***** ENG *****
Mari and I teamed up with Hideya and Yuto, and left Damascus for Amman this morning.

***** JPN *****
今朝 マリ、ヒデヤ、ユウトと僕の四人で一緒にダマスカスを出発。 ヨルダンの首都 アンマン に向かう。


IMGP4463.jpg


***** ENG *****
The above photo shows Yuto and Mari negotiating the fare with a local taxi driver in the old town of Damascus for the bus-terminal located just outside the central. We wanted to catch a "special taxi" in the terminal which was supposed to take us through a border between Syria and Jordan, and eventually drop us off in Amman.

We arrived in the terminal by this yellow taxi, and then everything went smoothly as if all of us were on an assembly-line in a mega-factory; absolutely no hassle at all with anybody because whoever came here was heading to either Jordan or Lebanon or Egypt.

Our special taxi turned out to be Chevrolet Tosca. It was super-clean and as shining as a bleached white T-shirt. I didn't personally mind taking a Toyota Camry which was parked nearby, but this Chevrolet was the only available taxi for us to Amman at that time.
After each one of us paid SYP500.00 to our driver, we threw our backpacks into the boot, jumped into the white Chevrolet and headed off to the border.

***** JPN *****
上の写真は ユウト と マリ がイエロータクシーの運ちゃんと値段交渉し、僕等四人をダマスカス郊外にあるシリア出国用の セルビス や タクシー が集まるバスターミナルまで連れて行ってくれるようにお願いしているところ。
このバスターミナルにある 国外サービスタクシー というのがシリアの国境線、ヨルダンの国境線を通り、最終的にアンマンまで僕等を連れて行ってくれるらしい。
そして僕等が上の写真にあるイエロータクシーでバスターミナルに到着すると、まるでドデカイ工場のライン作業のように何も考える必要も無く国際線タクシーの乗り場へ行き、行き先を伝え、値段交渉をして、はい出発! というかんじで事が済んだ。
このバスターミナルは主に ヨルダン、レバノン、エジプト 出国専用なので外国人の僕等がどこへ行きたいのか地元のドライバーも周知している。

僕等の国外サービスタクシーは神々しいほどピッカピッカの白い新車 シボレー・トスカ だった。 他にも トヨタ・カムリ などが近くに並んでいたが直ぐに出発可能なのはこのシボレーのみだった。
1人あたり 500シリアポンド をドライバーに払い、自分たちのバックパックを車の荷台に押しこむと先ずはシリアの国境線を目指した。


IMGP4465.jpg


***** ENG *****
From the bus-terminal to the Syrian-side border was just less than two hours by car.
The above photo shows the immigration office at the Syrian-side (From left: Mari, Yuto, Hideya). This is where we had a departure stamp on our passports by paying a departure tax of SYP500.00.
Hideya actually overstayed in Syria for a few days as he'd only had a 3-day transit visa, but his officer didn't notice the length of his actual stay. Hideya got away without any problems. A lucky bastard!

***** JPN *****
このダマスカス郊外にあるバスターミナルを出発してから約二時間で国境線に到着。
上の写真はシリア側の移民局での一枚(左から マリ、ユウト、ヒデヤ)。 ここで 500シリアポンド を各自払って出国スタンプをパスポートに押してもらう。
実はこの時 ヒデヤ は 7日 ほどシリアに滞在していたのだが、彼のビザはトランジット (3日間のみ有効) のもので移民局のスタッフに オーバーステイ の事実を追求されないかと冷や冷やしながら出国スタンプをもらっていた。 シリアの移民局スタッフ かなりゆるい!


IMGP4469.jpg


***** ENG *****
The next step was the Jordanian-side which was only a few minutes by car from the Syrian-side border.
We had no problems and no hassles at this immigration by paying the entry fee of JOD10.00 in return for an entry stamp on our passports. A happy smile naturally appeared on my face as pictured above!

So far so good and very straightforward, right? But today's story unfolds from here.

Mari, Hideya, Yuto and I entered Jordan so easily. We wanted to go straight to Amman as soon as we changed some cash to Jordanian Diners outside the immigration office.


