***** ENG *****
In the beginning of this RTW trip, I seriously thought that I was cursed with long-distance buses as something bad continuously happened to me almost every time I traveled by bus. (See the article "Damascus by Bus (2010/09/17)" for more details.)
However, this curse seemed to fade out after my visit in Czech Republic.

As a matter of fact, something worse than my long-distance bus journey has actually been sticking around with me on this entire RTW trip. It is the extra-baggage fees by some of the airlines that I've flown with before. I'm listing the airlines as below and I'm quite positive that these airlines don't want surfers to fly with them.

* Lufthansa from Frankfurt to Bilbao: EUR70.00

* TAP Portugal from Lisbon to Sao Paulo: EUR100.00

* Continental Airlines from Houston to Panama City: USD200.00

I don't know why, but the extra-baggage fees ridiculously kept going up and up as I flew more and more.
Very unfortunately, this curse wasn't over yet for my flight from San Francisco to Nagoya via Narita today.

One of our national airlines - ANA (All Nippon Airways) - today charged me ....


***** JPN *****
この世界一周旅行を始めてから最初の数ヶ月は長距離バス移動では本当に運が無かった。 ほぼ毎回のように何らかの事件・故障に遭遇し 厄払い が必要なのかと真剣に考えたくらいだった。 (詳細は関連記事 ”Damascus by Bus (2010/09/17)” を参照。)
しかしながら、この長距離バス移動の悪運も あの忌まわしいチェコでの事件 を最後に消滅したようだった。

でも そう簡単に物事が進まないのが今回の世界一周旅行。 実は長距離バス移動よりもっと ”痛い出来事” が繰り返し起こっていたことに気付いた自分。

それは何かというと、、、、 航空会社がサーファーに課すサーフボードへの超過料金。
下記は今までに超過料金を請求してきた航空会社。 これらは ”サーファーお断り” と言っているのも同然。

* ルフトハンザ航空 フランクフルト ~ ビルバオ間: 70ユーロ

* TAPポルトガル航空 リスボン ~ サンパウロ間: 100ユーロ

* コンチネンタル航空 ヒューストン ~ パナマ・シティ間: 200米ドル

上記にある通り、ほぼ 飛べば飛ぶほど 超過料金が更に高くなっていった。 なぜ? なぜ?? なぜー???
そして なんと 今日のフライト (サンフランシスコ発 成田経由 中部国際空港行き) で僕は遂に玉砕された。

それも超過料金を請求してきたのは母国の航空会社 全日空様。 その請求額はなんと 。。。。


20110713_Leaving_01.jpg


***** ENG *****

300 US Dollars ! ! !

It wasn't the weight of my board-bag, but it was the size which turned out to be 3cm over the allowance defined by ANA.... Just only 3cm over for which I was charged 300 US dollars!

I was soooo pissed off and I even spoke to one of the managers who turned out to be a Japanese lady with a cheap Geisha-like poker face, and she never gave in to my desperate beg.
I just couldn't believe why this was happening to me on my last flight and my last day of this RTW trip, but one thing for sure was that I would NEVER EVER fly with ANA anymore!


***** JPN *****

300米ドル !!!

今回の超過料金請求の元凶はもちろん自分のボードケースなのだが、重量オーバーではない。 理由はサイズオーバー。 それも規定サイズを 3センチ だけ超えていた。 3センチオーバー で300米ドル って。。。 見逃してくれよー!

そのへんのスタッフでは話にならないと思い、マネージャー(日本人女性)に直訴をしたのだが、そこは生真面目なニッポン人。 彼女は表情を一切変えることなく、一円たりともまけてくれなかった。
今日がこの世界一周旅行での最終日、尚かつ最後のフライト。 なんで今日の今日になってこんな事が起こるのか、ただただ呆気にとられるばかり。 しかしひとつだけ間違いなく言えることは、今後 全日空 を利用することは二度と無いだろう。


20110713_Leaving_02.jpg


***** ENG *****
By the way, the above photo shows my new girlfriend "Firewire Spitfire". I bought it yesterday at a surf shop in San Francisco.
Now my board-bag actually has three boards in it - the blue Al Merrick (ToughLite), the Happy-Turn (Rusty Dwart) and this Spitfire. Lucky me that the ANA staff didn't check how many boards I actually had in the bag. Hehehe.

Once again I will NEVER EVER fly with ANA from now on.


***** JPN *****
ちなみに、上の写真に写っているのは僕の新しい恋人 "Firewire Spitfire"。 サンフランシスコのサーフショップにて昨日購入。
これに伴い僕のボードケースには実はボードが3枚入っている。 青色の Al Merrick、ハッピーターン (正式名は Rusty Dwart)、そしてこの Spitfire。 不幸中の幸い(?)だったのは今日のチェックイン時に全日空のスタッフがボードの枚数までは確認しなかったこと。 ハッハッハッ

繰り返すが、明日以降 全日空 を利用することは二度と無いだろう。


20110713_Leaving_03.jpg

20110713_Leaving_04.jpg


***** ENG *****
Regardless of what happened to me with ANA, after the long flight from San Francisco to Narita and catching a connecting flight to Nagoya, observing Mt.Fuji from above was still priceless.

***** JPN *****
サンフランシスコから成田までの長いフライトの後、中部国際空港行きの国内線に乗り換え。 全日空との超過料金問題があったにも関わらず、上空から見る富士山はやはりお金では買えない価値がある。


20110713_Leaving_05.jpg


Next Destination >>>


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR