上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20110608_05_Back_in_Punta_Roca.jpg


***** ENG *****
It's only been just over a month since my purchase of a new Pentax W90 (black) in Houston and now it's breaking down AGAIN! Nothing happens with the camera when I press the shutter-release button, but it still takes photos when I'm not pressing the button. So Weird!
The cause of this breakdown must be the same as what happened to my previous W90. (Refer to the past article "W90 (2011/03/13)" for more details.)

***** JPN *****
約一ヶ月ほど前にヒューストン滞在中に購入した 黒色のペンタックス・W90 がもう壊れた! シャッターボタンを押してもフンともツンとも言わない。 でもシャッターボタンを押していないときに勝手に写真がとれてしまうという挙動不審な動作を始めた。
100% 正確な故障原因は分からないが、おそらく先代の W90 と同じ原因だと思われる (先代の W90 については過去記事 "W90 (2011/03/13)" を参照)。


20110608_06_Back_in_Punta_Roca.jpg

20110608_07_Back_in_Punta_Roca.jpg

20110608_08_Back_in_Punta_Roca.jpg


***** ENG *****
I still managed to take a few of surfing-photos yesterday morning at Punta Roca (as shown above), but now I'd better keep this camera away from the water as it's becoming rather useless.
Well, time to pack up my stuff and move on to La Antigua in Guatemala by a shuttle bus now; the fare was USD30.00 for one way.

***** JPN *****
ほぼ死んでしまったも同然のこの W90 だが上にあるように波乗りの写真は幾つか撮れていた (昨日の午前中に Punta Roca にて撮影)。 しかし、暫くの間はこのカメラを水に近づけないほうが良さそうだ。
そんなこんなで、今日の昼過ぎにシャトルバスにて次の目的地である グアテマラ の アンティグア へ移動することに決めた。 このシャトルは片道30米ドル。


20110605_01_La_Libertad.jpg


***** ENG *****
Of course, my main reason for leaving El Salvador has nothing to do with the breakdown of my camera. It's simply because of the fact that I only have five more weeks left on my RTW trip and I'm still aiming to cover Guatemala, Belize, the southern part of Mexico and the USA (only San Francisco).
I really wish to stay in El Salvador for another few weeks and keep surfing after surfing. Everything is so cheap here as a meal at a restaurant is about USD 2 to 4.00, accommodation is about USD 7 to 10.00 per night and a local bus only costs USD 0.25.

Who told me that El Salvador was dangerous?!

San Salvador might be, but I found many El Salvadorian people smiling, friendly, and sometimes cheeky. I'd like to come back here in the near future and surf as much as I want again.


***** JPN *****
この 2台目 W90 の故障がエルサルバドルを出国する本当の理由ではない(多少の理由付けにはなっているが)。 本当の理由はと言うと、僕の世界一周券の有効期間が残すところ 5週間ほど となってしまったのだが、自分の旅程にはまだ グアテマラ、ベリーズ、メキシコ南部の町、そして米国(サンフランシスコのみ)が残っているためだ。
でも エルサルバドル での滞在は思っていたよりも快適で楽しかったのでもっとここにいたいのが本音。 この国の物価は非常に低く、ご飯ならその辺のレストランで一食 2 ~ 4米ドル、宿泊費なら一泊 7 ~ 10米ドル、そして公共交通機関であるチキンバスの乗車料金は一回でなんとたったの 0.25米ドル。

エルサルバドル は危険な国! って誰が言ったんだー?

首都の サンサルバドール の治安は悪いかもしれないが、僕が出会ったエルサルバドル人は皆いつも笑顔で凄く友好的だった。 これで今回の世界一周旅行に於いての僕のエルサルバドル滞在は終了だが、また近い将来 絶対にこの国を訪れたい。


Next Destination >>>




スポンサーサイト

***** ENG *****
I've been in La Antigua Guatemala for three days now: another (Yes, ANOTHER!) colonial town in Latin America.
As I've already been to quite a few colonial towns before, La Antigua is just a temporary base for me while applying for a visa for Belize and to organize a bus for Flores which is located in the northern Guatemala.

***** JPN *****
グアテマラにある La Antigua (以下 ラ・アンティグア) という町もまたラテンアメリカ典型のスペイン植民地時代の影響を色濃く残した町である。 過去の記事でも幾度となく述べたように、最近の自分はもうこのような街並みにはかなり飽き飽き。 なのでここに滞在中の僕の課題は ベリーズ 入国のためのビザを取得することと、グアテマラ北部にある町 Flores (以下 フローレス) 行きバスチケットを入手することだった。


20110611_01.jpg

20110611_02.jpg

20110611_03.jpg

20110611_04.jpg

20110611_05.jpg


***** ENG *****
As of June 2011, we Japanese are required to obtain a visa for Belize. And you know what?

It cost me USD 60.00 for a 30-day tourist visa !

I went to the Belize embassy in Guatemala City to apply for my visa and I obtained it on the same day without any dramas, but it was the most expensive tourist-visa fee I'd ever paid. Furthermore, I paid for chicken-buses and taxis to travel between La Antigua and Guatemala City, so it cost me more than USD65 in total just to get my visa for Belize.

The photo below shows the building "EURO Plaza" in Guatemala City where the Belize embassy is located.

***** JPN *****
2011年6月現在、日本人が観光目的でベーリーズに入国する際にはビザが必要。
そしてこのビザの値段が半端ないっ

30日間有効でなんと 60米ドル である !

ベーリーズ大使館があるグアテマラの首都 グアテマラ・シティ に足を運び、申請した当日にビザが貰えたのは良いが 60米ドル という申請料金は僕が今まで旅した国の中では一番高額であるのは間違いない。 しかも、現在宿泊している ラ・アンティグア から グアテマラ・シティ の ベーリーズ大使館 までチキンバスとタクシーを乗り継いでいったので 総額65米ドル以上 は費やしてしまった。。。。

ちなみに下の写真に写っているビル ”EURO Plaza” が グアテマラ・シティ の ベーリーズ大使館 があるところ。


20110611_06.jpg



***** ENG *****
Other than organizing my trip to Belize, I went hiking today to a volcano called Pacaya near La Antigua with Richard with whom I played cards while we were staying in El Tunco, El Salvador a few days ago.

The photo below shows Richard negotiating the price for a stick with local boys during our hike.

***** JPN *****
ラ・アンティグア にせっかく来て今後の旅の準備だけしているのもつまらなかったので、今日はアンティグアからそんなに遠くないところに位置する活火山の一つ パカヤ火山 に エルサルバドル の エル・トゥンコ で知り合ったドイツ人の Richard と一緒にハイキングに行った。

下の写真に写っているのは Richard。 地元の子供達と杖の値段交渉中。


20110611_07.jpg

20110611_08.jpg

20110611_09.jpg


***** ENG *****
The trail on this volcano wasn't too steep: it was very easy for a young Richard and for an aging Esky.
I was somehow expecting to see really fiery active lava on this volcano, but it turned out to be none on the mountain with only ashes and heated rocks visible on the ground.

***** JPN *****
登山道はなだらかだったので、若くて元気いっぱいの Richardくん はもちろん、年老いた自分にも全く問題なかった。
Richard も僕も活火山と聞いていたので真っ赤な溶岩が頂上付近にあるものだと勝手に想像していたのだが、なんのその。 火山活動は現在休息中らしく、あるのは火山灰と温かい岩石のみだった。


20110611_11.jpg

20110611_13.jpg

20110611_12.jpg


***** ENG *****
Lastly, I bought an overnight bus ticket to go to Flores at my hostel - Villa Esthela (USD8.00 for a 10-bed dorm with a shared bathroom and without breakfast.)
The bus ticket was GTQ240.00 (about USD30.00): GTQ, aka Quetzal, is the Guatemalan currency. The ticket was not cheap, but considering that it was an overnight-bus and also that it was supposed to be "the first class", USD30 was Okay for me. Richard also bought his ticket for the same bus and we were going together to Flores tonight.

***** JPN *****
ラ・アンティグア滞在中、もう一つの課題だった フローレス 行きバスチケットは結局僕が現在宿泊している Villa Esthela にて購入 (10人共有部屋のトイレ・シャワー共有で 8米ドル。 朝食は含まれていない)。
バスチケット は 240ケッツアル で 約30米ドル といったところ(ケッツアル は グアテマラの通貨)。 安くは無いが夜行バスであることや、”ファーストクラス” であることを加味すれば 30米ドル で納得。 Richard の次の目的地も フローレス だったので、彼と僕は今晩発の同じ夜行バスにて フローレス へと向かう。


20110611_14.jpg


***** ENG *****
For international travellers, busing overnight through Guatemala is NOT recommended by many foreign embassies, especially after what happened near Flores this March: such a brutal massacre of more than 20 Guatemalan farmers by a Mexican Mafia took place.
I highly doubt if our bus would ever be hijacked by Mafia. However, an incident like what happened to my bus in Paraguay a few months ago could happen to us at any time.

Stay Safe, Esky !

***** JPN *****
ちなみに、最近になって夜行バスでのグアテマラ国内の移動を自粛するよう喚起する外国大使館が多い。 特に今年の 3月に フローレス 近郊の村で起きた メキシカン・マフィア による20人以上のグアテマラ人虐殺があってからは尚更だ。
僕個人の考えとしては マフィア によるバスジャックはよほどの事が無い限り起きないだろうと過信しつつも、数ヶ月前にパラグアイ・アスンシオン行きの夜行バスでの出来事が僕の頭を少しよぎった。

ここで気を抜いてはいけないっ!




***** ENG *****
Our "First Class Bus" to Flores turned out to be Economy Class!
Richard and I paid GTQ240.00 (about USD30.00) for our tickets, but the actual price was only GTQ160.00: even considering the fact that we were transported from La Antigua to Guatemala City by a private minibus and that Villa Esthela (my hostel in La Antigua where Richard and I bought our tickets) took some commissions....,
this was a Rip-Off !

A funny thing was that Richard and I sort of sensed beforehand that this might happen to us as we heard rumours about similar incidents from other travellers in La Antigua. Rumours are amazingly true sometimes!
We were really tired when we arrived in the bus-terminal in Guatemala City and we never ever wanted to travel in economy class. We eventually paid extra GTQ60.00 and upgraded our tickets to the delux bus which normally cost GTQ230.
This whole incident reminded me of what happened to me in Syria last September.

Our "DELUX bus" left the bus-terminal at 9pm last night and arrived in Flores around 4:30am this morning. Of course, it was still dark when we got to Flores and we were still sleepy snoopies then.

Enrique - his nickname was "Pop Chub" - was a local guy who approached us when we got off the bus and told us that we should buy a shuttle-bus ticket for Tikal right now, otherwise, no more shuttles would be available later on....
Somehow (because we were still sleepy snoopies) we blindly believed him and paid him GTQ150.00 for a direct shuttle tomorrow morning for Tikal.
However, we later found out that the shuttle to Tikal actually cost less than half of what we paid to Pop Chub: if we don't include a guide at the site. Ahh...
Another Rip-Off Here !

Scammers Do Exist in Guatemala Too !


***** JPN *****
フローレス行きの ”ファーストクラスバス” は実は エコノミークラス だった!

Richard と自分は 240ケッツアル (約30米ドル) で各自チケットを購入したのだが、実際の値段は 160ケッツアル。

この値段の差はなんなのか?

実際 僕らは ラ・アンティグア から グアテマラ・シティ にあるバス会社のバスターミナルまでミニバス送迎してもらったのでその分の割り増し? あと考えられるのは ラ・アンティグア 滞在中のホステル Villa Esthela でチケットを購入したときに手数料を徴収された??
いずれにしても ぼったくられた のは間違いない!

笑えるのは、Richard も自分もバスチケットを購入する前から ”ぼったくられるかもっ?” っと薄々感付いていた。 それもこれも、似たような ぼったくり事件 が頻繁に発生しているという噂を小耳に挟んでいたからだ (噂話もたまには信じてみるものだ!)
結局、Richard も自分も疲れていたし、グアテマラの夜道をギュウギュウ詰めのエコノミークラスバスで移動したくなかったので泣き寝入り。 余分に 60ケッツアル を払い デラックスクラス のバスにアップグレードした。 ちなみにこの デラックス クラス のバスは通常だと 230ケツッアル。 昨年9月に訪れたシリアでのダマスカス行きのバスを彷彿させるような出来事だった。

そんなこんなで デラックスバス が グアテマラ・シティ を出発したのは夜の9時。 そして フローレス には翌朝の 4時半 に問題なく到着。 言うまでも無く外はまだ真っ暗で Richard も自分もオネム状態。
バスを降車後、Enrique という(ニックネームは ”ポップチャブ” らしい) グアテマラ人からティカル遺跡までのシャトルバスのチケット購入を急かされた。 彼曰く ”今ここでチケットを購入しないと、後から購入したくても売り切れるぞ。。。。”
Richard も自分もオネム状態でボーッとしていたのか、気付いたらこの ポップチャブ に翌日早朝発ティカル遺跡行きのガイド付きシャトルバス購入に 150ケツッアル を払っていた。
午後になってから発覚したことだが、現地ガイドを付けなかったら 150ケツッアル の半分以下の値段でフローレスからティカル遺跡まで行けるミニバスが存在するとのことらしい。
またまたぼったくられたー !

グアテマラにもペテン師は存在する。


20110613_01.jpg


***** ENG *****
The above photo was taken from the top-floor of Dona Goya 2 where Richard and I are staying right now. It's GTQ100.00 (about USD12.50) for a 2-bed private and we are sharing it: GTQ50.00 for each per night.
Even though we were ripped off twice in a row, by looking over this magnificent view while hanging in super-comfortable hammocks Richard and I were not upset at all. We were just laughing at ourselves in the end.

***** JPN *****
上の写真は Richard と僕が今日から泊まっている Dona Goya 2 というゲストハウスの屋上から見た景色。 朝食は別料金だがダブルのプライベートで一泊 100ケッツアル (約12.5米ドル) なので一人当たり 50ケッツアルとかなりお値打ち。
ここまでに 2回 もぼったくりに遭い、最初は チクショー気分いっぱいの Richard と自分だったのだが、二人とも屋上にあるハンモックに揺られながらこの景色を見つめていたら最後は自分達の マヌケさ が可笑しくて笑っていた。




20110613_03.jpg


***** ENG *****
Flores is a very tiny town and "an island" in a lake called "Lago Peten Itza". Very pretty and very relaxing here I prefer this sort of slow-life Flores to La Antigua without a doubt.

***** JPN *****
フローレス とは Lago Peten Itza (日本名不明) という湖に浮かぶ島にある小さな町のこと。 僕は時がゆ~くりと流れるような雰囲気のこの町が大好きだ。


20110613_02.jpg

20110613_05.jpg


***** ENG *****
As the lake is right in front of our guesthouse, the first thing we did in Flores was to go swimming in this lake.
The water is very warm and the quality also seems very good, though the visibility is somehow low. I now started to miss surfing!

***** JPN *****
湖は僕らが現在泊まっている宿の目と鼻の先にあるので、チェックインを早々に済ますと Richard も自分も水着に着替えて湖に飛び込んだ。
水は温かく、たくさんの魚も泳いでいるので水質はかなり良さそう。 でも視認性は何故かあまり良くない。。。 ちょっと波乗りが恋しくなってきた!


20110613_04.jpg




***** ENG *****
Richard and I were picked up from our guesthouse at 4:30 this morning by a shuttle bus for Tikal. It was very early and, of course, still very dark outside.

We expected to see the "Pop Chub" in this shuttle so that we could've had "a little chat" with him, but he wasn't there: please refer to the past article "Guatemalan Scammers (2011/06/13)" for more details about Pop Chub. Instead, there were one driver, one young local guide and a lot of tourists in this shuttle: it was full with young backpackers.

***** JPN *****
今朝4時半に Richard と僕が泊まっている宿の前まで迎えに来たシャトルバスに乗ってティカル遺跡へ直行。 こんなに早起きするのは一昨日振り(笑)。 もちろん外はまだ真っ暗。

一昨日にまんまとぼったくられた例の ”ポップチャブ” がシャトルに乗っていたら文句つけてやろうと思っていたのだが、彼の姿はどこにもあらず (”ポップチャブ”の詳細に関しては過去記事 "Guatemalan Scammers (2011/06/13)" を参照。) ポップチャブ の代わりにドライバーが一人、現地ガイドの若いおにーちゃんが一人、そしてかなりの数の外国人観光客が既にシャトルに乗車していた。


20110614_01.jpg


***** ENG *****
The ruins of Tikal are located inside a national park and, needless to say, this park is not free of charge to enter unfortunately.
The entrance fee was GTQ150.00 (about USD18.75). Richard and I each paid GTQ150.00 for the shuttle and now we paid another GTQ150.00 each....

People, Please Stop Ripping Us Off !

Anyway, our shuttle arrived at the entrance just aroud 6am: Tikal is open from 6am every day.


***** JPN *****
ティカル遺跡はほかの古代遺跡がある観光名所と同様に国立公園に指定させた敷地内に存在する。 無論、入場は有料。
入場料は 150ケッツアル (約 18.75米ドル)。 一昨日前にシャトルバスのために 150ケッツアル を払っているのにここで更に 150ケツッアル を徴収された。。。。

貧乏旅行者からそんなに徴収してどうするのっ ?!

そして、僕等を乗せたシャトルが公園入口に到着したのは 6時ころ。 ちなみにティカル遺跡の開園時間も 6時。


20110614_02.jpg


***** ENG *****
Our local guide was Guatemalan, not Mayan, and I forgot his name now. He spoke good English and he was able to understand a few of the Mayan languages.

As we walked into the national park, we were greeted with a Tarantula as pictured below: this one was not venomous.
We also spotted a few monkeys on the trees. They had such a loud and very distinctive roar.

***** JPN *****
現地ガイドの若いおにーちゃんはマヤ族出身ではないグアテマラ人。 彼の名前は忘れてしまったが、英語をかなり上手く話すことができ、(彼曰く) いくつか今も存在するマヤ族の言葉も理解できるらしい。

早速、公園内に散らばるピラミッドを目指し歩き始めた僕等の目の前に最初に飛び込んできたのが下の写真にあるタランチュラ(これは毒性ではないらしい)。 続けてどこからともなく聞こえる叫び声にも似た唸りを出す数匹のサルも目撃。


20110614_03.jpg

20110614_04.jpg


***** ENG *****
Our local guide explained enough of Tikal and the Maya civilization to us as we were walking together through the park, and then we arrived in the main plaza where the famous Temple I and Temple II were lying.
Our local guide's job was done here: he was with us for about two hours in total. Everybody in our tour-group spread out from here: so did Richard and I then. Richard ran off to see other temples while I actually stayed in this main plaza to observe the Temple I and II,

***** JPN *****
ティカル遺跡に於いておそらく一番有名な ピラミッド I と II があるメイン・プラザに到着したのは朝の9時過ぎ。 ここに到着するまで、現地ガイドのおにーちゃんはティカル遺跡のことやマヤ文明に関していろいろと説明してくれた。
そんな現地ガイドのおにーちゃんの仕事もここまで。 ここからは各自好きなところを散策してよくなったので Richard は他のピラミッドを見るために一目散に茂みの中へ。 僕は暫くの間ここに残って ピラミッド I と II を観察することにした。


20110614_05.jpg

20110614_06.jpg


***** ENG *****
Temple IV located about a 15 to 20-minute walk from the main plaza is said to be the highest pyramid amongst all Maya-related ruins. As shown in the photo below, there are quite a few stairs to step up in order to reach the top of this pyramid.

Richard and I caught up again on top of this pyramid where we had lunch together: we had brought some food with us.
The photo below shows me having an avocado sandwich. What a great place to have lunch?! I was a little scared of the hight of this pyramid as my acrophobia came back on then.

***** JPN *****
メイン・プラザから歩いて 15分~20分くらい のところにある ピラミッド IV はマヤ文明関連の遺跡群の中で一番背の高いピラミッドらしい。 下の写真にもある通り、かなりの段数がある木造階段を登るとその頂きにたどり着ける。

このピラミッドの頂上で Richard と再会。 彼も自分も事前にランチを用意して来ていたのでここで昼食をとることにした。
下の三枚目の写真はアボカド・サンドイッチをほうばるところを Richard が撮影。 こんな見晴らしの良いところの昼食は格別だった! (最高な気分を味わいつつも、マヤ遺跡郡最高のピラミッドなので高所恐怖症の自分は実はちょいビビリ気味だったのだが。)


20110614_07.jpg

20110614_09.jpg

20110614_10.jpg

20110614_08.jpg


***** ENG *****
Richard and I kept walking and walking around the park all day today.
In the end, we were the only two who stayed up from the opening time to the closing time: we were clearly exhausted, but we thoroughly enjoyed Tikal.

***** JPN *****
Richard と僕はティカル国立公園内を一日中歩きまくった。
結局、気づいたら閉門時間の 18時 だった。 開門時間から閉門時間ギリギリまでいたのは自分たち二人だけでさすがに クタクタ状態 だったが ティカル遺跡 をくまなく散策できて二人とも満足。


IMG00005-20110614-1150.jpg

IMG00010-20110614-1159.jpg

IMG00028-20110614-1543.jpg

IMG00048-20110614-1609.jpg

IMG00056-20110614-1620.jpg


***** ENG *****
Back in Flores, we went out for dinner at a restaurant/hostel called "Los Amigos" where Richard had a big cheese burger while I had a vegetarian burrito along with a Guatemalan beer called "Gallo".

Our Tikal-mission was complete.

***** JPN *****
最終バスでフローレスに戻り、レストラン兼ホステルで名の知れた ”Los Amigos” という所でこの日の晩御飯。 Richard は特大チーズバーガーを、自分はベジタリアン・ブリートと一緒に Gallo というビールをいただいた。

僕等の ティカル遺跡訪問 はこれにて終了。


IMG00062-20110615-1937.jpg


Next Destination >>>






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。