***** JPN *****
次がシリア側の国境線から車で数分行ったところに位置するヨルダン側の国境線(上の写真)。
この移民局で 10ヨルダンダイナー を払い全く問題なく入国。 あっけなさすぎたが問題なしに越したことは無い。

ここまでの道程はかなり順調! でも今日の本題はここからである。

四人とも問題なくヨルダンに入国し、移民局の外にある両替所で各自必要分のヨルダンダイナーに換金するとアンマンへと先を急いだ。


IMGP4481.jpg


***** ENG *****
Hitting back on the road for only a few minutes, our taxi-driver suddenly made a U-turn, drove back a little bit, pulled off the road and parked the car in front of a small shabby-looking grocery store in the middle of a desert as pictured above. Still nothing suspicious then and my thought was: "Oh, a toilet break....? But we just had it at the immigration office, no?"

***** JPN *****
ヨルダンの移民局を出発してから数分も経たないころ。 ドライバーが急に Uターン したかと思うと反対車線に入り道路脇にある小さな店の前で車を止めた。 この時点での僕は ” んっ、トイレ休憩か?”、” でもさっき移民局にいるときに皆トイレは済ませたはずじゃない??”


IMGP4473.jpg


***** ENG *****
The next minute, the driver hurriedly got out of the car and started pulling apart the interior materials around the driver's seat with a screwdriver. At this stage none of us had no idea what was going on or what he was really up to.

As he was so madly and continuously trying to pull apart more of the interior, something caught our eyes in there.

It was a Cigarette Packet !

***** JPN *****
次の瞬間、ドライバーは車から飛び降りるなり何処からともなく スクリュードライバー を持ち出して運転席の内装を解体し始めた。 僕等四人は何が起きているのか、何故ドライバーが急に運転席の内装を解体しだしたのか全く訳が分からず困惑状態。

これでもか! これでもか! という勢いでドライバーが解体した内装の先にはなんと

タバコが隠してあった!


IMGP4475.jpg


***** ENG *****
An Egyptian guy came out of the grocery store and sat by the driver's side with a plastic bag in his hand, and then this young Egyptian started collecting cigarette packets into the bag; Obviously, the driver and this lad were a duo aiming for something. Yes, something lucrative....

A few minutes later, the driver started pulling apart the back seats where we were sitting. Then I thought: "Ahh..., it now makes sense why he was a little odd when an immigration officer was trying to inspect our car at the border."

***** JPN *****
そして車を止めていた店の中にいた店員らしき自称エジプト人の男がこのドライバーに歩み寄るなりプラスチックの袋にタバコの箱を詰め込み始めた(当然ながら、ドライバーとこの店の男も既に顔見知りなんだろうと想像する)。

そして数分後、 ドライバーは更に僕等が座っていた後部座席へ移動すると、後部の内装も解体し始めた。
僕はこの時: ” あーっ、 どおりで国境線沿いの検査官が僕等の車を点検しようとした時にドライバーの様子が少し慌しかったわけだー。 ”


IMGP4476.jpg


***** ENG *****
All of us had to get out of the car and just stood up opened-mouthed by the grocery store, kind of watching these two guys helplessly as more and more packets were brought out of the car: I think there were at least 100 packets hidden in the car!

Well, this could just be another drama in a "foreign country", right?
Our biggest question was:
"This is Smuggling, isn't it?"
And what if those cigarette packets contained something else such as the white powder or ammunition, etc....? We witnessed the whole thing.

We eventually continued our way to Amman, but Mari, Hideya, Yuto and I, none of us ever wanted to dig into what we encountered in our special taxi afterwards.


***** JPN *****
僕等四人は車の外でただ呆然としながら、車の至る所からタバコを取り出しているドライバーとその脇で回収しているエジプト人のにーちゃんに見入っていた。 少なくとも 100箱 くらいは隠してあったはず。

この話 一見すれば異国で起こったちょっとした笑い話なのだが。
真面目に考えてみると。。。。
これ明らかに 密輸 という犯罪である。
僕がこの時に一番心配だったのは、このタバコの箱の中身が実はタバコではなく、他の何か やばいもの だったらということ。。。。 そして僕等はその現場に居合わせていることになる。

結局 マリ、ヒデヤ、ユウト、僕の誰一人として、この真相をこれ以上追究しようとはしなかった。


スポンサーサイト


  Leave Your Comment (この記事へコメントする)

















QR