IMG00699-20110314-1011.jpg

***** ENG *****
I met a local surfer when I was surfing at Hanga Roa Bay yesterday morning.
His name was Paka and he had big eyes with very dark skin just like the typical look of Pacific-islanders.

He paddled towards me, shook my hand and asked me a few questions such as my nationality, my job, etc etc.

I told him that I was travelling around the world for one year.

And he quickly responded to me;



" Oh! So you must have A LOT OF MONEY ?! "



I replied to him in the most humble way;



" No No No! I don't have a lot of money at all. "



And then he said to me;



" Travelling for ONE YEAR? You need lots of money to do that, don't you ?! "



I still kept denying his assumption by saying;



" No! No! No! "

But I was thinking in my head - " It's true. I need money to travel. "



Many things (or almost everything) on Easter Island are expensive - about double the price of the stuff on the mainland in Chile, and most local people on Easter Island heavily rely on us (tourists).
So I asked him that he should also have money to live on Easter Island.

Then he placed his right arm onto his chest and said proudly;



" I don't have a lot of money, but I have MY OWN FAMILY!! "



I just grinned at him.



He has something that money can not buy.

I actually envy him a lot.



***** JPN *****
昨日の朝方 Hanga Roa Bay で波乗りをしていた時に Paka という名の地元出身らしきサーファーに出会った。
地元出身らしきと言ったのも、彼の容姿が南太平洋島民によくある浅黒い肌色で大きな目をしていたからだ。

Paka は波待ちをしていた僕のほうにパドルしながら近づくと、手を差し伸べ握手をし、僕の出身地や職業などを聞いてきた。

自分は現在旅行中の身なので、1年かけて世界を旅行している旨を彼に伝えた。

すると Paka は



”お前 それなら結構な額のお金を持っているだろっ ?! ”



お高くとまってるように思われたくなかった自分は彼にこう答えた



” ノー、ノー、ノー そんなにお金は持ってないよっ! ”



Paka は続けて僕にこう聞き返した



” 1年も旅するくらいなら結構な額のお金は絶対に持ってるだろ! ”



そんな Paka の思惑とは裏腹に僕は



”ノー、ノー、ノー!” とだけ返答。

でも内心では ”んーっ、お金がないと旅が出来ないのは紛れも無い真実。 ”



実はここイースター島はほとんどの物(全ての物 といっても過言ではないかも)の物価がチリ本土の約二倍はするのでバックパッカー泣かせの観光名所である。 そして地元の人達のほとんどが僕達のような観光客で生計をたてている。
ここイースター島出身であろう Paka も収入源はこの島の観光業であるのは間違いなかったので、今度は逆に僕から Paka に ” あなたもある程度の額のお金は持っているでしょ? ” と訊ねてみた。

すると彼は右手を挙げ、拳を胸元に当てると はっきりとこう答えた;



” 俺は大金なんて持ってない。 でも愛する自分の家族を持っている! ”



誇らしげに答えた Paka に対して軽い笑みを返した自分。



お金では絶対に買えないものを彼は持っている。

そんな Paka がすごく羨ましく思えた。


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR