostel called "Panama by Luis" and sharing a 8-bed dormitory for USD9.00 with pancakes and coffee in the morning included.

***** JPN *****
今晩と明日泊まる予定の宿は ”Panama by Luis” というホステル。 8人共有部屋で 9米ドル。 朝食としてパンケーキとコーヒーが付いてこの値段。


20110502_04.jpg


***** ENG *****
Panama City is Super Hot and Painfully Humid!

Asuncion in Paraguay was really hot, but I feel that Panama City is much much hotter than Asuncion.

***** JPN *****
それにしても パナマ・シティ 無茶苦茶 暑いっ! 蒸し暑いっ!

昨年12月に旅した パラグアイ の首都 アスンシオン も暑かったが、パナマ・シティ は野垂れ死にそうなくらいに暑いっ。




***** ENG *****

Panama = Canal

Canal = Panama

The only thing that I was taught at school about Panama was the canal.
So I went to check it out today with a couple Laurenz and Marie from Germany who I met at the hostel last night.

***** JPN *****

パナマ = 運河

運河 = パナマ

世界史の授業で習ったのがパナマ運河。 僕にとってパナマと言えば運河だった。
現在滞在中の宿で知り合ったドイツ人カップルの Laurenz と Marie も一緒に今日そのパナマ運河へ足を運んだ。


20110503_01.jpg


***** ENG *****
It was USD8.00 for the entrance fee and you know what?

I was stunned to see how SMALL the Panama canal was!

I was even asking other people if there were a few more canals around here, but this was it. It only looked capable of letting two mid-size ships through it at a time, and surely no giant cruise ships would ever make through it....

***** JPN *****
入場料は 8米ドル だった。 そして いざ足を踏み入れてみると。。。。

目に飛び込んできたのは なんとも 小 さ な パナマ運河だった!

周りの人にこれ以外にもっと大きな運河が近くに無いのか聞いてしまったくらいに そのスケールの小ささに驚いた。 これはどう見てもミドルサイズまでのタンカーなら潜り抜けられるが、超巨大な豪華客船とかだと無理なはず。


20110503_02.jpg

20110503_03.jpg

20110503_04.jpg


***** ENG *****
Despite the fact that the canal wasn't as impressive as expected, we still took a photo of us as lovely tourists (from left: Marie, Laurenz, me and Nobu - Japanese guy from Yokohama who we ran into on our way to the canal.)
Apparently, Panama's working on a new canal right now. So if I come back here in ten years time, I might be able to see a huge impressive canal then. Keep our fingers crossed!

***** JPN *****
想像していたパナマ運河のスケールと全く違っていても、最後は観光客としてチャッカリ記念撮影。
(写真左から、 Marie、 Laurenz、 自分、 運河に向かう途中のバス停で知り合った横浜出身のノブ。)
実はパナマは現在新しい運河をこの近くに建設中らしい。 なので10年後くらいにまたこの国を訪れる機会があれば(?)、その時には超巨大な運河が拝めるかも。


20110503_05.jpg




***** ENG *****
Although I surfed quite a few spots while travelling in South America, I feel that I only spent about one fifth of my time on surfing then.
Therefore, my top priority while I'm in Central America is surfing, surfing and surfing.
My first target is a place called "Santa Catalina" in Panama.

***** JPN *****
南米旅行中 コロンビア以外の海に面している国では必ず波乗りをしてきた。 しかし何故か気持ち的には南米旅行の五分の一くらいしか波乗りに時間を費やせなかった気がする。
なので、ここから始まる中米旅行ではひたすら 食う・寝る・波乗り・昼寝・波乗り の予定。
ここ中米での僕の最初の目的地はパナマにある Santa Catalina (サンタ・カタリーナ)。


IMGP0069.jpg


***** ENG *****
It was a bit of a mission for me to travel from Panama City to Santa Catalina.

1) Take a long distance bus from Panama City to Santiago (Not the Chilean one)
2) Take a taxi to a minibus terminal in Santiago
3) Take a minibus to Sona
4) Take another minibus (the last bus is @16:40) to Santa Catalina
(Later I discovered that there was actually a direct bus from Panama City to Sona. But too late now.)

***** JPN *****
パナマ・シティ から サンタ・カタリーナ まで辿り着くのにちょっと苦労した。

1) パナマ・シティ のバスターミナルから長距離バスで サンチアゴ へ移動 (チリのサンチアゴと同名)
2) サンチアゴ の長距離バスターミナルからタクシーでミニバス・ターミナルへ移動
3) ミニバスに乗り ソナ と言う小さな町まで移動
4) ソナ からまたミニバスに乗り (最終バス 16時40分発) 終点のサンタ・カタリーナ まで
(後から知ったことなのだが、実は パナマ・シティ から ソナ まで直通バスが出ているらしい。 でももう遅いっ。)


IMGP0072.jpg

IMGP0115.jpg


***** ENG *****
I left the hostel in Panama City before 9am and arrived in Santa Catalina just after 7pm....
"Rolo's Cabin" is where I'm staying for USD10.00. and I'm somehow sharing a 2-bed dormitory with a guy from the States. Have you ever heard of or stayed in a 2-bed dormitory before?? Strange!

***** JPN *****
パナマ・シティのホステルを出発したのは今朝の9時前、そして サンタ・カタリーナ に到着したのは夜の7時頃。。。。
今晩から数泊する予定の宿は ”Rolo's Cabin” というゲストハウス。 自分の部屋は 2人共有部屋 で一晩 10米ドル。 今まで 4人 や 6人 共有部屋には泊まってきたが ”2人共有部屋” は初めて。 なんかちょっと違和感あり!?


IMGP0121.jpg




***** ENG *****
I actually bought a new Pentax W90 (Black) when I was in Houston. This is my third digital camera to travel with me on this RTW trip and I'm strongly hoping that this new W90 will last forever, if not, at least till the end of my trip.

***** JPN *****
先週末 ヒューストン 滞在中に奔り回ってやっと見つけた黒の Pentax W90 を購入。 今回の世界一周旅行に於いてこのデジカメが実は 3台目 となる。 今度こそ旅の終わりまで持ち堪えてくれることを切に願うばかり。


20110507_00.jpg


***** ENG *****
As Pentax W90 is designed to be water-proof: refer to the past article "W90 (2011/03/13)", I took this black camera with me to the main break in Santa Catalina "La Punta" for the very first time this morning.

***** JPN *****
過去記事の "W90 (2011/03/13)" を見てもらうと一目瞭然。 この Pentax W90 は防水カメラなので サンタ・カタリーナ の "La Punta" と呼ばれるメインのポイントに今朝早速波乗りの友として一緒に連れて行くことにした。


20110507_02.jpg


***** ENG *****
No winds this morning and waves were about 4ft on a set; it was actually 6 to 7ft two days ago!
La Punta is a kind of a pointbreak with a long hollow right-hand wave as well as a short left-hand wave. The water is very warm and I even saw a ray jumping out of the water yesterday.

The below are some of my water-shots.

***** JPN *****
今朝のコンディションは無風、セットで 4フィート くらいの波 (実は二日前は ダブルオーバーヘッド の 6~7フィート あった!)
ここ La Punta は ポイント・ブレイク で途中から巻き巻きのなが~いライトの波とショートライドが可能なレフトの波が割れる。 水は非常に温かく昨日に至っては大きな エイ が海面を飛び跳ねているのを目撃した。

ちなみに下の写真が本日の W90 での初成果。


20110507_03.jpg

20110507_04.jpg

20110507_06.jpg

20110507_07.jpg


***** ENG *****
The photo below shows Zak flying out of the wave: he is such a good surfer from Yamba, Australia. He and his girlfriend are also staying at Rolo's Cabin right now.

***** JPN *****
下の写真は Zak (ザック) が飛んでいるところ。 ザック はオーストラリア東海岸の Yamba 出身で、サーフィンはプロ並みの腕前。 現在は彼の彼女と一緒に Rolo's Cabin に滞在中。


20110507_05.jpg


***** ENG *****
When it's low-tide, La Punta becomes dangerously dry as pictured below. No surfing and we take a nap in a hammock then.

***** JPN *****
下の写真にあるように干潮時には岩が剥き出し状態になるので波乗りはほぼ不可能。 そんなときは皆 ハンモック でうたた寝。


20110507_08.jpg

20110507_09.jpg






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。