上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
Cruz del Sur's overnight bus cost me PEN86.00 (about JPY2,500) from Lima to Trujillo and I arrived in Trujillo very early yesterday morning.
WikiTravel is one of the online travel-guides that I often utilize these days, and I had looked into this particular website for Chicama and found out about how to travel from Trujillo to Chicama in the cheapest way. However, the fact was that the information on the website was completely wrong! I wasted some money and time just wandering around Trujillo in the morning because of it.

!!!!! Note !!!!!
As of March 2011, the information in the "Get Out" section on WikiTravel for Chicama was false. Don't follow that way! And who bloody posted it?!


***** JPN *****
リマ から テュルヒーヨ まで乗った Cruz del Sur の夜行バスは 86ソル (約 2,500円) した。 そして昨日の早朝に テュルヒーヨ に到着。
この旅を始めて以来 WikiTravel という Wikipedia の旅行版のようなサイトをたまに活用している自分。 テュルヒーヨ の町から少しいったところにある チカマ が僕の最終目的地だったので、このサイトに載っていた ”チカマ へ行く方法” を事前に入手していたのだが、当該サイトに掲載されていた情報が間違っていた。 なので、午前中に チカマ まで辿り着く予定だったのが、この誤情報に寄り テュルヒーヨ の町中をしばらく彷徨い歩く羽目になった自分。。。。

!!!!! 注意 !!!!!
2011年3月現在で掲載されていた WikiTravel (英語版) の "Get Out" セクションにある情報は間違いです。 あんな誤情報 誰が書いたんだー!?


PR20110323_1.jpg


***** ENG *****
WikiTravel for Chicama used to say that a bus to Chicama was leaving from the Ripley shopping mall. So I went there, but found no buses there.
Here is the correct information for how to get to Chicama from Trujillo: as shown in the above photo, there is a minibus terminal in Trujillo called "Terminal Terres Tre (aka Santa Cruz)". This is where you have to catch a Dorado bus to Chicama. People at this terminal should be calling out either: "Chicama! Chicama!" or "Puerto! Puerto!" Thus, you never miss it.
As of March 2011, the fare was PEN5.00 one way, plus I was charged another PEN5.00 for my surfboard.... The bus-ride should take about 2 hours to get to Chicama.


***** JPN *****
その WikiTravel に書いてあったのは ”Ripley という ショッピングセンター から チカマ行きのバスが出ている。” だったので、行ってみたら、バスどころかバス停の バ の字も無かった。。。。
今後の旅行者のために 以下が正確な (?) テュルヒーヨ から チカマ まで行く方法: 上の写真にある "Terminal Terres Tre (別名: Santa Cruz)" というミニバス専用のターミナルが テュルヒーヨ 市内にある。 このバスターミナルから Dorado という名前のバスに乗る。 このターミナルには ”チカマ! チカマ!” や ”プエルト! プエルト!” とバスの目的地を声高に唱える おにーちゃん がいるので、その Dorado バス に乗ること。
2011年3月現在の料金は 5ソル だった。 サーフボード は別料金といわれた僕は、余分に 5ソル 払わされたので合計 10ソル。 テュルヒーヨ から チカマ までは 約2時間 の旅。


PR20110323_2.jpg

PR20110323_3.jpg


***** ENG *****
El Hombre was where I checked in yesterday in Chicama. The curtain hanging out of the window on the second floor in the above photo was where I stayed with American guy Chris from San Diego. It was PEN20.00 per night without breakfast.

And....

The photo below was what came into my eyes yesterday from El Hombre.


***** JPN *****
僕が泊まった宿は El Hombre というところ。 上の写真にある 二階の窓からカーテンが半だし状態になっている部屋を アメリカ・サンディエゴ出身 の Chris というサーファーと共有。 料金は一泊 20ソル で朝食は別料金。

そして

僕のお目当てのものが El Hombre の目の前に広がっていた。


PR20110323_4.jpg


***** ENG *****
To be perfectly honest with you, I just kept saying to myself: "What the hell is this?!", "Am I dreaming or what ?", "This can't be real !"

Yes, it was real.

For years I have heard about rumors of this world's longest lefthand wave. And the rumors were correct. This spot was definitely where the world's longest waves were.


