20110522_01.jpg


***** ENG *****
Clint, Lee and I stayed in San Jose for two nights, but we didn't really explore this city. We just chilled out at the hostel and organized our trip to Nicaragua.

We took a bus in San Jose at 7:30 this morning. The fare was CRC4,580.00 (about USD10.00) to Penas Blancas, a small town near the border shared with Nicaragua. Additionally, I was made to pay extra USD2.00 to load my surfboard into the bus while Clint and Lee each had to pay USD4.00 because they were carrying two surfboards each.

***** JPN *****
結局 クリント、リー、僕の三人は サンホセ に二晩滞在したのだがサンホセ自体に全く興味が無かったので、町の散策はほとんどせずに宿でマッタリと過ごしつつ次の目的地である ニカラグア をネットで調査していた。

そして サンホセ から Penas Blancas (ぺナス・ブランカ) という国境線の町まで行くためのバスに今朝の7時半に乗車。 4,580コロン (約10米ドル) した。 このときサーファーとしての悲しい定めである サーフボードの超過料金 で僕は 2米ドル を、クリント と リー はボードを二枚づつ持ち運んでいたので 4米ドル を各自に徴収された。


20110522_02.jpg


***** ENG *****
The bus dropped us off right in front of the Costa Rican immigration office around 1pm.
It was quite chaotic as there were lots of people around the office, not only those who were going to Nicaragua, but also porters, money-changers, taxi drivers, etc, etc.

***** JPN *****
バスが ぺナス・ブランカ にあるコスタリカの移民局に到着したのは昼の 1時頃。
バスを降りた途端、移民局周辺には 荷物運び屋 から 外貨両替屋 から タクシー運転手 など 人 人 人 でごった返していた。 事件などは起きなかったのだが、ちょっと興醒め状態になった自分。


20110522_03.jpg


***** ENG *****
After we got an exit stamp of Costa Rica on our passports, we had to walk with our bulky and heavy luggage for about 10 minutes on a muddy road to get to the Nicaraguan immigration office.
Clint and Lee, despite carrying two surfboards each, walked faster than me. Meanwhile, I was only carrying one surfboard, but my backpack with wheels kept getting stuck on the muddy road for many times!

***** JPN *****
コスタリカの出国スタンプをパスポートに押してもらい次は ニカラグア 側の移民局へと移動。 ここで苦労したのが全く舗装されていない泥だらけの道を 10分 ほど荷物を抱えて歩かなければいけなかったこと。
2枚ボードを持ってきている クリント、リー が何故か僕よりも足早に先を行くのに対して、僕の車輪付きバックパックは泥道でつっかえてしまい前進できなくなること多々。 バックパックを背負わない自分が悪い!


20110522_04.jpg

20110522_05.jpg


***** ENG *****
The entry fee to Nicaragua was USD10.00 with additional USD2.00 as touristy tax: only US dollars were acceptable and I made such a fuss about this small touristy tax with a few locals who "appeared to be" immigration officers at the gate and claimed it to us. I initially suspected that they were just trying to rip us off.
A funny thing was that I earlier paid two dollars for loading my surfboard into the bus with very little hesitation, whereas, I tried so hard not to pay this two-dollar touristy tax in Nicaragua. I confuse myself at times by wondering what my ethic is.... I'm a strange person.
An easy-going Lee negotiated with a cab driver in the meantime to take us to Playa Gigante for USD30.00 (USD10.00 for each).
We initially wanted to go and stay near Playa Colorado: supposedly, one of the most consistent beach-breaks in the Rivas Province, but we could not find any cheap accommodation there. Thus, we decided to stay in Playa Gigante which was a tiny fishermen village and about a 40-minute walk at least to Playa Colorado.


***** JPN *****
ニカラグア の移民局では入国税として 10米ドル を徴収されたのだが、その後 ツーリストタックス とかなんとかで更に 2米ドル 徴収された。 支払いは米ドルのみで、自分はこの訳の分からないツーリストタックスがどうも腑に落ちず。 おまけに徴収してきたニカラグア人が パッと見 移民局の人間に見えなかったので暫くの間 払う・払わない でもめた。
ここで笑えるのは僕自身の価値観である。 今朝のバス移動の際に サーフボードの超過料金 として請求された 2米ドル はすんなりと払っているのに対し、ニカラグアの国境線で請求された同じく 2米ドル の ”ツーリストタックス” は死んでも払わない という態度を取った。 時々自分でも自分という人間(旅人)が分からなくなるときがある。。。。
自分が ツーリストタックス で押し問答している間、しっかり者の リー君 が Playa Gigante まで行くタクシーを 30米ドル で手配してくれた。
僕等 3人 の当初の予定では Playa Colorado という ニカラグア の リバス地区 でも五本の指に入るであろう良質な ビーチブレイク のある町 (村?) へ行きたかったのだが、事前の調査で安い宿が全く見つからなかったので、Playa Colorado から歩いたら最低でも 40分 はかかる Playa Gigante というこれまた小さな漁村に宿泊することに決め、タクシーで向かった。


20110522_06.jpg

20110522_08.jpg

20110522_09.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR