***** ENG *****
I became so grumpy on the bus to Bogota for the following reasons:

* The bus-ride was supposed to take 7 hours from Medellin to Bogota, but it took over 11 hours in fact.
My bus left Medellin 10am and I thought that I was in Bogota by 5 or 6pm. However, the bus arrived in wet and cold Bogota around 9:30pm....

* Water started dripping on me a few hours after my bus left Medellin.
It was coming from either the air-conditioner or the rain outside, and I tried to seal the gap where the water was dripping, but unsuccessful. This was only happening to my seat....

* No lights could be turned on inside the bus. So it was pitch-black after sunset....


***** JPN *****
ボゴタ 行きのバスの車内でかなりムッツリしていた自分。 以下がその理由:

* 本来なら メデジン から ボゴタ までのバスは 7時間 くらいで到着する予定だったのだが、実際は 11時間超 かかった。
僕が乗ったバスは朝の10時に メデジン を出発したので夕方の 5時 か 6時には着くものだと高をくくっていたら、なんと夜の 9時半頃 にやっと到着した。 しかも ボゴタ は小雨模様で寒いっ。。。。

* メデジン を出発してから数時間が経過したころ、水が僕の頭に滴り落ちてきた。
おそらく エアコン の効き過ぎによるものか、雨が降っていたので雨漏り(?) が原因と思われる。 水滴の出口を塞ごうと色々試してみたのだが効果なし。 ちなみに他の客席は全く問題なし。。。。

* 各客席の天井部にライトがあるのだが、スイッチを押しても点灯しない仕様らしく、日没後のバス車内は真っ暗。。。。


20110415_05.jpg


***** ENG *****
I wasn't only grumpy when I arrived in Bogota, but I was also a little confused because I actually had no idea how to get to the hostel called "Destino Nomada" - my accommodation tonight in Bogota.

I had the address of the hostel (it was in La Candelaria), but I wasn't sure if I should take a taxi or if I could still go by public-bus at night....

As I was looking confused and wandering around inside the bus-terminal, a lady approached me in Japanese;

" Nihon-jin desuka? " (Are you Japanese?)

I looked around and saw this beautiful Colombian woman with a boy talking to me. I was surprised as someone out of the blue spoke to me in Japanese, but soon I realized that this woman and the boy were sitting right behind me on the same bus from Medellin to Bogota. So I said to them;

" Ahhh. Sou-desu. Nihon-jin desu. Onaji bus deshita yone? " (Yes, I am. We were on the same bus, right?)


***** JPN *****
かなりご立腹状態の自分。 しかも、ボゴタに到着したのは良いのだが、ボゴタのバスターミナルの外は真っ暗。 ここから今晩泊まる予定の宿 "Destino Nomada" まで どうやって行ったら良いのか全く見当つかずの状態だった。

唯一ホステルの住所だけは手元にあったので (La Candelaria 地区 の住所)、高額料金が請求されるのを覚悟してメーター無しのタクシーに乗るか、安いけど治安が悪くて時間もかかる公共バスで行くべきか迷いに迷っていた。。。。

そんな足踏み状態だった自分のところに 1人 の女性が歩み寄ってくると、日本語で僕に話しかけてきた;

” 日本人ですか? ”

急に日本語で喋りかけられたので僕は少しビックリしつつも振り返ると、そこに小学生くらいの男の子を連れたきれいなコロンビア人女性がいた。 よく見ると メデジン から ボゴタ までのバスで僕の直ぐ後ろの席に座っていた 2人 だったので僕はこう答えた;

” あっ、そうです。 日本人です。 同じバスでしたよね? ”


20110415_06.jpg


***** ENG *****
Her name was Frances and her son's name was Kaname.
They'd actually been living in Fuji-city, Shizuoka for a few years when the big earthquake and Tsunami hit the northern Japan this March, and they just came back to Frances' hometown Bogota to flee.

Frances and Kaname-kun were about to be picked up from the bus-terminal by their relative's car when they approached me.
Frances was very kind and offered me a lift to my hostel even though I told her that I wasn't the only one to go to the hostel, but also with my bulky surfboard.

She said to me without any hesitation;


" Daijohbu. Douzo! Douzo! " (No problem. Please! Please!)


So I eventually got to my hostel around 10:30pm.
I don't know how many times I said to Frances "Muchas gracias!". I couldn't thank her enough.

Colombian women's beauty isn't only on the outside, but it also comes from within : )


***** JPN *****
この女性の名前は フランセスさん。 そして息子の名前は カナメくん。
実はこの 2人、フランセスさん の仕事の関係で静岡県にある富士市にて数年間住んでいたらしいのだが、東日本大震災をきっかけに日本を出国し、フランセスさんの地元 ボゴタ に丁度今戻ってきたところらしい。

僕がこの 2人 にバスターミナルで声をかけられた時は、フランセスさん の親戚が迎えに来ていたところだった。
そこで フランセスさん は気前良く僕に ”あなたの宿まで送ってあげるから一緒に車に乗りなさい” と誘ってくれた。
こんな有難いお誘いに内心喜びつつも、自分のサーフボードが大きすぎて車に入らないのではないか と フランセスさん に訊ねた。

すると彼女はちゅうちょ無く僕にこう答えた:


” 大丈夫よ。 どうぞっ! どうぞっ! ”


結局、フランセスさんのお言葉に甘え彼女達の車に乗せてもらった。 そしてホステルに到着したのは夜の10時半ころ。
フランセスさん の寛容さに心を打たれた僕は "Muchas gracias!" を何度 彼女に言ったことだろうかっ!

コロンビア人女性の美しさは外見だけでなく内面からも出てくるものだと思った。



スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR