IMGP4298.jpg


***** ENG *****
I didn't know about Quneitra at all until I met Mari. Her Lonely Planet guidebook only had one page which briefly detailed about Quneitra - a destroyed and abandoned city due to fierce battles between Arabs and Israelis for many years.
Something about this place must have interested Mari: she was quite keen on visiting Quneitra while in Damascus.

For us to go to Quneitra was not straightforward. We first needed to go to Syrian Ministry of the Interior to obtain permission to enter Quneitra. We actually went to this ministry yesterday as soon as we arrived in Damascus, but it was closed then. So we tried another go this morning.

A funny thing was, while Mari and I waited outside the ministry, a guy came here to obtain permission to Quneitra.
It was Hideya, a "true backpacker" who has been travelling around the world for 3 years! He and we just met each other at our hotel in Damascus yesterday.

Ten minutes later, another guy showed up for permission to Quneitra.
It was Yuto who we also met at our hotel last night.

Now four Japanese nationals in total were waiting to obtain permission to Quneitra. No other foreign nationals here now. Very funny!

About half an hour later, we all obtained our permits from the ministry without any problems, and we headed to Quneitra together by sharing the same taxi and servees (minibus): much cheaper this way than going individually.


***** JPN *****
僕は クネイトラ のことはマリに出会うまで全く知らなかった。 彼女は以前からダマスカスに着いたら行きたい所だと言っていて、彼女の 地球の歩き方 にはクネイトラのことが簡単に記されていた。 拝見すると、長い間続いた中東戦争で廃墟となった町 と書かれている。 この町の何かが彼女の関心を引き付けたのだろう。

実は僕等がクネイトラを訪れるにはタクシーの運転手と現地までの値段交渉をして さぁ出発 という訳にはいかない。 まず始めにシリアの内務省に足を運び、そこで許可をもらってからじゃないとクネイトラの町に一歩も足を踏み入れることができない。 それを知っていた僕らは昨日ダマスカスに到着後、内務省へ直行したのだが休みだったので、今朝また内務省へ足を運び許可を申請することに。

不思議なことに、マリと僕が内務省の外で許可がおりるのを待っている間、1人の男がこちらへ歩み寄ってきた。
ヒデヤだー! 実は彼とは昨日同じホテルに泊まっていたので既に顔見知りだった(この人現在 3年間 かけて世界を廻っている正真正銘のバックパッカーである)。

そして更に 10分後、また1人の男がこちらへ歩み寄ってきた。

ユウトだー! 彼も僕らと同じホテルに現在泊まっていて、昨晩いろいろな旅の話を交わしたばかりだった。。。。

この時点で、4人 の日本人がクネイトラ行きの許可を内務省前で待ちぼうけ。 他外国人は全くいない(笑)

そして約30分後、 全員にクネイトラ行きの許可が意外とあっさりとおりた。 ここで日本人 4人 が出会うのも何かの縁。 一緒にクネイトラへ向かうことにした。 このほうが個々に向かうよりも、タクシーやセルビス運賃の割り勘が可能なので断然安上がりだ。


IMGP4273.jpg

IMGP4286.jpg

IMGP4278.jpg

IMGP4285.jpg


***** ENG *****
We all came here for some reasons. I came here because something about this place interested me like Mari.

We were fully aware that Quneitra was no heritage site that tourists would normally go to. Only the debris and abandoned houses were left out here with bullet-marks stuck everywhere. It was quite shocking and disturbing actually.

Although it was such a short visit here for us due to the supervision by the Syrian government personnel, I could feel human misery caused by war. And unfortunately, there is still some tension simmering between Israel and Syria right here. Resettlement of people in this area is still in the far-distant future.

Only the dead have seen the end of war.


***** JPN *****
四人ともクネイトラに足を運んだのにはそれなりの理由があったからだと思う。 僕がここに来たのはマリ同様に、この町の何かが僕の関心を引き付けたからだ。

クネイトラは観光名所では全く無い。 ここにあるのは瓦礫と弾痕まみれになった廃屋だけ。 実際に足を踏み入れると、かなり胸が悪くなる雰囲気だ。

この場所の訪問は内務省の案内人の監視下だったこともあり 1時間弱 と短かったが、戦争の虚しさを再認識したと同時に、イスラエル・シリア間の緊張が今なお続く事実は変わらない。

英語では ”戦争で亡くなっていった者のみが真の終戦を迎える。” という皮肉な言葉がある。

この町に平和が訪れ、人々が再定住するのはまだ遥か先の話だろう。


IMGP4275.jpg


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR