上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
The transition from my 7-month trip in Central and South America to the USA is a bit extreme for me.
Since I landed in Houston yesterday, I've found many things here too easy and too familiar to me and I'm guessing this is due mainly to the fact that everything is civilized and everyone speaks English here.

***** JPN *****
合計 7ヶ月 に及んだ中米・南米の旅を終えてからアメリカに入国すると、そのギャップに少し頭が ボーッ とする。
昨日 ヒューストン に到着後、行く先々で目にするものは既に見慣れたものばかり。 それも全て英語表記なのでなんの苦労もない。 こんなに簡単に迷うことなく目的地まで行けて、何も心配することなく物が買えるのも逆に少し怖くなる。


20110708_Houston_01.jpg


***** ENG *****
I picked up my blue Al Merrick as well as my bulky heavy coffin from Ian's place this morning.
He kindly kept them in his house while I was travelling for two months in Central America. Thanks very very much, Ian!

Houston seems to me quite livable, perhaps a little similar to Nagoya.
Both cities do not have any famous heritage sites for tourists to visit, but both of them have well-established infrastructure. Moreover, the best aspect of both Houston and Nagoya is neither too busy nor too crowded like New York and Tokyo.
Houston, however, is so car-orientated. If you don't have a car here, you are screwed. This is one of the reasons why the USA has to be greedy for oil in the Middle East. Whereas, Nagoya has good train and subway networks.

***** JPN *****
今日はこの過去2ヶ月間中米を旅行中、ヒューストン在中の友達 Ian の家に預けっぱなしだった自分のもう片方の相棒 Al Merrick のサーフボードと重くてかさ張るボードケースを遂に回収。 今まで預かってくれた Ian に心から感謝!

さて、このヒューストンという町。 どことなく名古屋に似ている。
どちらの町も外国人旅行者がわざわざ足を運んでくるほどの観光名所や世界遺産が無い。 しかし、双方ともインフラがしっかりしていて住むには何不自由ないと思う。 そしてどちらも規模が大きいにも関わらず、ニューヨークや東京ほどゴミゴミしていないという利点がある。
そんな ヒューストン を個人的な観点で唯一酷評するならば、それはこの町が自動車社会にどっぷりと浸かっている点。 車無しでは何処へも行けない。 これだから米国は戦争してでもオイルが必要な訳だ! 相反して 名古屋 には幸いにも複数の鉄道路線と地下鉄がある。


20110708_Houston_02.jpg


***** ENG *****
As I didn't wanna screw myself up in Houston, I rented a car and I drove to Space Center Houston today - arguably, Houston's only tourist attraction.

***** JPN *****
自分自身もここヒューストン滞在中は車なしでは何もできないことは承知だったのでレンタカーを借りた。 そして今日はヒューストンで唯一の観光名所(?)である スペース・センター を見学。


20110709_Houston_00.jpg

20110709_Houston_SpaceCentre_02.jpg


***** ENG *****
You know what?! I actually enjoyed it very much as there were quite a few exhibits at this Space Center.
Most of the exhibits would probably draw only boys' attention such as a lab for space shuttles, real uniforms worn by astronauts, a space shuttle flight simulator, etc. I ended up staying there till the closing time.

***** JPN *****
実はこの スペース・センター にて予想以上に楽しんでしまった自分。
中でも僕の興味をそそったものは 実物のスペースシャトルが格納されているラボの見学や、宇宙飛行士が実際に着ていた特種ユニフォーム、おまけに スペースシャトル の フライト・シミュレーション など子供心をくすぶるものが多々あった。 なので気づいたら閉館時間ギリギリまでいた。


20110709_Houston_SpaceCentre_04.jpg

20110709_Houston_SpaceCentre_03.jpg

20110709_Houston_SpaceCentre_06.jpg

20110709_Houston_SpaceCentre_07.jpg


***** ENG *****
When I finish traveling around the world with no more countries that interest me to visit, I would love to go to space one day!

***** JPN *****
世界中いろいろな国を旅し尽くして、もうこれ以上僕の興味を沸かせる国が無くなったあかつきには是非 宇宙旅行 を経験してみたい。


20110709_Houston_SpaceCentre_08.jpg




スポンサーサイト

***** ENG *****
The reason why I chose San Francisco as my final destination on this RTW trip was because I was simply interested in that city and also because I'd already been to a couple of other major cities on the west coast of North America such as LA and Vancouver before.

I somehow expected San Francisco to be very vibrant, however, when I arrived here from Houston late Sunday afternoon, it was freezing and many shops and restaurants were closed then.


***** JPN *****
今回の世界一周旅行に於いて サンフランシスコ を最終目的地にした理由は単純。 前からこの町に興味があったから。 そして何よりも北米西海岸・日本間を毎日就航している航空会社の大半は ロサンゼルス か、サンフランシスコ か、カナダ の バンクーバー しか無いのだが、ロスとバンクーバーは数年前に既に訪れたので今回は サンフランシスコ を選んだ。

サンフランシスコ と聞くと何故か頭の中に浮かぶイメージは 明るく活気に満ちた町 なのだが、真夏の灼熱ヒューストン から日曜日に飛行機でこの町に到着した瞬間 鳥肌が立った。 寒いっ! しかも日曜の夕方ということで多くの店がお休み。。。。


20110710_03_San_Francisco.jpg


***** ENG *****
My objectives while in San Francisco were;

1) Visit a few buildings designed by my favourite architect Frank Lloyd Wright.

2) Check out the coast for surfing, though I was not very keen because of the frickin' cold water.

Unlike Houston, San Francisco has good bus and subway systems. Nonetheless, I still had to rent a car to carry out the above as neither of them could be done without a car unfortunately.


***** JPN *****
そんなサンフランシスコ滞在中の僕の目的は以下の二つ;

1) 偉大な建築家 フランク・ロイド・ライト氏 が設計した建築物を見学。

2) 北米の海水は非常に冷たいので入水する意欲すら湧かないが、波乗りができそうな海岸を見に行く。

サンフランシスコ は ヒューストン とは違って、地下鉄 と バス がしっかりとしているので町中を移動するのであれば全く問題無いのだが、上記二つのタスクはどちらもサンフランシスコ郊外なので、今回もレンタカーを借りることに。


20110712_San_Francisco_Driving_00.jpg


***** ENG *****
It was foggy this morning, typical summer-day weather on the west coast of California, I guess.

The photos below show the Golden Gate Bridge when I was driving through it. Soooo Foggyyyy!


***** JPN *****
今朝のサンフランシスコは寒いだけでなく濃い霧に包まれていた(この時期の濃霧は珍しくない)。

下の写真にあるのは有名な ゴールデン・ゲート・ブリッジ。 運転には支障なかったが、ここも濃霧!


20110712_San_Francisco_Driving_02a.jpg

20110712_San_Francisco_Driving_02b.jpg

20110712_San_Francisco_Driving_02c.jpg


***** ENG *****
Luckily, as I kept driving north, the thick fog gradually cleared up.

***** JPN *****
幸運なことにも北に向かって車を走らせていくと、次第に青空が広がってきた。

20110712_San_Francisco_Driving_03.jpg


***** ENG *****
In and around San Francisco there are quite a few buildings designed by Frank Lloyd Wright.
Amongst them, the below are the ones I decided to visit today;

* The Civic Center in San Rafael
* Rober Berger's house in San Anselmo
* V. C. Morris gift shop in downtown San Francisco

Firstly, I drove to San Rafael and visited the Civic Center as shown in the photos below.


***** JPN *****
一つ目の目的であった フランク・ロイド・ライト氏 が設計した建築物は実はサンフランシスコ周辺には 8件 ほど存在する。
全件を見に行くのは不可能と思ったので、今日はそのうちの三件に絞った;

* サンラファエル にある シビック・センター
* サンアンセルモ にある ロジャー・バーガー氏邸
* サンフランシスコ市内 にある V.C.モリス・ギフトショップ

そして僕が最初に向かったのは下の写真にある サンラファエル の シビック・センター。


20110712_San_Francisco_Driving_04.jpg

20110712_San_Francisco_Driving_05.jpg


***** ENG *****
Enormous and impressive are the two words to best describe this very unique architecture. It just looked like a big space ship docking on the ground.

***** JPN *****
地球上の何処にも存在しないであろうこの一意なデザインをした建築物を見ると ”デカイ” そして ”圧巻” という二言に尽きる。 まるで 宇宙船 が不時着したようなデザインだ。


20110712_San_Francisco_Driving_06.jpg

20110712_San_Francisco_Driving_07.jpg

20110712_San_Francisco_Driving_08.jpg



***** ENG *****
The photo below is Robert Berger's house in San Anselmo.

To locate exactly where this property was wasn't straightforward. It took me a while to track it down with a lot of help from the navigation system in my car.

The history of this private property is interesting.
Frank Lloyd Wright only designed the house upon a request made by Mr.Berger and then Mr.Berger built the house by himself over years. However, it is now owned by a different owner (I asked this current owner for the permission for this photo).


***** JPN *****
下の写真にあるのは サンアンセルモ の ロジャー・バーガー氏邸。

サンアンセルモ の小さな山の頂きに立つこの邸宅を見つけるのには少し時間を要した。 レンタカーのナビが無かったら多分発見できなかったと思う。

見た目はそんなに特別に見えないこの邸宅。
でもこの邸宅の凄いところは フランク・ロイド・ライト氏 が設計したというだけでなく、ロジャー・バーガー氏 が設計書を受け取ったあと、ほとんど 彼1人 でこの邸宅を築き上げたという点。 そして今はバーガー家の手を離れ、新しいオーナーが所有している (現オーナーには外観撮影の許可を撮影開始前に得ている)。


20110712_San_Francisco_Driving_10a.jpg



***** ENG *****
The third one is the V. C. Morris gift shop.

This property was in the middle of downtown in San Francisco and I could easily find it as its architectural design was very peculiar and outstanding. It was very Frank Lloyd Wright to my eyes even from afar.

This property is now utilized as a gallery.


***** JPN *****
三件目は V.C.モリス・ギフトショップ。

この建築物はサンフランシスコの町中(ユニオン・スクエアの近く)にあり、尚且つ非常に ”フランク・ロイド・ライト らしい” デザインをしているので直ぐに見つけることができた。

ちなみに この建物は現在 ギャラリー として使用されている。


20110712_San_Francisco_Driving_10b.jpg



***** ENG *****
Lastly, I drove to the Marine County in the North Bay to check out surf.
I had no expectation at all. Yet, one of my boards and wetsuit were in my car just in case. Yes, "Just in case".

This very wide open-beach (shown in the photo below) was randomly chosen for no reason. I just looked at GoogleMap and this beach looked Okay to me. However, the waves turned out to be .... shitty!


***** JPN *****
最後は サンフランシスコ北部にある ノース・ベイ という地域の マリン・カウンティ へ車を走らせた。
念のため サーフボード と ウェットスーツ を車には積んであったのだが これらは本当に念のため。

下の写真にあるのが今日実際に足を運んだビーチ(名前は忘れた)。 この北から南に伸びた砂浜が広がるビーチを選んだのは単純に GoogleMap でパッと見た感じ良さそうだったから。 でも肝心の 波 はと言うと 。。。。 ダメダメ!


20110712_San_Francisco_Driving_11.jpg

20110712_San_Francisco_Driving_12.jpg


***** ENG *****
What was even more discouraging than the wave quality to me for not going surfing at this beach was when I saw a shark warning near the entrance of the beach.
It wasn't just an ordinary shark warning, it clearly said "the Great White Shark"!!!

***** JPN *****
波質に関しては初めから期待していなかった。 でも波質よりも自分の期待を奈落の底に落としたものがある。 それは下の写真にあるサメ出没の注意書きを目の当たりにしたとき。
ビーチの入口にあったのだが、ただのサメではない。 ホオジロザメ出没の注意書き!!


20110712_San_Francisco_Driving_13.jpg



***** ENG *****

Freezing Water


Shitty Waves


Sharky with White Pointers


Who The Hell In This World Wanna Go Surfing Here ? ? ?


I turned around and drove back downtown San Francisco.



***** JPN *****

刺さるように冷たい海水


ダメダメな波


ホオジロザメ出没の警告


そんなビーチに誰がはりきって入りたがるんだっ???


結局、砂浜を軽く散策後、ダウンタウンへ戻ることにした。



20110712_San_Francisco_Driving_15.jpg


***** ENG *****
My very initial itinerary before I started this RTW trip was to chill out in San Francisco for a couple of weeks at least.
However, as my trip in Central and South America were extended a lot longer than initially planned (which eventually became such a fantastic trip), my stay in San Francisco this time was cut down to only four days and three nights....

No surfing for me in San Francisco in the end and I'm leaving for Nagoya, Japan tomorrow.

My great RTW trip is finally winding down now.


***** JPN *****
実は今回の世界一周旅行に出発する前の予定では最終目的地の サンフランシスコ では最低でも 2週間くらいは滞在してくつろぐ予定だった。
しかし、実際に箱のフタを開けてみたら中米・南米旅行で予想以上に日数がかかってしまい(結果としては これで良かったのだが)、ここ サンフランシスコ での滞在は 三泊四日 のみ。。。。

サンフランシスコでの波乗りは次回までお預け(?)として 明日は地元 名古屋 へ戻る飛行機に乗る。

この素晴らしい世界一周旅行が遂に終わりを告げようとしている。


20110712_San_Francisco_Driving_17.jpg





***** ENG *****
In the beginning of this RTW trip, I seriously thought that I was cursed with long-distance buses as something bad continuously happened to me almost every time I traveled by bus. (See the article "Damascus by Bus (2010/09/17)" for more details.)
However, this curse seemed to fade out after my visit in Czech Republic.

As a matter of fact, something worse than my long-distance bus journey has actually been sticking around with me on this entire RTW trip. It is the extra-baggage fees by some of the airlines that I've flown with before. I'm listing the airlines as below and I'm quite positive that these airlines don't want surfers to fly with them.

* Lufthansa from Frankfurt to Bilbao: EUR70.00

* TAP Portugal from Lisbon to Sao Paulo: EUR100.00

* Continental Airlines from Houston to Panama City: USD200.00

I don't know why, but the extra-baggage fees ridiculously kept going up and up as I flew more and more.
Very unfortunately, this curse wasn't over yet for my flight from San Francisco to Nagoya via Narita today.

One of our national airlines - ANA (All Nippon Airways) - today charged me ....


***** JPN *****
この世界一周旅行を始めてから最初の数ヶ月は長距離バス移動では本当に運が無かった。 ほぼ毎回のように何らかの事件・故障に遭遇し 厄払い が必要なのかと真剣に考えたくらいだった。 (詳細は関連記事 ”Damascus by Bus (2010/09/17)” を参照。)
しかしながら、この長距離バス移動の悪運も あの忌まわしいチェコでの事件 を最後に消滅したようだった。

でも そう簡単に物事が進まないのが今回の世界一周旅行。 実は長距離バス移動よりもっと ”痛い出来事” が繰り返し起こっていたことに気付いた自分。

それは何かというと、、、、 航空会社がサーファーに課すサーフボードへの超過料金。
下記は今までに超過料金を請求してきた航空会社。 これらは ”サーファーお断り” と言っているのも同然。

* ルフトハンザ航空 フランクフルト ~ ビルバオ間: 70ユーロ

* TAPポルトガル航空 リスボン ~ サンパウロ間: 100ユーロ

* コンチネンタル航空 ヒューストン ~ パナマ・シティ間: 200米ドル

上記にある通り、ほぼ 飛べば飛ぶほど 超過料金が更に高くなっていった。 なぜ? なぜ?? なぜー???
そして なんと 今日のフライト (サンフランシスコ発 成田経由 中部国際空港行き) で僕は遂に玉砕された。

それも超過料金を請求してきたのは母国の航空会社 全日空様。 その請求額はなんと 。。。。


20110713_Leaving_01.jpg


***** ENG *****

300 US Dollars ! ! !

It wasn't the weight of my board-bag, but it was the size which turned out to be 3cm over the allowance defined by ANA.... Just only 3cm over for which I was charged 300 US dollars!

I was soooo pissed off and I even spoke to one of the managers who turned out to be a Japanese lady with a cheap Geisha-like poker face, and she never gave in to my desperate beg.
I just couldn't believe why this was happening to me on my last flight and my last day of this RTW trip, but one thing for sure was that I would NEVER EVER fly with ANA anymore!


***** JPN *****

300米ドル !!!

今回の超過料金請求の元凶はもちろん自分のボードケースなのだが、重量オーバーではない。 理由はサイズオーバー。 それも規定サイズを 3センチ だけ超えていた。 3センチオーバー で300米ドル って。。。 見逃してくれよー!

そのへんのスタッフでは話にならないと思い、マネージャー(日本人女性)に直訴をしたのだが、そこは生真面目なニッポン人。 彼女は表情を一切変えることなく、一円たりともまけてくれなかった。
今日がこの世界一周旅行での最終日、尚かつ最後のフライト。 なんで今日の今日になってこんな事が起こるのか、ただただ呆気にとられるばかり。 しかしひとつだけ間違いなく言えることは、今後 全日空 を利用することは二度と無いだろう。


20110713_Leaving_02.jpg


***** ENG *****
By the way, the above photo shows my new girlfriend "Firewire Spitfire". I bought it yesterday at a surf shop in San Francisco.
Now my board-bag actually has three boards in it - the blue Al Merrick (ToughLite), the Happy-Turn (Rusty Dwart) and this Spitfire. Lucky me that the ANA staff didn't check how many boards I actually had in the bag. Hehehe.

Once again I will NEVER EVER fly with ANA from now on.


***** JPN *****
ちなみに、上の写真に写っているのは僕の新しい恋人 "Firewire Spitfire"。 サンフランシスコのサーフショップにて昨日購入。
これに伴い僕のボードケースには実はボードが3枚入っている。 青色の Al Merrick、ハッピーターン (正式名は Rusty Dwart)、そしてこの Spitfire。 不幸中の幸い(?)だったのは今日のチェックイン時に全日空のスタッフがボードの枚数までは確認しなかったこと。 ハッハッハッ

繰り返すが、明日以降 全日空 を利用することは二度と無いだろう。


20110713_Leaving_03.jpg

20110713_Leaving_04.jpg


***** ENG *****
Regardless of what happened to me with ANA, after the long flight from San Francisco to Narita and catching a connecting flight to Nagoya, observing Mt.Fuji from above was still priceless.

***** JPN *****
サンフランシスコから成田までの長いフライトの後、中部国際空港行きの国内線に乗り換え。 全日空との超過料金問題があったにも関わらず、上空から見る富士山はやはりお金では買えない価値がある。


20110713_Leaving_05.jpg


Next Destination >>>




***** ENG *****
I left Nagoya on the 15th of July 2010 and came back here on the 14th of July 2011.
My initial itinerary was only for 10 months in total, but it eventually became a full 365-day round-the-world trip without using bloody Facebook or mediocre Lonely Planet.

***** JPN *****
2010年7月15日名古屋発、2011年7月14日名古屋着。
最初の旅程では10ヶ月で帰国予定だったのが、気づいたら ”地球の歩き方” なんて持たず、Facebook とかいう馬鹿げた宗教サイトも一切活用せずに丸々365日を要した世界一周旅行となった。


20110714_Flying_to_Nagoya_03.jpg


***** ENG *****
The very reason why I started this RTW trip was simply and purely because I wanted to.

In fact, this RTW trip wasn't my first one. From May 2004 to February 2005 I travelled around the world, but after I only travelled through a few countries in South East Asia and Europe, I ended up in cold miserable downtown Vancouver and I was stuck there for five months, working as a waiter with the hourly wage of only CAD6.50.... I was hoping to earn money in Canada and wanted to continue my way south to the US, Central America and South America, but this dream never came true then.
Whenever I think back to those days of my first RTW trip, I can give myself a hundred excuses for my failure: the most probable factor was that I was too young at that time and also I didn't plan enough.

Now I have completed it as for the second time with Central and South America included, both of which were my primary destinations to travel to for a long long time. However, I somehow have very mixed feelings right now despite the completion; I'm so delighted that I did what I wanted to do and that I can finally have real Sushi. At the same time I'm quite melancholic to finish this absolutely fantastic trip. Travelling can be very addictive, indeed.
At this stage I really don't know how to deal with this dilemma. Perhaps, it'll fade away as time goes by. Or I might leave Japan again and continue travelling.
Still, a question remains as "What was this RTW trip for?"
Frankly speaking, one answer would be to fulfill my dream, but it wasn't only that. And I actually have no concrete answers to this question now. Nevertheless, this RTW trip didn't only involve visiting one place after another, but also evolved into a kind of my soul-searching, through which I re-discovered one crucial thing for my life:


***** JPN *****
今回の世界一周旅行を遂行した一番の理由はただ純粋にこの世界を旅してみたかったから。

正直なところ世界一周旅行は実はこれで二回目となる。 一回目の世界一周旅行は 2004年5月 から 2005年2月 まで。 東南アジア、ヨーロッパを少し旅したあとにワーキングホリデー・ビザを片手にカナダに降り立った。 当初の予定では カナダ の バンクーバー で仕事を見つけてお金を稼ぎ、ここから 米国、中米、南米 と南下するつもりだったのだが、それは夢のまた夢だった。 6.50加ドル という最低賃金での ウェイター業では貯金は愚か、日々の生活費を稼ぐので精一杯だった。 そして毎日雨ばかりの寒い バンクーバー で漠然と 5ヶ月 を過ごし、渋々帰国せざる終えなかったという苦い過去がある。
一回目の世界一周旅行が自分の思ったようにいかなかった原因や言い訳は数え切れないほどある。 今 あの頃を振り返えれば、一番の原因は自分という人間が未熟だったことと、しっかり計画せずに行き当たりばったりの旅をしていたからだと思う。

あれから約七年。 今日遂に 二周目 となる世界一周旅行を完了。 しかも長い間憧れていた 中米・南米 への旅も無事に終えて。 しかし何故かここに来て万々歳に喜べない自分がいる。 無論、念願だった世界一周旅行を達成できて非常に嬉しいのと、本物の寿司が食べれることの喜びは間違いないのだが、この素晴らしい旅を今ここで終わらせることにちょっとした憂鬱感も覚える。
現時点での自分には ”帰国した” という事実と安堵感からか、この憂鬱感を払拭する術が思い浮かばない。 多分、日本での生活に再順応すれば自然と消えてゆくものかもしれない。 または新たな旅へ再出発するか。。。。
一人の旅人としてこんなジレンマを抱えつつも、自分にとって ”この世界一周旅行はいったい何だったのだろう?” と自問する。 すると、100通りの答えが頭の中に浮かんでくる。 その中で一つ間違いない回答としては ”世界一周することが夢だったから” であるのだが、果たしてそれだけだったのだろうか? という疑問も残る。
この過去一年間の自分を客観的に述べると、世界を旅しつつも、自身の心の旅もしていたような気がする。 そんな中で今回の旅に寄って長いこと忘れ去られていたことを一つ再発見することができた:


20110519_03_Pavones_BiggestDay_Esky (taken by Sergio Bryksa)


***** ENG *****
It was my sheer enthusiasm for surfing.

When I was living in Australia more than ten years ago, surfing was what I loved to do more than anything else, but since I left there in 2001, things became so hectic for me as most of my time back in Japan was taken over by Japan's notorious working god called Shigoto. As a result, I was just a weekend surfer for so long.

Now I found myself loving surfing again.

This is something that my RTW trip has given me as a gift, and it simply makes me happy.


***** JPN *****
それは自分の サーフィン に対する比類なき情熱である。

今から10年以上も前、若く無知な自分が過ごしたオーストラリアにて三度の飯よりも好きだったのがサーフィンだった。 それもどうしたことか2001年に帰国後、日本では絶対神のように崇められている 仕事 という死神に洗脳され、在り来りな生活に日々追われ、気づいたら自分は只の週末サーファーと化していた。

でも今またサーフィンが大好きで大好きでしかたなかったあの頃の自分を取り戻した気がする。

この点に於いて今回の世界一周旅行は決して無意味なものではなかった。


20110714_Home_00.jpg


***** ENG *****
Travelling solo is neither always easy nor always fun.

29 countries and 1 continent (Antarctica) during this RTW trip.
It's so easy to count this number. Whereas, it's impossible to count how many people I met along the way.
I did encounter some mean and rude people, but I vaguely remember them.
All I still remember now is those people who selflessly helped me out when I was in trouble and those who I shared laughter and the joy of travelling and surfing with. Without them, I could not have completed this RTW trip.

What I've written down in this article may sound corny to you, but I really mean it and all my gratitude is summed up in one simple word in the end.

ARIGATOU.


***** JPN *****
一人旅は決して簡単でも常に楽しいものでもないと僕は思う。

今回旅した国の合計 29ヶ国 と 1 大陸(南極)。
しかし数え切れないのは行く先々で出会ったいろいろな国の人たち。
なかには意地悪で無礼な人たちもいたが、彼等は僕の記憶の片隅にうっすらと残るだけ。
今でも僕の記憶の中に鮮明に残っているのは、道中困り果てた自分を見て救いの手を差し伸べてくれた心温かい人たちや、旅の素晴らしさ、そして波に乗る喜びを共有できた仲間たちの笑顔である。 彼・彼女たちがいたからこそ今の自分は世界一周の旅を無事に終え、ここに戻ってくることができた。

ここまで陳腐な言葉で長々と書いてしまったが最後に僕の心からの感謝の気持ちはこの一言に尽きる。

ありがとう。


20110714_Home_01.jpg






QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。