CH20110311_1.jpg


***** ENG *****
I woke up at 5am this morning because of the rain outside.
The rain was intense. I could not go back to sleep.

For no reason I picked my Blackberry from underneath my pillow and I just opened the browser to have a look at Yahoo's news section (This is my new habit these days).
Then I became fully awake by all the headlines about the monster earthquake hit in the Northern Japan.

The next thing I did was to send a short message to all my family members and friends in Japan to make sure that they were Okay.

All of them replied to my message quickly enough and told me that they were safe.
I was relieved just for a short while.
And then all things started flooding on TV and on the Internet:



Huge Tsunamis ....



Ongoing aftershocks ....



The nuclear power-plant blowing up in Fukushima ....



We on Easter Island also had to do a massive evacuation to the island's only airport as a serious Tsunami warning was being issued.


Strangely enough, I wasn't really concerned about any Tsunami to arrive in this island (The estimated arriving time of Tsunamis to Easter Island was around 17:45pm), but I was rather worried about my country and doing a lot of thinking in my head.


It was 23pm after a long long wait and the Chilean police finally let me go back to my guesthouse.
In fact, all other tourists were made to stay at the evacuation site till the next morning, but I strongly begged police to let me go back to Mihinoa because I needed to check on the Internet how the effect of the earthquake and Tsunami was in Japan.


Unfortunately, all I saw on the Internet was grim news over and over....


I took a shower afterwards and tried to go to sleep, but I couldn't.

I don't remember when I fell asleep eventually, but it was the longest and saddest day ever on this RTW trip.

My thoughts go out to those who have been affected by this catastrophe.


***** JPN *****
外の激しい雨音で今朝は何故か 5時 に目が覚めた。
雨は物凄い勢いでしばらくの間降り続いたので、直ぐに眠りに戻ることができなかった。

最近の僕は、毎朝目が覚めると同時に枕元に置いてある自分の BlackBerry を取り出し、日本の Yahoo のニュースを確認するという変な癖が定着している。
今朝も なんとなく な気持ちで開いた Yahooニュース の全見出しを見た瞬間、眠気が一気に吹き飛んだ。 見出しは全て東北地方で起きた大地震に関するものだった。

慌てふためいてベッドから起き上がると、真っ先に日本にいる家族や友人全員に安否確認のメールを送った。

そして家族と友人全員から直ぐに返答があり、皆の無事が確認できたことに少し安堵。

そんな安堵の時も束の間、テレビやネットで様々な情報が溢れ出てきた:



巨大な津波が日本沿岸部に 。。。。



大規模な余震がまだ頻発 。。。。



そして、福島県の原子力発電所で爆発発生 。。。。



どの情報がどこまで本当なのか調べる術は今の僕には全く無く。 そんなこんなしていたら、今度はイースター島にも津波警報が発令され、島でたった一つある小さな空港に避難することに。


このとき何故か自分は津波がイースター島までやってくることに懐疑的だった (イースター島への津波到達予想時刻は 17時45分頃)。 むしろ自分の国が今どうなっているのか? 東北地方の人たちは無事なのか? 福島の原発はどこまで深刻なのか? などなど ありとあらゆる事で頭の中がパンクしそうになっていた。


避難してからどれだけ待ったことだろう? やっと警備に就いていたチリ警察の警察官から自分の宿まで戻って良い事を告げられたのは 夜の23時ころ。
この日、他の観光客はほぼ全員が空港の避難施設で一夜を過ごす羽目になったのに対して、自分は警察官に どうしても日本のことが気になるので、宿に戻ってネットを使いたい ことを嘆願したため特別に戻ることができた。


しかし、自分がネットで目にしたものは惨劇に次ぐ惨劇。。。。


シャワーを浴びた後、眠りにつこうとしたのだが、頭の中は様々な思いや不安が交錯する状態。

結局この日は 何時に眠りについたのか憶えていない。 唯一はっきりと憶えていることは今日という日がこの旅の中で一番長く悲しい一日であったこと。

今回の東日本大震災で被災された方々へ心よりお悔やみ申し上げます。


CH20110311_2.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR