IMGP0737.jpg


***** ENG *****
It was cloudy and drizzling in Ushuaia today. I got on board just after 16pm from the port in Ushuaia. There were a few ships anchored here and the smallest vessel "Ushuaia Antarctic Expeditions" is the one that takes me to no-man's land for the next ten days.
The number of passengers on this vessel is 84 and their nationalities are German, Dutch, Austrian, Spanish, Portuguese, Finish, Swedish, American, Australian, Kiwi, Mexican, Colombian, Argentinian, etc.
Amongst the Ushuaia's crew members, five are specifically assigned to assist and guide us every time we land by a rubber-boat called Zodiac as listed below. They will also give us some lectures about the history of Antarctica, marine life, etc during this journey.

* Monika (Germany) - Expedition Leader / Historian
* Daniel (Argentina) - Assistant Expedition Leader / Geologist
* Alli (UK) - Marine Biologist / Lecturer
* Mariano (Argentina) - Marine Biologist / Lecturer
* Leandro (Argentina) - Marine Biologist / Lecturer


***** JPN *****
16時にウシュアイア港から乗船。 今日のウシュアイアの天気はあいにく曇り時々雨。
この港には幾つか別の船も停泊中で、それらの中でも一番小さな船が "Ushuaia Antarctic Expeditions"(別名: ウシュアイア号)。 僕をこれから10日間の南極探検へと誘ってくれる。
今回ウシュアイア号に乗船した乗客数は合計 84人。 国籍は様々で ドイツ、オランダ、オーストリア、スペイン、ポルトガル、フィンランド、スウェーデン、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン などなど。
乗員体制もしっかりしていて、特に其のうちの 5名 (以下のリスト参照) は Zodiac と呼ばれるゴムボートで上陸した際の案内役や、南極に関する今までの歴史や海洋生物のレクチャーを船内で行ってくれる。

* モニカ (ドイツ) - 探検隊リーダー / 歴史家
* ダニエル (アルゼンチン) - 探検隊リーダー補佐 / 地質学者
* アリー (英国) - 海洋生物学者 / レクチャラー
* マリアーノ (アルゼンチン) - 海洋生物学者 / レクチャラー
* レアンドロ (アルゼンチン) - 海洋生物学者 / レクチャラー


IMGP0743.jpg


***** ENG *****
The above photo shows the Ushuaia's captain (centre left) and our leader Monika (centre right).

***** JPN *****
上の写真はウシュアイア号のキャプテン(中央左)と モニカ(中央右)。


IMGP0785.jpg

IMGP0786.jpg


***** ENG *****
The above photos show my room on the vessel. I'm sharing this room with Fukuda-san, a Japanese man from Fukuoka, and I've taken the upper bed.
There also happen to be three other Japanese people on board - Taka from Mie prefecture, and Arisa and Yuji from Tokyo.

***** JPN *****
上の写真はウシュアイア号での僕の寝室。 この部屋をもう 1人の日本人旅行者で福岡出身の 福田さん という方と共有する。 僕のベットは上の段。
ちなみに 僕と福田さん以外にも他に 三重出身の タカ、東京出身の夫婦 ゆーじ と ありさ も乗船していた。


IMGP0787.jpg


***** ENG *****
The above photo shows the bathroom that Fukuda-san and I will share with Arisa and Yuji whose room is right next to ours.

***** JPN *****
上の写真は福田さんと僕が使うバスルーム。 このバスルームはもう一部屋隣のゲスト ありさ と ゆーじ と共有。


IMGP0781.jpg


***** ENG *****
The photo above shows the captain's cabin. Unless our vessel is going through a big storm or in an emergency situation, everyone is allowed to come into this cabin at any time.

***** JPN *****
上の写真はキャプテンが常駐するキャビン。 ウシュアイア号が大荒れの海を航海中や何らかの理由で緊急事態にならないかぎり、誰でも自由にこのキャビンへの出入り可能。


IMGP0779.jpg

IMGP0740.jpg


***** ENG *****
The above photos show a common area for everyone. Tea, coffee and snack are always available for free of charge except alcohol and soft drinks. Needless to say, there is no Internet on this vessel.

***** JPN *****
上の写真は乗客専用の共有スペース。 ここにはいつもお茶、コーヒー、お菓子、果物などが置いてあり食べ放題・飲み放題 (アルコール・ジュースは有料)。 ちなみに衛星経由の電子メールは送れるらしいが、通常のネット環境は無し。


IMGP0758.jpg


***** ENG *****
I was very excited about going to Antarctica, yet a little nervous at the same time about going through an infamous channel called the Drake Passage; to reach Antarctica, this passage is unavoidable and I've only heard how bumpy the ride would be.... The Ushuaia - our tiny magnificent vessel - left the port at 18pm.

***** JPN *****
乗船してから かなり興奮気味の自分。 しかし一つだけ不安なことが。 それはあの悪名高きドレーク海峡通過が刻々と迫っていること。 ウシュアイア発南極行きの海路は必ずこの海峡を通らなくてはいけない。 この海峡に関しては悪い噂しか今まで耳にしたことがない。 僕等を乗せたウシュアイア号は18時に出航。


スポンサーサイト


【】
とうとう、南極入りですねー!
ドレーク海峡の話、楽しみにしてます。
ベッドは上に寝ても、下に寝ても、
起きた時に頭ぶつけちゃいそうですね....

(あっ、メールの返信遅れててごめんなさい!)
【Re: タイトルなし】
> とうとう、南極入りですねー!
> ドレーク海峡の話、楽しみにしてます。
> ベッドは上に寝ても、下に寝ても、
> 起きた時に頭ぶつけちゃいそうですね....
>
> (あっ、メールの返信遅れててごめんなさい!)


コメントありがとうございます。

お久しぶりです。

この南極探検はブログに書ききれないくらい話題満載でした。
ドレーク海峡も ”今となっては” 良い経験でした。。。。
  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR