上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20110216_00_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_03_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
I wasn't sick anymore. I was rather excited about going into Salar de Uyuni.
There was an audio player installed in our Land Cruiser and we could connect our portable music players into it. It was my Blackberry which had just coincidentally started Moby's track "Porcelain" when we stepped into the shallow water of the lake.

***** JPN *****
高山病の症状もすっかり無くなり、ウユニ塩湖突入が秒読みに入ったところで興奮はピークに。
僕等の乗ったランクルには便利なことに iPod など自分達の携帯音楽プレーヤーを接続できるオーディオがあった。 丁度タイミングを見計らったかのように自分達がウユニ塩湖の湖面へ進入したとき、僕の BlackBerry が Moby の曲 "Porcelain" を鳴らし始めた。


20110216_04_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_05_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
It was sunny with no winds and I could not believe my eyes.

"Wow!" was the only word that kept coming out of my mouth.

I took off my shoes and socks as quickly as possible and jumped out of the vehicle.


***** JPN *****
外は晴れて日差しが強いが風が無い。 そして飛び込んできた光景に我が目を疑った。

”うぉーっ!” だけしか口から出てこない。

履いていた靴と靴下を脱ぎ捨て、興奮いっぱいの状態でランクルから飛び降りた。


20110216_06_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
I started walking further and further from my tour-group, walking as far as I could and wanted to go, and then I took a deep breath as to embrace this spectacular scenery.

***** JPN *****
グループから少し離れて1人っきりになるために歩き始めた自分。 できるだけ遠くまでゆっくりと足を進ませた。 歩きながら自分の呼吸に意識を置き、目の前に広がる景色に没頭する。


20110216_10_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_11_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_12_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_13_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_14_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
Salar de Uyuni wasn't only the world's largest salt-lake, it was also the world's most magically beautiful lake.

***** JPN *****
ウユニ塩湖は世界最大の塩湖といわれているが、これは世界一魅惑的な湖でもあると思う。


20110216_15_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_16_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_17b_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_18_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_19_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_20_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_21_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_22_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_23_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
We spent about two hours in the lake, but two hours weren't enough at all. Antarctica was outstandingly beautiful, but Salar de Uyuni was another beauty in a different way.
As we were leaving, some thick clouds came out of nowhere and this enchanting lake was still showing some magic with the clouds over its face.

***** JPN *****
僕らは二時間ほどいたが、もっとここにいたいと思わせるくらい不思議な魅力を持つウユニ塩湖。 南極の美しさは例えようが無かったが、このウユニ塩湖はまた違った美しさを醸し出していた。
帰り際に、何処からともなく現れた灰色の分厚い雲。 ウユニ塩湖は次なる魔法でも始めるかのようにこの分厚い雲を湖面に魅惑的に写し出していた。

20110216_24_Salar_de_Uyuni.jpg

20110216_25_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
Farewell to our driver Leo when we came back to Uyuni. He did such a great job. And I tell you, he was a professional Land Cruiser driver. Thank you very much, Leo!

***** JPN*****
ウユニの町に戻ると、ここで僕等のドライバーだった Leo ともお別れ。 彼にはいろいろとお世話になった。 Leo のランクル操作はプロ並み。 ありがとう Leo!

20110216_26_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
I realized that my clothes, my camera and my watch were all covered with full of salt!

***** JPN *****
ウユニの町に戻ってから気づいたのは、服もカメラも時計も全部 泥まみれ ではなく 塩まみれ!

20110216_27_Salar_de_Uyuni.jpg


***** ENG *****
A lot of the people on our tour will leave Uyuni by an overnight bus tonight, but I've decided to stay in this tiny town tonight just to take it easy and I'll catch a bus tomorrow morning to go to Potosi.

!!!!! Note !!!!!
It turned out that amongst all the participants on this tour I paid the least: USD120.00 in cash which was equivalent to CHP58,000. Everyone else paid CHP65,000 or even more.
In the end I deserved the discount because I just wasted half of the first day and the whole second day due to my severe altitude sickness. Anyway, it's highly recommended for everyone to carry out altitude-acclimatization for at least a couple of days before joining this tour! San Pedro de Atacama is actually located about 2,400m above sea level. I should have stayed there for two or three days at least. But It's too late now....

***** JPN *****
今回のツアーに参加したほとんどの人がウユニには一泊もせずに夜行バスで次の目的地へ移動する予定。 自分は病み上がりだったので軽く静養も含めて今晩はこの小さな町に泊まることにした。 そして明日の朝のバスでポトシという町へ向かう予定。

!!!!! 備考 !!!!!
後から分かったことなのだが、今回のツアー参加者の中で僕が一番安い料金で参加していたみたいだ。 僕は現金で 120米ドル (58,000チリペソ に相当) を支払ったが他の参加者は最低でも 65,000チリペソ は支払っていたらしい。
過度の高山病を患い、このツアーの初日半分と二日目丸一日を完全に無駄にした自分からしてみれば最安値でツアー参加したのは当然のような話なのだが。 いずれにしても、今後このツアーに参加される方は必ず二、三日は 標高2,000 ~ 3,000m のところで体を慣らしてから参加することを絶対にお薦めします。 ちなみに出発地だった サンペドロ・デ・アタカマ は 標高2,400m に位置している。 あと二、三日くらいあそこに滞在していたら、決してこんなことには成らなかった筈。。。。


スポンサーサイト


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。