上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
I'm leaving Goreme tonight by an overnight bus for Aleppo, Syria.
During my stay in Goreme I met lots of backpackers from many countries. Amongst them I got to know a Slovenian couple - Gregor and Neva (pictured below).
Over the next few months they will be travelling by land from Turkey through Iran, Pakistan, India and up to Nepal. Soooooo Cool!
I found them very interesting, not only because they were the first Slovenians I ever met in my life, but also because they never had a camera with them.
When I asked them why, they told me that they'd had their camera stolen while travelling in Africa, and they hadn't bought any new ones ever since. Gregor said: "We don't need a camera anymore. We highly utilize our memories in our brains!". I wish I could say that as well....

***** JPN *****
今晩の夜行バスで ギョレメ を出発し、明日の午前中に シリア の アレッポ という町に到着する予定。
ギョレメ 滞在中はいろいろな国から来たバックパッカーに出会ったが、その中でも親しくなったのが下の写真のスロベニア人夫妻 Gregor と Neva だ。
彼等はこれから数ヶ月間かけて陸路で トルコ から イラン に入国し パキスタン、インド を越えて ネパール まで旅する予定らしい。 すっげーぇ!
Gregor と Neva は僕にとって最初のスロベニア出身の人たちなのだが彼等は結構風変わりなところが幾つかある。 たとえば 彼等は旅行中に カメラ を持ち歩かない。
僕が何故カメラを持たないのか聞いたところ、彼等がアフリカ旅行中に盗まれたらしい。 それ以降 カメラを携帯することを止めた とのこと。 Gregor 曰く " カメラなんて必要ないんだよ。 すべて頭の中にしっかり記憶しているからっ!" だって。 僕には到底言えないセリフだ。。。。


IMGP3875.jpg


***** ENG *****
How many times I wish that I had a camera installed in my eyes so that every blink takes a photo of the moment I have just seen or thought surreal and extraordinary. I also wish that my brain stores the moment permanently.
Of course, I have a camera for myself and take photos with it. However, the developed photos aren't sometimes as vivid as the moments I saw. A picture is indeed worth a thousand words for me. Nonetheless, if the picture is not good or clear enough, I'll have to rely on my memory in the end. I fully understand what Gregor means.

!!!!! To Gregor and Neva !!!!!
All the very best to you with your journey. And thanks a lot for giving me some tips for Cappadocia. Your travel story in Africa has inspired me a lot. I should also check out a book called "Fuck it!" as you recommended it for me. I know that I tend to become too serious at times. The "Fuck it!" philosophy is what I probably need from now on.

***** JPN *****
この旅を始めてからどれだけ "あーっ、僕の目の中にカメラが設置されていれば今の今見た瞬間や光景を瞬きすると同時に撮影できたのにっ!" とか ”あーっ、この光景を一生 僕の記憶に留めておきたい!” と思ったことか。
もちろん僕は何処へ行くにもカメラを持ち歩き、そのカメラで写真を撮ってきているのだが、時として撮影した写真と僕がその時に見て感じたものとが一致しないことがある。 Gregor が言わんとしていることは僕も十分理解できる。 百聞は一見に如かず という観点から写真は僕にとっては凄く重宝するものだが、その写真が実際の瞬間と弱冠異なっていたりした場合、最終的には自分の記憶に頼るしかないということ。


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。