***** ENG *****
I left Encarnación around 19:30pm last night by an overnight bus.
The bus company was called SOL and I paid PGY480,000 (About USD110.00!) for my ticket to Montevideo in Uruguay. It was very expensive for a bus fare, but I wanted to be in Uruguay at any cost just before Christmas Eve because I already booked accommodation in Punta del Diablo and I didn't wanna be stuck in Encarnación during Christmas: this was the only direct bus to Montevideo anyway.

***** JPN *****
昨晩の 19時半 に夜行バスでエンカナシオンを出発。
今回は SOL というバス会社。 目的地はウルグアイの首都モンテビデオ。 そして値段はなんと 480,000グアラーニ (約 110米ドル)! 南米基準で考えて、この値段は 超高い! しかし、モンテビデオまで行こうとしたら選択肢はこのバスしかなく、数日前に Punta del Diablo というウルグアイの海沿いの町の宿を既に予約してしまったので今更キャンセルしたくないし、クリスマス期間中 エンカナシオン で足止めは喰らいたくなかった。


IMGP9943.jpg


***** ENG *****
My seat was Cama (meaning "Sleeper" in Spanish) and it was the best bus-ride on my whole RTW trip: no dramas or incidents at all. The ride took just over 18 hours and it included dinner, breakfast, soft drinks and some cheesy movies played on the TV screen.
What I found really good on this bus-trip was that the bus-conductor did all my immigration work for Paraguay, Argentina and Uruguay! What I only had to do was to take my luggage to the custom officers for luggage checking as pictured above, once in Argentina and one more in Uruguay. We arrived in Montevideo's main bus terminal called Tres Cruces just before 15pm as scheduled. Well, the ticket was PGY480,000. So I got what I paid for this time, right?

***** JPN *****
今回のバスの座席は Cama と呼ばれる寝台なので、ほぼフラットになるまでリクライニングが可能。 今までのバス旅行で一番の乗り心地だったと思う。 朝食・夜食込みのジュース飲み放題で、B級映画もテレビスクリーンで見れるという至れり尽くせり。
今回のバス旅行で何よりも一番助かったのは、バスのコンダクターが国境線での入国・出国関係の業務を全て請け負ってくれたこと。 なので自分は上の写真にもあるとおり、国境線の移民局検査官が荷物の中身を検査する時のみバスを降りて自分の荷物を検査官と確認しただけ。 そしてバスはモンテビデオのバスターミナル Tres Cruces に定刻どおり 15時 に到着。 まぁ、480,000グアラーニ も払ったのだから、これくらいのサービスは当然といえば当然?!


IMGP9947.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR