***** ENG *****
The Drake Passage on my Antarctica Expedition was really harsh on me, but today is even much worse than that day.
Since last night I've been vomiting numerous times and having a migraine: it's not a headache anymore because even if I slept for a while or had some medicine, it's never gone. I've even started to think that I might have a brain tumor. It's that sever! Some people on the same tour have been helping me a lot, especially Australian couple Eliane and Mark from Adelaide. They gave me all kinds of proper medicine and regularly checked if I was Okay. Thank you very very much for your great help, Eliane and Mark!

This is actually my forth time to become ill on this RTW trip.... The previous three are listed below:
1. 2010 September in Frankfurt, Germany
2. 2010 November in Sao Paulo, Brazil
3. 2010 December in Montevideo, Uruguay

I must say that travelling solo is neither always easy nor always fun, especially when becoming ill. Nevertheless, wherever I go, there is always somebody who helps me out. As I've been helped a lot by some people, I've been overwhelmed by their generosity. I have to offer some help to other people in trouble from now on.

A very fortunate thing for me is that we are not going any higher than 4,300m today on Day-2. Tonight's accommodation is located around 3,700m high. We are just descending all the way, though it's still high enough. I should be able to start feeling better than last night. I now just keep my fingers crossed.

***** JPN *****
先月 南極探検中にウシュアイア号で渡ったドレーク海峡は凄まじかったが、今日という日はまた違う意味であの日の何倍も凄まじかった!
昨晩から口にしたものは全て吐いてしまい (食欲がないので水分補給だけだが)、頭痛に関してはどんな頭痛薬も効かず、しばらく寝ても全く治まらない。 これは 方頭痛 で間違いない! 方頭痛 と 吐き気 があまりに酷いので脳に腫瘍でもできたのではないかと錯覚するくらいだった。
死にそうな自分を見て同じツアーに参加していた人たちも心配そうに声を何度か掛けてくれた。 特にアデレード出身の Eliane と Mark には大変お世話になった。 Eliane が看護士だったのが幸いし、彼女が持ってきていた薬をいくつか頂いた。 Eliane と Mark に心から感謝!

恥かしながらこの旅を始めてから疾病するのはこれが四回目 (以下リストは今までの疾病体験):
1. 2010年 9月 フランクフルト、ドイツ
2. 2010年 11月 サンパウロ、ブラジル
3. 2010年 12月 モンテビデオ、ウルグアイ

一人旅は決して楽しい事ばかりではないということ。 特に疾病したときにそれを痛感する。 これほど続けて疾病するのは生まれて初めてだが、どれも幸運なことに必ず誰かが救いの手を差し伸べてくれた。 ここに来るまでにたくさんの人に助けられてきた。 彼等の寛容さに感謝の気持ちで一杯なのと同時に、自分も助けが必要な人を見かけたら救いの手を差し伸べていきたい。

僕にとって不幸中の幸いだったのが、この 標高4,300m が今回のツアーの最高点とのこと(初日でこの高さはキツイ)。 そして今晩宿泊する予定の宿は 標高3,700m 地点 (まだ充分に高いけど)。 今日はずーっと降って行くのみなので自分の高山病の症状も昨晩よりは軽減するはず? それでも 標高3,700m は富士山なみに高い。。。。


IMGP2214.jpg


***** ENG *****
Because I was so sick last night and my body was still slowly recovering as well as gradually adjusting to the high altitude, the only photo that I took today was the above one so-called " Stone Tree ".
Obviously, this photo was taken from the inside of our car. I just couldn't get out of it at all! This simply tells you how sick I was.

***** JPN *****
昨晩から患った高山病の症状があまりにも酷く食事もろくに摂れていないので今日はまだ体力が全く回復しなかった。 高所に自分の体を慣らすのにもまだしばらくの時間が必要。 なので今日唯一写真におさめることができたのは上の一枚のみ。 これ ストーン・ツリー と呼ばれる歪な岩。
見ての通り、この写真は僕が座っていたランクルの助手席から撮影。 車の外に出る気力すら無かった! 高山病を決してあまく見ないほうが良い。


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR