上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***** ENG *****
It was very late at night. I woke up at 3am because of some loud noise outside. Well, I mean that where we were sleeping was already outside, but "outside" means "outside our sleeping area."
Some loud cheesy music was coming out from somewhere, and I got out of my bed to look around from the rooftop.
It was coming from the bloody Sheraton hotel located 200m away from our hotel. And it was 80's music!
I thought that Syrian people were super conservative, but what I just encountered was something quite unconventional and outrageous for Syria. Moreover, it was Sheraton - the giant American Hotel chain!
Why in Syria? Why some 80's music? Bizarre....!


***** JPN *****
夜もすっかり更けてきたころ、どこからか物凄い大音量が耳に入ってくるのに気がつき目が覚めた。 もちろん屋上で寝てるので、常時ある程度の騒音は必然的に聞こえるのだが、この時 騒音以上の音量が聞こえてきたのだ。
耳を澄ますと、陳腐な音楽がどこからか確かに聞こえてくる。 ベットから起き上がり辺りを見廻すと、その大音量が 目と鼻の先に位置する シェラトンホテル から聞こえてくるではないか。 それも 80年代 のディスコ系音楽がっ!!
なんでこんな夜中に大音量で音楽を流しているんだ? シリアの人達ってもっと保守的だと思ったんだけど、この音量はいくらなんでも非常識じゃないの?? この音量だと四方数キロ範囲には聞こえていたはず。 更に僕が疑問に思ったことは、シリアってアメリカとあまり仲良くないはずなのに、なんで最大手のアメリカのホテルチェーン シェラトン がここにあるんだ?
それも 80年代 典型のアメリカ西海外の曲が流れてくる。 不思議だ!


IMGP3958.jpg


***** ENG *****
Very fortunately, the music stopped after about an hour and I went straight back to sleep after all.

The next motning I asked Mari, the Irish guy and the Dutch girl about the loud music from Sheraton. They must've slept very well, they hardly heard anything.... Was I just dreaming then?


***** JPN *****
幸運にも 1時間後 には音楽は止み、アレッポの町がまた静まりかえった頃、僕は自分のベットに戻って寝た。

朝になってから マリやアイルランド人の男の子、そしてオランダ人の女の子にも昨晩の大音量の音楽が聞こえたかどうか聞いてみたが、みな熟睡状態でほとんど聞こえなかったとのこと。。。。 んーっ!? 自分が寝ぼけていただけなのか?


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。