20110616-01.jpg


***** ENG *****
Our Tikal-mission two days ago was quite intense, so Richard and I took a day off yesterday in Flores and we left Flores at 5am today by an early morning shuttle. This time we were not going to Tikal, we were heading into Belize.

***** JPN *****
丸一日ついやした一昨日のティカル遺跡散策後、昨日は休息の意味も含めてフローレスでまったりと過ごした Richard と自分。 そして今朝5時発のシャトルバスに乗った二人はフローレスを後にした。 またまた早朝のシャトルバス。 でも今回の目的地は隣国 ベーリーズ。


20110616-02.jpg


***** ENG *****
Our shuttle bus wasn't packed at all: there were a couple of local people with us, but they got off the bus by the time we reached the border around 7 in the morning.

No dramas and no problems at both the Guatemalan immigration office and Belize immigration office, and I was so glad to have my Belize visa issued beforehand (Refer to the past article "La Antigua Guatemala (2011/06/11)" for more details). By the way, Richard is from Germany and most Europeans don't need a visa for Belize. Lucky him!

***** JPN *****
今回のシャトルバスはガラガラ。 Richard と自分以外に乗車していたのは地元のおばちゃん二人。 でも7時頃に僕らが国境線に着く前に彼女たちはシャトルを降りていた。

グアテマラ移民局 と ベーリーズ移民局 はほぼ隣同士に位置しており問題なくベーリーズ入国成功。 まあ、それもこれも自分が事前にグアテマラ・シティにてビザを取得しておいたのが功を奏した (ベーリーズ・ビザ取得に関しての詳細は過去記事 ”La Antigua Guatemala (2011/06/11)” を参照)。 ちなみにドイツ人の Richard はEU諸国の恩恵(?)なのかベーリーズ入国時にビザは不要なのですんなりと入国。


20110616-03.jpg


***** ENG *****
From the border we continued our way up to Belize City via Belmopan by the same shuttle bus.
A funny thing was that Belmopan is the capital of Belize, but I didn't notice it at all when our shuttle was passing the city because it was soooooo small: it was hardly noticeable actually.

***** JPN *****
国境線からまた同じシャトルバスに乗り今度はベーリーズの首都 Belmopan (以下 ベルモパン)を中継して Belize City (以下 ベーリーズ・シティ) へと向かった。
笑えたのは、1時間くらい経過したときに シャトルバス は間違いなくベルモパンを通過したのだが、その規模の小ささのあまり自分は見過ごしてしまった。 途中 村役場のようなものが一つ見えたのでおそらくあれがベーリーズの首都ベルモパンだったとと思う。。。。


20110616-05.jpg

20110616-04.jpg


***** ENG *****
We arrived at a port in Belize City just before 10 in the morning. Our final destination today wasn't Belize City. We wanted to go straight to a small island in the Caribbean Sea called "Caye Caulker" by boat.
As we stepped on to a boat, a thunder storm kicked in all of a sudden with buckets of rain dumped from the sky: a very welcome ceremony from our mother nature!

By the way, this is my very first time to see the Caribbean Sea.

***** JPN *****
僕等が乗ったシャトルバズがベーリーズ・シティの港に到着したの朝の10時頃。
ここで今日の移動は終わりではない。 僕等の目的地は カリブ海 に浮かぶ小さな島 Caye Caulker (なぜかこの名前を皆 ”キーコルカー” または ”キーカーカー” と発音する)。
Richard と自分はこの港で キーコルカー 行きボートに早速乗ると、突然激しい雷雨に見舞われた。 僕にはこの雷雨が自然界からの歓迎儀式のように思えた。

僕にとって生まれて初めてのカリブ海。


20110616-06.jpg

20110616-07.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR