***** ENG *****
I'm leaving Kandy today with my surfboard-case and going to Sigiriya by bus. Yes, "by bus" again! And with "My Two Surfboards!
Kandy is located in the middle of Sri Lanka. Obviously, there is no surf here; Kandy people stare at me and ask me what I'm carrying. I tell them: "I have two surfboards in this bag." And then some of them respond to me: "surfboard....? What is it?" Others just look confused.... I tell all of them that I'm on my way to Arugum Bay and that I'm going to use my boards in the ocean for fun. Then some people finally get it if they have been to Arugum Bay before, others still look confused....

***** JPN *****
今日キャンディーからバスに乗り世界遺産で有名な シギリヤ に向かう予定。 そうっ! またまたバス。 それも ” サーフボード二枚 と一緒に ”。
キャンディーはスリランカの丁度中央に位置していて、しかも山に囲まれているので波乗りなんて論外。 地元の人たちは僕がサーフボードケースを引きずる姿を、あたかも宇宙人が来訪したかのように見ている。 中には興味深く僕に質問を投げてくる人もいて、自分は素直に: ” このケースにサーフボードが二枚入っているんだ。 ” と教えると、 ”サーフボード。。。? サーフボードって何??” という具合。 ここで僕は ”アルガムベイに行く予定なんだ。あそこの海でサーフボードを使って遊ぶんだよ。” と答えると、アルガムベイへ行ったことがある人は納得し、行ったことがない人は全く意味不明のよう。。。。


IMGP1714.jpg


***** ENG *****
Public buses in Sri Lanka are 30 to 40 years old compared to our buses in Japan. No wonder I see some Japanese characters on these buses such as "Hakone Bus Tour" and so on. The buses that we used to ride in Japan a long time ago are now running in this country.
It is not too difficult for me to travel with my 7ft long surfboard-case so far: well, it's actually not too easy either! Refer to the article "Bad Luck with Buses? (2010/08/16)"). The only hassle is that I have to do Yes-No-Yes-No negotiations with drivers and conductors for the fare every time I catch a bus.
The picture below was taken just after I managed to negotiate my fare with the conductor for Dambulla (the nearest town to Sigiriya).
How much did I pay for the bus?
I was made to pay 6 Times More than a local passenger - the fare was about 80RP and mine was 500RP!
This was not because I wasn't local, but because my surfboard-case took up 6 Seats! I might have to recalculate my travel-budget now. Huh...

***** JPN *****
スリランカを走っている公共のバスはどれも30年から40年前に日本で使われていたもの。 バスのドア面などに日本語で ”箱根バスツアー” とか書かれているのがそのまま走っている。
今のところ僕のサーフボードケース (2メートルちょい) と一緒の陸路の旅はさほど難しくない。 決して容易なわけでもないが。。。。 (過去記事 "Bad Luck with Buses? (2010/08/16)" を参照)。
唯一の面倒はドライバーやコンダクターと毎回 "Yes" と "No" を繰り返しながら運賃交渉をしなければいけないこと。 下の写真はシギリヤの近くにある ダンブーラ という町までのバスの運賃交渉がやっとのことで成立した直後に撮影。
今回のバスにいくら払ったかって?
もちろん普通運賃の 6倍(正規運賃 = 約80ルピー、僕が払ったのは = 500ルピー)。
外国人だからという理由ではなく、僕のサーフボードケースが単純に 6人分 占拠しちゃってるから! そろそろ旅の予算の再計算が必要かな。。。。


IMGP2107.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR