***** ENG *****
The bus-ride from Goreme via Kayseri up to Antakya was no problem at all, especially the bus between Kayseri and Antakya was surprisingly good: it even had a back-seat TV screen for each passenger as pictured below. Well, it was an overnight bus so I couldn't even be bothered to turn it on but just slept in.

***** JPN *****
カイセリ という町を中継して アンタクヤ まで乗ったバスの旅は全く問題なかった。 特に下の写真にあるように カイセリから乗ったバスは各座席にテレビが付いていたりとかなり豪華だった。 まぁ いずれにしても、夜行バスだったので僕はテレビなんかそっちのけで爆睡。

IMGP3891.jpg


***** ENG *****
The bus arrived in Antakya around 7am this morning and I had to wait at the bus terminal for another bus to catch at 9am; the bus company changed from Suha to JET here. The next bus was supposed to take me through the Turkish-side border as well as the Syrian-side border and then up to Aleppo, Syria.
The photo below shows the bus terminal in Antakya. It was so much bigger and better than JR Kasugai station - my home town in Japan. This proved to me that the bus-business in Turkey was huge and very popular!

A couple of staff members of JET bus company asked me if I had already obtained a visa for Syria. I nicely replied to them "No!" and then they looked at me with no response. They were making me more worried than before at this stage.... "What did they really mean?", "Why did they ask me about my visa now?".

***** JPN *****
夜行バスがアンタクヤに到着したのは今朝の7時ごろ。 ここで 9時 出発予定の次のバスを待つことに。
次のバスでいよいよトルコの国境線を越えて、シリアの国境線も越えて、シリア北部にある アレッポ という町まで行ける予定(?)。 ここでバス会社も Suha から JET に変わった。
下の写真はアンタクヤのバスターミナル内の写真。 僕の実家がある JR春日井駅 より大きくてきれいだ! トルコのバスは評判どおり国内の至る所を網羅して、尚且つ集客率の高いことがうかがえる。

バスターミナルで待機中 JETバス のスタッフ数人が何度となく僕に ”シリアに入国できるビザはあるのか?” と聞いてきたので、 もちろん僕は ” ないよっ!” と即答。 彼等も特に僕に返す言葉も無く事務所に戻っていく。。。。 この時 僕の頭の中は不安な気持ちでいっぱいだった: ” んっ、今なんでビザのことを聞いてくるの?”、” どういうこと。。。? ”

IMGP3894.jpg


***** ENG *****
Interestingly enough, I wasn't the only foreign national heading to Aleppo. There was one more foreigner on the same bus all the way from Goreme since last night. It was a Japanese girl called Mari who was in her final year at university in Tokyo. She was travelling for about two months around the Middle East by herself and going to meet up with her friend in Amman down the line.
While we were waiting for the next bus to come, we kept talking and I found out that Mari had already applied for a visa for Syria in Japan so that she would not have any problems entering Syria today.
Whereas, I probably would ....

Women are always more well-prepared than men.


***** JPN *****
こんな状況の中、昨晩 ギョレメ を出発したときのバスからもう一人の外国人旅行者が アレッポ へ向かうためにこの アンタクヤ のバスターミナルに来ていた。 マリという日本人の女の子。 彼女は現在 東京の大学に通う 4年生で、この夏季休暇を利用し 2ヶ月 ほど中東地域を一人旅しているとのこと。 そしてこの先のアンマン(ヨルダン)で彼女の友達と合流する予定らしい。 女の子の中東 1人旅 かぁ~。 かっこいい!
こんなところで日本人に出会うのも何かの縁。 マリ と僕はいろいろな話をしながら アレッポ 行きのバスを待つことに。
このとき知ったことは、マリは既に日本出発前にシリア入国用のビザを発給してもらっていた。 だから彼女にとってシリアの国境線越えは余裕綽々であるのに対して、
僕は今 かなりの冷や汗状態 。。。。

大概にしてこういう時ほど女性は準備万端だ。


IMGP3897.jpg


***** ENG *****
Mari and I caught the next bus in Antakya around 9:30am and we arrived at the Turkish-side border half an hour later. The above photo shows the Turkish-side border where Mari and I just got a departure stamp on our passports. No problem and no hassle for me so far.
We got back into our bus (the yellow bus in the photo) and headed to the Syrian-side border from here.
On our way to the Syrian-side border, the bus-conductor collected everyone's passport, apparently for easing the visa application process at the immigration. When I gave my passport to the conductor, he asked me if I already had a Syrian visa. So I said to him: "Ah, Nah. " And then he said to me: "Hmm.... Problem!"
By this stage, I had met Mari who would come along the same way. Plus, there were three Irish backpackers and one Australian backpacker on the same bus, all of whom didn't have a visa for Syria and were going to apply for their visas at the border. I was a little relieved to know that I wasn't the only unprepared tourist in the middle of this vast desert. Somehow, all my nerves turned into bravado now.

***** JPN *****
マリと僕が乗った次のバスは アンタクヤ を 9時半 に出発。 そしてトルコ側の国境線に30分後には到着。 上の写真はそのときのもの。 マリと僕はここで出国のスタンプだけもらった。 今のところ何も問題なく順調に事は進んでいるかんじ。
そしてバスに再び乗り(上の写真に写っている黄色のバス)、今度はシリア側の国境線へ向かった。 シリア側の国境線へ向かう途中、バスの中でコンダクターの人が乗客一人一人のパスポートを集めだした。 これはコンダクターがシリア移民局でのビザ申請を僕らの代わりに請け負ってやるためのようだ。 自分のパスポートをコンダクターに渡すとき、彼が僕に ”シリア入国のビザはもう持っているのか?” と聞いてきた。 僕はもちろん ” 持ってましぇーん! ” と答えると彼は僕に ” んーっ、それは問題だな! ” と一言。。。。
実はこの時点で、僕はマリと知り合いになり、尚且つ同じバスに 3人 のアイルランド人バックパッカーと 1人 のオーストラリア人バックパッカーが同乗していることを知っていた。 またこのアイルランド人とオーストラリア人バックパッカーも僕と同じく ビザ無し で国境線に着いてから申請するらしい。 この砂漠のど真ん中で僕一人じゃないことを悟ると、不思議と変な勇気が湧いてきた。


IMGP3911.jpg


***** ENG *****
At 10:30am we arrived at the Syrian-side border. We rushed into the immigration office where quite a few people were already lining up. Our bus-conductor told us to wait here and he disappeared into a small office in the back with our passports in his hand.

***** JPN *****
僕らがシリア側の国境線に着いたのは10時半頃。 移民局に歩いていくと、けっこうな人が既に申請手続きのため並んでいた。 コンダクターはこの場で待つように僕らに伝えると、僕らのパスポートを持って事務所の中へと消えていった。


IMGP3912.jpg

IMGP3900.jpg


***** ENG *****
Since none of us (Mari, three Irish, one Australian and me) was able to speak Arabic, we were heavily relying on this conductor for properly handling our visa application process and for securing our entry into Syria without any problems.

And one hour passed.... 

***** JPN *****
3人 のアイルランド人、1人 のオーストラリア人、マリ、そして僕。 誰もアラビア語が喋れないので、コンダクターに申請手続きを的確に進めてもらい全員無事に入国させてもらえるように、ただひたすら祈るしかなかった。

それから一時間が経過。。。


IMGP3913.jpg


***** ENG *****
Yes! I was given a visa without any problems at all.
In fact, this wasn't my effort at all, it was mostly due to the real hard work by our bus-conductor. BIG BIG thanks to him!

!!!!! Note !!!!!
There was actually a small incident during our visa application process. The Australian guy who came along on the same bus from Antakya became very upset when he found out that he had to pay USD100.00 for his visa while the three Irish people paid USD50.00 for each and I paid only USD26.00: Mari paid JPY2,600 in Japan. So I paid the least. Yeah!
The visa fees for foreign nationals are set based on the policies defined by the Syrian government: depending on how close the relation is between your country and Syria; no wonder Americans have to pay a lot to enter Syria!
This Australian guy just couldn't accept the fact that an Australian national must pay USD100 for a visa (the same for Kiwis), and he was demanding the immigration officer and our bus-conductor for some explanations and trying to bargain the fee.... I tried to calm him down, but he was too upset and didn't listen to me. He eventually paid USD94.00. I have no idea how he got a discount and I'm only guessing that he was too loud and the officer just got fed up with him in the end.
Honestly speaking, we were a bit embarrassed as foreigners by his behavior.

***** JPN *****
なんと 何も問題無くパスポートがビザ付きで手元に戻ってきたっ。
これもコンダクターの素晴らしい仕事ぶりにつきる。 彼の活躍に心から感謝!

!!!!! 注意 !!!!!
何事も無くビザは発給されたのだが、実は一つだけちょっとした事件がビザ申請手続き中にあった。
アンタクヤから一緒のバスに乗ってきていたオーストラリア人のバックパッカーが、申請料金として 100米ドル かかることに腹を立て、まわりをかなり困らせた。 アイルランド人の 3人 はそれぞれ 50米ドル 払い、僕はなんと 26米ドル で済んだ。 マリが日本で申請した時の料金が 2,600円 なので 26米ドル は一番安い!
もちろんシリア入国の際のビザの料金は、シリア政府が設定した金額が国境線でも適用される(されるはず?)。 この設定料金はシリア政府と他国政府の外交関係によって様々だ。 アメリカ人の申請料金はすごく高い。
このオーストラリア人は事前に料金を調べていなかったのだろう。 ” 100ドル は高すぎる! ” だの ” 俺が 100ドル でなんでアイルラン人は 50ドル なんだ? ” だの 移民局のスタッフやコンダクターに駄々をこねる始末。 僕が間に入ってなだめようとしても聞く耳持たず。 こいつは駄目だ。 結局、彼は移民局のスタッフと交渉に交渉を重ね 94米ドル で落ち着くことに。。。。 本当ならディスカウントなんて有り得ないのだが、このオーストラリア人のしつこさに移民局のスタッフもお手上げだったのだろう。
傍観者だった 3人 のアイルランド人と マリ と僕は、外国人旅行者として少し恥ずかしかった。 確かに 100米ドル はちょっと高いけどね。


IMGP3915.jpg


***** ENG *****
Now we had to change our transportation again in order to reach Aleppo. It was the third time today - once in Kayseri, once in Antakya and now here. This time a van came to pick us up as pictured above. Finally, we were heading into Aleppo.
It was also our farewell to the bus-conductor. As I shook his hand, he grinned at me. And I said to him: "Thank you very very much." It's a great pity that I don't have a photo of him, but I'll never forget him. Without him I wouldn't have been here now.

Once again, BIG BIG thanks to him.

***** JPN *****
ここでまたまたバスを降りて違うバスに乗り換えることに。 これで 3回目。 一回目はカイセリで。 二回目はアンタクヤで。 最後がここ。 ここではバスではなく上の写真にあるようにミニバンが到着。 これで行くのっ? と一瞬ためらいつつも乗車。 そしてここで凄くお世話になったコンダクターともお別れ。 彼としっかり握手した僕は ” 本当にありがとう ” と感謝の意を伝えると、彼もニッコリと僕に笑った。 彼の仕事ぶりには頭が上がらない。 彼なしでは僕はここにいないだろう。 残念ながら彼の写っている写真は一枚も無いが、僕は彼のことを一生忘れない。

本当に心からありがとう。


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR