***** ENG *****
Paris is a very special place for me in fact.

I was actually here when I was 17. My very first time abroad then.


***** JPN *****
実はこの パリ という町は僕にとって非常に特別な存在なのだ。

自分が17歳のときに訪れた町。 僕にとって生まれて初めての海外がここ パリ だった。


IMGP7160.jpg


***** ENG *****
I've never ever forgotten what happened to me at this Jean Paul Gaultier's retailer back then.

A young cocky Esky with some interest in fashion and very little knowledge in the Western world at that time was only going to visit this designer's shop when, all of a sudden, a fashion show started right in front of me at the shop.

It was so unexpected, yet it was so dynamic and so stylish with such groovy music and super-tall funky models. It just utterly overwhelmed the little Esky back then.

16 years later, this place still gives me some flashbacks of that time and I've found the little Esky here.

It was truly my first encounter to the West right here, and I wouldn't have been this Esky today without the experience.


***** JPN *****
パリ市内にある この ジャン・ポール・ゴルチェ のお店で起きたこと。 今でも鮮明に憶ええている。

17歳の生意気な自分はその頃 ファッション関係 にすごく興味があり、どうしても足を運んでみたかったのがこのゴルチェのお店。 まだ西洋文化の ”せ” の字も知らなかった自分がお店の前まで来ると、満を持したかのようにゲリラ的ファッション・ショーが目の前で始まったのだ。

今まで耳にしたことのない音楽にのり次々と着飾った長身モデルが出てくる。 この躍動感とカッコ良さにただただ圧倒された17歳の自分。

16年後の今日、この場所に戻ってきてあの時に見た事、感じた事を回想する。 その中に若き頃の自分を見つけた。

僕にとって初めて間近で西洋文化に接触したのがこの場所。 あの時の体験があったからこそ今の自分が存在する気がする。


IMGP7156_1.jpg



スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR