上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
I'm leaving La Paz for Cuzco in Peru by bus this morning. The Bus company is called "Salvador" and the ticket is BOB100 (about JPY1,200). It leaves the bus terminal at 8am: not the Cemetario bus terminal, the other one in La Paz.

Although I was very sick on my first two days in Bolivia, I really enjoyed my stay in this country. Bolivia is very peculiar and very cheap compared to all the other South American countries I've been to.
There are quite a few things that I've found very unique in this country. The below are what I've found peculiar to Bolivia:
1) Bolivian women in those colourful traditional clothes
2) Shoe-polish boys with a suspicious knit-mask over their faces


***** JPN *****
今朝ラパスを後にし、次の目的地であるクスコにバスで向かう。 今回のバス会社は ”Salvador”。 チケットは 100ボリビアーノ した(約1,200円)。 ラパスには大きく分けて二つバスターミナルが存在するが Cemetario ではないほうのターミナルを 8時 に出発。

ボリビア入国後の最初の二日間は高山病でとんでもない思いをしたが、総合的に見るとかなり楽しい旅ができた。
今まで旅をしてきた南米諸国の中でボリビアという国は食事も宿も交通費も安い。 そしていろいろな意味でこの国はかなり一意だと思った。 なかでも特に一風変わっているのは以下の二つ:
1) 伝統的な民族衣装(?)を身にまとったボリビア人女性
2) 常に毛糸でできたマスクを被った靴磨きのボリビア人男性


IMGP2620.jpg

IMGP2609.jpg

IMGP2602.jpg

20110221_03_La_Paz.jpg

20110221_08_La_Paz.jpg

IMGP2615.jpg

IMGP2648.jpg

20110221_05_La_Paz_Shoe_Shine_Boys.jpg

20110221_06_La_Paz_Shoe_Shine_Boys.jpg


***** ENG *****
Many things in this world keep changing over time.
I hope that the peculiarity of Bolivia will stay the same forever from now on.

***** JPN *****
この世に存在するものは時の流れとともに変化していくのがほぼ必然。
それでもこのボリビアの特有さは時がどれだけ経っても変わってほしくないと思った。


IMGP2599.jpg


Next Destination >>>


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。