上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****

<<< Zodiac Landing >>>
Port Lockroy


Finally, the sun gave up playing hide-and-seek with us.
Up until today I thought that Antarctica would never ever have any sunny days throughout the year, but it wasn't true. It was pleasantly warm this morning with a nice breeze in the air.
One of the female staff members at the British base in Port Lockroy came on board this morning to give us a briefing about the history of Port Lockroy before our landing to visit their base.

***** JPN *****

<<< ゾディアック上陸 >>>
ポート・ロックロイ


今朝になって眩しい日差しが分厚い雲の中からやっと出てきた。
自分は今日まで南極は一年中曇り空また吹雪の日ばかりが続くものだと勝手に解釈していたのだが、いくら地球の果てでもそんな筈はない。 今朝の天気は少し雲が多いが青空も垣間見れて風も穏やか。 しかも少し暖かい。
今朝上陸予定のポート・ロックロイにはイギリスの基地局があり、この基地局へお邪魔する前にそこで働いている女性スタッフの 1人 がウシュアイア号までやってきて僕等にポート・ロックロイの歴史などを簡単に説明してくれた。


20110124am_00.jpg


***** ENG *****
Even though I feel that the temperature is quite high under this fine weather, the water is still FREEEZING!

***** JPN *****
今朝は本当に日差しが強く、気温もグングンと上がっている気がするのだが、海水はやはり物凄く ツベタイ!

20110124am_01.jpg

20110124am_02.jpg

20110124am_03.jpg

20110124am_04.jpg


***** ENG *****
Port Lockroy used to be a base for whalers. No wonder some whale-bones were still evidently intact everywhere around here.

***** JPN *****
一昔前までポート・ロックロイは捕鯨船の駐屯地だったらしく、その名残として今でも鯨の骨をいたる所で目にすることができる。

20110124am_08.jpg

20110124am_05.jpg


***** ENG *****
One of the buildings of the British base was still kept as how it used to be.
I'm sure the contents inside these cans are still edible today?

***** JPN *****
イギリスの基地局の建物の一部は昔のままの状態で保管されており、資料館のようになっている。
もちろんコーンビーフやベイクド・ビーンズ缶の中身も昔からそのままなので今でも食べられるはず?

20110124am_10.jpg

20110124am_09.jpg


***** ENG *****
We were also able to observe the nests of Gentoo Penguins outside the British base.

***** JPN *****
イギリス基地局の外にはジェンツーペンギンの巣が幾つかあり、そこで数羽の雛も目撃した。

20110124am_06.jpg

20110124am_07.jpg


***** ENG *****
Shortly after leaving Port Lockroy, our vessel sailed through Lemaire Channel.
The photo below is me with only a T-shirt on. It was certainly very cold because of the wind-chill on the deck. Nevertheless, I was still able to enjoy sun-bathing then.

***** JPN *****
ポート・ロックロイを後にし、僕等を乗せたウシュアイア号はレマイレ海峡を通過。
下の写真は上半身Tシャツ一枚だけの自分。 言うまでもなく甲板上はいつも風が通り抜けるので寒いのだが、久しぶりの日差しを無駄にしないためにここで日光浴。

20110124am_11.jpg


***** ENG *****
Lemaire Channel was so spectacular and almost scary to me. Yet, I couldn't take my eyes off from all these mountains.

***** JPN *****
空の色と白い雲が混じり、このレマイレ海峡沿いに連なる絶壁の山々が怖いくらいに美しく僕の目には映った。

20110124am_12.jpg

20110124am_13.jpg

20110124am_14.jpg


***** ENG *****
The photo below is when I returned inside the vessel and enjoyed some tea with my room-mate Fukuda-san.

***** JPN *****
下の写真は冷たい外の世界から共有スペースに戻った後、ルームメイトの福田さんとお茶をたしなんでいるところ。

20110124am_16.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。