***** ENG *****
It's only my third day in Paris, but I've found French people much much nicer and friendlier to me than Czech people.
I see a lot of people smiling here, and unlike most other European cities, Paris is very cosmopolitanized.
Perhaps, it's even more multicultural than Sydney where I used to live for three years.


The very reason why I came to Paris is not to go shopping (No way!), but to go and see the 2010 Paris Motor Show.

Yesssss! After visiting four Germany's major automobiles' museums, there is more vehicle stuff for me to check out here in Paris. Bring it on!


A French couple approached me when I was lining up to buy a ticket in front of the main gate.

They spoke to me in French and of course I didn't understand it, but I soon realised that they were trying to sell me a ticket for EUR10.00 (Normal admission was EUR12.00).

At first, I was suspicious about the validity of this ticket, but they explained to me (in French and a little English) that they had planned to visit the motor show with their friend, but he or she couldn't make it.

Whatever their reason was, the cheaper the ticket was, the better it was for me.
As they didn't seem to be lying to me, I bought the ticket from the couple for EUR10.


What happened to me at the entrance afterwards??


I could walk in without any problems!

So I saved EUR2.00 and avoided lining up to buy a ticket. Lucky me!


***** JPN *****
パリ滞在3日目。 この町に来てから思うのは、プラハで出くわした人たちとは対照的にパリの人たちは凄く僕に友好的なように思える。
町中を行き交う人たちはよく笑っているし、何よりも人種の多様性に驚く。 白人、黒人、黄色人種、ありとあらゆる人たちがこの町に存在する。 僕が昔住んでいたオーストラリアのシドニーよりも人種の多様性に富んでいるかんじだ。


僕がパリに今回足を運んだ理由は、もちろん買い物をするため ではなくて、この町で開催される 2010年 パリ・モーターショー を見学するためである。

ドイツで既に 四つの自動車博物館 を見学しているにもかかわらず、パリまで来て またまた自動車関係。 美術館や教会巡りよりもこっちのほうが楽しからしょうがない。


入場チケットは持っていなかったので、会場で直接購入することに。
そして僕が会場の入口前でチケット購入のために並んでいたら、フランス人のカップルが歩み寄ってきてフランス語で僕に話しかけてきた。

もちろん最初は彼等の言っている事が全く分からなかったのだが、ちょとしてから 彼等は僕にチケットを安く売ろうとしていることに気づいた (本来なら一枚12ユーロのチケットを10ユーロ)。

最初はこのチケットが本物か否か半信半疑だったのだが、良く話を聞くと、どうやら彼等の友達の分のチケットだったらしいのだが、その友達がドタキャンで来れなくなり、チケットが一枚あまっている状態だとか。

まぁ 彼等の話の信憑性がどうであろうと、自分にとっては安いに越したことはない。 また僕の目にはなぜか彼等が嘘をついている様には見えなかったので、彼等から10ユーロでこのチケットを購入した。


そして会場に入るために入場ゲートへと足を運んだ自分。 ここでどうなったか というと。。。


全く問題なく入場成功!

2ユーロ安くて、尚且つチケット購入の待ち時間が解消された。 ラッキー!


IMGP6849.jpg

IMGP6883.jpg

IMGP6888.jpg


***** ENG *****
This kind of motor show is all about the latest technology, the latest vehicles and some design studies.

Hundreds of futuristic-looking vehicles are on display. I don't know if any of these cars would ever go into production, though.


***** JPN *****
この種のモーターショーは最新技術や最新車両の展示が主である。

何百もの未来的デザインをした車両に目を奪われつつも、これらの多くは参考/展示車両の趣重視のもので、実際に生産されて市場に出てくるとは限らない。


IMGP6967.jpg

IMGP7072.jpg

IMGP7026.jpg

IMGP7097.jpg



***** ENG *****
The photo below is at Toyota's booth - me with the Avator glasses on.


***** JPN *****
下の写真はトヨタブースでの一枚。 アバター眼鏡と一緒に。


IMGP6904.jpg



***** ENG *****
Like the photos below, a lot of the French people who I see at this motor show are happily smiling even when I put my camera at them. They also ask me if I want a photo of myself.

This simple human interaction was lacking in Prague when I was there.


***** JPN *****
下の写真にある様に、僕が会場で出会ったフラン人の多くは凄くチャーミングだった。 僕が彼らに対してカメラを向けてもポーズを取ったりしてくれる。 彼等もまた ”写真を撮ってあげようか?” と僕に気を使ってくれる。

この単純な "人と接する機会" が少なくとも僕がプラハ滞在中には全く無かった。


IMGP6945.jpg

IMGP6984.jpg

IMGP6947.jpg

IMGP7033.jpg

IMGP7006.jpg

IMGP7018.jpg


***** ENG *****
At this 2010 Paris Motor Show, almost all the participating companies are featuring Eco-related technologies.

All these companies seem to be seeking an alternative to replace today's petrol-powered vehicles.

Amongst the Eco-friendly vehicles on display, my favourite one is the one in the photos below.

The electric-powered vehicle.

I would love to go surfing with it every day!


***** JPN *****
この 2010年 パリ・モーターショー で参加会社がこぞって一押ししていたのは環境に優しい技術の展示だった。

どの会社も今日のガソリンエンジン車から全く違うエネルギーを動力源とする車を開発することに躍起のようだ。

いくつか展示されていた 環境に優しい車 の中でも僕の一番のお気に入りは下の写真の車。

小型ワンボックスの電気自動車である。

こんな車で波乗りに毎日行きたい!


IMGP6953.jpg

IMGP6954.jpg

IMGP6955.jpg



スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR