***** ENG *****
Mari and I left our hotel around 8am this morning and went straight to the bus-terminal where we caught a servees to Crac Des Chvaliers yesterday. This time we wanted to catch a big bus to Damascus, the capital of Syria.
As soon as we walked into the terminal building, a few guys approached us quite eagerly and asked us where we were going. We said: "To Damascus."
Amongst these guys there was one guy who looked like a lizard to me. Honestly!
Not that he had any scales or he stuck his tongue out, but just his face and the way he was. Funny, hei? Mari and I were laughing about him later.
This guy was quite pushy and we weren't thinking much then. We were quickly sucked into his bus-company's office.... In his office we eventually bought our bus-tickets to Damascus for SYP150.00 each. It was slightly more expensive than we expected, but we were told that our bus would be a VIP express and SYP150 was still cheap enough anyway.

Little did we know back then that the words "Express" and "VIP" were actually manipulating us....

***** JPN *****
マリ と僕は ホムス のホテルを朝の 8時頃 にチェックアウトすると、シリアの首都 ダマスカス へ行くためのバスを探しに昨日 クラック・ドゥ・シュバリエ 行きの セルビス をつかまえたバス・ターミナルへと向かった。
バス・ターミナルのビルに入るなり、数人の男が僕等のほうへ歩み寄ってきて ” どこへ行くんだ!?”、 ” どこに行きたいんだ!?” としつこく聞いてくる。 僕等は当然 ” ダマスカスへ行きたいんだ!” と答えた。
歩み寄ってきた男達の中でなぜかひと際 トカゲに似た男が 1人 いた。 身振り素振りが本当にトカゲみたいな奴で、後からマリも僕もこいつのことで笑い転げていた。
こいつの押しがあまりに強く、またマリも僕も朝早かったので少しボーっとしていたのか、気づいたら彼のバス会社のオフィスに僕らは連れ込まれていた。。。。
そこでダマスカス行きバスチケットを 150シリアポンド で購入。 150シリアポンド は少し僕らの想定していた値段より高かったが、これでもまだ安いほうだったのと、” VIPサービス ” でしかも ” エクスプレスバス ” と聞かされたので納得した。

この時点でマリも僕も ” エクスプレス ” とか ” VIP ” といった言葉に踊らされているとは全く気づく余地も無かった。


IMGP4191.jpg


***** ENG *****
Our bus left Homs around 9:30am and it was supposed to arrive in Damascus by midday.
Our bus-conductor gave us a candy and water as the bus was seemingly running smoothly.

An hour later, my bad luck with buses fell onto me again.

An Engine Trouble in the middle of nowhere this time!


***** JPN *****
僕等を乗せたバスは ホムス を 9時半頃 に出発。 順調に行けば正午にはダマスカスに到着する予定だった。
バスのコンダクターは僕らに飴や水を配ってくれ、それなりのサービスを僕らは受けていた。

そして約1時間後、 僕のバス移動での相性の悪さがまたここで再燃することに。

道のど真ん中で エンジントラブル発生!

IMGP4194.jpg


***** ENG *****
By the time this occurred to me, I'd already had a few incidents with buses on this round-trip (Refer to the articles listed below), so I was becoming a little numb: " Oh, here we go again...! "
1) Indonesian Bus 2 (2010/07/31)
2) Bad Luck with Buses? (2010/08/16)
3) Arugum Bay by Bus (2010/08/23)

While the engine was being fixed as shown in the above picture, everyone was getting out of the bus because it was getting boiling hot inside the bus with no air-conditioning. Mari was somehow totally cool with it and there was nothing we could do about this anyway. We just had to wait for our bus to be fixed in the shade.

About an hour later, the driver and the conductor managed to fix the problem with their hands covered in full of yucky oil. We all got back into the bus and resumed to Damascus, though I was constantly worried that the bus might break down again before reaching Damascus.
Very very fortunately, our bus arrived in Damascus without any more problems.

Later Mari told me that she'd spoken to a few other passengers. They told her that they had bought their tickets for only SYP110.00 and they'd also been told by the bus-company that our bus would be "Express" and "VIP"....

Scammers Do Exist in Syria too.


***** JPN *****
今日までの時点で自分は、長距離バスとの相性が悪いこと (以下の過去記事を参照) を十二分に承知だったので、少し感覚が麻痺しているような状態だった ”ふんっ、このバスもかよっ。。。!”
1) Indonesian Bus 2 (2010/07/31)
2) Bad Luck with Buses? (2010/08/16)
3) Arugum Bay by Bus (2010/08/23)

上の写真にあるように エンジン が修理されている間、エアコンが効かないのでバスの中が以上に暑くなり、みんな堪らずに外に出てきた。 こんな状況下では僕らには何もできず、ただただエンジンが直るまで木陰で待つしかなかった。 マリは意外と落ち着いていて僕はびっくりした。

そして約1時間が経過、ドライバーとコンダクターがオイルまみれの手でやっとのことエンジンを修理し、バスがまた動くようになったのでダマスカスへ向かうことに。 僕は エンジントラブル が途中でまた発生するのではないかと心配で心配でしょうがなかったのだが。。。。
幸運にも、これ以上のエンジントラブルは無く、その後無事にダマスカスに到着しホッと肩を撫で下ろす。

後からマリから聞いた話だと、他の乗客はこのバスのチケットを 110シリアポンド で購入していたらしい。 そして彼等も僕らと同様にVIPサービスのエクスプレスバスというふうにバス会社から聞いていたとのこと。。。。

やはりシリアにもペテン師は存在する。


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR