上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
I left Nagoya on the 15th of July 2010 and came back here on the 14th of July 2011.
My initial itinerary was only for 10 months in total, but it eventually became a full 365-day round-the-world trip without using bloody Facebook or mediocre Lonely Planet.

***** JPN *****
2010年7月15日名古屋発、2011年7月14日名古屋着。
最初の旅程では10ヶ月で帰国予定だったのが、気づいたら ”地球の歩き方” なんて持たず、Facebook とかいう馬鹿げた宗教サイトも一切活用せずに丸々365日を要した世界一周旅行となった。


20110714_Flying_to_Nagoya_03.jpg


***** ENG *****
The very reason why I started this RTW trip was simply and purely because I wanted to.

In fact, this RTW trip wasn't my first one. From May 2004 to February 2005 I travelled around the world, but after I only travelled through a few countries in South East Asia and Europe, I ended up in cold miserable downtown Vancouver and I was stuck there for five months, working as a waiter with the hourly wage of only CAD6.50.... I was hoping to earn money in Canada and wanted to continue my way south to the US, Central America and South America, but this dream never came true then.
Whenever I think back to those days of my first RTW trip, I can give myself a hundred excuses for my failure: the most probable factor was that I was too young at that time and also I didn't plan enough.

Now I have completed it as for the second time with Central and South America included, both of which were my primary destinations to travel to for a long long time. However, I somehow have very mixed feelings right now despite the completion; I'm so delighted that I did what I wanted to do and that I can finally have real Sushi. At the same time I'm quite melancholic to finish this absolutely fantastic trip. Travelling can be very addictive, indeed.
At this stage I really don't know how to deal with this dilemma. Perhaps, it'll fade away as time goes by. Or I might leave Japan again and continue travelling.
Still, a question remains as "What was this RTW trip for?"
Frankly speaking, one answer would be to fulfill my dream, but it wasn't only that. And I actually have no concrete answers to this question now. Nevertheless, this RTW trip didn't only involve visiting one place after another, but also evolved into a kind of my soul-searching, through which I re-discovered one crucial thing for my life:


***** JPN *****
今回の世界一周旅行を遂行した一番の理由はただ純粋にこの世界を旅してみたかったから。

正直なところ世界一周旅行は実はこれで二回目となる。 一回目の世界一周旅行は 2004年5月 から 2005年2月 まで。 東南アジア、ヨーロッパを少し旅したあとにワーキングホリデー・ビザを片手にカナダに降り立った。 当初の予定では カナダ の バンクーバー で仕事を見つけてお金を稼ぎ、ここから 米国、中米、南米 と南下するつもりだったのだが、それは夢のまた夢だった。 6.50加ドル という最低賃金での ウェイター業では貯金は愚か、日々の生活費を稼ぐので精一杯だった。 そして毎日雨ばかりの寒い バンクーバー で漠然と 5ヶ月 を過ごし、渋々帰国せざる終えなかったという苦い過去がある。
一回目の世界一周旅行が自分の思ったようにいかなかった原因や言い訳は数え切れないほどある。 今 あの頃を振り返えれば、一番の原因は自分という人間が未熟だったことと、しっかり計画せずに行き当たりばったりの旅をしていたからだと思う。

あれから約七年。 今日遂に 二周目 となる世界一周旅行を完了。 しかも長い間憧れていた 中米・南米 への旅も無事に終えて。 しかし何故かここに来て万々歳に喜べない自分がいる。 無論、念願だった世界一周旅行を達成できて非常に嬉しいのと、本物の寿司が食べれることの喜びは間違いないのだが、この素晴らしい旅を今ここで終わらせることにちょっとした憂鬱感も覚える。
現時点での自分には ”帰国した” という事実と安堵感からか、この憂鬱感を払拭する術が思い浮かばない。 多分、日本での生活に再順応すれば自然と消えてゆくものかもしれない。 または新たな旅へ再出発するか。。。。
一人の旅人としてこんなジレンマを抱えつつも、自分にとって ”この世界一周旅行はいったい何だったのだろう?” と自問する。 すると、100通りの答えが頭の中に浮かんでくる。 その中で一つ間違いない回答としては ”世界一周することが夢だったから” であるのだが、果たしてそれだけだったのだろうか? という疑問も残る。
この過去一年間の自分を客観的に述べると、世界を旅しつつも、自身の心の旅もしていたような気がする。 そんな中で今回の旅に寄って長いこと忘れ去られていたことを一つ再発見することができた:


20110519_03_Pavones_BiggestDay_Esky (taken by Sergio Bryksa)


***** ENG *****
It was my sheer enthusiasm for surfing.

When I was living in Australia more than ten years ago, surfing was what I loved to do more than anything else, but since I left there in 2001, things became so hectic for me as most of my time back in Japan was taken over by Japan's notorious working god called Shigoto. As a result, I was just a weekend surfer for so long.

Now I found myself loving surfing again.

This is something that my RTW trip has given me as a gift, and it simply makes me happy.


***** JPN *****
それは自分の サーフィン に対する比類なき情熱である。

今から10年以上も前、若く無知な自分が過ごしたオーストラリアにて三度の飯よりも好きだったのがサーフィンだった。 それもどうしたことか2001年に帰国後、日本では絶対神のように崇められている 仕事 という死神に洗脳され、在り来りな生活に日々追われ、気づいたら自分は只の週末サーファーと化していた。

でも今またサーフィンが大好きで大好きでしかたなかったあの頃の自分を取り戻した気がする。

この点に於いて今回の世界一周旅行は決して無意味なものではなかった。


20110714_Home_00.jpg


***** ENG *****
Travelling solo is neither always easy nor always fun.

29 countries and 1 continent (Antarctica) during this RTW trip.
It's so easy to count this number. Whereas, it's impossible to count how many people I met along the way.
I did encounter some mean and rude people, but I vaguely remember them.
All I still remember now is those people who selflessly helped me out when I was in trouble and those who I shared laughter and the joy of travelling and surfing with. Without them, I could not have completed this RTW trip.

What I've written down in this article may sound corny to you, but I really mean it and all my gratitude is summed up in one simple word in the end.

ARIGATOU.


***** JPN *****
一人旅は決して簡単でも常に楽しいものでもないと僕は思う。

今回旅した国の合計 29ヶ国 と 1 大陸(南極)。
しかし数え切れないのは行く先々で出会ったいろいろな国の人たち。
なかには意地悪で無礼な人たちもいたが、彼等は僕の記憶の片隅にうっすらと残るだけ。
今でも僕の記憶の中に鮮明に残っているのは、道中困り果てた自分を見て救いの手を差し伸べてくれた心温かい人たちや、旅の素晴らしさ、そして波に乗る喜びを共有できた仲間たちの笑顔である。 彼・彼女たちがいたからこそ今の自分は世界一周の旅を無事に終え、ここに戻ってくることができた。

ここまで陳腐な言葉で長々と書いてしまったが最後に僕の心からの感謝の気持ちはこの一言に尽きる。

ありがとう。


20110714_Home_01.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。