***** JPN *****
この光景を目の当たりにした僕は、一瞬 我が目を疑った。 このときの自分の頭の中は: ” なに これーっ !? ”、” 自分は夢でも見ているのか ? ”、” こんな波 有り得ないでしょっ !! ”

有り得ました。 夢ではありません。

サーフィンを始めてからこの何年もの間、世界最長のグーフィーの波がここに存在するという噂は聞かされてきた。 噂 ではなく 真実 だった。 誰がなんと言おうと、自分の目の前に広がっているのは世界最長のグーフィー波だった。


PR20110323_5.jpg


***** ENG *****
Needless to say, I rushed out with my surfboard to an outside-section where it appeared to be not too much hassle for me to paddle out. The above photo does NOT actually show the paddle-out section; it was another 5-minute walk after passing the edge of the hill which is shown on the top-left corner of the above photo. This is just to prove HOW JAW-BREAKINGLY LONG these waves were.
It actually took me a while to figure out where exactly I could paddle out and to make myself mentally ready to duck-dive big soups for a numerous times....
There were already about 20 guys out there, but they all spread out. The wind was light and offshore, and the waves were 3 to 5ft on a set; apparently, it was one-size bigger on the day before yesterday.
The take-off section could be a little bit fat, but once I caught a wave, it formed a long-long-long solid shoulder, which wasn't hollow enough to get a barrel, but a long consistent wave. It occasionally closed out in the middle section. Furthermore, the current was strong....
Once I caught a wave and rode it long enough to be eventually sucked over by the wave or to make my legs weary, I was already so far away from where I started riding the wave. Thus, there was no way to paddle back out. It was so much easier to catch another one or two waves, come back in, walk back to the paddle-out section, get out by making a few duck-dives and catch more waves. And repeat this whole process again and again.


***** JPN *****
El Hombre のチェックインを早々に済ませると、自分のボードを抱えて一目散にゲティング・アウトができる所へ向かった。 ちなみに上の写真には その ゲティング・アウト ができる所は写っていない。 上の写真の左上に見える丘の向こう側へと廻り、更に 5 ~ 6分 くらい歩いたところにある場所からゲティング・アウト。 それだけチカマの波が長いということである。
このゲティング・アウトのところで少し立ち往生していた自分。 ウネリが大きかったのと、とめどなく打ち寄せるスープに飛び込んでいく勇気を振り絞るのに少し時間を要してしまった。。。。
この日は既に20人くらいが入水していたが、なにせ長い波なので、みな散らばっていた。 波はセットで 3 ~ 5フィート。 風は弱いオフショア(一昨日の波は 6フィート超 はあったらしい。)
テイクオフは少し厚めなので、必死にパドル。 それでも一回つかまえると、それはそれは なが~い ショルダー が目の前に広がる。 どちらかと言えば、ほれる波と言うよりも形に常に一貫性のある長い波。 たまにミドルセクションで一気にクローズする場合も。 言うまでも無く カレント はかなりきつかった。
一度 波をつかまえて行ける所まで全力疾走し、最後はその波に呑み込まれるか、自分から降りる。 そして後ろを振り返ると、自分が乗り始めたセクションが遥かと~くに見える。 これをパドルで戻るのは かなり大変 って言うかほぼ不可能。 最善の方法は、一つの波を乗り切ったところから次の波をつかまえて岸まで戻り、またゲティング・アウトしたところまで歩いて行き、そこからスープを喰らいながらパドルして沖へと出る。 これを疲れきるまで繰り返す。 っといった具合。


PR20110324_1.jpg


***** ENG *****
Thanks to Chicama's strong current. My shoulders were aching badly yesterday.
The above photo shows the tiny town of Chicama that I went to after surfing. It was nearly dead.
As there was nothing for me to see in the town of Chicama, I went back to the beach to see the sunset. Then Chicama showed off with another charm. This time it wasn't the longest wave, but it was Chicama's glory with the sun behind the clouds.


***** JPN *****
この日 僕の両肩は強烈なカレントとの戦いに寄るパドルに次ぐパドルでパンパン状態。
上の写真は波乗りの後に少し足を運んだチカマの町中心部。 すごく小さな町で、ゴーストタウンの様だった。
チカマの町自体に興味はまったく無かったので、夕陽を拝みにビーチへと戻った。 下の写真がそのときのもの。 昼間に見せた世界最長の波の美しさとはまた違った情景が空と海と砂浜一面に広がっていた。


PR20110324_2.jpg


***** ENG *****
Chicama slightly reminds me of Salar de Uyuni in Bolivia. Salar de Uyuni is no place for surfers, of course. But what I mean is that both Chicama and Uyuni change their charms constantly based on the weather of the day.
There aren't always these long-long waves here in Chicama. You have to be lucky. Or you need to keep an eye on swell-forecasts to know when big swells are coming. Chicama's beauty is just magical.


***** JPN *****
チカマの夕陽を眺めていた僕は何故か ボリビア の ウユニ塩湖 を少し思い出していた。 勿論、ウユニ塩湖は波乗りとは無縁な場所。 しかし、チカマ と ウユニ塩湖 のどちらも、その時々の気象条件などに寄って両者の魅了が目まぐるしく変わるということ。
毎日毎日 世界最長のグーフィー波が チカマ で割れている訳ではない。 ネットの波情報を事前に確認し、大きなウネリが入るのを確証してから行くか、偶然な幸運でも無い限りこの波は拝めない。 チカマ の魅了は魔術のようだ。


PR20110324_3.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。