***** ENG *****
All participants for the tour to Uyuni gathered around in front of the travel agent at 8am this morning in San Pedro de Atacama.

***** JPN *****
朝の 8時 にツアーに参加するメンバー全員が サンペドロ・デ・アタカマ の旅行代理店前に集合した。


IMGP2169.jpg


***** ENG *****
We all rode a minibus to the Chilean immigration office where we had an exit-stamp on our passports and then headed off to the Bolivian immigration office by the same minibus.
At this Bolivian immigration we had an entry-stamp on our passports in the office and each one of us had to pay for "the park entrance fee" which was not included in our tour: I now forgot how much it was. Sorry.

***** JPN *****
ここからミニバスに乗車し国境線のチリ移民局まで移動。 まずはチリの出国スタンプを各自のパスポートに押してもらう。 それが終わるとミニバスに再乗車して今度はボリビアの移民局へと移動。
ボリビアの移民局に到着すると入国スタンプをパスポートに押してもらいつつ、移民局のスタッフから ”国立公園の入場料” とか何やらで幾らか徴収された (正確な金額は忘れた。)


IMGP2174.jpg

IMGP2177.jpg


***** ENG *****
17 of us in total on this tour, so we had to be divided into two 6-people groups and one 5-people group.
My group was 6 people: two Austrian girls, one German girl (she was a psycho), an Australian couple from Adelaide and me. Our driver was Bolivian, and his name was Leo, a little quiet but friendly enough. And the vehicle which was taking us all the way through the highlands of Bolivia for the next three days was ....

TOYOTA Land Cruiser !

This Japanese 4x4 must be the most reliable on dirt roads as well as in high-altitude places. I would probably refuse to go on this tour if our vehicle were Hyundai. Hahaha.


***** JPN *****
このツアーの参加者は全員で 17人。 ここから車三台に分乗して移動するために 6人組二つ と 5人組一つ の編成になった。
自分のグループは 6人組で オーストリア出身の女の子2人、ドイツ出身の女1人 (こいつが無茶苦茶性格悪かった)、オーストラリアのアデレード出身のカップル、そして自分。 僕等のドライバーはボリビア人の Leo。 少し物静かだが友好的で決して無愛想ではない。 そしてこれからの三日間 僕等をウユニ塩湖まで運んでくれるのは泣く子も黙る

トヨタ ・ ランドクルーザー!

道なき道を行くこのツアーに於いて日本車のランクルが出てくるのは確たる信頼性がある証! もしここで Hyundai の車でも出てきたものなら自分はこのツアーの参加を即効拒否していたかも(笑)


IMGP2173.jpg


***** ENG *****
The photo below shows our driver Leo tying up my bulky surfboard on the roof-top.

***** JPN *****
下の写真に写っているのがドライバーの レオ。 かさばる僕のサーフボードをひもで縛っているところ。


IMGP2179.jpg


***** ENG *****
At first, we made a brief stop by two beautiful lakes as pictured below.

***** JPN *****
まず最初に足を運んだのは下の写真にある二つの美しい湖。


IMGP2183.jpg

IMGP2188.jpg


***** ENG *****
One underwater-shot here as well. The water was extremely tranquil.

***** JPN *****
もう御馴染みの水中撮影もここで一枚。 この透明度は有り得ない!


IMGP2194.jpg


***** ENG *****
Another photo of the lake with a Mt.Fuji-like mountain in the background.

***** JPN *****
もう一枚 湖の写真。 富士山に少し似たような山が背後にあったのでそれと一緒に撮影。


IMGP2199.jpg


***** ENG *****
And we kept on going afterwards.
Going, going, going up ....

***** JPN *****
その後は車をしばらく走らせた。
道なき道をひたすら上がっていく。。。。


IMGP2198.jpg

IMGP2203.jpg


***** ENG *****
We made a stop in the middle of nowhere as pictured below; This place was apparently well-known for one of the surrealism-paintings by Dali.

***** JPN *****
次に僕等のランクルが停車したのは下の写真にある場所。 シュール・リアリズム の ダリ が描いた絵で有名な場所らしい。


IMGP2204.jpg

IMGP2206.jpg

IMGP2208.jpg


***** ENG *****
We stopped at this hot spring area as pictured below for lunch, but I packed my swim-wear in my backpack which was loaded on top of our Land Cruiser. Unfortunately, I couldn't go into the hot spring then.

***** JPN *****
正午過ぎにはランチも兼ねて下の写真にある天然温泉が湧き出ている所を訪問。 自分の水着はランクルのルーフトップにしっかりと縛り付けられたバックパックに入れたままだったのでこの温泉は入れずじまい。


IMGP2210.jpg


***** ENG *****
Everything "seemed" to be going well so far. However, I started to have a little headache shortly afterwards. I didn't think at this stage that my headache would become more severe later on....

***** JPN *****
ここまでは何も問題なく全てが順調に進んでいるかのように思えた。 しかし、この温泉を訪れた直後ぐらいから急に軽い頭痛が始まった。 この時点ではまだ ”軽い高山病の症状じゃーん” と軽視していた自分。


IMGP2213.jpg


***** ENG *****
Today's accommodation was actually located at 4,300m Elevation !
By the time we arrived in our hostel around 16pm, I was almost brain dead - a severe case of the high-altitude sickness....
I chewed some Coca leaves beforehand, but they didn't help me at all. In fact, the Coca leaves gave me some numbness and I was feeling rather dizzy, and my headache became even much worse.
I only had breakfast today, and by midnight I threw it all up. So my tummy was completely empty, but I wasn't hungry at all. I just wanted to lay down in bed and tried to get as much sleep as possible even though my headache was keeping me awake. I even asked Leo to take me back down to San Pedro, but he insisted that we were all going down a bit tomorrow (down in elevation, he meant) so that I was gonna get better....
The above photo was taken by Mark, one of the Australians from Adelaide in my group. I look as if I was being possessed by a demon in this photo. I was seriously ill then.


***** JPN *****
ちなみに僕等が今晩泊まる宿があるのは 標高 4300 メートル!
その宿に 16時頃 に到着した時点で自分には典型的な高山病の症状が出始めていた。 そして酷い頭痛と嘔吐でもう気を失いそう。
高山病の典型的な対処方に コカの葉 が良く使用されるが、自分の体には全く効果が無かった。 と言うか、あのコカの葉の独特の香りと味がどうも好きになれず、逆に気分がもっと悪くなってしまった。 そして頭痛もさらに深みを増してきた。
今日 自分が口にしたのは朝食のみ。 これも今晩までに全て吐き出してしまったのでお腹の中は空っぽ状態。 でも食欲は一切無く、ただ気持ちが悪くて悪くてベッドに横になり眠りに着こうとするのだが強烈な頭痛で直ぐに目が覚めてしまうといった具合。 症状が全然回復しなかったのでドライバーのレオに自分だけサンペドロまで降ろしてくれないかと懇願したが、彼曰く「明日はここまで高くないよ。 下っていくだけだから大丈夫。」 だって(泣)。
上の写真は同じランクルに乗車したアデレード出身のオーストラリア人 Mark による撮影。 今見てみると悪魔にでも取り付かれたかのように顔に血色が全く無く目が虚ろ。 これはヤバイ!


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR