上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMG_5597.jpg


***** ENG *****
On my first night in Arugum Bay I promised Toni that I would teach him how to surf, but we kept postponing it up until today due mostly to Julia's illness.
Since I'm not good at teaching anybody anything, it was not easy for me to verbally tell Toni how he was supposed to paddle, take off on a wave and ride it. My philosophy in teaching how to surf is that paddling and catching a wave is relatively straightforward for beginners. However, positioning oneself at the right spot and knowing which wave is good to catch takes him/her quite a while to learn.
Because Toni has already tried surfing before and he is a skier, I sort of knew that he would be able to learn it by heart rather than having me to teach him every single step. After telling Toni a few how-tos on the beach, we paddled out together at Baby Point where waves were max 2ft this morning.

***** JPN *****
アルガムベイに到着した当日、僕は Toni に ”アルガムベイに滞在中に波乗りを教えてあげるよ。” と約束を交わしていた。 Julia の病気の件があり今まで全くできなかったのだが、今日ようやくその日が来た。
僕は何に関しても人に教えることに長けていないので、Toni にパドルの仕方や波をつかまえてボードに乗る方法を教授するのも容易ではなかった。 基本、波乗りを初心者に教えるときの僕の持論はこうだ: ボードの上でパドルする事と波をつかまえる事はそんなに難しいことではない。 難しいのは波が割れ始めるピークの近くに自分を置き、この波は直ぐに崩れるから駄目、次の波はきれいに割れるから大丈夫。 といった判断能力を養うことである。 無論、これは経験を積んでいくことでしか習得できないことなのだが。
幸運にも Toni は以前に 1,2回 波乗りに挑戦したことがある。 また彼は地元でスキーをこなすので僕がいちいち ”あれやれ”、”これやれ” と教えるよりも実践したほうが早いと思った。 海に入る前に僕が簡単にパドルやテイクオフの方法を Toni に教えた後、一緒に Baby Point で入水。 今日の波は最大で 2フィート(股下) くらい。


IMGP2741.jpg


***** ENG *****
Once we were in the water, I basically kept saying to Toni: "This wave is shabby, so don't paddle for it, but wait for the one behind." and then "Turn around Toni. PADDLE, PADDLE!".
And when he caught a wave, but didn't manage to stand up on his board: "Come back here. Sit around and wait."
And when the next set came through, I told him the same thing as before: "Turn around. PADDLE, PADDLE, PADDLE!"
I even pushed the tail of his surfboard a few times so that he could get more speed on the wave when taking off. I was a bit too strict with him, but I wanted him to grasp the feeling of catching a wave and riding it.

In my opinion, today's surfing is mistakenly portrayed by many people as this - the bigger the wave is, the better it is, or the more splashes, more cut-backs and more airs you make, the better you are as a surfer.... Is it really so?
It was early in the morning when Toni and I paddled out at Baby Point today. Small waves, but no crowds, no winds, it was actually glassy. Toni caught quite a few waves and managed to ride about three of them. He was happy and I was also happy to see him surfing.

In the end, this may be what surfing is all about.


***** JPN *****
入水してからの僕は Toni に対して終始: ”ちょっと待って! この波は駄目。 次の波が来るまでちょっと待機!”
そして良さそうな波が来ると: ”これに乗ってみよう! パドル始めて! パドル!”
そして Toni が波をつかまえたけれど上手くボードの上に立つことが出来なかったら: ”こっちに戻ってきて。 またボードに座ってしばらく待とうか。”
そしてセットが入ってくると僕は Toni に同じ事を繰り返す: ”さぁ、これに乗ってみようか? パドル始めて! パドル、パドル!”
時には僕が後ろから Toni のボードのテール(最後尾)を押してあげる。 これを行うと Toni がテイクオフする時に少しスピードが付いて簡単に波をつかまえることができる。
Toni にとって僕は少し厳し過ぎたかもしれない。 でも僕は彼に波乗りの楽しさを純粋に感じてほしかっただけ。

きょうび サーフィンはメディアの悪影響もあり間違ったかたちで捉われる傾向にあると僕は思う。 例えば波が大きければ大きいほど良い波だと思われたり、スプラッシュ や カットバック や エアー が出来れば上手いサーファーだと思われたりする。 本当にそうなのだろうか?
今日の Toni と僕は朝早くに起きて Baby Point へ向かった。 波は小さかったけどサーファーは僕らと他 3人 くらい。 風も無く、面はきれい。 Toni は僕の予想以上に幾つか波をつかまえることができ、其のうちの 3本 ほどの波にはちゃんと ”乗っていた”。 Toni が満足そうな笑みを浮かべるのを見て、僕も純粋にうれしかった。

本当のサーフィンの真髄はここにあるのかもしれない。


IMG_5606.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。