***** ENG *****
I've been in La Antigua Guatemala for three days now: another (Yes, ANOTHER!) colonial town in Latin America.
As I've already been to quite a few colonial towns before, La Antigua is just a temporary base for me while applying for a visa for Belize and to organize a bus for Flores which is located in the northern Guatemala.

***** JPN *****
グアテマラにある La Antigua (以下 ラ・アンティグア) という町もまたラテンアメリカ典型のスペイン植民地時代の影響を色濃く残した町である。 過去の記事でも幾度となく述べたように、最近の自分はもうこのような街並みにはかなり飽き飽き。 なのでここに滞在中の僕の課題は ベリーズ 入国のためのビザを取得することと、グアテマラ北部にある町 Flores (以下 フローレス) 行きバスチケットを入手することだった。


20110611_01.jpg

20110611_02.jpg

20110611_03.jpg

20110611_04.jpg

20110611_05.jpg


***** ENG *****
As of June 2011, we Japanese are required to obtain a visa for Belize. And you know what?

It cost me USD 60.00 for a 30-day tourist visa !

I went to the Belize embassy in Guatemala City to apply for my visa and I obtained it on the same day without any dramas, but it was the most expensive tourist-visa fee I'd ever paid. Furthermore, I paid for chicken-buses and taxis to travel between La Antigua and Guatemala City, so it cost me more than USD65 in total just to get my visa for Belize.

The photo below shows the building "EURO Plaza" in Guatemala City where the Belize embassy is located.

***** JPN *****
2011年6月現在、日本人が観光目的でベーリーズに入国する際にはビザが必要。
そしてこのビザの値段が半端ないっ

30日間有効でなんと 60米ドル である !

ベーリーズ大使館があるグアテマラの首都 グアテマラ・シティ に足を運び、申請した当日にビザが貰えたのは良いが 60米ドル という申請料金は僕が今まで旅した国の中では一番高額であるのは間違いない。 しかも、現在宿泊している ラ・アンティグア から グアテマラ・シティ の ベーリーズ大使館 までチキンバスとタクシーを乗り継いでいったので 総額65米ドル以上 は費やしてしまった。。。。

ちなみに下の写真に写っているビル ”EURO Plaza” が グアテマラ・シティ の ベーリーズ大使館 があるところ。


20110611_06.jpg



***** ENG *****
Other than organizing my trip to Belize, I went hiking today to a volcano called Pacaya near La Antigua with Richard with whom I played cards while we were staying in El Tunco, El Salvador a few days ago.

The photo below shows Richard negotiating the price for a stick with local boys during our hike.

***** JPN *****
ラ・アンティグア にせっかく来て今後の旅の準備だけしているのもつまらなかったので、今日はアンティグアからそんなに遠くないところに位置する活火山の一つ パカヤ火山 に エルサルバドル の エル・トゥンコ で知り合ったドイツ人の Richard と一緒にハイキングに行った。

下の写真に写っているのは Richard。 地元の子供達と杖の値段交渉中。


20110611_07.jpg

20110611_08.jpg

20110611_09.jpg


***** ENG *****
The trail on this volcano wasn't too steep: it was very easy for a young Richard and for an aging Esky.
I was somehow expecting to see really fiery active lava on this volcano, but it turned out to be none on the mountain with only ashes and heated rocks visible on the ground.

***** JPN *****
登山道はなだらかだったので、若くて元気いっぱいの Richardくん はもちろん、年老いた自分にも全く問題なかった。
Richard も僕も活火山と聞いていたので真っ赤な溶岩が頂上付近にあるものだと勝手に想像していたのだが、なんのその。 火山活動は現在休息中らしく、あるのは火山灰と温かい岩石のみだった。


20110611_11.jpg

20110611_13.jpg

20110611_12.jpg


***** ENG *****
Lastly, I bought an overnight bus ticket to go to Flores at my hostel - Villa Esthela (USD8.00 for a 10-bed dorm with a shared bathroom and without breakfast.)
The bus ticket was GTQ240.00 (about USD30.00): GTQ, aka Quetzal, is the Guatemalan currency. The ticket was not cheap, but considering that it was an overnight-bus and also that it was supposed to be "the first class", USD30 was Okay for me. Richard also bought his ticket for the same bus and we were going together to Flores tonight.

***** JPN *****
ラ・アンティグア滞在中、もう一つの課題だった フローレス 行きバスチケットは結局僕が現在宿泊している Villa Esthela にて購入 (10人共有部屋のトイレ・シャワー共有で 8米ドル。 朝食は含まれていない)。
バスチケット は 240ケッツアル で 約30米ドル といったところ(ケッツアル は グアテマラの通貨)。 安くは無いが夜行バスであることや、”ファーストクラス” であることを加味すれば 30米ドル で納得。 Richard の次の目的地も フローレス だったので、彼と僕は今晩発の同じ夜行バスにて フローレス へと向かう。


20110611_14.jpg


***** ENG *****
For international travellers, busing overnight through Guatemala is NOT recommended by many foreign embassies, especially after what happened near Flores this March: such a brutal massacre of more than 20 Guatemalan farmers by a Mexican Mafia took place.
I highly doubt if our bus would ever be hijacked by Mafia. However, an incident like what happened to my bus in Paraguay a few months ago could happen to us at any time.

Stay Safe, Esky !

***** JPN *****
ちなみに、最近になって夜行バスでのグアテマラ国内の移動を自粛するよう喚起する外国大使館が多い。 特に今年の 3月に フローレス 近郊の村で起きた メキシカン・マフィア による20人以上のグアテマラ人虐殺があってからは尚更だ。
僕個人の考えとしては マフィア によるバスジャックはよほどの事が無い限り起きないだろうと過信しつつも、数ヶ月前にパラグアイ・アスンシオン行きの夜行バスでの出来事が僕の頭を少しよぎった。

ここで気を抜いてはいけないっ!


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR