上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
My bus arrived in Cali's main bus terminal just before 6am. Very fortunately, nothing happened all the way to Cali this time (Refer to the previous article for more details).

***** JPN *****
結局 コロンビア の カリ に到着したのは朝の 6時頃。 自分の余計な心配をよそに、今回の夜行バスの旅は何事も無かった (詳細は前記事を参照のこと)。


20110410_00_Cali_BusTerminal.jpg


***** ENG *****
I had a booking for a hostel called "The Pelican Larry Hostel" here in Cali for COP20,000 per night for a 6-bed dorm ensuite (about USD11.00), but it was still too dark and too early to make a move. So I decided to stay inside the terminal where all shops were still closed and nobody else was around except me....

Colombia wasn't in my original itinerary for South America at all.
In fact, my original itinerary was Not To Travel To Colombia.
My reason for not to was simple - "Dangerous".
However, my itinerary changed when I met a lovely Colombian woman called Adriana on the Ushuaia vessel to Antarctica this January. She was the only Colombian on board and was able to speak both Spanish and English fluently as she was based in Canada and the USA lately. She strongly suggested that I should visit her country, and she even passed my e-mail address to one of her cousins David so that he could be my guide if I would ever go to Bogota where David and his family were living. Furthermore, I met quite a few backpackers who had been to Colombia and they all told me many good things about this country. That's why I now found myself in Cali, Colombia.
Additionally, the European Charlie's Angels - Alex, Christine, Nina - skipped Ecuador and flew from Lima to Colombia about two weeks ago. They were around the Caribbean part of Colombia when I arrived in Cali. So I was hoping to catch up with them which didn't take place in the end.... A pity!


***** JPN *****
カリで泊まる宿の名前は "The Pelican Larry Hostel"。 6人共有部屋で一泊 20,000コロンビアペソ (約 11米ドル)。 朝の 6時前 ということもあり外はまだ真っ暗だったので バスターミナル内 で暫く待機することにした。 僕と同じく カリ でバスを降車した他の人たちはみな何処かへ行ってしまったのでターミナル内は閑散とし、いるのは自分だけ。

実は コロンビア は最初の僕の旅程には全く入っていなかった。
最初の旅程では コロンビアには何があっても足を踏み入れない と決めていた。
この理由は単順に ”危険だから”
しかし、今年 1月 に南極探検のために乗ったウシュアイア号に同じく乗船していたコロンビア人の女の子 Adriana に出会ってからこの最初に組んでいた僕の旅程が一気に変更した。 Adriana はウシュアイア号に乗っていた乗員・乗客の中で唯一のコロンビア人。 現在はカナダとアメリカに住んでいるらしくスペイン語はもちろんのこと、英語も流暢に話す。 そんな彼女が ”是非一度 コロンビアに行ってみて!” と嘆願してきた。 しかも彼女のいとこの 1人 David に僕のメールアドレスを教えて、David と彼の家族が住むボゴタを僕が訪れる機会があれば、彼が案内役をかってくれる とまで。 そしてもう一つ コロンビア へ行くきっかけとなったのは、この旅の途中で出会った他バックパッカーから ”コロンビアはいいぞっ!” と聞かされていた。 そんなこんなで、今 自分はここ カリ にいる。
更にもう一つの理由は ヨーロッパ版チャーリーズ・エンジェルズ こと Alex、Christine、Nina の3人がこのときコロンビアのカリブ海周辺を旅行中だったので、クスコ滞在後 ご無沙汰だったあの 3人 に会えるかも? と密かに思っていた自分。 結果として彼女等とは再会できなかったのだが。。。。 残念!


20110410_01_Cali_BusTerminal.jpg


***** ENG *****
Once again, my reason for not to travel to Colombia was, I initially thought that it would be "dangerous".
Whether this is true or not, I'll find it out now!

***** JPN *****
繰り返すが、最初の僕の旅程に コロンビア がなかったのは単純に ”危険” だと思っていたから。
本当に危険なのか否か、今から自分の目で確かめにいく!


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。